日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

一晩明けて

昨日3月11日金曜午後3時まえ、職場で執務中に地震がありました。
別部署の人の問い合わせに応えている最中で、「あ、揺れてる?」「揺れてる・・・長いね」なんて言っているあいだにどんどん揺れが大きくなり、揺れがおさまる前にバチンと電気が止まりPCもあっけなくブラックアウト・・ああ、せっかくここまで作ったデータが・・・(ちょっとヒマになっているのでデータベースの整備をしていました)しかし、揺れは止まらず、とにかく長く続きます。

職場は7階建てのSRC造(だと思う)の7階ですので結構揺れは大きく感じるのですが、それにしたってこれはヤバいとヘルメットを引っ掴み、人によっては机の下にもぐり込んでいます。
私も、キャビネットのものがすっ飛んでくるようなら机の下に・・と思いつつ、周囲の様子をみていましたが、いくつかしまい付けの悪い扉や引き出しが開いたくらいで済みました。
いったん揺れがおさまった時点で屋外に避難します。おお、避難訓練の成果が・・・点呼とかしても、やっぱり分かりませんな(汗)それでも、一応は訓練の状態に集合して様子をうかがいます。

今日は姉娘は学校休みで家にいますので、携帯(iPhone)で自宅に連絡してみようとしますが通じません。しかし姉娘から「地震なう」と、能天気なメールが届きそれに返信。携帯の通話は、ほぼダメでしたが、メールが通じたのがありがたかったです。
妹娘も小学校から集団で下校してきたらしく、ほどなく「帰って来たよ」のメールが写真つきで送られてきました。2人で家にいてくれる分には多少は安心です。

ワンセグの携帯などを持っている人はニュースを見ていますが、どうやら三陸沖あたりが震源らしいということ。一昨日あたり比較的おおきな地震がありましたからその関連かもしれない、なんて思っているうちに揺り返しが来ました。

職場の建物が揺れているのが見ていて分かります。
「おお、実物大振動試験!」なんて言っている上司にむけて「試験じゃなくて本番ですってば!」なんて突っ込む私なのでした(汗)
守衛所の前に止めてあるクルマが震動に合わせて揺すられているのもよく見えます。うーん、あめおは大丈夫じゃろうか。

そうこうしているうちにワンセグのニュースでは津波の状況が刻々と伝えられてきます。三陸沖は津波がつきもの・・ですが、今回の津波の規模はただ事ではない模様、こりゃこちら関東のダメージも馬鹿にならないと覚悟を決めていました。

30分ほど外で様子をうかがい、大きな余震はないと見て室内に戻ります。
出張などで不在の人の安否確認を部署ごとに、工事関連部署では各工事現場の状況確認を行います。東北方面の現場もありますので心配・・なにより仙台の支店の状況が心配です。
とりあえず、私の部署の出張者にはなんとか連絡が取れて無事を確認、4時過ぎには電車の復旧は見込めないけれど、徒歩で帰宅可能な人は帰宅せよと放送が入って、私も一旦実家に向かうべく職場を後にしました。

職場の周囲では停電していて、信号も消えています。交番の前の交差点ではお巡りさんが手信号で交通を流していましたが、うーん、そうじゃないところはどうするのか。電車復旧は遅くなりそうなので、クルマを借りられればと思って実家に向かったわけですが、ヤバいかもしれない、と思う私でした。

京浜工業地帯の職場から川崎大師の近くの実家までは、産業道路沿いに徒歩で1時間程度です。職場から固定電話で実家に連絡してみましたら、父と弟は仕事ですが、自宅にいた母は無事な模様。
歩いて行く途中では電気も通じていたらしく信号も明かりも普通についていたので、これなら、と思ったのですが、実家周囲も停電していて、地下式立体駐車場の地下部においてあるので出せないようでしたorz

バスは動いていたようでしたので、バスを乗り継いで帰れるか?とチャレンジします。
まずは一路川崎駅へ。川崎市の川崎区側のバスは、川崎駅を中心として扇形に展開しています。こりゃ駅はエラいことに・・と思いましたが、バスで駅に近づくと停電もなく明かりがついているので一安心でした。
途中、一国(ここいらではなぜかR15を一国と呼びます)を横切るときに、横浜方面に向かうクルマで三車線のうち2車線が渋滞。ここでバスの運転手さんが機転を利かせて、降りる方いませんね?と、途中のバス停をすっ飛ばしてくれたのはナイス判断でした。
たいしたトラブルもなく川崎駅につきます。

しかし、明かりはつき、お店もほとんどは営業していましたが、エスカレータは止まっています。ま、そりゃそうかと、駅のコンコースを抜けて東口から西口へ・・・ここでバス停には長蛇の列。
こりゃイカン、待ってる間に距離を稼いだ方が良い、と覚悟を決めて、バスの通る道をメインに歩きはじめます。この時点で19時くらいでした。

歩く途中、停電しているエリアと電気が通っているエリアがあるらしく、真っ暗なあたりではちょっと心細くなりながらもてくてく。
途中、iPhoneで位置を確認しながらバスの通りそうなメインの通りを選びつつ、可能な限り最短距離を狙って歩きます。
ですが、場所によっては「信号も止まっているので運休」なんて路線もあって、結局最初の目標の武蔵小杉まで歩いちゃいました。
途中入ったメールでは、どんな魔法を使ったか亭主が19時過ぎには自宅に戻っていたと言うことで一安心、実家に泊めてもらえば?ともありましたが、ここまで来たので後戻りもできないなあと自宅を目指します。

ココまでくればまたなにか状況が・・・やはりバス停は長蛇の列。変わりませんな(汗)
この時点で20時過ぎ。ちょっと足は痛いけど歩くか、と覚悟を決めて歩きます。ココまでくれば道もほぼ問題なく最短距離を選べる自信がありますし、ここからも歩く、と自宅にメールを打ったのを最後にiPhoneは電池切れでしたorz

ですが・・・どうも足が痛いです。どうも、かかとあたりにマメでもできたんじゃないかという感じ。だいぶん歩くペースが落ちてきました。路面の点字ブロックの上とか、ちょっと舗装が荒れているところとかを歩くと足の裏が痛いのです。さんざん履き古したローファーだったのが多少の救いではあったのですが、月曜は職場にスニーカーを持って行く必要がありそうだと思いながら歩いていました。

溝の口では公衆電話をみつけて自宅に電話。自宅はガスが緊急停止したくらいで電気水道は確保されている模様、ですが、エレベータが止まって、こちらも立体駐車場が動かないらしく、迎えに行けないぞと突き放されます。まあ、自宅で無事なら良いです。迎えに来てもらうったって、行き違いになりそうだし、途中途中やはり停電しているエリアもあって信号のトラブルから事故、なんてのもありましたし。パトカーや救急車がしょっちゅう行き来してますから、こちらは歩く方が安全な気もします。

痛む足をひきずってなんとか登戸。ここでも公衆電話から自宅に電話しました。しかし最近では公衆電話もなかなか見つかりませんね・・・すると、駐車場からクルマ出せるようになったから迎えにきてくれるとのこと。ここに来てだいぶん交通量も減っていますし、登戸周辺では電気はついていましたから、ここはもう迎えにきてもらうことにします。
登戸の駅前で待ち合わせにして待つこと10分ほどでしょうか、なんとあめおのカッコいいことよ(惚)まるで天使の翼がついているように見えましたね。

クルマに乗り込んで亭主に聞くと、どうやら私が溝の口で電話した直後に駐車場も使えるようになったらしく・・・まあ、途中の状況もアレでしたから、歩いて正解だった気はしますが・・・それでもカカトのマメ?の痛さで、最後の3kmほどで心が折れそうになっていましたから、本当に助かりました。

ということで自宅について23時すぎ。
16時過ぎに職場を出てから実に7時間が経過していました。もう溝の口あたりからは時間の感覚なかったなあ・・・今朝になって、Mapionのキョリ測でざっと測ってみましたら、歩いた距離はおよそ23kmほど。うーん、これくらいさくっと歩ける気でいたのですが・・・クツがアレだったか?と道具のせいにしてみるのでした。

しかし、帰宅してテレビのニュースで見る凄まじいまでの今回の被害状況にもはや声もありません。
震源は宮城沖だとばかり思っていたら、どんどん震源が移動していたのですね。エネルギー量としては大変なものではないでしょうか・・・
まだまだ予断を許さない状況ですが、東北方面の皆さんにはとにかく人命最優先で対応をお願いしたいと切に思います。

こりゃしばらくは、道路の復旧がらみで仕事も忙しくなりそう・・頑張りますよ、もちろん。
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-03-12 12:08 | 日々雑事 | Comments(4)
Commented by 稲毛海岸 at 2011-03-12 20:52 x
ご無事でなにより
自分は竹芝でオフィスは19Fでしたが、生命の危険を感じる程揺れました。
千葉帰宅は最初からあきらめ、早稲田の実家へ向かいました。
どうせ、時間かかると、新橋で同僚と飲み屋へ!
8時すぎに店にどんどん帰宅難民が押し寄せるので席をたち、歩き始めると街は人と車の波。。。怪獣映画で避難する人々の図。。。
大江戸線が動いているという話しが聞こえ、大門駅へ行くと奇跡のように動いていて、東新宿までたどり着き無事実家へ到着。大ラッキー幸運でした。
被災された方々がこの寒空で過ごされていると思うと胸が痛みます。
Commented by kawasaki-marins at 2011-03-12 21:55
稲毛海岸の翁さま>
翁さまもご無事で何よりです。首都圏では多少の混乱はありましたが、それほどの被害もパニックもなかったみたいで、その点では安心しています。

しかし、現在避難している皆さんには、目の前で家を流された人もたくさんいらっしゃるでしょうし、これからどうしようかと不安だろうと思うと、居ても立ってもいられません・・・やるべきこと、できること、それと、やってはいけないことを見極めるのもなかなか難しいですね(汗
Commented by ちゃこ at 2011-03-13 13:17 x
無事でよかった。
私なら途中でくじけそうだ。
母は強しだけど…
実物大振動試験って…私知ってる人?(--;
Commented by kawasaki-marins at 2011-03-13 20:52
ちゃこさん>
関東でも西の方はそれほどの被害もなく済んでいますが、それにしても揺れているときは恐かったですね。
実物大振動試験は結構みんなで言ってましたよ(汗)なにか言ってないと不安になるってのもありましたしね・・・
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル