日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

オリンピックですねえ

なんといいますか、選手の服装に「抗議」する人ってどんなんよ?と思いますね・・・ま、確かにおばちゃん目線からいえばちょっとアレげな格好だなあとは思いますが。

選手にしてみれば、オリンピックだろうが、普段の大会だろうが、自分のベストを尽くすだけの話で、日本代表だのなんだのというのはおまけみたいなもんなんじゃないかと思ってみたりするわけです。
だもんで「オリンピックだからって急にゴチャゴチャ言うんじゃねーよ」ってなもんじゃないかと、勝手に想像してみたりするわけです。「そんなに言いたいんだったら、普段からオレらのスケボ(と、服装も)見てろよ、オリンピックだからって日本のために滑るわけじゃねーよ」
・・・うーん、若者言葉が板についてない(^^;;

まあ、確かに期待に応えることに一生懸命になる選手もいるわけですけど、それはもう個々の性格や価値観の問題であって、傍から見ていれば、期待に応えようと頑張っている子は確かに応援してあげたくなるわけですが、そうじゃなくても自分のパフォーマンスのために日々努力していることには変わらないと思うのですよ。
事実、この国母選手だって、前回のオリンピックでは散々だったのが、今回メダル候補とまで言われるまでに成長してきているわけですし。

なんつーか、所詮スポーツなんですから、外野は外野でワイワイ楽しんでりゃいいわけですが、そこに「国家のなんちゃら」を持ち込みたくはないですね。
服装だって別にいいじゃないかと思うわけですよ、外国の人が見たって、日本人にもヘンな奴はいるんだなあ(笑)くらいの話ですよ?みんながみんな、こんな格好してるわけでも無し。一人くらいの格好で日本人全体がどうのこうのとか思っちゃうわけもないでしょうしね。

頑張っている選手を応援すると言うスタンスで、日本の選手は、近所の子が頑張っている姿を重ねて応援しちゃうなあ、と。そう言う感じで今回、俄然この国母くんの応援にまわってしまう私なのでした。だって、朝の電車でよく見かけた小キタナい高校生の兄ちゃんみたいだし・・・って、アレはアレで見てると鬱陶しいんですけどね(^^;;


“オレ流”国母「反省してま~す」
2月12日9時31分配信 デイリースポーツ

 会見に臨んだスノーボードハーフパイプ代表の国母和宏(中央)ら=選手村
 バンクーバー冬季五輪日本選手団の入村式が10日、バンクーバーの選手村で行われ、橋本聖子団長やスノーボードの男女ハーフパイプ代表ら30人が出席した。メダル候補に挙げられる国母和宏(21)=東海大=は、成田からの移動時に公式ユニホームを乱して着ていたとして、日本オリンピック委員会(JOC)から注意を受け、式への出席を自粛。ただその後、公式会見に出席した国母に反省の様子はなく、あくまで“オレ流”を貫いた。
  ◇  ◇
 まるでどこかの元横綱の会見を見ているかのようだった。トレードマークのドレッドヘア、鼻ピアス姿で現れた国母は「その件(服装)について、指摘されたので(入村式を)欠席しました。反省してまーす」と悪びれる様子もなく、語尾を伸ばし謝罪。騒動も、どこ吹く風だった。
 事の発端は、9日の成田からの移動の際にサングラス、シャツ出し、ズボンをズリ下げ姿だったこと。テレビなどで国母の姿を見た視聴者から、全日本スキー連盟に抗議があり、この日は日本オリンピック委員会(JOC)が、日本代表選手団の橋本団長を通じて注意。JOCの市原則之専務理事は「スポーツマンの常識からかけ離れてる。国民の代表として来ている人間の服装じゃない」と、声を荒らげた。
 前夜に入村式参加自粛について本人と話し合ったというスノーボードの萩原監督は「本人はこんなに大騒ぎになるとは思ってなかったみたいで、深く反省していた。本当に残念」と話していたが、プロボーダーとして活動もしており、五輪について「自分にとって活動の中の一つ。特に位置づけはない」と話す若武者には、それほど効果はなかったようだ。
 最後には国母の態度にしびれを切らした萩原監督が「特に男子は若い子が多くていろんな面で言葉足らず。迷惑をお掛けするかもしれないですが、よろしくお願いします」と、“謝罪”する異例の展開となった会見。「今季はストレスなく自分の滑りができている。スイッチからのサイドロールを決めたい。自分の演技を見て、“しぶい”と思ってもらえたら」と意気込む国母だが、2度目の五輪の舞台はメダルへの期待とともに、“日本代表選手の品格”も問われることになりそうだ。








なんて言うんでしょうか、今回のこの報道ばかりではなく最近の報道や世論の流れで、「世間一般の正義」みたいなものを最上段に構えて多数派にまわって、社会の不満をそこに誘導する・・・みたいな流れができているようで、ちょっと嫌なのですよ。
まるで戦前のような気がしてくるのは、私の思い過ごしでしょうか?
特に、いわゆる低所得者層とかの社会的弱者の不満をそっちに流して・・・とかやっているうちに、それが海外に向かって・・・でもって戦争・・・ううーん、心配性すぎるんでしょうか。なんか昭和初期あたりの歴史とカブって見えてきます。それだけは嫌なんですが。

当時と違うのは、インターネットという意思表示の手段が広く行き渡っていること、とは思いますが、これはどっちにも転ぶ諸刃の剣でもありますね。
[PR]
by kawasaki-marins | 2010-02-12 23:55 | たまには時事ネタ | Comments(6)
Commented by oyaji411 at 2010-02-13 17:16 x
さすがにそこまで大それた誘導まで考えられるほど&できるほど日本のマスコミは成熟(?)してはいないとは思うのだが、
不満や不安を増幅させる→煽り記事が売れる→スパイラル
みたいな図式はどうしようもないほどにデフォなんでしょうね~。
だからこっち側のリテラシーを育てないと、と思ったりしとります。
Commented by kawasaki-marins at 2010-02-14 01:06
oyajiさん>
実際問題として、意図して誘導なんて考えていないんでしょうけどね・・・それだけに、一部なのかもしれませんが、煽られている雰囲気の世の中が恐いと感じます。

「こっち側のリテラシー」は、本当に重要ですね。
でも、どうやったら身につけられるのか、日々試行錯誤です・・・コレという方法はないのかも。ひたすら好き嫌いなく、いろいろと喰いついて噛み砕く毎日かしらん。
Commented by ジュリーママ at 2010-02-17 19:52 x
価値観は人それぞれとは思いますが、代表ユニフォームをあそこまで着崩すのは生理的に許せなかった私です。やりたいなら、私服でやればいいのに。海外の記者からも「ドレスコードがわかってない。アホや」ってコメントがありましたね。競技の性格は全然違いますが、フィギュアのモロゾフコーチは、普段の服装も指導しているそうです。普段からちゃんとしたものを身につけることが、氷上の立ち居振る舞いにも表れるのだそうです。
それにしても国母選手、あんなひどい態度で謝罪会見なんかしないで、「これがオレのスタイルだ!」と突っ張ればよかったのに..と思います。それなら、「なかなか骨がある」と思えたかもしれませんが、あれじゃ、ただの○○だと思いました...同じスキー連盟傘下の皆川賢太郎さんの凛々しさと、ついつい比べてしまいます。ま、個人的な好みではありますが。
Commented by ルカ at 2010-02-17 22:38 x
この国母選手の服装と会見をテレビで見て、うちの会社の後輩のことを思いました。
前に私の隣で仕事教えてた子も、実は仕事もまじめにやるし、素直に言うことを聞いてくれる良い子なんですが、表情とか、立ち姿とかが尊大な印象なのか、全社の飲み会の後、
「なんだあの態度のデカイ新人は。」
「もっと教育しろ」
といろんな人に言われたんですよー。

自分の価値観から外れたものを否定するのは大人の悪い癖ですが、不快に思う人がいるのも事実。。

本人には、
「あなたのよいところは私みたいに一緒に仕事したほんの一部の人しか知らない。出会うほとんどの人には見た目の印象だけでしか評価されないけど、それって損だと思わない?」
と話しました。

うちの課から親会社に出向するときに、私が書いた「人に可愛がられるための6カ条」をちゃんとノートの裏表紙に貼っていましたよ。
こーゆー可愛げのある子なんですけどね。
Commented by kawasaki-marins at 2010-02-17 23:15
ジュリーママさん>
個人的には、どうして移動時まで代表ユニじゃなきゃいけないのかと疑問に思いましたね。あのドレッドヘアにスーツもないだろうと(^^;;

まあ、それはそれとして、スポーツ選手たるもの、本番でイイところを見せてほしいものです。
ユニフォームの着こなしなんて、まあ、オトナ的には上手く「いなせ」よ、とは思う部分でもありますが、小僧っ子のスノボ的世界から見たらやっぱり虚勢をはりたい部分なんだろうなあとも思いますし。
二十歳そこそこの兄ちゃんのツッパリくらい、受け止めてやれるオトナでありたいなあとも思う・・・のは、単に自分がアホだからでしょうか(汗
Commented by kawasaki-marins at 2010-02-17 23:22
ルカさん>
その後輩さん、いい子なんですね。こんな僅かの文章でもなんとなく伝わります。
気持ちを許した相手じゃないと上手につきあえない人なのかな?とも感じました。初対面の相手なんかには警戒しちゃうのかしらん、とか。

そう言う人だと、印象や見た目で損してしまうというのはありますよね。ぜひぜひ「可愛がられる6か条」で、印象度アップを図ってもらいたいですね。

国母選手の実態は全然知りませんが、相手への警戒感から虚勢を張るというのもあるよなあ、なんても思ってみたりするのでした。
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル