日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

スキー旅行@女神湖は全面凍結なのですよ

さて、土曜日のスキーを終えて(私は脚を引きずりつつ)宿泊先のコテージに向かいます。

今回は「ホテルアンビエント蓼科」のコテージですが、2棟連結タイプというちょっと珍しいタイプでした。要は二世帯住宅のように、玄関が2箇所あるのですが、中ではドアで繋がっているというもの。それぞれのコテージが2LDK相当でしたので、2家族8人には十分な広さでした。
コテージに内風呂もありましたが、せっかくですのでホテルにある大浴場で温泉に入ることにしました。クルマで移動になるのですが・・・コテージは道から少し降りた所で、日が落ちて道はすでに凍結。坂道ではレンタカーのヴェルくんがズルズルと・・・滑ってしまって登れません。え”。
一応、4WDだしもちろんスタッドレスも履いています。でも滑る。とりあえず、坂のうえまでは歩いて上がり、クルマは空荷でなんとか登ることができましたが・・・これは、翌朝が心配、という予感は的中してしまったのでした。

夕食はケータリングのお鍋。コテージに食材を配達して置いてくれていますので、それを煮て食べるわけですが・・・豚味噌鍋ということで味噌味のスープに野菜と豚肉が入るものでしたが、お肉のボリュームがものすごかったです。野菜が足りないかも、と思うほどにお肉のボリュームが(笑)これだけあれば若い人たちののスキー合宿にも良さそうです。
味も十分に満足。鍋の食材と一緒にお米も配達されていて、気を利かせて炊いておいてくれていたのですが、お鍋でお腹いっぱいで、とてもご飯まで食べられませんでしたよ。

翌日は、お昼すぎには帰途につかなくてはなりませんが、午前中くらいならスキーをする時間もなんとかなりそうなので、宿の近くのスキー場に行こうかという話で、はやめに・・・と思いつつもなんだかんだと夜中近くに床につくのでした。

そして翌朝。
e0095468_20394434.jpg

前日がハードだったこともあり、のんびりと朝食にしてさあ出発しようかと外に出ると。
なにやら坂の下あたりにクルマが数台、人も何人かが集まっています。
昨晩滑った坂ですがもしや・・・と思った通り、滑ってしまって上がれないとのこと。ざっと見た所、皆さんもちろんスタッドレス、あるいはチェーンは装着されているようですし、ミニバンではありますが4WDというクルマも数台。ですが皆さんダメなようです。こりゃ、重量級のヴェルくんではもっとダメだなあ、とあきらめモード。話を聞いてみれば、コテージの管理棟に救援を頼んでいるということでしたのでやむなく待つことになりました。
これではちょっとスキーをする時間はなくなりそうです。まあ、子供たちは雪で遊んではしゃいでいましたのでいいんですけどね。

ほどなく、砂と融雪剤を積んだ軽トラと、4輪にチェーンを巻いたランクルがやって来て、登れないクルマを牽引していきます。
ヴェルくんも牽引してもらわなきゃイカンだろうと、牽引フックを探してみますが、あれ、バンパー下あたりにそれらしきものはなく、取説を見てみると、なんと、フックの金物を取り付けなくてはいけないとのこと。
バンパーに直径5cmほどのカバーがあって、それを外さなきゃなのですが、あれ、車載工具にドライバーの一本もないのですかね。っていうか、昔からトヨタって車載工具にドライバーないんだよねえ(庶民のクルマだけ?)。最初は鍵でこじ開けようとしたのですが上手く行かず、結局部屋からスプーンを持って来てこじ開けたのでした。車載工具にドライバーくらいないと不便ですなあ。
長さ20cmたらずのねじ込み式のフックを取り付けようとしますが、あらら、取り付け部のネジが錆びてしまっているらしくねじ込めません。まあ、仕方ないと、フックのネジ部をリザーバタンクのブレーキオイルにつけてねじ込むと言う荒技(苦笑
e0095468_20394471.jpg

しかし、そこまでしてフックを取り付けましたが、数台牽引されていくうちに融雪剤も効きだしてなんとかヴェルくんも自力で登れる程度になっていたので、あっけなく外すことに。まあ、今時こんなフックがあるんだとひとつ覚えたということで(汗)なんせ、後でチェックしてみたらあめおも取り付け型のフックでしたから(^^;;

結局この後はスキーはあきらめて、諏訪湖に降りることにしました。
まっすぐ羽田にもどるのも微妙な時間ですので、いったん、「間欠泉センター」をめざします。諏訪湖のほとりで、実際に間欠泉が見られるということ。
ですが、ちょうど駐車場にクルマを停めたときに、間欠泉センターの建物からモクモクと沸き上がる水蒸気・・・あれ。ちょっと遅かったみたいです(汗)

ですが、1時間ほど待てば次の間欠泉がみられるとのこと(間欠泉にフタをして、時間をコントロールしているそうです)、そこで時間つぶしにすぐ近くにある温泉の「片倉館」でお風呂には行ってくることにしたのでした。
この片倉館が大当たり。昭和初期の建築だそうですが、重厚な洋館でとても素敵な建物でした。お風呂場もステンドグラスなどの装飾が本当にイヤミなくいい感じ。間欠泉も見たかったので、ノンビリ入っている時間がないのが残念でした。
こちらもリベンジしたいですね。

ちょちょっと温泉に浸かって、早足で間欠泉センターにもどるとちょうど間欠泉が吹き上がる時間。
周囲の人からは「年々しょぼくなっちゃってるねえ」なんて声も聞こえてきましたが、どうしてどうして、初めて見る間欠泉はナカナカのものでしたね。

この後は一路羽田に向かいます。
しかし、中央道から羽田のアクセスって微妙ですね・・・首都高まで行っちゃうと混みそうでしたので、結局は調布で降りていつもの多摩川沿いのコース。多分、首都高で渋滞にハマっているのと同じくらいの時間には羽田に着けたんじゃないかと思っては見るのですが。まあ、渋滞がなかった分勝ちだ、とワケの分からないことを話しつつ弟くん一家を送って、今回のスキー旅行の締めとなったのでした。

とんだハプニング続きでしたが、なかなか楽しかったですよ。スキー場も温泉も、また来たい諏訪・蓼科エリアでした。
凍結の坂は・・・あめおだったら登れたかなあ?
[PR]
by kawasaki-marins | 2012-03-02 07:51 | 日々雑事 | Comments(2)
Commented by ジュリーママ at 2012-03-02 18:15 x
お疲れ様でした!
豪雪で大変だったと思いますが、
無事に帰れてよかったです。
このコテージ、ワンコも泊まれるみたいですね。
いつか行ってみたいな~
Commented by kawasaki-marins at 2012-03-03 11:28
ジュリーママさん>
トシには勝てない事を実感しました(汗
コテージにはドッグランもあって、ワンコ連れの人もいましたよ。初夏の美ヶ原はとても気持ちがいいですし、秋も紅葉がたのしめます。四季折々に楽しめますのでぜひどうぞ!
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル