日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

痛くなーい?

先日の蓼科スキーでは、スキーブーツが合わなくて散々苦労させられました。
もう、当って痛いの痛くないの、数回滑っただけで足の小指の外側と外反母趾になっている親指の付け根が痛くて、もう立っていられないほど。どうにも我慢できなくてワンサイズ大きいブーツに代えてみたのですが、こんどはブーツが大きくてどうやら足首というかアキレス腱まわりにも負担が来てしまったらしく、ついには動けなくなってしまったわけでした。

まあ、自分でも「べた足」の自覚はありますから、やっぱりな・・と思うわけですが、それにしても今後スキーを楽しみたいと思ったら、スキー場ごとにレンタルのブーツが合うかどうかにドキドキするというのもちょっとありがたくない話です。
いやまあ、今まではスキー靴を履いて足が痛いのは当たり前だと思っていたわけですが、先だっての草津でのブーツが、たまたまなんですがかなりいい感じで合っていたのですよ。合ってるブーツだとこんなにも楽なものかと、しかもなんだか上手くなったような錯覚さえ覚えさせてくれるわけで、ブーツが合う合わないでそれはもう、天国と地獄ほどの差があるのかと分かってしまったわけで・・・

唐突にも、決心したのでした。
「自分のスキー靴を買う!!」

今年は実はもう一回スキーに行こうという予定になっていまして(汗)そうとなれば善は急げ、さっそく次の土曜に神田のスポーツ店街にむかいましたよ。

しかし、今までほんの数回のスキー経験、万年初心者状態の私ですから、胸を張って、スキー靴の選び方なんて分かりません。
ということで、地下鉄神保町の駅を降り(じつはお店の数的には小川町の方が良かったとは後で分かったのですが^^;;)最初に目に入った「ICI石井スポーツ」の看板に、ここなら亭主が山歩きグッズの調達でお世話になっていますしそれなりに信頼できそうかしらと足を踏み入れたのでありました。

お店の中を見渡すと、今時スキーが主でスノーボードはほとんど見当たりません。そんなあたりにも勝手に硬派な印象を持って、ドキドキしながらお店の人に「スキーブーツが欲しいんですが全然わからなくて・・」と声をかけてしまう私なのでした。

「スキーの経験はどのくらいですか?」
「いままでホンの数回で全く初心者で・・レンタルの靴で足が痛くて立っていられないくらいで・・」と、いうと、靴を脱いで足のサイズを測るとのこと。
薄手の靴下を履いたままでしたが、手製らしき木製のノギスっぽい測定器ではかります。
「今までサイズはいくつを履いてました?」
「24.5です」
「足のサイズは、右が23.8、左が23.9ですねー」
と言いつつ、ブーツが並べられている棚から、迷うこと無くひとつのブーツを持って来たのでした。
「スキーブーツを見るときは、この幅の目安になる「ラスト」という数字を見るといいんですよ、上級者向けのものは95mmとか細めのものが多くて、初級向けだと100とか、大きめのものだと104mmなんてのがありますから・・」と持って来たのがその104mm相当のものだそうです。サイズは24.0cm。「できるだけぴったりの方がいいんですよ」ということで、数字だけ見ればまさにジャストサイズです。

さっそく、出してもらったブーツを厚手の靴下を借りて試し履き。最初はつま先がちょっと当る感がありましたが、トントンとかかとをおさめていくうちに何となくおさまって来た感じ・・おお、これなら足の幅方向が当らない!痛くなーい!
っていうか、スキー靴って、これくらいぴったりでいいのね・・・

店員さんは他にも2種類持って来てくれました。どれも、それまでのレンタル経験からしたらものすごく楽な靴なのですが、微妙に足の甲が圧迫される感があったり、履き比べてみても最初のものが良さそうです・・・お値段的にも(^^;;
ということで、決定したのはヘッドの初心者向けレディースモデルとなったのでした。
お恥ずかしながら脚が太いワタクシ、最初はバックルを留めるのに苦労してしまいましたが、今時の靴は至れり尽くせり、金具の位置の調整もできるんですねえ。在庫から出してくれた新品の金具も調整してくれて、いきなり「マイ・ブーツ」感覚満載なのでした。1年間の保証もついて、当って痛いようだったら調整もしてもらえるということですので、来シーズンも安心ですね。
e0095468_2205452.jpg


ところで、20年くらい前のバブルでスキーブームの頃は、リアエントリータイプの靴が全盛だったように思うのですが、いつの間にかまたフロントバックルのタイプが主流なんですね。っていうか、お店にはリアエントリーなんて置いてない感じです。ジュニア用かなんかで少しあるくらい・・レンタルではまだまだリアエントリーが多いですけど、どういう使い分けなんでしょうか?

ということで、次のスキーに向けて、家でブーツを履いて足慣らしです。フロントバックルタイプですので、締め具合なんかもどんなもんだか試しておくほうがいいですもんね。締めすぎて痺れてきたりとか、いまだ試行錯誤をしていますよ(汗
[PR]
by kawasaki-marins | 2012-03-06 00:57 | 日々雑事 | Comments(2)
Commented by gs_kanzan at 2012-03-13 14:04
家族でスキー、いいですね!
もう何年もゲレンデに足を運んでいませんが、ブーツだけは処分せずに保管しています。
板は錆びて使えなくなっても、フィットしているブーツは手放せないのです。
Commented by kawasaki-marins at 2012-03-16 00:36
かんざん先生>
妹娘も大きくなって、何だか急に盛り上がってしまいました(汗
ブーツは、合わないと地獄の苦しみですね。いよいよ今度の週末にブーツ持ってスキーに行ってきます。でも、これでへたっぴいなのを道具のせいに出来なくなる(大汗
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル