日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:WBC2009( 12 )

そして、連覇(ダル劇場つき)

WBC2009 決勝 全日本 5 - 3 全韓国 (ロサンゼルス・ドジャースタジアム)
勝/ダルビッシュ 負/イム・チャンヨン HR/ チュ・シンス

思った通り、昼からはもうソワソワしてダメでしたね。職場の数カ所から「ヨシ、三振」だとかの実況(苦笑)の短い声が聞こえ、結局自分もワンセグで見ちゃっていました(^^;;

最後、いつもよりなにか表情の硬いダルビッシュが同点に追いつかれてしまいます。しかし直後にここまで苦しんだイチローが、最高の場面で決めてくれました。やはり神に愛でられる人間というのはいるのですよ・・・

日本と韓国の今大会5回目の対戦。おそらくもう、こんな機会も無いでしょう。
そしてこの最終決戦は、雌雄を決するというにふさわしい、お互い一歩も譲らない、見応えのある試合でした。帰宅して改めて再放送を見ていますが、わかっていても見てしまいます。

ココまで来るのに、監督の人選やらなんやらと紆余曲折がありましたが、最後、最高の結果で締めくくることができて良かったじゃありませんか。
オリンピックのバタバタもこのための布石だったような気さえしてきますから、人間なんてゲンキンなものですね。


次の開催は4年後・・・それまでに世界はどのようになっているのでしょうか。
このところの不況で、スポーツを楽しむことができるというのは非常に幸せなことなんだなとしみじみ実感しています。4年後にはもっと多くの人が心から野球を楽しめるといいなあと、ただ思うだけなのですが。

ところでMVPは松坂ですって。勝ち星がつかなかった岩隈も不憫だなあと思いますが、村田修ちゃんが不憫で・・・なにげに前回大会の松中的役割を果たしてくれていましたね。
杉内や青木、ナカジーや片岡もよくやってくれましたが、やっぱり今大会、個人的には男・村田にMVPだなあ。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-03-24 23:27 | WBC2009 | Comments(0)

なんだか微妙に懐かしい

WBC2009 準決勝 全米 4 - 9 全日本 (ロサンゼルス)
勝/松坂 負/オズワルド HR/ロバーツ(1回)

なんだかんだ言ってやっぱり気になるWBCですね。日本時間の朝9時〜ということで、午前中はチラチラと試合経過をチェックしているダメ社会人な私でした(^^;;
松坂が先頭打者にホームランを打たれたという文字を見た時は、なんか微妙に記憶が刺激されました。

そういや2005年のプレーオフ、マリーンズが俊介、ライオンズが松坂だったあの試合、先頭の・・・栗山でしたっけ?プレーボールの熱気覚めやらないうちにすこーんと打ち込まれたあの記憶が。

でも、いーんです。
あの試合は、打たれたマリーンズが勝ったんですから。相手が松坂だったけど。

ということで、ちょうどお昼休みに8回〜9回、一番盛り上がる所をワンセグでチマチマと見つつ、通りかかる人に途中経過を報告している私でした。
8回表、馬原が打たれて6-4と詰め寄られた時はドキドキしましたよ。どうせドキドキするなら、あのお方を呼んで来なくちゃ!とかもう、ワケわかんないこと考えていましたし(^^;;

それでも8回裏に、2死3塁からムネリンの脚にビビった相手のエラーで1点追加。さらに二盗で2死2塁、そこで迎えるイチローは足元の変化球を、これぞイチローというスイングでライト前、ムネリンはもちろん生還、さらに続くナカジーの右中間の打球の処理がもたつく間に、イチローが長駆一塁から生還と、野球の母国アメリカを突き放します。

いやー、さすがイチロー速いってば。脚にスランプなしとはよく言ったもんです。

そして最後9回表は、藤川が出てくるのかと思いきや、半袖姿のダルビッシュですよ。
先頭のジーター(そう、あのデレク・ジーターですよ)を打取ると、続く本日絶好調のロリンズはヒットで出塁させてしまうものの、後続を2連続三振。ランナーが勝手に進塁するのを完璧に無視しての勝負、カッチョ良かったっすよ、ダル。

なんか気がつけば、「スモールベースボール」を標榜する日本と韓国が決勝進出、野球は、もはや勢いでぶん回していれば良いというスポーツではありませんね。

ということで、明日は10時半のプレーボール・・また中途半端な・・・明日はお昼過ぎが仕事になりそうもありません(^^;;イイノカソレデ

まあ、帰宅してからJスポの再放送も見てるんですけど。

とにかく、これで泣いても笑っても最終決戦。
これで白黒つけてもらおうじゃありませんか。

で、明日は俊ちゃん使ってもらえる???
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-03-23 23:24 | WBC2009 | Comments(0)

意地です

WBC2009 2次ラウンド 全日本 6 - 2 全韓国 (サンディエゴ)
勝/涌井 負/オ・スンファン HR/内川(2回) イ・ボムホ(7回)

今朝はなんだかすごい嵐でした。午後からは晴れるという予報ではありましたが、午前中の間はとてもそんなことを信じられるようなお天気ではありませんでしたね。
ということで、結局テレビで日韓戦。
もう、こうなったら、トコトン日韓戦で雌雄を決してもらおうじゃありませんか。考えてみたらなかなかこういう機会もありませんものね。

日本時間は午前10時、現地時間で夕方18時ということで、試合開始時点ではまだ薄暮の状態でした。
初回、イチロー、ナカジー、青木とあっさりテンポ良く打取られた時はどうなることかと思ったのですが、男・村田修一が良い走塁を見せてくれましたね。相手のミスをついて積極的に先の塁を狙うプレーに意地を見ました。
でも、途中4回、ヒットで出塁下は良いものの、ベースをまわった所で太ももの裏を痛めてしまったようです。こりゃ相当ヤバい感じ・・・明後日の準決勝どころか、シーズン開幕もヤバい感じがしますよ。

途中、内海の相手打者の頭への死球などもあり、試合が荒れるのではないかとちょっと心配しましたが、続いた小松がヘナヘナカーブを効果的に使ってのハッタリピッチング(あーあ、今年もロッテはやられそうですよ。トホホ)で相手打線をはぐらかしながらゲームを落ち着かせると、秘密兵器?田中も登場、回をまたいで、イ・ボムホにソロホームラン被弾するも、山口が中継ぎのスペシャリスト然としてしっかり相手の勢いを切り、さらに涌井が反撃を許しませんでした。

攻撃にも今日は意地を見ましたよ。
初回、1点を先制されてもすぐ2回表に内川のソロと片岡のタイムリーで逆転、7回に田中の被弾で追いつかれるものの8回には意地の代打攻勢で勝ち越し、突き放します。

なんとかこれで今回の日韓戦の星を五分に戻すことができましたね。
そしてWBCも準決勝進出、日本はアメリカと対戦ということになりました。試合は日本時間の月曜の9時からですって。試合が気になって仕事どころじゃ無くなってしまいそうです(^^;;
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-03-20 16:56 | WBC2009 | Comments(2)

こうなりゃ何度でも

WBC2009 2次ラウンド 全日本 5 - 0 全キューバ (サンディエゴ)
勝/岩隈 S/杉内 負/マヤ HR/

2次ラウンドで2回目のキューバ戦です。
今日の12時(日本時間)の開始ということで、お昼はもちろんワンセグで。ハイテクってありがたいもんです(^^;

先攻の日本、イチローはどうも調子が上がらないままなのが不安な立ち上がり、さらに3番の青木がヒットで出塁は良かったのですが、その直後牽制で刺されてしまうってのは・・・そうこうするうちに、変則で12:30で終了のお昼休みの時間は終わり、不安なまま仕事再開でした。
ま、ヒマを見て、速報サイトでちょこちょこ途中経過のチェックはしていたんですけどね(^^;;
もちろん、帰宅してからはJスポの再放送をみてましたよ。ふふ。

しかし、その青木が今日はやってくれましたね。4回は先制の口火をきるヒット、5回、9回とタイムリーを放ち、5打数4安打2打点1得点と大活躍してくれました。
イチローも、5回の送りバント失敗の時は、イチローが送りバントということと、さらにそれを失敗ということでいろんな意味で我が目を疑いましたが、それでも7回には意地のヒット、さらに9回には見事なスリーベースを見せてくれて、何とか明日の韓国戦に繋いでくれるのではないかと希望を持たせてくれました。

何とか明日は打つ方の人たちに頑張ってほしいと思います。

今日の先発は岩隈、結構ランナーを出していたような気もするのですが、粘り強いピッチングでピンチもあっさりとしのぎ、何とも楽しそうに投げていましたね。イイ男がイイ表情してるのは、なんとも良いもんです。
イケメンの次はベビーフェイス。
杉内もそのかわいい見た目とは裏腹の厳しいストレートを中心にビシビシと攻め、それはそれは気持ちいいほどに相手打線を打取ります。

今日のこのふたりを見ていて、ロッテのシーズンが不安になった・・・なんてことはまあ、置いといて、とにかく頑張ってくれました。

これで、決勝トーナメント、というか準決勝進出が決まったわけですが、でも、明日はやっぱり勝ってほしいなあ。ここまで今大会で3回の韓国戦は日本の1勝2敗、ここで勝たないと、たとえ決勝が日韓戦になって、それを勝って優勝したとしても負け越しになってしまいます。やっぱり、負越しは口惜しいですもの。

しっかし、キューバには勝つくせに、なかなか韓国に勝てないのね。
って、もしかして現在の野球って韓国最強なのかしらん?・・・(^^;;ソリャヤバイ
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-03-20 00:12 | WBC2009 | Comments(0)

からまわり

WBC2009 2次ラウンド 全日本 1 - 4 全韓国 (サンディエゴ)
勝/ボン・ジュングン 負/ダルビッシュ HR/

今日はこの際なので仕事をお休み、済ませたかった用事を午前中に済ませ、昼はテレビでWBC。ま、たまには良いですよね(^^;;
でも、その気合いが空回りしてしまったのでしょうか。
初回、先発のダルビッシュや野手陣が力んでいる様子が伝わってきます・・・初球からランナーを走らせるとか韓国の積極的な作戦に、日本守備の微妙なミスも続き、なんだかんだと無死満塁。あちゃー。
結局初回から3点を失ってしまうのでした。

2回からはダルもしっかり立ち直り、5回までに7奪三振という気合いのピッチングを見せてくれただけに、攻撃がなんだかロッテを見るようだったのがどうにも、トホホな雰囲気。
っていうか、あんまり情報チェックしていなかったのですが、ムネリンって何かトラブルなんでしょうか?ナカジーが熱発とは聞いていたのですが・・・

結局、韓国のボン・ジュングンにウマいこと打たされて、四死球でランナーを出すもののなかなか先に進めることすらかないません。韓国の守備も良かったですね・・・ああ、もう!すっげー口惜しい!

ダルが5回を投げきり、6回は山口が2死を取った所で俊介が登板。
しかし、俊介も制球に苦しみ、連続四球でランナーを2人を出しますがなんとか3人目を打取ります。さらに7回も続投ですが、ここは打者2人で交代。なんかこの微妙な投手交代もリズムが悪かった気がします。

日本の方がヒットも多いし、四死球のランナーも出してはいるんだし、決して分が悪かったわけではないと思うんですよね・・・

それと、ダル→山口→俊介→涌井→岩田→田中、という投手リレーはどうなんでしょ。確かに日本の各チームのエース級で、見た目豪華ではありますが、みんな先発ローテの投手でもあるわけで・・・リリーフ専門の人って山口しかいないというのもね?
その辺も、リズムがつかみきれなかった理由のひとつのような気がしなくもありません。
餅は餅屋という言葉もありますが、この辺、やっぱり試合途中からの登場ということの慣れということもあるんじゃないでしょうか。
そうじゃなければ、ダルから直結で涌井とか田中に繋いで、計画的にロングリリーフっていうのもありだと思うんですけどね。

ということで、明日はキューバと敗者復活戦ということになりました。明日は岩隈なのかな?キューバに2連勝・・・できるかなあ。

しかし今回のWBCは、毎度同じチームとばっかりあたってる気がしますね。ダブルエリミネーション(でしたっけ?)はともかくとして、予選のグループの振り分け方に一考の余地はまだまだありそうです。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-03-18 20:13 | WBC2009 | Comments(0)

気がつけば、勝てていました

WBC2009 2次ラウンド 全日本 6 - 0 全キューバ (サンディエゴ)
勝/松坂 負/チャプマン HR/

日本時間の朝5時からということで、多少早起きするつもりでいたのですが、結局いつもと同じ時間になってしまいました。根性なしの私です。
で、顔を洗うのもそこそこにテレビをつけると3回裏、お、日本が3点リードしてるじゃありませんか!!こりゃビックリです。
得点直後の松坂のピッチングはなんか微妙な感じもしましたが、それ以上にビックリしたのがイチローのエラー。ファウルフライを捕りそこねたものですが、どうも太陽の光の加減が悪かったらしく、その次の回のキューバのライトの選手なんかは完璧に見失っていましたから、追いつくだけやっぱりイチローの守備はたいしたものです。

っと、4回、5回と地道に1点ずつを重ねたところで私は泣く泣く出勤。
でも電車の中でワンセグで見られるというのはハイテクの勝利です。そういえば地上波(ワンセグ?)は8時過ぎまでCMを入れてなかったんですね。ずっと選手の様子が見られたのは非常に良かったです。結局最後9回の表裏は職場の机でこっそり(じゃないけど^^;)見てしまいました。

今日はなにより、松坂が6回までキッチリ投げきってくれたのが一番の勝因でしょう。3回もヒットを打たれたりと微妙なところもありましたが、結局三振みっつでチェンジ、最後の変化球で打取った三振なんかもう背筋がゾクゾクしましたよ。
松坂らしく、回を重ねるごとにどんどん良くなってきているのが、ワンセグの小さな画面でも良くわかります。なんのかんの言っても日本のエースの名は譲らねえ、という所でしょうか。アメリカに行ってくれて良かった、と改めて思いましたね(^^;

打つ方の人たちでは、何でもナカジーが熱発休養だってことで片岡が出てたんですが、これがしっかり仕事をしてくれていました。世間ではナカジーの評価が高いようですが、片岡もいい選手ですよ。無理にウケを狙った、でも寒〜いヒーローインタビューしなけりゃいいのに(^^;;
イチローがノーヒットというのが気にはなりますが、まあ、なんとかみんなでフォローできているのかなとも思いますし、なんてったってイチローですから、打てなくてもライトにおいておくだけでお守りみたいなもんです。

キューバは案外でした。松坂が良かったと言うべきかもしれませんが、ブンブン振り回してくるのがなかなかあたらないという風にも見えました。それでもセカンドのグリエルなんかはいい選手ですね。なにより守備が良いし、バッティングも無理しない感じがして好感が持てます。

まあ、とにかく、地味に地味に得点を重ねて、終わってみれば6-0と差をつけての勝利、良い勝ち方だったと思います。
なんのかんの言っても、やはり「ワールド・ベースボール・クラシック」なんですね。ココまでくればそれなりに充実した試合になってきます。

今回はオランダやイタリアの健闘もありましたし、野球も少しずつワールドワイドになって、この大会が盛り上がるようになると良いなあと思います。同じルールのスポーツでも、試合運びにお国柄のようなものが見える所も面白いですね。とはいえ、ヨーロッパのチームなんかは、大半ナントカ系アメリカ人なワケなんですけど(^^;;

まあ、これで盛り上がってくればもっとレベルの高い面白い試合がたくさん見られるようになる・・・といいなあ、と思うのみです。
で、いずれは「リアル・ワールドシリーズ」やってほしいものです。
世界のプロリーグの優勝チームで世界一を争う、なんてのはひとつの夢ですよね。

・・・・ところで、docomo携帯でワンセグ見ていたのですが、ついつい画面の表示を触ろうとしている自分に気がついてハッとしましたですよ。もうすっかりiPhoneに馴染んでしまったんですねえ。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-03-16 21:37 | WBC2009 | Comments(0)

ううーーっ!

WBC2009 1次ラウンド 全韓国 1 - 0 全日本 (東京D)
勝/ボン・ジュングン S/イム・チャンヨン 負/岩隈 HR/

くやしーーっ!
韓国代表も、よくリセットしてきましたね。昨日中国に大勝して、むしろリズムを崩していないかなあ、とおもったのですが、投手陣がよく投げていました。
っていうか、むしろ日本代表が大勝した後のロッテ状態だったのかも・・・ロッテの選手出ていませんが(^^;

最後、イム・チャンヨンのとき、ロッテの選手がいれば・・なんて思う私。
去年のイム・チャンヨンとの対戦は2回ほど打ち込んでた記憶がありましたよ。

ともかく予選突破です。とはいえ、2次ラウンドはさらに厳しいですよ。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-03-09 21:59 | WBC2009 | Comments(2)

楽天イーグルス?

今日はなんだかお天気も良くないし、のんびりとテレビでWBCの試合をチラチラと見ていました。
イタリア対ベネズエラってのが注目、何てったってロッテファンなら忘れられないあの男、ヴァル・パスクチが4番を張っているんですってば!
いやーもう、懐かしかったですね、ちゃんとヒットも打ったし、なにより四球を二回も選んでいる所にこの3年間の成長を感じます。
パスクチがDHでしたんでファンタジーこそ見られませんでしたが、そんなアホなことを言っている場合じゃなくイタリアの守備が良かったです。強豪にむかう弱小チームと言う感じでイタリアに力一杯肩入れしてみていました。序盤は良かったんですが、投手交代で一発喰らってからバタバタと崩れてしまったなあ。スコアこそ0-7と離されましたが、見応えはある試合だったと思います。

しかし、ベネズエラの選手がみんな楽天のドミンゴに見えてくるのは何故(^^;
なんとなくユニの色使いが楽天っぽいですよね。

オランダ対ドミニカは、初回にオランダが先制、とはいえまさかドミニカ勝つだろうと、ちょっと目を離していたらなんとオランダが勝っていたとは!見るべきでした。

そして夜の韓国対中国、これも楽天対西武に見えてしまう私って(^^;;
韓国が昨日の憂さ晴らしのようにやっちゃっています。これで明日は大味な試合になりそうな予感が・・・って、日本代表も韓国代表も、ロッテと一緒にしては失礼ですかね。

と、まあ、なんだかんだ言いながらもWBCが始まるとやっぱり野球モードになっている私でした。


そうそう、全然野球とは関係ないんですが、iPhoneのアプリで見つけましたよ。
「CalTodo」というToDo管理ソフトです。

iPhoneのカレンダーはMacのiCalと同期するのですが、iCalのToDoを管理してくれないんです。この辺、なんか今回詰めの甘いAppleなんですよね、どうしたんでしょ?
Todoってけっこうお買い物メモなんかに使うと便利だしなあ(携帯にもあるんですが結局あんまり使わなくなってしまって・・・携帯のキーをポチポチ打つのが苦手なもんで^^;)と思っていたのです。

ま、それでもいろんなアプリがありますので、それでナントカしたいなあ、と探してみました。もちろんToDoアプリはいろいろあるのですが、なにより無線でMacのiCalと同期する、という重要な条件がありますのでなかなかこれはというのが見つかりませんでした。

それがあったんですね。有料ではありましたが230円ならまあ、と、さっそくお買い上げ。
Macの方に無料のサーバソフトをインストールして、パスワードを設定、iPhoneのほうにはAppStoreから購入してインストールします。どうやら同じ無線LANネットワーク内にいる事が条件のようですが、家にいるときに同期できるなら十分。ケーブルで繋がなくていいというのがこれほど快適とは・・・

ということで、日々充実して行くiPhoneの使い勝手でした。

そうそう、家族スケジュール共有計画ですが、微妙ながらも有線で繋がずiPhoneと共有する方法です。
姉娘のiBookのカレンダーを私のMacBookで参照(MobileMe経由)し、私のMacBookのiCalからいったんデータを読み出し、再び今度は自分のデータとして読み込みます。すると、私のカレンダーとしてiPhoneと同期する事ができます。
まあ、どうせ毎日MacBookは開いていますので、姉娘のデータを保存する手間だけですね。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-03-08 21:20 | WBC2009 | Comments(2)

雪辱

WBC2009 1次ラウンド 全日本 14 - 2 全韓国 7回コールド (東京D)
勝/松坂 負/キム・グァンヒョン HR/キム・テギュン(2ラン) 村田(3ラン) 城島(2ラン)

今日はしっかり見ましたよ。なんと言っても宿敵韓国戦、しかもこのところ国際試合では分が悪いですからね。我が家的には、景気付けに晩ごはんにはキムチを出して「韓国喰うぞ」です、もちろん。
ということで本日は夜の7時でかあちゃん稼業は営業終了、あとはただの野球好きオバサンモードです。

初回、イチローがあっさりときれいなヒットで出塁します。中国戦で5の0だった人には見えませんね。今日のイチローの表情はいつも以上に気合いが入っています。うん、これなら大丈夫。
さらに2番ナカジーです。いきなり送りバントとかいきなり盗塁とか無しにしてくれよ・・・と思って見ていましたが、どうしてどうして、ナカジーもしっかりセンター返し。さらに3番の青木もキレイにセンター前に弾き返して、当然イチローなら帰って来ます、あっさりと無死から1点を先制、いい感じですよ、これは。
本日の4番は村田修ちゃん。しかしここは三振に倒れると、5番小笠原も三振。韓国バッテリーは立ち上がりスライダーを打たれてストレートに切り替えてきたようです。しかし、韓国先発のキム・グァンヒョンですが、ユニフォームの雰囲気やら、優男風の顔立ちやらで、何となく西武の岸に雰囲気が似てるなあ、なんて思う私(^^;
さらに6番内川がレフト線を破る2点タイムリーで初回に3点を奪います。

日本代表の先発は松坂。しかし、どうも立ち上がりの松坂をみていると不安です・・・渡米する直前のロッテとのプレーオフで打たれた時みたいな感じがしました。ヤバいヤバいと思ってみていたら、案の定と言うか1死から2連打。しかしココは村田のナイスプレー、ライト前の当たりでランナー三進の隙に2塁を奪おうとしたバッターランナーを好判断でアウトにします。ここでランナーをへらしていたのが良かったと思いますよ。
直後のバッター、韓国4番のキム・テギュンにレフトスタンド上段への大きなホームランを喰らう松坂でした。
ここを2ランで1点差でもリードを守れたのは地味に効いていますよ。これで3ランで同点だったら流れが違ったと思いますもの。
ヤバいヤバいと思っていましたが、なんとか1回裏をホームランの2点に留める松坂でした。

すると2回表、打線が大爆発です。
無死満塁からナカジーが押し出しの四球を選んで4-2とすると、もう韓国先発投手はガタガタ。青木のゲッツー崩れで1点を追加、さらに村田の犠牲フライでいいぞという打球は案外伸びてレフトスタンド最前列あたりに飛び込む3ランホームランとなりこの回一気に5点を追加、8-2と差を広げます。
これで多少は松坂も気が楽になったんでしょうか、2回裏も怪しいながらも無失点、3回あたりにはなんとか立ち直ってきた雰囲気でここも無失点に抑えます。
この後は4回にナカジーの敵失打点つきで1点、5回もナカジーのタイムリーと青木の犠牲フライで2点、6回は城島の2ランでだめ押し2点、さらに7回、もはやこの試合は捨てた感じの韓国守備の乱れで1点を追加して、取るわ取るわで7回までに合計14点。

この間投手陣は4回までを松坂、5回を俊介、6回は杉内、7回は岩田と繋いで2回以降を無失点。
終わってみれば14-2で7回コールドという大勝となったのでした。俊介、よくやったぞ。

いやー、久々に韓国にきっちり勝てた気がします。ホント、韓国も侮れなくなってきましたからね、真剣にやらなきゃいけなくなってきました。
でも、これでともかく2次ラウンドへの進出決定となりました。
ヒーローインタビューは村田修ちゃん。ナカジーのがたくさん得点にからんでね?というのは野暮な突っ込みですね^^;・・・ヒーローインタビューの前にちょっと苦行があった事は忘れましょう(^^;;

さて、次は9日(月)の順位決定戦です。
ここもおそらく韓国戦になるでしょうから、「兜の緒」をしっかり締めていってほしいもんですね。

それにしても、コールドってのはやっぱり気分良いですね。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-03-07 23:24 | WBC2009 | Comments(2)

ああーーーーっ!見逃した(^^;

WBC予選の開幕を見逃してるし(^^;

ま、まさか負けるってことはないですよね。ただ、先発がダルだってことで少々出来が気になる所ですけど、まさか打たれる相手ではないし。

ということで、日本代表が中国代表を4-0で下してまずは1勝をあげる事ができたそうです。


その間、何をしていたかというと。
昨日の続きで姉娘のiCalからなんとかiPhoneに同期が取れないかなあと試行錯誤。googleカレンダーとの連携とかも考えたのですが、どうもiBookのTigerからだとダメっぽい。うーん、やはり手動で同期するしかないですかね・・・

いや、いったん無線での同期を覚えてしまうと・・・人間というのは堕落する生き物なんですね(^^;;
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-03-05 22:37 | WBC2009 | Comments(0)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル