日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カープファンの応援は凄いです

対 広島東洋カープ 3回戦 [M 1勝1敗1分] C 2 -2 M (千葉マリン)
HR/栗原[7号]

なんというか、2試合見た気分ですね。
前半はマエケンvs成瀬の投手戦、そして後半はいろいろと劇場(苦笑

今日は1回裏、なんだか分かりませんが2死3塁でテギュンが三振するところから見ていました。
今日は、カープがマエケンこと前田健太、マリーンズが成瀬の先発です。広島でも同じ組み合わせでゼロ負けしていますから、ホームに戻ってリベンジ!の気持ちはもちろん強かったと思います。

しかし・・・やっぱマエケンはスーパーエースでした。今日は大きく落ちるカーブとおそろしく切れるスライダー、そしてコーナーにびしっと決まるストレートで翻弄されまくるマリーンズ打線でした。今日の球審のストライクゾーンがまた広くて、例によっていいピッチャーの前ではホイホイと三振の山を築き上げていきます。
こりゃもうどうにもなりません。マエケンがまた楽しそうに投げていて、思わずマエケンも可愛いぞ、なんて思ってしまう私なのでした。

しかし、成瀬だって負けていませんよ。
初回こそ見ていませんが、3回までをパーフェクトに抑えています。見ていて、決して絶好調という感じではなかったのですが、低めを意識して投げていたのは良くわかりました。
ですが、4回表。
1死から梵にヒットを許してしまうと、内野ゴロで進塁、2死2塁から4番の栗原の当たり。
そんなに伸びるとは思わなかったのですが、今日はいつもとは逆の風向きということもあったのか、思いがけずググッとのびてライトスタンドに飛び込んでしまいました。
ああーっ、相手がマエケンだけに2点というのは重い。重すぎる・・・

6回表にも、梵にヒットを許しますがここは無失点。この後も成瀬はしっかりと踏ん張り、8回をこのホームランの2失点、都合3安打に留めます。
そして9回、1死から、またも梵の痛烈な当たりが、今度はサード今江の股間を抜けて2塁到達。先日の神宮での宮本のトンネルを思い出させるシーンです。
続く代打の会沢の当たりは大きな外野フライ。2死2塁となって本日ツーランを打っている栗原を迎えます。
マリーンズベンチはここで成瀬に代えて・・・え、秋親ですか。
伊藤でも薮田でもなくて秋親。なんか微妙な雰囲気ただよう我が家のテレビ前でした。
秋親は結局栗原を歩かせ、続く広瀬にセンター前。ここは途中からセンターに入っている南の肩を警戒で2死満塁。ここでマリーンズにとどめを刺したいカープは代打に切り札、前田智徳を送って来ました。
俄然もりあがるレフトスタンド、ここは一体何処じゃ?というくらいの前田コールでした。
もうこっちは画面を直視できませんでしたね、すいません。
しかし、真の劇場王・秋親の本領はここからでした。
追い込んで、低めのスライダーを振らせて三振!!

この秋親の粘りが流れをつなぎ止めたのでしょうか。
その裏、先頭のツヨの当たりはサードの小窪が押さえるだけになって内野安打。ここでなぜか大松に回せ回せとブツブツつぶやいている私でした。今日、マエケンから8回まで3安打に抑えられていたのですが、そのうち1本が大松。打席を見ていても、素人目ながら比較的マエケンに合っている雰囲気もあったように思うのですよ。
今江、井口と凡退しますが、テギュンが粘って、マエケンからこの試合初めての四球を勝ち取り2死1,2塁となって大松が打席に入ります。
そして、大松キターー!!ですよ。

マリーンズのチャンステーマを打ち負かすような前田健太コールが響く中、大松がやってくれました。
右中間まっぷたつフェンスに届く当たりで2者生還。これがもう少し伸びていたら・・一瞬行ったかとも思ったのですが・・いやいや、とにかく同点に追いついたんです、立派なもんです、大松良くやったですよ!

この後はサブローが期待に違わず凡退で延長に入ります。
マリーンズは定石通りコバヒロから投入で、コバヒロはお約束のように四者凡退。
10回裏は打順を考えると期待してはいかん、と思いましたが、マエケンに代わってマウンドに上がった高橋建の前に三者凡退。うーん、いくら左投手だからって、福浦師にムニスを代打で出すかなあ。ちょっと微妙。
11回は薮田。今日は、やたらと気合いが入って、梵セカンドゴロの後は会沢、栗原を連続三振に切って捨てます。これはお見事でした。
その裏はしかしマリーンズも三者凡退。とほほ。

そして12回、マウンドには伊藤ちゃんです。
しかし、この伊藤ちゃん、今日はいつもの迫力がありません。いきなり広瀬にツーベース。さらに守備から入っている天谷を歩かせてしまいます。無死1,2塁・・ヤバい。非常にヤバいです。
代打で登場のフィオレンティーノ、略してフィオは送りバントの構え、でしたが、これがピッチャー真っ正面、伊藤ちゃんすかさず三塁送球で1死1,2塁。よっしゃと思った次の瞬間、石原に初球を弾き返されて1死満塁とピンチは拡大。
うあ、秋親先生の劇場どころじゃなくなってしまいましたよ。
迎えるのは途中代走から出場の木村。うあうああうあああいとーーうああああああいとーーーちゃーーん!(解説:木村のピッチャー返しの当たりを伊藤がダイレクトで捕球、サード送球で飛び出していたランナーアウトでゲッツー!)

ふう。伊藤ちゃんの大劇場で負けはなくなりました。
しかし、1試合に2回の劇場はちょっとキツいですね(汗

でも、この試合まだまだ見所は残っているのです。
12回裏、打席に入るのは9回にテギュンの代走で出場の塀内。ここで打てば男になれるぞ、塀ちゃん!サヨナラ打で涙のお立ち台を夢見なかったロッテファンはいないと思う・・・のですが、その夢打ち砕かれて塀ちゃんあっさり三球三振。ある意味期待通りと言うかなんというか。
でも、この最後に出て来たベイルって打てない系ピッチャーのような気が。
大松も三振、サブローが、最後は嫌だとばかりに三遊間抜いてヒットにしますが、ムニスが打取られて結局引き分けに終わってしまうのでした。

いやあ、8回おわって8時半と、前半はいいペースの試合だったのですが、結局試合が終わったのは10時過ぎですよ。
でも、見応えはある試合でしたね。
負けてもおかしくない試合でしたから、よくぞ引き分けに持ち込んだと言うものです。でも、9回の大松の当たりがもうちょっと・・・

悔しいから、明日は勝とうぜ!
ん?ところで、この引き分けで交流戦の勝ち越し決定ですね。エラいじゃん!
[PR]
by kawasaki-marins | 2010-06-09 23:21 | マリーンズ2010 | Comments(2)
Commented by rszk at 2010-06-10 23:07 x
今日もまだ試合やってんよ!延長11回。
選手の皆様におかれましては、残業お疲れ様です。
Commented by kawasaki-marins at 2010-06-11 00:55
rszkさん>
テレビで見てても疲れました・・亭主が帰ってきて「生中継?」と何度も確かめられてしまった(汗
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル