日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 07月 ( 45 )   > この月の画像一覧

画伯の気迫で勝ったどー!

対 東北楽天Gイーグルス 12回戦 [M 8勝4敗] E 1 - 3 M (千葉マリン)
勝/渡辺(俊)[2勝8敗] 負/田中[8勝4敗1S]
HR/リンデン[5号] バーナムJr.[4号]

今日は妹娘が保育園の合宿から帰ってきます。4時30分にお迎えに来てください、ということですので、今日も仕事は早引け。なんか、この所毎日のように試合開始から見ていますよ(笑)

先発は俊介と「まさお」こと田中将大。まさおって言い出したのってダルあたりでしたっけ?WBCの頃からですよね。なんか「まーくん」と言うより似合っているような気が(^^;

俊介の立ち上がりから気迫を感じます。いきなり先頭打者のリンデンに死球を与えてしまった時はどうなることかと思いましたが、すぐに気を取り直し、遅くも柔らかくも力強いピッチングでイーグルス打線を打ち取っていく様子は頼もしかったですよ。久々に俊介に惚れ直しましたね、私は。
気がつけば、最初の死球からこっち、5回までをノーヒットに抑えるピッチングでした。

対する田中も、既にエースの風格。
こちらも先頭の西岡がヒットを打ちますが、後続が続かず、挙句は西岡の盗塁失敗でチェンジ・・・こちらも5回まで2安打と押さえ込まれています。捉えた、と思っても詰まってます。さすがに力があります。
それと、ナンですか、あのスライダーのキレ。魔球のようなキレです。分かっていても手が出ちゃいます。サトなんかもう、ホイホイと振らされてしまって・・・でも2安打目はサトだったりするから分からないですけどね(苦笑

とにかくも、打たせて取る俊介に対して力で抑える田中の見事な投手戦となります。
5回終わって花火があがる時なんか「え、もう?」と思う位、引き締まった良い試合になりました。
これは、バックの守備も良かったですね。
初回の竹原のファールフライの捕球や、憎たらしいけど鉄平の好守備など、野手の集中力もお見事でした。

で6回表、トントンと2死をとって迎えたのは、初回に死球(と言ってもかするくらいでしたけど)を与えたリンデン。カウント2-1まで追い込むのですが、ど真ん中の甘い球を捉えられ、これがバックスクリーンに飛び込む先制ソロホームラン・・・うあ。悔やまれる1球です・・・相手が悪いもんなあ・・・
7回裏、先頭のサブローのピッチャー返しがセンターに抜けるヒットで出塁、しかし松竹クリンナップが続けず、タスクが四球を選んで2死1,2塁としたところでサト。
2本目のヒットを打っているのはサトだったのですが、どうもここは期待薄。
ものすごい気迫のまさおのスライダーにあっさり空振り三振です。

しかし8回、ここまでいいテンポで投げてきた俊介にようやく援護です。
正直あまり期待していなかった(画伯、ごめんなさい)バーナムJr.がインコースの変化球を見事に捉えてフルスイング、打球は大きく伸びてライトスタンド中段へ!
こちらもソロホームランで同点に追いつきました。

塀内三振に倒れるも、西岡の打席はなにか雰囲気を感じます。何か来そうだ・・・と思って見ているとコレがまた振り抜いた当たりがセンターバックスクリーン!
と思ったのですが惜しくもフェンス直撃ツーベースまで。
さらに続く井口がしぶとくセンター前に抜けるゴロのヒット、突っ込んできた鉄平の好返球より一瞬早く西岡がホームに突っ込み、勝ち越しましたよ。

よくぞ走った、ツヨ!!
もう、母ちゃん嬉しくて・・・

さらにサブローが三遊間抜くヒットで1死1,3塁としたところで、さすがにノムさんが動きました。
田中を下げ、有銘をマウンドに送ります。
しかし、先日のオールスターのように有銘のコントロール定まらず、大松に四球で1死満塁。ワンポイントの役目果たせず、有銘降板、福盛がマウンドに出てきます。
対するのは竹原。このところ調子がいい感じ、ついでに守備まで良い感じの竹原のフルスイングがもうひと伸びすれば・・・ですが、キッチリ犠牲フライとなり1-3と追加点です。
その後は再びサト三振・・・サトの調子が戻ると楽しいんだけどなあ。

9回表、先頭の小坂に代えて代打中村ですが、四球を与えてしまう俊介、さらに苦手の鉄平にヒットで無死1,2塁とされますが、山崎を注文通りの併殺に仕留め、最後、宮出が打ち上げたベンチ前のファーストファールフライにバーナムJr.が突っ込んでの好捕でゲームセット。
久しぶりに勝ちました。うう、ヨカッタヨカッタ。
内容も良かったですし、なにより選手の「勝ちたい」「勝てるんだ」という気持ちを感じるというのはいいものです。


・・・・っていうか、ファイターズとバファローズ以外ならソコソコ勝てるんですってば!!!
この所ファイターズ戦ばっかりだったんですもの・・・ねえ。

明日もひとつ、勝ち頭の晋吾に頑張ってもらいましょう。
明日が気持ちの良い一日になりますように(^^
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-07-31 22:34 | マリーンズ2009 | Comments(2)

きたー!

昨年のクリスマス頃にご紹介しました、我が家の新しい娘たちから、初めての手紙が届きました(^-^

まあ、まだ一年生ですので、おそらく自分で文字を書くのは難しいのでしょう、書いてくれたのはボランティアの方のようですが、それでも、先に手紙と一緒に送った色鉛筆を学校で使って上手な絵が描けた、なんて書いてあると嬉しくも照れくさいですね。

今日の帰りの電車の中で、そういえばそろそろジュディスの誕生日に向けて手紙を書かないとなあ(そうは言っても誕生日は9月なんですが、届くまでに1,2ヶ月かかるようですから^^;;)なんて思っていた矢先だったのでなんだか無性に嬉しいです。やっぱり縁があるんだわあ。

いろいろとググってみたりすると、英語のままの手紙をもらうことにしていると、文字のクセがひどくて解読できない、と嘆いている人も多いようでしたのでちょっとドキドキしていたのですが、届いた手紙はごく当たり前の手書きでしたので一安心でした(^^;;
英語苦手な上に文字が読めなかったらどうしようと、ホント心配だったんですよお。
だったら日本語に翻訳してもらえ、と言われそうですが、でも手紙を早く受け取りたいですしね。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-07-30 23:36 | 日々雑事 | Comments(2)

大切なのは気合いだあーーーっ!!

対 北海道日本ハムファイターズ 17回戦[M 2勝15敗] F 7 - 6 M (千葉マリン)
勝/宮西[5勝] S/武田(久)[1勝20S] 負/荻野[2勝2敗8S]
HR/井口[13号] 糸井[9号]

今日こそ勝てると思ったのに・・・

今朝は妹娘を保育園の合宿に送り出し、つまり、帰りはお迎えなしでまっすぐ自宅へ。
ということで、テレビをつけるとちょうどプレイボールがかかったところでした。
今日は成瀬とスウィーニーが先発、そういえば、対ファイターズ戦の2勝って、どっちもスウィーニーが先発の時じゃなかったかしらん、なんて期待をしてみたりしますよ。
昨年は嫌で仕方なかったスウィーニーですが、今年はなんか期待を持ってみてしまうわけです。

今日の成瀬はストレートがかなりキテいる雰囲気。球速こそ140km/h行くかどうかですが、それで空振りが取れちゃうのが凄いです。かなり気合いも入っています。

そして、打線も気合いが入っています。
1回裏、先頭の西岡こそ凡退ですが、井口が久々のヒット、ツーベースで2塁へ。サブロー凡退も、大松、竹原と連続で良い粘りの末四球を選び2死満塁、初回から気合いを感じますよ。
しかし、続くタスクがちょっと力みすぎたのか、高めのボール球に手を出してセカンドゴロ・・・うーん。
でもいいんです。下手な鉄砲も数撃ちゃ当る、残塁の山から一厘の得点(意味不明)とにかく気合いで攻め込むんだあーーっ!
見ている私も気合いが入っています。
すると3回、先頭の西岡がスリーベースで一気に三塁を陥れると、井口が2打席連続のツーベースで1点を先取。さらにサブローが四球で塁を埋めると大松がタイムリーで0-2、さらに竹原のサード強襲・・・は、小谷野の前にヒットにはなりませんでしたが三塁ランナー生還には十分、この回3点を先取しましたよ。

さらに4回には、3回にファールフライを取り落としてエラーがついてしまったランビンが1死からツーベースで出塁すると、西岡がそれを返す左中間まっぷたつのタイムリー、さらに井口がライトスタンドへツーランホームランで0-6と差を広げます。

それにしても、今日の成瀬はいい感じでした。先取点をもらった後の4回、5回とランナーを出しピンチを招きますが、ここ一番を踏ん張り、要所で三振を奪います。
これこそ成瀬、ホンモノのにゃーちゃんです。

さすがに今日は勝ったと思ったのになあ・・・

これで素直に勝たせてもらえれば、苦労は無いのですよね・・・
7回、今日はレフトの守備に入って、若干ロッテに貢献してくれていたスレッジに代えて糸井が代打に送られると、いきなり初球をライトスタンドに運ばれてしまいます。
思い起こせばこの辺から流れがアヤシくなっていたような気もしなくもありません。
この回は後続を断ちますが、8回表、成瀬乱れて2死満塁のピンチを招いて降板します。
1-6と5点差、一発喰らってもまだリード・・・と思ったんですけどねえ。

ここでマウンドには荻野。昨日はいいピッチングをしていましたから、調子が戻ってきたかなと思ってみていました。
小谷野にはストレートで追い込み、勝負球も裏をかいたつもりかストレート・・・これがウラ目。小谷野に2点タイムリーで4-6と詰め寄られてしまいます。
さらに、どってことのない二岡の当たりを、サードに入っているランビンが取り落とし、さらにファーストへの悪送球でその間に2者生還、嫌な形で同点に追いつかれてしまいました。
続く鶴岡がレフトフェンス直撃のタイムリーで7-6と逆転・・うーん、荻野も悪いわけじゃない感じではあるのですが・・・最悪の条件が重なってしまいました。

負けるときなんてこんなもん。
8回裏、9回裏とランナーこそ出しますがそこまで。

ああー、もう。勝てたと思ったのに・・・そんなことを思って気を抜けるような身分じゃない、ということですね。
私も確かに気を抜いてみていたかも。反省。

それにしても、対ファイターズ9連敗、3連続三タテというのは・・・

ぐやじいでず・・ぐやじい(涙)

必ず、一泡吹かせてやってください。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-07-30 22:27 | マリーンズ2009 | Comments(4)

ぐーやーじーーーーーぃぃぃっ!

対 北海道日本ハムファイターズ 16回戦[M 2勝14敗] F 6 - 5 M (千葉マリン)
勝/江尻[2勝] S/武田(久)[1勝19S] 負/シコースキー[5勝5敗4S]
HR/

明日、明後日と妹娘は保育園の「合宿」で、山梨の道志渓谷に行くことになっています。が、今朝仕事中に保育園から電話が・・・どきっとしましたよ。
「ほっぺが真っ赤になっています。園で最近りんご病がでたので、うつったかも?」

り、りんご病ですか・・・普通はそのまま登園しても大丈夫な病気なのですが、合宿となると少々不安も無くもないですから、念のため小児科受診となりました。
でね、いつものかかりつけの小児科は、水曜は午後5時まで・・・ええ、会社早退しましたです。
結果は、合宿OK、ただし、日光に当たりすぎると、むくんだり痒くなったりすることがあるので、気をつけてもらってください、ということでした。合宿の許可が出て、帰り道はやたらとテンションがあがっていた妹娘でした(^^;;

ということで、今日は初回からマリンの試合を見られたのですけどね。
初回の直行が悔やまれます。
先頭の田中賢介から4人連続ツーベースで3失点って・・・
終わってみれば、コレが無ければ・・・せめて2失点で済んでいれば・・・

しかし、直行もあまり状態が良くない感もただよわせながらも、なんとか2回以降6回までを無失点で投げます。今日は球数が多かったですね。それでも中盤持ち直してこられたのはさすがと思いますよ。この辺はさすがに意地でしょう。そりゃ、対ファイターズの連敗も止めたいですよね。

その意地を打線も見せてくれます。3点を失った1回裏、先頭の西岡が四球を選ぶと、続く竹原、サブローと連打で1点を返します。
しかし、大松、井口、タスクと倒れて1点どまり。大松はともかく、どうも井口の状態がよくありませんね。シーズン序盤のフルスロットルで息切れでしょうか。
それでも3回には、四球で出た竹原を大松のタイムリーで返してさらに1点を返し、小刻みにファイターズに詰め寄ります。

5回、今日は状態もあまり良さげではなかった多田野を、ようやく打ち込みます。
先頭のランビンがセンター前で出塁すると、西岡が右中間抜けるツーベースで無死2,3塁。さらに竹原の当たりはセカンドの裏に落ちるラッキーヒットでランビン生還、3-3に追いつきます。
なおも無死1,3塁からサブローが勝ち越しタイムリーで3-4、たまらず多田野降板です。
もうね、今シーズンどれだけやられたかと思うと、このくらいで降板されてはつまらん!なんて思ってしまう私でしたが、まあ、向こうさんには向こうさんの都合というものがありますよね(^^;;

しかし、代わった林から大松死球で無死満塁。井口が四球を選んで押出し、3-5と差を広げ、なおも無死満塁です。
しかし・・・ロッテ(苦笑
続くサトが粘りはするものの根負けで内野フライに打取られると、さらにタスクの当り損ねはファーストの元祖悪魔・高橋信二にさばかれて3-2-3のゲッツーであっさりチェンジ。ああー、もう!
ここでもう2点も取ってれば・・・

この後は両者継投策。
ファイターズが林から宮本、江尻と繋げば、マリーンズも川﨑、荻野と繋ぎます。
そして9回。マウンドにはブライアン。

相手1番からの打順を、田中賢介を三振、代打の稲田をショートゴロに打取り2死まで持ち込みます。でも、ブライアンこの打球に手を出してた???ちょっと気になる・・

と思ったとたんに、稲葉、高橋と連打で2死1,2塁でスレッジを迎えます。
ギリギリの勝負も、しかし四球を与えてしまい2死満塁・・・ヤバい、ヤバすぎる・・・続く小谷野の打球は大松の頭の上を超えてフェンス直撃・・・走者一掃タイムリースリーベースで逆転されてしまいました(泣)
続く糸井の打球はレフト前、落ちるかと思われたものを竹原がよくぞ突っ込んで捕ってくれましたが・・・せめてここを同点で凌げていれば・・・

その竹原、今日は絶好調で、9回裏の攻撃の先頭、武田久の初球をきれいにセンター前で出塁します。今日は竹原4安打、5打席全部出塁してます。最後にこの人にまわってきていれば・・
続くサブローが珍しく送ると、大松が四球を選び1死1,2塁、同点、サヨナラも見えてきて、ライトスタンドも盛り上がります。
しかし井口がサードゴロ、そして7回にタスクの代打でDHに入っているマッチ、この所代打での成功率の高さに期待が高まります。
しかし、先ほどの打席はヒットでしたが、ここは詰まらされてセカンドゴロ・・・よりによって同姓の田中賢介にさばかれておしまい、でした。

レバレバばっかりになっちゃいました。
ああー、もう少し、もう少し何かが変われば・・・変わるかも。

じれったいと言うかまどろっこしいというか、いえいえ、コレがロッテを応援する醍醐味だと強がってみせますが、そりゃやっぱり勝ってほしいですもの。
もう少し・・レバーでも喰え!!←意味不明すぎ(^^;;
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-07-29 23:07 | マリーンズ2009 | Comments(2)

定位置とは

対 北海道日本ハムファイターズ 15回戦[M 2勝13敗] F 5 - 1 M (千葉マリン)
勝/八木[7勝1敗] 負/小林(宏)[2勝8敗]
HR/竹原[5号] スレッジ[13,14号]

オールスター休み明け、後半戦開始とはいえ試合数は既に折り返しを過ぎています。
先日の報道なんかもどんな影響があるのか、なんだか不安なままですが、とにかく何とかひとつお願いしたいところなんですけどね・・・

蒸し暑い中ぼーっと帰宅、テレビをつけると2回裏、既にスコアは3-0で負けています。
うーん、なにがあったかと思えば、四死球でランナーを溜めてスレッジにスリーランですか・・・1安打で3点とは。

しかし、この後はコバヒロがキッチリ立ち直ります。今日のコバヒロ、なかなか良かったですよ。
というか、この所、コバヒロのピッチングはキレも戻っていい感じなのですが、どういうわけか援護がもらえないのですよね・・・いや、援護とか何とか言う前に、打線がもうドツボなのですが。

そのドツボな打線は、今日も打てません。
八木も、コバヒロに勝るとも劣らないキレの良いスライダーでホイホイと三振を稼いで行きます。いや、ありゃ振ってしまうのは分からないでもないですが、なんとかこう、奇襲でもなんでもいいから足がかり手がかりつくって攻め込めないものかと思って見ているのですけど、手がかりすらつかめませんやね。
3回裏、この試合DH8番のマッチがヒットで出塁しますが、続くランビン、西岡、堀と連続三振とは(泣)

7回裏、先頭のサブローがセンター前で出塁すると、続く竹原が四球を選び、ここで八木が降板し、サトに対して菊地がマウンドに送られます。サトは粘りはするもののセカンドフライ。
続くマッチに対して代打タスクを告げるボビーですが、梨田監督は宮西に継投、ボビーは代打の代打ベニーを告げますが、ベニーは三振。
さらにボビーはランビンに代えて今江を告げます。いったんは盛り上がるマリンでしたが、梨田監督ここで建山をマウンドに送り込みます。それを見て再び代打の代打、せめて福浦師だべ・・・という思いは画伯に託されますが、画伯もあっさりと変化球を振らされて三振でした(涙涙

うーん、なんていうか、流れが来そうだったのに自らせき止めてしまったというかなんと言うか。

今日はもうひたすらコバヒロが不憫でなりませんでしたよ。初回を見ていないだけになおのこと不憫でもう・・・とにかくガンバレと、3点はしゃーない、あきらめてガンバレと、それだけでした。
しかし、8回にスレッジに再び一発を喰らって降板。
ヒットの小谷野を塁において、松本が糸井に四球、内が鶴岡に四球と3人がかりの大劇場も、何とか最後、内が金子誠を打取り何とかしのぎました。
9回は伊藤が登板・・・ですが、この人この所ちょっと壁に当たっている雰囲気。
ストレートが伸びてナンボの人なのに、ただのコントロールが悪いだけの人になってしまっています。お休みでリフレッシュできなかったかなあ・・・高橋信二のタイムリーでさらに1点を失い、最後は川﨑まで投入しますがどうにも締まりませんでした。

9回裏2死から最後の最後で竹原がレフトスタンドにホームランですが、既に時遅し。
ま、点が取れただけ良しとしましょう・・・って、それでイイのかあ???

この状況、どうやったら盛り上がるのでしょうか。
本日から再開のジェット風船はたくさん飛んでいましたが・・・いよいよビリです(涙

来ちゃいました、この場所に・・・懐かしいですが、何か?
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-07-28 23:09 | マリーンズ2009 | Comments(0)

実は質実剛健

もう、今週末はレガシィの納車だというのに、
「これだけいろいろ試乗したら、やっぱりアレも乗ってみたいよね」
という亭主の一言で昨日の日曜、買い替えのフリをしてヒヤカシに行ってしまいました。

「メルセデス・ベンツ」(もちろん中古^^;;)

まあ、そうは言っても現実的な線でCクラスですが、ちょっと背伸びしてEクラスも試乗させてもらいました。クチの悪い人には「カローラ(C)ベンツ」とか「エコノミー(E)ベンツ」とか呼ばれちゃうクラスですけど、庶民にはやはり高級車ですよ。
Cクラスは実際、アウディA4とかBMW3シリーズと比較されることが多いようですね。ということで、今回の我が家的比較ターゲットに乗っていても全然おかしくなかったわけです。

とはいえベンツ・・やっぱり敷居が高いですよ(汗)
アウディやBMWで少し度胸がついたつもりでいましたが、やっぱりちょっとドキドキな私でした(苦笑)

営業マンの話では、この近所では道が細いこともあって割とCクラスが出るとのこと、さらに最近の経済状況で中古の回転が早く、在庫が少なくなっているんだそうです。特にワゴンは回転が早いそうですね。他の外車の中古屋さんでも言っていましたが、中古車の価格はちょうど底を打って上昇気配が見えてきたのでは、とのこと。まあ、売り込み文句でもあるのでしょうけれど、確かにお買い得感はありました。

さてさて、試乗です。
まずはCクラスワゴン。営業マンイチオシの旧モデルの最終バージョンです。ベンツも細かくマイナーチェンジを重ねて、年々メカは良くなって行くそうで、フルモデルチェンジの直後より、熟成された最終型をねらうのがいいんだそうです。なので、代々乗り継いでいる人は最終型にこだわる人もいるそうですよ。

ってそれはどこかで聞いたような・・・あー、聞こえない聞こえないっ、スバルの新型は買うもんじゃないなんて聞こえなーい(苦笑

1.8Lコンプレッサーというやつで、コンプレッサーってなんじゃいな?と思いましたら要するにスーパーチャージャーだそうです。ターボがエンジンの排気でタービンを回し、空気を圧縮してエンジンに送り込むのに対して、エンジンから直に動力を取り出して空気を圧縮・・・ということでいいのかな?まあ、いずれにしても同じノリのエンジンのパワーアップ装置ですね(^^;;;アヤシイアヤシイ

エンジンはそれほどパワフルという感じでもありませんでしたが、やはりコンプレッサーの効きを実感。ターボのようにひゅーんと加速して行きます。踏めばそれだけ素直にまわる、というか踏まなきゃ回らない、という印象です。ブレーキも踏んだらそれだけ効く、ステアリングもきちんと路面の情報を伝え、切った分だけきちんとクルマが反応する、という感じで、ここまでドイツ車を乗り比べてきたのとおなじ「かっちり感」ベクトルを感じます。
(でもATの、あの何とも言えないシフトチェンジ時のタイムラグはやっぱりキライ・・)

これまで、勝手に高級車というものをイメージしていて、特に日本車では人間がクルマをコントロールするというよりは、クルマが自律して走って行くようなイメージがあったのですが、ベンツは真逆の印象でした。
人間がクルマをコントロールしているということを常に印象づけるような操作感、とでも言うのでしょうか。しかしながら、それが楽しかったりするのですが。

さらに、続けてEクラスの試乗。3.0LのNAのワゴンです。
さすがに1.8Lと比べては申し訳ないですね。トルク感もあり、ゆったりと乗れる印象ですが、けっしてのうのうと乗れるという感じではなく、操作感にはCクラスと共通の設計思想を感じます。
ドイツ人の生真面目さというのはこういうことなんでしょうか、人間にもキッチリと役割を要求してきますが、それは決して不快なものではなくむしろクルマを運転すると言う楽しみに立ち返れるようなものでした。

こうやって乗ってみると、ベンツには「高級車」というイメージを勝手に持って、偏見を持っていたなあと大反省。実は「質実剛健」という言葉がとても似合うクルマだと思いました。でも、お値段はとても「質実」って範囲じゃないんですが。
もっとも、ドイツのアウトバーンを200km/hでクルージングすると思えば、本当にきちんとした作りが必要になるわけですし、その辺がクルマの挙動やハンドリングにもあらわれてくるのでしょうね。もちろんお値段にも(^^;;

CクラスとEクラスを比べてみると、軽快にひゅーんと走れるCクラスとゆったり実直に走るEクラス、という感じでしょうか。個人的にはどちらも非常にいい印象を持ちました。一人で乗るならCクラス、でも子供たちも乗せるとなるとEクラスが欲しくなるなあ。
見積もりをもらったら、Eクラスはさすがに厳しいお値段でしたけどね(^^;;モウカエマセンケド

でね、レガシィがA4やBMW3シリーズと比較されてたりするわけですが、これにCクラスを混ぜても全然OK、と思う私がいましたよ。というか、積極的にCクラスと比較しても良いんじゃないかと、スバルとベンツに同じ方向性の「真面目さ」を感じた私ってヘンなんでしょうか。イカンイカン、なんか自分の感覚がアヤシすぎる気がしてきました(^^;;;;

今回外国車もいろいろと試乗してみて、どうやら私の中で「アウトバーンを200km/hでクルージング」という基準ができてしまったようです。日本にはアウトバーンなんて無いじゃん!とは思うのですけどね・・・これぞ「オーバースペック」ってなもんですが・・・

も、もちろん、自分では安全運転ですよ。
走って曲がって止まる、ということが高性能にできるということは、それだけ人間も余裕を持てるということでもありますから・・・って説得力ないですか(^^;;;
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-07-27 23:51 | 日々雑事 | Comments(2)

完敗。

土曜に東京ドームで行われた、ノートルダムボウルの中継を録画していたのですが、どういうわけだか音声が入っていなくて、音無し。もう一度、日曜の夜の再放送を録画していますが・・・うまくいくかしらん?

とりあえず、音無しのまま一通り見ましたが・・・散々でした。かなり力の差を感じますね(涙)
我らがライズの菅原くんもちょびっとだけ出ていましたが、こちらももうボロボロ。でも一回でしたがパスを決めてくれたのが何とも嬉しかったです。#4菅原→#15前田ってのがなんか次世代の日本代表!という感じで嬉しいじゃありませんか。

しかしそうは言っても、選手の大きさからして違うんですもの。ボールを持った選手を止めに行ってもディフェンス一人じゃ止まりません。
こういう相手に真っ向から力勝負を挑んでも、そりゃ厳しいですよ。もっとこう、日本のいいところを考えないととてもじゃないけど打倒アメリカなんて言えませんね・・・
例えば野球の「スモールベースボール」のように、戦略的なところから考え直す必要があるのかもしれません。ノムさんみたいな「天才」があらわれてくれないと厳しいのかなあ、なんて思ってみたりも。

ということで、詳細はまた後で書きますが・・・どうして音声が録画(音?)されていなかったのか謎なのです。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-07-27 00:35 | アメフト2009 | Comments(2)

もう、何でもいいから盛り上げるべさ

ええーーーっ!
だって、まだまだ新型インフルエンザって感染拡大しているんじゃないですか?
何を隠そう、ウチの近所の中学校でも感染者が出たって、先日保育園に貼紙してありましたもの。
うーん、スタジアムを盛り上げなくてはならない状況になっていますが、正直、まだ再開してほしくないなあ・・・このままなんとなく無くなれば良かったのに、なんて思っていたりするのですが・・・


2009/07/26
千葉マリンスタジアムにおける「ジェット風船」演出再開について

千葉ロッテマリーンズは、7月28日(火)の北海道日本ハムファイターズ戦より、千葉マリンスタジアム内および、「マリーンズストア」各店などでの「ジェット風船」の販売および、7回表ビジターチーム攻撃前と7回裏のマリーンズ攻撃前等の「ジェット風船飛ばし」演出について、実施再開いたすこととなりましたのでお知らせ申し上げます。

「ジェット風船飛ばし」の実施よる新型インフルエンザ飛まつ感染の可能性については確たる見解はありませんでしたが、千葉ロッテマリーンズでは、新型インフルエンザへの感染不安のご意見をうけ、5月22日より「ジェット風船飛ばし」の実施を自粛しておりました。
「ジェット風船飛ばし」自粛は関係行政機関からの指示・依頼などではなく、当球団の独自の判断で実施してまいりましたが、すでに再開された球場等の状況などを含め多極的に再検討を行い、また、お客様から「プロ野球観戦の楽しみの一つでもある、ジェット風船を再開してほしい」というご意見を夏休み期間を迎えて多数く頂くようになったことから、7月28日(火)以降の千葉マリンスタジアムでの主催試合におきまして、「ジェット風船演出」を再開することといたしました。

ただし、「手洗い・消毒、うがいの実施」など、インフルエンザ感染防止に関するメッセージにつきましては、引き続き千葉マリンスタジアムのビジョン・アナウンスなどで放映、告知いたします。



で、後半戦に向けての件ですが。

おそらくはロッテ本社の手打ちがあったのかなあなんて勘ぐりつつも、落とすところに落としたのかなあ、とは思うのですけどね・・・実際にそういう言葉が出てくるとなんか胸が痛くなる思いです。

まあ、ボビーに関してはいろいろな見解はあるかと思いますが、ロッテをここまで盛り上げてくれた功労者であることは間違いありません。
せめて、終わりよければすべて良しということで、ここから心機一転盛り上げて行ってほしいなあと、ボビーに感謝して今シーズンを終わることができるよう、周囲のフォローもお願いしたいと、切に願うのみです。
ここでフロントが意地はらなきゃいいんですが(いや、ホントに心配ですってば)



バレンタイン監督、「退任決意」=後半戦での奮起誓う−プロ野球・ロッテ
7月26日20時58分配信 時事通信

 ロッテのバレンタイン監督は26日、球団が今季限りでの退任を決めていることに関し、受け入れる意思を初めて示した。
 同監督は、千葉市にある室内練習場でチームが全体練習した後、報道陣に「千葉ロッテマリーンズ・ファミリーの皆さんへ」との文書を配布。この中で、留任を求める一部ファンの署名活動などに感謝しながら、「わたしがロッテを去ることが最善の道であると実感した」としている。その上で、「ロッテの野球をもう一度、楽しいものにするための決意だ」とし、5位に低迷している現状からの奮起を誓った。 

[PR]
by kawasaki-marins | 2009-07-26 22:27 | マリーンズ2009 | Comments(0)

エコじゃない私(^^;;

いやー、プリウスの売れ行きが凄いですね。インサイトはどうしたんでしょうか?プリウスの売れ方が凄すぎて、霞んでしまっていますね。

今回、クルマの買替えを目論んでクルマ屋さん巡りをしていたわけですが、日本のメーカーはニッサン(試乗はせず)とスバルしか見ていない我が家(汗

しかし、クルマ屋さんってのは、主要な街道沿いなどの似たような場所に集まっている傾向がありまして、横目でトヨタやホンダのお店を眺めてみますと結構人がいたようにも感じていました。まあ、プリウスやインサイトのことはもちろん意識にありましたから、そのせいで賑わっているように感じたのかもしれませんけどね。

しかし、ここまでバカ売れしてしまうと、逆に素直に受け取れなくなりますね。最近ではハイブリッド車の車種も増やしてきているトヨタ・ホンダの各社ですが、なんでそんなにプリウス??なんて思ってみたり。どうせハイブリッドなら分かりやすい方がいいのかな、なんて思って見たりするわけです。
もっとも、車種を増やしても動力系の生産量はそんなに一気に増やせないでしょうから、売る方/作る方としてはそんなに状況は変わらないのかもしれませんけどね(^^;;

我が家で、ハナからハイブリッド車を対象外にした理由のひとつは、バッテリー。
一応、メーカーの保証はついていますが、ウチみたいに週末のちょい乗りが多いような場合はどう考えても劣化が早いんじゃないかと思うわけです。そうなると、バッテリーの交換って本当にエコかいな??と、我が家的クルマの使い方だと、むしろ悪影響のほうが大きそうだと思ってみたわけですよ。まあ、最大の理由は、乗り味が所詮はアレだ、という先入観ですんで、試乗すらしていないのですが。

最近では、コンパクトカーなども頑張ってまして、1.5Lクラスのクルマでもカタログ値で20km/l近くなっていますから、冷静に考えるとコンパクトカーもそんなに悪くはないのかな、とも思えます。コンパクトと言いつつ、レンタカーなんかで乗ってみるとウチのRAV4よりよっぽど広かったですしね。

20年ほど前の初めての自分のクルマ(とはいえ当時既に10年近く経過しているオンボロ中古を親に買ってもらったのですが^^;;)は550ccの軽、車体重量も500kgほどだったと思いますが、こいつの燃費が、20km/lは普通に超えていたことを思い出します。その2倍ほどの重量の車体を、3倍近い排気量のエンジンで動かして同じくらいの燃費なわけですから、しみじみと技術の進歩を感じますね。

なんてなことをつらつら書きつつ、我が身を省みると、ウチで決めたレガシィはカタログ値で11km/lですって(^^;;
普段の街乗りで7〜8km/lいったら上等かなあ。ひとつもエコじゃないですね。

とはいえ、今のRAV4も実は大食い娘で、街乗りだと7〜8km/l、夏場でエアコン使ってると下手すれば6km/l台、長距離の高速走行でも頑張って12km/lいくかどうか、ちょっと飛ばせばあっという間に10km/l台だったりするので、これでも十分嬉しいのですが。

あっ!今度はハイオク喰わせなきゃいけないのでした。結局ガソリン代はさほど変わらないのかしらん、というか遠出が増えそうな分、普通に増えそうな予感です。
「ハイオク20!」・・・言ってみたいセリフでしたが、最近ではセルフのガソリンスタンドしか使ってないじゃん、と亭主に突っ込まれました(この辺、分かる人だけ分かっていただければ^^;;;)

しかしまあ、最近ではATのほうが燃費がいいんですねえ。昔のクルマだと、ミッションが軽く済む分とロスが少ない分なのか、MTの方がカタログ値が良かったもんですが・・・レガシィ、MTが最低じゃないですか。結構ショックです(泣)
ウデでカバーできるよう精進しなくちゃ、でしょうかね。でも結局嬉しがって踏んでしまいそうな予感ですが(^^;;


エコカー補助金の対象外に=プリウス、3月末納車間に合わず−トヨタ
7月24日21時1分配信 時事通信
 トヨタ自動車は23日以降に受注したハイブリッド車の新型「プリウス」について、納車が来年4月以降になることを24日、明らかにした。これにより、来年3月末までに新車登録すれば適用される国の新車購入補助制度(エコカー補助金)の対象外となる。同社はホームページなどで注意を呼び掛けている。
 新型プリウスは、燃費性能の高さや低価格戦略が受け、23日時点で受注が24万台を超える人気。国内2工場で月5万台ペースで生産し、うち2万台を国内向けに供給している。同社は、輸出用の一部を国内に振り向けることも検討しているが、既に3月末までの納車は極めて困難な状況だ。
 エコカー補助金は、燃費性能などが一定基準を超える環境対応車を新車で購入した場合、普通車で10万円(軽自動車は半額)、車齢13年以上の車を廃車にして買い替えた場合に普通車で25万円(同)の補助を受けられる。 



ところで、私が聞いた話では、買替えの補助金そのものに上限があるので、秋ごろまでしか給付の原資がもたないんじゃないかと言うことでしたが・・・追加されたとかいう話があったのかしらん??
年度どころか、年明けくらいに納車の人たちの分って大丈夫なんでしょうか???
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-07-25 23:25 | 日々雑事 | Comments(2)

お祭り三昧

今日は保育園のお祭りでした。
妹娘もついに年長となり、今年で最後・・・ではないのですけどね(笑)
来年はそのまま、この保育園で運営している学童保育に行く予定ですのでまだ1,2年は参加することになるのですが。

午前中はおみこしの練り歩き、ホンの徒歩数分さきにある姉妹園までいって帰ってきます。おみこしは子供たちが飾り付けをしたオリジナルなんですよ!今年のテーマは音楽。なかなか前衛的なおみこしができました。
e0095468_2235862.jpg

いったん帰宅して夕方から盆踊りです。
e0095468_2053358.jpg

今年から、保育園の向かいに空き地ができて、そこを使えるようになったので結構余裕の盆踊りを楽しめました。

保育園の盆踊りが夕方6時半頃に終わって帰ろうとすると、公園にも提灯の明かりが・・・そういえば町内会の盆踊りもありまして、せっかくなのでちょっと覗いてきましたよ。

e0095468_20535293.jpg


姉娘と保育園同級生だった子のお母さんが司会?をやってたりして、地元感を堪能です(笑)
さすが町内会、盆踊りは9時頃までやっているようですが適当に切り上げて帰ってきました。

今日はもうひとつ、オールスターもありますよ。
いやー、なんかサブちゃんがソロ打ったらしいですよ?松中が連続弾ですって?今日はパ・リーグが押していますね。

って、あーーーー、最終回ブライアンが投げてる!!
腕ぐるぐる映してくれてないしーーーー(見逃しただけ???)
しかも劇場だしーーーー(笑)
今日は一日、いろいろと堪能しました、お祭り楽しいです。

2009 オールスター第2戦
オール・パシフィック 7 - 4 オール・セントラル (広島)

今日のもうひとつのお楽しみ、ノートルダムボウルはちゃんと録画できてるかしらん・・・ちょっと心配(^^;;
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-07-25 21:17 | 日々雑事 | Comments(2)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
お気に入りブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル