日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧

<   2008年 07月 ( 41 )   > この月の画像一覧

オールスターですねえ

全セントラル 4 - 5 全パシフィック (大阪D)

気分的には、オリンピック代表の壮行会第1戦ってところでしょうか。
まあ、気分はお祭りですから、
「こりゃー、ナカジー打て〜!今しか応援してあげないんだよ〜!」とか
「帆足〜、どうせ打たれるならロッテ戦にしてくれ〜」とか
もう、テレビの前で好き放題(^^

ひとつ納得いかなかったのは、大松の打席でムネリンのインタビューになってたこと。
こういうことするから民放地上波は嫌われるんだってば。
ま、相手のエラーとはいえ大松も打点1稼げたので良かったかな。

直行も気分良さそうに投げてたし、明日はなる坊の登場ですな。

しかし、山崎が最後美味しいところを持って行っちゃいましたね。うふふのふ。

ホームラン(しかもダルから)、タイムリー(ていうかオオマチュのミス?)で打点2、好守備もありーの大活躍だった金本がなんだか気の毒な気も(^^;
っていうか、なんであんなに阪神目線なんだ・・と思ったら、大阪ドームですもんね。それでも、ジャイアンツの選手がほとんど話題にならないあたり、時代は変わりましたねえ。
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-07-31 23:02 | マリーンズ2008 | Comments(4)

熱い炎はいまだ消えず

黒木知宏~魂の記憶~

暗黒時代を支えてくれたジョニー。
熱くチームを引っ張ったジョニー。
彼がいたからこそ、今のロッテがあることを改めて実感しました。

実は、ジョニーの現役時代は試合はほとんど見ていません。18連敗ですら、スポーツニュースや新聞の情報で追っていたのみです。ジョニーでも連敗が止まらなかったときの、ジョニーでもダメなのか・・・という思い。
あの頃のロッテが、ほんのちょっとだけでも強ければ、もっと数字も遺せたのかもしれない。これほどまでに肩を痛めることもなかったのかもしれない・・・そうも思います。

でも、この強靭な魂が支えてくれたものは、もっと大きくて大切なものだったんだなあとも思います。

彼が投げるストレートのようなまっすぐさと、いつまでも訛が抜けない素朴さと、自ら「ジョニー」と名乗る目立ちたがりな性格と、歯を食いしばってリハビリに打ち込んだ強さと、すべてが渾然一体となって作られているのが人々の感動を呼び起こす、ジョニーの熱い魂なんですね。

ところで、引退セレモニーのときにユニフォームに着替えていたのはドコですか、アレ。なんか喫煙コーナーみたいなところで着替えていましたけど。もっとなんかまともな場所はなかったんですかね?
と、突っ込んでみます。
いくら引退した選手だからって、あんまりな・・・
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-07-30 22:56 | マリーンズ2008 | Comments(3)

松竹はやはりセットで

対 東北楽天イーグルス 16回戦[M 10勝6敗] E 2 - 8 M (千葉マリン)
勝/小林(宏)[3勝9敗] 負/長谷部[3敗] HR/山崎(武)[14号]

気がつけば、7月ももう終わり。
カレンダーではまだあと2日ありますが、私は仕事でワタワタしています。基本的に、月末だの期末だの関係ない仕事ではありますが、どうやらお役所関係がお盆休みを前に仕事を済ませたがっているらしいです(^^;
プロ野球も、今日で一区切り、明後日から2試合のオールスターと、その後のオリンピックもあり、しばらく変則日程が続きます。

ということで、ホームだし、コバヒロだし、今日はとにかく勝ちたかった試合です。
試合開始は見そびれましたが、今日のコバヒロは非常に良い出来だったようで、フォークがばしばし決まっていた感じ。ホイホイと三振が取れます。いい感じですよ。
やっぱコバヒロはこうじゃなきゃね。

打線の方も、初回に福浦師のタイムリーで1点取っているようです。
さすがに今日は、ルーキー相手でも容赦しないぞ、という雰囲気・・・なのかな。
その割には1番大塚とか9番正人とか、って正人がショートでセカンド堀ですか・・・オリンッピック期間のためのテストかもしれませんね。

3回、鉄平にツーベースを許し、2死から草野にタイムリーで同点に追いつかれます。
しかし、今日の打線は打てそうな気がしてたんですよ。長谷部に対して打順がひと回りしたら結構イケるんじゃないかなあ、と、根拠もなく楽天的でした。

すると4回、先頭の3番福浦師と4番サトに連続の四球。
ここで打順は大松、今日、1打点を上げれば、月間打点のチーム記録だそうですが、ここはシングルで満塁まで。師匠、還ってやれー!!という叫びは届かなかったようです、っていうか師匠じゃ厳しかったですね。
これで無死満塁、打順はサブロー、今江と続きますが、サブがサードファールフライ今江が三振と、あっという間に2死となってしまいました。あれえ??

ここで迎えるのが本日左の長谷部対応でスタメンDHの竹原。
ちょっとドキドキしましたが、甘く来た真ん中辺の球をひっぱたいて左中間を抜く、走者一掃の3点タイムリーツーベースです!良くやったぞ、タケ。
ここで無死満塁から三者凡退なんて得意技炸裂だったら今日もきっとコバヒロ見殺しだ・・・と、ちょっと弱気でしたが、この竹原のタイムリーでイッキに強気になる、現金な私でしたよ(^^;

さらに、2死2塁から本日一軍登録、即スタメンの正人がレフトにタイムリー、脚もある竹原しっかりホームインで1-5。
こうなるとまら止ないマリーンズ、アッキーラさんがレフト線キレそうでキレなかったツーベースで2,3塁とします。
結局ここでたまらずノムさんは長谷部を引っ込め、永井を投入。
しかしここは掘が上手くセンター前にタイムリー、2塁にいたアッキーラさんもキャッチャーのタッチをかいくぐってのホームインで結局この回6点を奪いました。

今日のコバヒロなら楽勝楽勝。
この後もすいすいです。7回に山崎にソロを打たれてしまいますが、その裏きっちりと今江がタイムリーで1点を返して8-2。
8回は川崎、9回は伊藤を投入でオールスター前の最後の試合をしっかり勝ちで締めくくりました。

残念だったのが、大松の月間打点のチーム記録ならなかったことでしょうか。実況の矢野アナがしきりと気にしてくれていましたよ(笑)
チームは8点も取ってるのに、結局大松は打点が無かったんですね・・どっちかと言うと今日は繋ぎの大松でしたかね。まあ、記録こそなりませんでしたが、7月は十分以上の仕事をしてくれました。もしや月間MVPとか取れちゃうかも?と期待してみますよ。
さらに、オールスターに出場予定だった柴原が辞退ということで大松が繰り上がったそうで、いつの間にか出世したもんです。

今日は、竹原の3点タイムリーとか、アッキーラさんの猛打賞とか、正人のマルチヒットとか、8月に頑張ってもらいたい人たちが頑張ってくれました。塀ちゃんも、昨日は良い当りを飛ばしていましたから、心配してませんよ・・・たぶん(汗)
なにより、イケメンのコバヒロが戻ってきてくれたのが一番の収穫、これからコバヒロが大好きな8月ですしね・・というものの、その8月の第一週がスカスカなのがちょっと残念ですが(^^;;

オールスター休みは有効に使って、リフレッシュとブラッシュアップと、両方しっかりお願いしたいところです。
オールスターあけから、ぶっ飛ばしてイキマショー
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-07-29 22:33 | マリーンズ2008 | Comments(2)

繋ぎの4番復活。そして勝負パンツ(笑)

対 東北楽天イーグルス 15回戦[M 9勝6敗] E 3 - 4 M (千葉マリン)
勝/荻野[4勝4敗15S] 負/川岸[2勝2敗3S] HR/大松[18号]

今日は、8連戦の7試合目、ということで、中6日を頑に守るボビーは先発に呉くんを立ててきましたよ。前回の登板が5月5日のバファローズ戦、この時はかなり飛ばしていたようですが、まずまずのピッチングを見せてくれました。この時くらいのピッチングをしてくれれば、なる坊がオリンピックに行っている間のお留守番になるか、と期待していたんですけどね・・・

初回から、コントロールが定まらず、自滅していった模様です。
っていうか、帰宅してテレビをつけた時点で2回表、イーグルスの渡辺直人に本日2回目の死球を当ててしまい、ちょっとヤバげな雰囲気がただよっていましたもの。さらに、塩川にも四球で降板。
ここは小宮山がマウンドを引き継ぎ、リックを打取って締めてくれました。
何とか、ここは1失点だけで切り抜けます。

しかし3回、コミさん続投も、なんだかポコポコ打ち込まれて2点を献上、3-0と引き離されてしまいます。コミさんもお疲れモードかしらねえ、と思っていたら、さらに4回も続投。
確かに、2回でコミさん登場というのは早すぎでしたが、若いもんでこういうシーンを投げられる人材はいないのですかね。ほら、浦和あたりにいるじゃん。くりくりの瞳に濃いひげの剃りあとのあの人が・・・ハデな活躍はしなくても、せめて、こういうシーンで仕事できるようになってほしいなあ。
と、それはともかく4回はコミさんが無失点に抑えて、なんとかゲームを立て直してくれます。

しかしこの間、マリーンズ打線は朝井を打てません。
なんか、この人を打てない印象があるんですが、気のせい?打ってる時もたまーにあったっけ・・・
なんて思っていた4回裏、先頭の根元が倒れるも、本日3番でスタメンマスクのタスクがヒット!さらに4番サブローが左中間にツーベースで1死2,3塁とチャンスを演出すると、迎えるバッターは大松。
落ちる球を捉えたスイングは、間違いなくスタンドインのスイング。ズドーンとライトスタンドに飛び込む同点スリーランとなります。
いやあ、なんですかあのスイングは。凄いです。これぞ、ホームランバッターってヤツですね、なんか(実はあんまり好きじゃないけど)松井とかを彷彿とさせるスイングのスピードでしたよ。

夏休みスペシャルかな?景気良く花火もあがりましたが、しかしこの後、勝ち越しの1点が遠い展開になります。
イーグルスは5回まで朝井を引っ張ると、6回から片山を投入。なんかこの人も苦手っぽいマリーンズ打線は6,7回としっかり抑え込まれてしまいます。
それでも8回、途中から西岡が引っ込んだ影響でなぜか1番ファーストに入っている福浦師からの攻撃、福浦は死球で出塁、根元がすかさず送っていい感じ。ここで3番のタスクに代わりサトが代打で登場すると、ノムさんはすかさず木谷を投入してきます。
サトが凡退しますが4 番サブローが四球を選び、繋ぎの4番の仕事を見せて大松に繋ぎますが、ここはワンポイントの有銘に大松キャッチャーフライで勝ち越しならず。

この間、5回からはマウンドを預かるソニックが、今日は素晴らしいピッチングを見せてくれていました。
多少コントロールが荒れている感じもしたのですが、それ以上にキレがあったのでしょうか、低めのボール球をホイホイ振ってくれます。打者14人に対して三振5個ですって。球速は140km/h台後半という感じでしたが、ソニック、やればできるんだから・・・後は安定感、というか常にこのパフォーマンスを出すためにどうしたら良いのかということなんでしょうね。
リリーフ登板は苦手、とか言う話も聞いてはいますが、なんとかそこはひとつ、裏方さんたちも協力してもらって乗り越えてもらいたいところです。

うーん、こりゃ今日も延長くさいな・・・
と、案の定延長。

8回途中から川崎を投入、また9回途中からランナーを背負って荻野を投入と、ちょっと後手後手の投手交代が不安を誘います・・・
10回表、荻野続投。途中代打で登場の吉岡に、1死からセカンドの裏に落ちるヒットを許すと、送りバントで2死2塁。ここで横川に四球を与える荻野・・・なんかもう泣きそうな顔をしていましたが、それをこらえて必死に攻めているというのが伝わってきました。
ここで井上コーチがマウンドに声をかけにきてくれます。これはいい「間」でしたね。井上コーチグッジョブです。
一息はいって、泣きそうながらも、なんとか気持ちを強く持って全身全霊でフェルナンデスに立ち向かう荻野・・・
必死に攻めた気力がわずか上回って、センター方向の大きな当りは早川がしっかりと追いついてセンターフライに打取ります。早川の守備も見事でしたが(外野フェチの私が敢えて)ここは荻野の精神力を褒めたいです。こうやって場数を踏んで成長していくんですね。

この力投にこたえたい打線、10回裏はナイスキャッチの早川からでしたが、早川は合えなく凡退、しかしなぜか(^^;)ここで福浦師にまわる運の良さ!
師匠がうまくセンター前に落とすと、ここは相手も右の川岸ということもあり根元に打たせる雰囲気。ビックリしたような顔でサインを確かめる根元でしたがここは三振。しかしこの打席で暴投がありランナー2塁に進塁、2死2塁となります。
3番に入っているサトを敬遠するバッテリー・・・2死なのに?それほどサブちゃん舐められてたんでしょうか??
サブローもここは真剣な表情、三遊間を抜いてレフト前、2死満塁となります。

サブローが繋いで迎えるのは、満塁男・大松。
大松、ここはムグッと息を飲み込んで(ダメじゃん、深呼吸しなきゃ!)と思わせた直後、ライト方向に打ち上げてしまいます・・・ダメだあ、やられた・・・と思いましたがこの打球がグイグイ伸びてフェンス直撃、ライトの中村も打球の下に入っていましたがわずかに及ばず、サヨナラタイムリーです!!!

うおおーーーまあーーーつーーーー!!!

スイマセン、10時過ぎてるってのに、窓全開だってのに、娘たちも寝た(っていうかとりあえず布団には入っているだけかも^^;)ってのに、叫んでしまう私でした。

なんというパワーでしょうか。やっぱりあのスイングは伊達じゃないんですねえ。
昨日のサヨナラ負けイヤな流れを断ち切れた、かな?
なんとか明日も勝って、気分良くオールスター休みと行きたいもんですが・・・

あ、明日はコバヒロが先発ですよ。
なんとかひとつ、きっちり勝ちをつけてあげてください、お願いします!

追記・・・

今日のヒーローインタビュー、大松くんと荻野くんだったんじゃありませんことよーーー!!!
Jスポの中継が押しちゃってるんで、ヒーローインタビュー見られなかったって言うのに、荻野くんなんですか(泣)
公式の荻野くん、良い顔してるわぁ・・・(感涙)
ああ。見たかった・・・
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-07-28 23:20 | マリーンズ2008 | Comments(2)

我ながら、弱いっす

買ってしまいました、ロッテオリオンズ時代のユニフォーム。
どうしても、胸の広告が邪魔なんですが・・・うーん、選手とおそろい、というのもわからないではないのですが、やっぱり昔のロッテユニ、という気持ちの方が大きいので・・・

で、macを広げてそんなお買い物をしているところを娘たちに見つかって、一緒に(と言っても、申し込みは別なんですね、面倒くさい!)「テルテルボーイ」Tシャツを買わされてしまいました(汗

e0095468_012721.jpg


姉娘が黒、妹娘が白。でも、これだったら女の子でもカワイイですよね。普段着せててもまあOKな範囲ではないかと思います。
生地が、普通の木綿のニットじゃなくてちょっとメッシュっぽいスポーツウェアとかに使われてそうな生地で(なんて言うのかしらん?)最初ちょっと高いかなと思いましたが、これならまあ納得の範囲です。

我ながら、弱いですね(^^;;
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-07-28 00:06 | マリーンズ2008 | Comments(0)

リトル!

ロッテ戦を見た後、なんとなくテレビがつけっぱなしになっていたら始まったのが、リトルリーグの日本一決定戦でした。なんとなく見ていたのですが、いやあ、この江戸川南(だったっけ?)のピッチャーの子、大関くんだったかな、この子は凄いですよ。ウトウトしていたのが目が覚めましたね。

マウンドで投げている姿はまるで高校生のようでした。フォームもダイナミックなんですが、コントロールもなかなか。ストレートとカーブを投げているようでしたが、カーブのキレがまたとても中1とは思えませんでした。
さらに、自分でタイムリーとスリーランまで打っちゃって、パワーもあります。
結局、打取った、と思った当りが1,2塁間を抜けてしまったという感じの1安打だけで完封(リトルは6回までです)、確かに体格も良かったですが、早熟なだけじゃないと思いますよ。

この後、アメリカでリトルのワールドカップが開催されるのに出場するということですので、ちょっとチェックしてみたいなと思いましたね。Jスポでやるようですし。

それにしても、夕焼けきれいでしたねえ。

e0095468_2281036.jpg


夕焼けと、将来が楽しみな少年に癒される夕刻でした(^^
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-07-27 22:02 | スポーツ観戦いろいろ | Comments(0)

あれよあれよと三タテ喰らいました(泣)

対 福岡ソフトバンクホークス 15回戦[M 7勝8敗] M 2 - 3x H (福岡D)
勝/陽[1勝1敗] 負/荻野[3勝4敗15S] HR/西岡[10号] 小久保[18号]

悔しいっすよ・・・
9回裏1死まで2-1でリードしてたのに・・・
俊介の投球内容だってとても良かったのに・・・

あの、小久保の一発が無ければ・・・

ということで、今日は自宅でのんびりしてました、っていうか、昨夜は子供たちと一緒に寝ちゃって、それで朝は昼近くまで朝寝。なんか疲れてたっていうか目が辛くて、半日寝ちゃっていました。今朝、というか昼(^^;;はおかげさまで多少はすっきり。
娘たちも大きくなって、朝ご飯くらいならあるもので何か食べてくれるようになりましたから楽なもんです。
今朝はお茶漬けで(もちろん、永谷園のお茶漬け^^;;)さらっと済ませていてくれたようです。

と、お昼を済ませると高校野球やってましたよ。今日は北神奈川(だから、ドコが境界なのよ)の決勝、慶応 対 東海大相撲相模でした。見てたら、東海大のキャプテン、大田くんだったかな、なかなかパワーがあります。レフトスタンドに運んだホームランはプロの選手みたいでしたよ。
なんて見ているうちに、福岡の方もプレーボールの時間なのですが、こちらの決勝がなかなか白熱していて、移動できませんでした。

チェンジになってチャンネルを変えると、お、ロッテが1点先取してんじゃん!と思った瞬間に、小久保の犠牲フライで1点返されちゃいました。がーん。

しかし、今日は俊介が粘ります。打たれても打たれても、後続はキッチリ斬り捨てて点を取らせません。
なんとか和田を打ち崩して欲しい・・と思うのですが、しかし和田も粘ります。
それでも、竹原には投げずらそうにしていたのがなんだか可笑しいですが、それでも、お互いに要所を締めるというピッチング、なかなか追加点を奪えずに淡々とゲームが進んで行きます。

その裏では、横浜スタジアムでも熱戦が繰り広げられていました。
先制したのは東海大相撲相模ですが、慶応も取られたら取り返す根性を見せます。しかし中盤4-6と、東海大相模がリードするとなかなか追いつけず、こりゃこれで決まったかな、と思ったのですが、9回表になんと追いついちゃいましたよ、慶応。
結局、決勝は延長にもつれ込みます。

さて、福岡ドームは8回表、先頭のが出塁すると、根元の送りバントと福浦の内野ゴロが進塁打で2死3塁とランナーを進め、大型扇風機状態のサトにまわります。
こりゃどうかな・・と思っていましたが、これがショートの頭の上を超えてタイムリー!!
勝ち越しを決めましたよ、よっしゃー!

しかし9回裏、1死から、小久保に同点ソロ・・・がびーん、
こちらも延長に突入です。

まったく、忙しいったらありゃしません(笑)

10回表まで和田が続投、本日スタメン(もちろん外野^^;)ながらもさっぱり合っていなかった大塚が、バントの構えを見せたり、やる気無さげな空振りを見せたりといろいろ策を練って粘ります。結果、左中間ツーベース。これはさすがアッキーラさんの脚です、良く走ってくれました・・・が、やはり後続続かず得点ならず。
11回は馬原が登場、今江がエラーで出塁しますが得点にはならず。12回は陽が登場、っていうか陽って誰?状態の私ですが、代打の堀のヘルメットに当る死球を出しながらも得点ならず。結局勝ちがなくなります。

マリーンズは10回裏から川崎を投入。高谷、大村、凡退、本多には内野安打を許すも川崎を打取り、すっかり落ち着いたところを見せます。
11回には先頭の松中を川崎が打取ったところで荻野に交代。ここで、伊藤とか小宮山とか無かったかな・・・とか思ってみますが、なんてったって相手は小久保ですからねえ・・荻野は、小久保、松田と打ち取って得点を許しません。

12回裏、勝ちが無くなって、回をまたいで投げるってどうなんでしょうか。
先頭の長谷川をヒットで出塁させてしまうと、送りバントで進められ、四球で塁を埋めますが、辻のピーゴロが進塁打となり2死2,3塁。
そして、本多のサヨナラタイムリーでした・・・くーーーっ!

ハマスタの方も、13回表、慶応が決定的に3点を勝ち越し、結局9-6で慶応が何十年ぶりだかの甲子園出場を決めました。
こちらもなかなかの熱戦でしたね。
東海大相模の打線もなかなかの破壊力でしたが、思いのほか慶応も打ったなあという印象でした。どちらのチームもかなりの完成度でしたね。

ってことで、連日の1点差負けで、ホークスに三タテ喰らっちゃいました・・
うーん、ここは1勝2敗でクリアできればと思ってたんですが、あちゃー、ですね。まあ北海道を勝ち越せたので多少は救いがありますが。
明日はホームに戻って楽天戦、気持ちを切り替えてなんとか少しでも借金返済して行きたいもんです。
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-07-27 21:53 | マリーンズ2008 | Comments(2)

途中までしか見てません

対 福岡ソフトバンクホークス 14回戦[M 7勝7敗] M 1 - 2 H (福岡D)
勝/ホールトン[3勝3敗6S] S馬原[1S] 負/成瀬[6勝6敗] HR/

今日は、妹娘の保育園のお祭りでした。
午前中はおみこしの練り歩き、と言ってもほんの歩いて5分先の姉妹園まで行って帰ってくるだけですが、学童、年長、年中と3個のおみこしが出ます。

e0095468_2058339.jpg

「ウチの娘ですが、塀ちゃんみたいに苦みばしってませんこと?(笑)」

今年から妹娘もおみこしを担ぐようになりましたよ・・・大きくなったもんです。
今朝までは、「おみこしなんてチョーかるいよ」と余裕の顔だった妹娘も、片道担いで結構大変だったようです。でも、大きな声で「わっしょい!」と頑張っていましたよ(笑)

で、10時から30分ほどの練り歩きの後はいったん解散。この後、お祭り担当の父母や先生方で支度をして、夕方4時から模擬店と盆踊りです。

ということで、今日は午後2時のプレイボールで、試合を見ていたのは5回まででした。
初回、西岡がホールトンの初球をひっぱたいてのツーベース、福浦師のタイムリーで1点先取したときは行けるかな、と思ったんですけどね。
成瀬の立ち上がりは、なんともコントロールが今ひとつ。1回裏こそ三者凡退でしたが、2回裏には小久保、松田と連続四球で歩かせ、塁を進められて辻に2点タイムリー、あっさりと逆転を許してしまいました。
いかん、いかんよなる坊、こういう点の取られかたは・・・せっかく、母校の横浜高校が甲子園決めたのに・・
っていうか、そうか、気になってたのね、試合終了まで。まさしくそんなタイミングですよ(←TVKと二元で見てたし^^;)

しかし、3回、松中、小久保の連続三振あたりから徐々に立ち直ります。
4回、先頭の松田にツーベースを許し、次の打者を三振に打取りますが、続く辻にまたまたタイムリー・・・と思ったら、打球が2塁塁審に当ってはじかれた、ということで辻はシングルヒット、ランナーは元の塁に戻されて得点は無しとなります。
あれ、こういう時ってランナーの進塁ってないんだっけ?
ま、まあ、これは1点助かりましたよ。

で5回、西岡の盗塁失敗まで見て出かけたわけです。残りは録画。

模擬店の焼きそばやトウモロコシを堪能しながら、保育園の先生方のとんでもないノリのアトラクション(保育園戦隊になっていましたよ^^;;)などをのんびりと楽しみました。学童も一緒で、学童の部屋を使ってのアトラクションなどもあります。例年お化け屋敷系なのですが、今年は「チビリンピック」なんて、サッカーやバスケ、障害などのゲームをこなして商品がもらえる、というものでした。オリンピックも、もうすぐですね。

一息ついて、携帯チェックすると・・・その後、成瀬はしっかり立ち直ったようですが、ホークスも最後は馬原が登場で、ハイおしまい、ですか。イヤなヤツが出てきちゃったなあ。

8回完投で2失点ですから、決して成瀬は責められません。後半の立ち直りの様子をテキストで眺めてる限りは十分に試合を作ってくれたと思います。
なんか、打線が少々チグハグしてきちゃったのかな・・・水物打線ですものね。

ま、明日にお願いしましょう。

とにかく今日は、今年のお祭りは雨じゃなくて良かったなあ、ということで(^^;
雨男園長先生なので、例年7月上旬で梅雨の真っ盛りだったものを、わざわざ梅雨明けの時期にずらした甲斐がありました。その分暑かったですけど。
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-07-26 21:19 | マリーンズ2008 | Comments(4)

浮き沈みが激しいなあ

対 福岡ソフトバンクホークス 13回戦[M 7勝6敗] M 0 - 14 H (福岡D)
勝/大隣[9勝7敗3S] 負/唐川[5勝3敗] HR/小久保[16,17号]

今日は札幌から福岡に移動してのゲーム、この暑いさなかにこんな日程ってキツいですよね・・でも、頑張って欲しいのはファンの気持ちです。
先発が、マリーンズが唐川、ホークスが大隣と、次世代を背負って立つ投手の顔合わせ。
序盤はテンポ良く進むのですが・・・4回裏、先頭の松中がショートへの内野安打で出塁。なんか、今日は守備があやしいんですよ。
やっぱり、昨日ダルから勝っちゃったもんだから浮き足立っているのかも(^^;;

なんて思ってたら、続く小久保がセンターに特大ホームラン・・・唐川くん打たれて先制を許してしまいます。この回、さらに内野陣の守備があやしく乱れて結局5点を献上。
ビッグイニングを作って、選手の集中力がぷっつりとキレたのが見ていてはっきりと分かりましたよ。
ボビーも主力を休ませる作戦にでたのか、6回、大量の選手交代に打って出ます。

しかし、今日はこのせいで(おかげで?)凄いものが見られちゃいました。
6回、無死1塁からファーストゴロをさばこうとしたのが、福浦を引っ込めてこの回からファースト守備についているオーティズ。無理な体勢からセカンドに送球してエラーをかましてしまうのですが、このとき足を傷めたらしく、ベンチに下がります。
で、福浦も引っ込めて、誰がファースト?と思ってみていたら・・・

なんと、


なんと、


なんとまあ、大塚アッキーラさんですよ(驚愕)

ファーストミットじゃなくて、愛用のグラブのままファーストの守備に入ります。こりゃもう、見所はファースト・アッキーラですよ。
ピッチャーなんかよりファーストを映せ〜!!と騒ぐ私でした。もはや、試合の勝敗なんて関係ありません。

結局、この回もランナーを進められてムネリンにタイムリーを打たれたところで唐川から高木さんに交代。しかし高木さん、松中の打球をグラブに当てたのが不運な内野安打で出塁させてしまうと、小久保にスリーランを浴び、この回、またまた大量得点を許してしまいます・・・

テレビではあんまりアキラさんを映してくれませんでしたが、なんか無難にこなしてるっぽい気がするファースト、もう気になって気になって仕方ありません(笑)

さらに小久保の後の松田にフェンス直撃のツーベースを許して、高木さんも降板、今日一軍登録の根本に繋ぎますが、6回こそなんとかしのいだものの、7回、再びボコボコにやられてしまいました。

結局今日は、打つ方も大隣にキレイに抑え込まれて完封負け。
ま、こんなこともありますって。忘れましょ、ファースト大塚以外は(^m^)
この8連戦を五分であがれれば上出来、と思ってますから。
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-07-25 21:40 | マリーンズ2008 | Comments(2)

敵ながらあっぱれ

対 北海道日本ハムファイターズ 17回戦[M 9勝8敗] M 5 - 2 F (札幌D)
勝/大嶺[1勝2敗] S/荻野[3勝3敗15S] 負/ダルビッシュ[11勝4敗]
HR/橋本[5号・満塁!]

今日はいつもより多少早く帰れて、試合開始からテレビ見られちゃいましたよ。うふふ。
なんてったってダル対大嶺、これからが楽しみな対決です。

初回、西岡がヒットで出塁、ここでノーヒットノーランは無いぞ!と相変わらず弱気な私。根元、福浦と内野ゴロ凡退ですがそれぞれ進塁打となり2死3塁。ここで4番、キャプテン・サトだったのですが、釣り球に手をだしてあっけなく三振。
ダルビッシュの制球があまり良くなく、球数がかかっていたのでここはチャンスだと思ったんですけどね・・・

対する我らが大嶺くんは初回からいい感じです。投球の力強さが増してきましたね。
1,2回と三者凡退、3回も四球は出すもののしっかり後続は断ちます。

今日のダル、序盤はイマイチ良くありません。この間に点を取れれば、もしかして可能性はあるんじゃないの?と思いつつ見ていると4回、凄いことになりましたですよ。
先頭の根元が四球を選ぶと、福浦師がヒットで無死1,2塁。サトはどうかなーと思ったら、詰まった当りが幸いして三塁線切れずに転がる内野安打でなんとまあ無死満塁ですって。
しかし、大松、今江と連続三振。さすがにここはダルも気合いが入っています。153km/hなんて凄いストレートがビシビシ来ますもの。こりゃ、無死満塁から三者連続三振というロッテ得意のアレを見せられてしまうのか・・・なんたってダルが相手だもんなあ、と弱気にタスクの打席を迎えていました。
今日のダルのコントロールはダメっぽいから、よっぽど振らずに立ってる方が良いんじゃね?なんて思っていた私を許してください、タスクさん。
なんとまあ、インコース低めのストレートを上手くさばいた打球はずどーんとライトスタンドへ!!
タスク、今シーズン2本目のダルからのホームランはなんとまあ、満塁ホームランですって!!

おおおーーーー!!!

タスクぅーーーー!!!

これで一気に4点のリードを奪います。
昨日の時点ではかなり諦め加減だった大嶺くんの初勝利が見えてきちゃいましたよ。
ダルもさすがに少々気落ちしたのか、タスクの直後のサブローを歩かせ、早川にもヒット!で、攻撃が続くかと思われましたが、早川が2塁を狙った走塁は惜しくもアウト。狙いは良かったと思いますが、残念。ここでたたみかければ、もしかしてダルをノックアウトも、と一瞬思ったんですけどね。

しかし、一筋縄では進まない今日の試合でした。
その裏、先頭の工藤がヒットで出塁すると、田中賢介を歩かせて無死1,2塁、ここで迎えるバッターは稲葉、ピンチです。
稲葉がレフトに大きな当り、これを大松が必死に追い、あらまあビックリのフェンスギリギリでキャッチ、飛び出していた工藤がセカンドに戻れずアウト!!
だったんですが、これにケチがついちゃいました。
どうやら、大松のキャッチがフェンスに当った後じゃないかと・・・リプレイを見てるとどうにもそんな感じ。工藤の納得いかないという顔に、梨田監督も一生懸命抗議しますが、でもこういうのって、ここで判定を覆すわけにも行かないですからね、これはラッキーと思いましょう。「あの」大松が追いついた時点で、神様がちょっと恵みをくれたということで(^^;;

無死1,2塁があっという間に2死1塁と、ここは本当に助かりました。
この後は、最近ファーストを守っている、アクマ高橋信二ですが、どうやらファースト高橋はアクマの看板を下ろしてくれたようです、大嶺くんはここをしっかり締めて得点を与えずに乗り切りました。

5,6回はヒットや四球でランナーを出すものの、ここ一番のダルの踏ん張りに得点ならず。今日は、制限なしでダルを投げさせるということらしく、既に100球、120球超えのペースですが、ダル続投です。
しかし、この人凄いですよ・・・これだけ投げててもまだ150km/h近いストレートは力が衰えません。畏れ入ります。

すると、6回裏、そろそろ大嶺くんが電池切れのようです。
必死に投げているのは分かるのですが、サトの要求するところにさっぱり決まらなくなってきています。
先頭の金子誠のツーベースから、ひちょりのタイムリーで1点を返され、さらに2死から稲葉にもタイムリーでこの回2点を返されてしまいます。
それでも、この回を投げきり、なんとか勝ち投手の権利はキープする大嶺くん、とにかく今日こそ勝たせてあげなきゃ、と、見ている私も必死です。

7回表、もういい加減降板しないの・・・というダルから西岡、根元と連続ヒットですが後が続かず。敵ながらあっぱれです。
7回裏は久保が登場。さすがに大嶺はここで降板でした。体力的な問題は相変わらずですが、今日の立ち上がりの投球は素晴らしかったと思います。これを糧にして、次のステップにあがれるといいなあ。

しかし、久保がピリッとしません。
1死満塁でひちょり、なんていうピンチを演出して降板。
ここで出てくるのは・・・なんと、コミさんでしたよ!!期待半分、不安半分で見ていましたが、コミさん、何ともまあ魔術的なピッチング(←昨日、アマゾンで予約していたハリポタが着いたらしい^^;)で、ひちょりを浅いライトフライ、工藤をピッチャーゴロとあっさりと料理して得点を与えません。

今日はダルといい、大嶺くんといい、それぞれに良いところを見せてくれていましたが、コミさんの最高のピッチングの前に思いっきり霞んだ気がしましたね。

8回、それでも出てくるダルから、先頭の今江がツーベース、さらにサブローがヒットで1,3塁としたところで早川が犠牲フライを打ち上げて、この試合決定的な1点をモノにします。
この後は川崎→荻野と繋いで逃げ切り勝ち。

ダルビッシュを相手に、大嶺くんに堂々の初勝利が付きました。勝ちに遠かっただけに、余計に嬉しいですねえ。それでも8回まで165球を投げながらもあれだけの投球をしてしまうダルは凄すぎです。できればやっぱり当りたくない相手ですよね。

ヒーローインタビューは、やっぱりなんとなく沖縄っぽいイントネーションだなあなんて思いながら聞いていましたが、そうか、石垣島から一番遠いところでの初勝利なんですね、これは思い出深い1勝になりました。

ってことで、思いがけずこのファイターズ戦を2勝1敗で勝ち越しちゃいましたよ。
明日からは一気に舞台を九州に移してホークス戦、日程はキツいですが、ここを何とか乗り切りたいところです。
明日は唐川くんが先発、ホークスは大隣ですが、なんとかひとつ、頑張って欲しいですね、特に竹原とか、竹原とか(^^
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-07-24 22:38 | マリーンズ2008 | Comments(10)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル