日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

レガシィで2週間

我が家のレガシィ、8月1日の納車から2週間で、新潟(長岡)往復と九州(宮崎)往復で実に3000kmを走ってしまいました。妹娘が乗り降りする運転席側のリア席ドア枠なんかすでに泥だらけ。
ぴっかぴかにして納車してくれたスバルの営業のお兄さんに申し訳ないくらいです(^^;;;
でも、乗った感想は「これぞ、言葉の正しい意味でのグランド・ツーリングカー」です。しかも、運転していて楽しい、見た目はまあちょっとアレながら(←まだ言ってるし^^;;)本当にいいクルマになっていると思います。

ということで、ここまでの感想なんか書いておこうかと思います。もっとも、ただの運転好きながらへたっぴぃのおばちゃんドライバーの感想なんで、その辺割り引いて読んでくださいね。

あ、ちなみにグレードは ツーリングワゴンの2.5GT Sパッケージ/6MT です。2.5L水平対向4気筒ターボエンジンにビルシュタイン製ダンパを乗せた脚回り、18インチタイヤ(扁平率45なんていうぺったんこ)がSパッケージの特徴です。
なんだか若い走り屋さんみたいなクルマですが、でもやっぱりMTがよかったんでコレしか無かったというか。個人的にはNA(ノンターボ)のが好きと言えば好きなんですけどね。

もちろん、購入を決める前は試乗もして、いいクルマだと思ったので決めたわけなんですが、試乗と言ってもクルマ屋さんの周囲をひと回りまわってくるくらいのもので、長距離を乗った時の印象は想像でしかありませんでした。雑誌なんかの記事を当てにするしか無いわけですね。
しかもこのレガシィ、今までのレガシィとはがらりと印象が変わったデザインになっていて、ボディの大型化と相まって、今までのレガシィユーザからはブーイングの嵐。インターネット上なんかではもうぼろくそに言われている状態でもありました。
正直、そんな中で購入を決めるのにはちょっと度胸が必要でしたが、今回の購入を決めるにあたって、中古ながらアウディやBMWとの試乗比較して、このレガシィなら十分、いやそれ以上にクルマの能力は高いぞと確信しての購入となりました。

さて、まずは普通に高速道路のクルージングです。

まず最初に感じるのはサスペンションの硬さです。スポーツパッケージということですのでやはり少々硬めのセッティングになっていますね。
正直、今までのRAV4の脚回りが絶妙なものであったこともあり、最初、高速道路(特に首都高)の継ぎ目を超える時のゴツゴツ感は気になりました。とはいえ、突き上げるような不快さではなく、路面状況をキッチリ伝えてくれるものでもあり、じきに慣れるものでもありました。
18インチ45なんていうぺったんこタイヤ、RAV4の16インチ70なんていうタイヤとは全く正反対の特性と言ってもいい位なものですから、これはもうこういうものだと思うと、逆にゴツゴツ感が嬉しくなってくるというものです。
しかし、このサスがいいんです。首都高のカーブに、今までなら少々速いかな?くらいのスピードで入ってしまっても全然OK。四つ脚がぎゅっと踏んばってくれている、という印象が非常に良かったです。

スバルご自慢のAWDの性能なのか、とにかく非常に安定していて、私のようなへたっぴぃでも首都高のカーブが怖くありません。コレに比べると、RAV4は4WDとはいえ、ホイールベースが短かったせいか、FF的な挙動だったなあと改めて感じました。これが四輪駆動ってもんよ、と思い知らされましたね。
これは、長岡でのちょっとした山道のコーナリングや、九州往還での九州道や中央道の山間部のカーブが続く区間でも威力を発揮してくれました。本当に安定していて、気持ちよくコーナリングしてくれるので、いくらでもカーブが続いてくれてOK、と思っちゃうくらいです。

平坦部のクルージングはもちろん安定感抜群。なんですが、なにせパワーのあるクルマですので、気がつくと結構スピードが出ていて、ヤバいヤバいということが何度も(^^;;
おとなしく1500〜2000回転、100km/hをキープして走っているとかなり燃費も伸びます。高速だけなら13km/Lを超えていました。
ちなみに、このクルマには「ドライブモード」の切替スイッチがありまして、普段はおとなしめの「I」モード、スポーツ走行用の「S」さらにキレる走りの「S#」モードがあります。
もちろんIの時の燃費が一番いいわけですが、これですとちょっとアクセルを踏み込んでからのもたつきが気になる時があります。ということで、追い越しをかけるときなどにはSに切り替えてみたのですがこれがまた気分よくすいっと加速してひゅんと追い越し。ハンドリングも素直に言うことを聞くクルマですので、なんだか運転が上手くなったような錯覚も(笑)
いやー、いいもんですね。

ちなみに、Iで6速だとちょっともたつき感が気になりましたがSに切り替えれば全然オッケー状態でした。
およそ3000回転手前あたりからターボが効いてくるのですが、じっさい自分で運転しているとドコからターボが効いているのか分からないほどの穏やか、かつ速やかな効き具合も個人的には好きですね。
しかしね、高速ではほとんど6速に入っていたわけですが、これがまた、エンジンブレーキが効かないのですよ。この辺の感覚はちょっと修正が必要でした。まあ、おばちゃん的にはほとんどスポーツカーですから(^^;;
ブレーキの効きは必要にして十分。グッと踏み込んでもつんのめる感じがあまりしないのは好感度大でしたね。

ところで、運転していてちょっと気になったのが運転時の姿勢です。
特に運転しずらい、というわけでもありませんが、微妙なところで所々「ああ、私よりも体格の大きい人向けにデザインされているな」と感じるところがありました。ちなみに私の身長は162cmありますので、女性としては決して小さくはありません・・・ん、脚が短いって??それは言わないお約束・・・

まずはシートポジション。
ボディの見切りをつけるため、めいっぱいシート位置を高くしていました。するとクラッチペダルを踏み込むときに、わずかですが左足のヒザがハンドルの下あたりに当ってちょっと気になります。まあ、気持ちシートを後ろに下げる、あるいはちょっとだけシートの高さを下げることでこれは解決しましたが、これがもうひと回り大きな体格のひとだと特に何も問題ないのだろうな、とは思わせました。

そのポジションでシフトレバーに手を伸ばすと、ちょっと1速が遠い感じもしました。
まあ、この辺は狭い狭いRAV4で慣れていたこともありますので、感覚の違いのほうが大きいかなとは思いましたが。
でね、カタログなんかには「6MT車専用のアームレスト」って書いてあるんですけどね、それってドコ??状態な我が家(苦笑
どうやら、コンソールボックスがアームレストなんだろうなあ、とは思うのですが、シートを目一杯高くして、160cmソコソコの私と亭主が運転していると、全然届きません。
ちなみにシートを目一杯下げるとちょうどいいんですよ、確かに。
でも、この姿勢だとちょっと目線が低くなりすぎて辛いです。特にボディなんかひとつも見切れません。
ですので、アームレストはあきらめる我が家でした。

逆にね、フットレストは良かったですよ。
RAV4のときは、ついてはいるものの全然位置があわなくてひとつも使わなかったフットレストでしたが、今回、気がついたら左足がフットレストに乗っていました。それくらい自然なポジションにありましたね。コレはポイント高かったです。

それと、MT車はメーターの中で現在入っているギアの表示がされるのですが(AT車だとDだのPだののシフトの表示がされるところ)、これが微妙に使えませんでした(苦笑)
クラッチを繋がないと表示されませんので、なんだか非常に意味の無い表示に感じました。
まあ、こんなもん表示されなくても何も問題ありませんし、ATだと表示されるところに何も無いのも寂しいなってな位でつけた表示なのかな、なんても思いましたが。
こっそりとシフトアップのタイミングをお知らせしているようでしたが、運転中にこんなもん見てませんって。亭主が運転している後ろから見ていて、あ、これって経済運転のシフトアップのタイミングだ、と分かったくらいのものでした。まあ、話のネタですね(^^;;

もうひとつ気になったのはカーナビの操作性です。
運転席と助手席の間のオーディオとかのスペースにタッチパネル式の画面が埋まっているのですが、運転しているときに助手席側から操作されると邪魔くさいんですな。
まあ、最近ではAT車がほとんどですから、そうなると運転中の左手の操作はほとんどないので気にならないのでしょうけれど、こちとらMTですから、発進時とかに画面を触られるとまあ邪魔くさいこと。
MTなので仕方ないのかもしれませんが、これは運転手と助手席のイキをあわせる必要があるシーンでした。

でも、これだけ運転しても、腰痛もちの私が全然平気だったシートは良かったです。もう、ランバーサポートバンザイ!状態、見た目はちょっと地味ですが本当に良かったですね。
ところで、助手席側は高さの調整はできずに前後のスライドと背中の傾斜だけなのですが、助手席側はかなりシートが低かったこともあり、運転を交代したときに高さのギャップが気になりました。
つまりは、運転席もこの高さがベースに想定されているんですよね・・・ちょっと悔しいかも(^^;;

後席は余裕のよっちゃん状態、娘たちはぐっすりでした。
途中、自分でも後席に乗ってみましたが、硬めのスポーツ系サスペンションでも結構快適に乗っていられました。っていうか、後ろにいると、この振動がなんとも心地よい眠りを誘ってくれること・・・電車に乗ると眠くなるのと似ているかも(なのか?)
実はなにげに、後席のシートもリクライニングできるのが良いです。試乗した範囲の外国車ではほとんどできなかったんですよ。この辺は日本車っぽさですかね(^^;;

荷物もたっぷり。
なぜか親子4人分の寝袋と、着替えの入ったボストン×1個、中型のソフトキャリーケース×1個、大人用のリュック×1個のほか、10Lほどの水タンク、お土産の入った大きな紙袋2個ほど、その他履替用のクツやらなにやらを詰め込んでもまだ余裕。帰りには焼酎の一升瓶が数本追加されてさすがにこれでいっぱいでしたが、帰宅して荷物を降ろすとあらびっくり。
こんなに積んでたの!と驚くほどでした。コレだけ積んで座席は余裕なんですから、ツーリングワゴンバンザイですね。

確かに細かいところで気になる部分もありましたが、全体的に見て非常に満足度は高いです。特に走りに関しては、非常にレベルが高いところでバランスの良いクルマですね。しかも、まだまだ化けるポテンシャルを持ってるクルマだと思います。いわゆる「底を見せていない」という感じですか、これからどんな風に変わっていくのかに注目です。
とはいえ、私自身はこの素のまま乗っているとは思いますが。ノーマルで十分満足ですし、なによりお金もないし(^^;;
見た目的にマフラーは替えたいかな、とも思いますが、でも現状でこれだけのパフォーマンスが出てるんだからまあ十分なんだよな、とも思っていたり・・うーん、でもやっぱりマフラー出てるのが細くて見た目にバランス悪いんですよね。

とにかく非常に出来の良いクルマだと思いました。内外装でもう少し見た目が洗練されれば、高級車と名乗っても全然OKですよ。
それくらい中身は洗練されているクルマだと思います。
・・・その「中身は」ってあたりが如何にもスバルですよねえ(苦笑

追記・・・
そうそう、忘れていました。
このクルマから電磁式パーキングブレーキが採用されて、サイドブレーキのレバーがこれもボタン一個になったのですが、これが右手にあるため、どうにも違和感を感じます。
毎回、停車後にシフトをニュートラルに戻した後、無意識に左手でサイドブレーキをまさぐっていますよ。
まあ、別にサイドブレーキを引っ張って遊ぶなんてことは出来ませんし(そういや、亭主が昔やってたなあ^^;;)、いずれは慣れるものだとは思いますが、身体に刷り込まれた習慣というのは相当根強いものだと実感しましたです。
そうは言っても、電磁式パーキングブレーキは坂道発進がラクチンになったとか、個人的にはメリットの方が大きいかな(^^;;
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-08-15 15:28 | 日々雑事 | Comments(4)
Commented by しん at 2009-08-15 22:19 x
ほんと「中身はねぇ。」ですね。
乗ってみたらいいものなのに、運転してみたら楽しい乗り物なのに、どうにもスバルは無骨ですね。
自分も早くスバル車を買いたいです。
Commented by kawasaki-marins at 2009-08-16 10:04
しんさん>
ほんと、スバルってば・・・って感じですね。
社会人になって、頑張って買ってくださいね!
でも、マリンに相当つぎ込まれそうな予感も(笑)
Commented by ちゃこ at 2009-08-19 23:32 x
私には大きすぎちゃう感じだなぁ~。
うちはダンナとの身長差が30cmあるから、ドライバー交代する時もいちいちシートとミラーのセッティングが必要。
シートmaxまであげて乗っているよ~(^^;
Commented by kawasaki-marins at 2009-08-19 23:37
ちゃこさん>
実際、乗ってみるとそうでもないんですけどね。実際に支障があるというよりは、感覚的なものですし、ATなら、左足の云々は関係ない悩みだし(^^;;

ウチの場合は、亭主と私だとほとんどシートポジションはいじらなくて大丈夫なんですが、時々私の方がシートを後ろに下げてたりして(^^;;
微妙なだけに、結構ぐずぐずポジションをいじっていますねー。
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
お気に入りブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル