日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 08月 ( 37 )   > この月の画像一覧

100勝「目」献上。ウチだけで100敗ry

対 東北楽天Gイーグルス 17回戦 [M 6勝11敗] E 8 - 2 M (千葉マリン)
勝/岩隈[9勝8敗] 負/マーフィー[11勝5敗]
HR/

まあねえ、岩隈の100勝がかかってて、勝てそうもありませんでしたからねえ。
マーフィーも今日は踏ん張りが利かなかったようです。奥さん、マリンに来なかったのかな?
それよりも、上野のピッチングが心配でなりません。すっぽぬけまくりで、どうしちゃったのかしらん・・ケガの影響とかじゃありませんように。

大塚明のとり天弁当食べたいなあ。
とり天、ウチでもよく作るんですが、大分の食べ物だったのか。知らなかった。
とり天→チキン南蛮は関係あるんだろうか・・・

岩隈の100勝見られたので良かったことにしておきます。
これで気持ちと気合いを入れ直すように!
[PR]
by kawasaki-marins | 2010-08-31 22:06 | マリーンズ2010 | Comments(0)

評判良いなあ

そういえば少し前に、スバルのお約束どおり、現行レガシィのSTIチューニングバージョンが出ていたわけですが。
今までは「Tuned by STi」と言っていたものが、今回からは「tS」と、あっさりしたネーミングになっています。
一説によると、スバルからSTIに移籍してチューニングに腕を振るっている、辰己英治さんとおっしゃる車両開発のエキスパートの方の名前から「辰己スペシャル」の略なんじゃないかとウワサされているわけですが(笑)

STI公式
Yahoo試乗レビュー

まあ、それはともかくとして、出たときは散々こき下ろされていた(汗)うちのあめおを含む現行レガシィですが、このチューニング版がまた、えらく評判がいいですね。そりゃまあ、お値段を考えれば、うちのあめおにさらに軽自動車一台分くらい脚回りに手をかけていますから、かなり良いものになっているのだろうなあと言うのは想像に難くありません。一回くらいは運転してみたいものですが、なにしろ600台限定ということなので、今後乗る機会はまずないだろうなあとは思います。

でも。
そうやってちょっとチューニングすることでそれほど良くなるということは、やっぱり元の素性がいいんだ!と、あめおの名誉のため(大げさ^^;;)に一言いっておこうと思うのでした。
tSのコンセプトのひとつに「運転がうまくなる」というのがあるそうですが、私がノーマルのあめおに乗ったときも、運転がうまくなった(ような?)気がしたものです。この感じがたまらなく嬉しいんですよ、ホント。
で、やっぱりお約束通り今後もチューニング版がいろいろと出るんでしょうねえ。最終的にはS403になるのでしょうか。

このtSだと、運転していて感じる「クルマが長いなあ」という感じが変わるのかなあ?あめおにフレキシブルタワーバーを入れたら多少は変わるのかなあ。気になって仕方ありません。

そんなに言ってるんなら、もうあめおも1年乗ってるんだし、まず、タワーバー入れろって(汗)
[PR]
by kawasaki-marins | 2010-08-29 22:52 | 日々雑事 | Comments(0)

昨日勝てたのでヨシとします

対 福岡ソフトバンクホークス 20回戦 [M7勝13敗] M 1 - 2 H (福岡D)
勝/大隣[3勝8敗] S/馬原[4勝28S] 負/ペン[1勝2敗]
HR/

惜しかったなあ。
ペンはよく頑張ってくれたと思いますよ。

初回はちょっと見逃してしまいましたが、テレビをつけて2回表、1-0でマリーンズリード。
大隣は適度に荒れて・・・こういう相手って打てないのよね、と思っていたら案の定でした。
しかし、ペンもなんだかんだと3回をノーヒット。

ですが、4回裏、先頭の本多に捉えられた当たりが左中間、センターの清田が無謀なダイビングをかますとオオマチュのカバーは予想通り遅く、あっという間にバッターランナーは三塁まで。
この状況はキツかったです。マツダの三遊間への当たりは、よくぞツヨ抑えて内野安打、しかし無死1,3塁。そして小久保がセンター前に落とすタイムリー、さらに多村が三塁線、今江のグラブを弾くタイムリーで2点。
ここまでノーアウトでしたがペタジーニを併殺に仕留め、長谷川を凡退でなんとか2失点。この状態をよく2失点で踏んばってくれた!と思いましたが、この後の打線が・・・

直後4回表、先頭の井口がレフトへのツーベースで出塁するとテギュンが四球を選んで無死1,2塁、しかし後続が続かず・・・
6回表も、キヨ坊、井口と連打で無死1,3塁のチャンスを作りますが、ここも後続続かず・・・

まあ、こんなもんですかね。
森福→摂津→ファルケンボーグ→馬原、とお約束。SBM48ねえ・・・(汗)

火曜からはマリンに戻ってイーグルス戦ですか。せめてホームだということで、気持ちを強く持ってもらいたいところです。
ま、福岡さん連戦は1勝できたので全然OK、面白くなるのはコレからだ、とやせ我慢してみます。
[PR]
by kawasaki-marins | 2010-08-29 16:32 | マリーンズ2010 | Comments(2)

余裕のはずが薄氷の勝利

対 福岡ソフトバンクホークス 19回戦 [M7勝12敗] M 9 - 6 H (福岡D)
勝/吉見[6勝5敗] S/小林(宏)[3勝1敗25S] 負/杉内[15勝6敗]
HR/大松[16号] 多村[22号]

今日はのんびり朝寝していたら、あっという間に昼でした(汗)
今日はデーゲームだと忘れてた・・・こんなことなら午前中にパーマ屋さんに行っとくべきだった、と後悔しつつも、試合が始まればテレビの前に陣取っている私って・・・

でも、今日は吉見と杉内、すいません、もうハナっからあきらめモード。
ですが・・ちょっと遅れてチャンネルを変えると、無死1塁、ツヨがヒットで出塁していました。キヨ坊がサードゴロの間にツヨ2進で1死2塁。
なんか、今日の杉内はコントロールがアヤシく、調子が良くなさそうな雰囲気・・・と思っていたら井口への変化球がワンバウンドして脚にあたる死球、さらにテギュンが四球を選んであれよあれよと1死満塁です。ここで迎えるのは福浦師。
杉内は必死に投球をコントロールしようとしていましたが、粘る福浦師の前に四球。なんと、杉内が押出しで1-0と先制です。
昨日から6番に入っている今江が犠牲フライで2点目、なおも2死1,3塁で大松が・・・なんとまあ、ライトスタンドに叩き込むスリーラン!
オドロキモモノキサンショノキ、杉内からいきなり5点も取れちゃいました。今日の杉内はニセモノに違いありません。あるいは中の人が神内だったりするのではという説もありましたよ。

しかし、今日の吉見の状態をみるまでは、5点で安心してはいけません。
まあ、なんといいますかハンデをもらったというか、この5点はなかったことにして試合をするぐらいのつもりじゃないと、ね。

ですが、その吉見も、緩いカーブを上手く使って、ホークス打線を打取って行きます。
気がつけば3回を無失点、いい感じで締めています。

2,3回は杉内もなんとか踏んばっていましたが4回、再び崩れます。
先頭の竹原が凡退しますが、的場が意地のヒットで出塁、ツヨ、キヨ坊と連続四球で1死満塁。井口が三振に倒れますが、テギュンが再び四球を選びまたまた押出し、福浦師なんか2回目の押出し四球ですって。いや、本当に今日の杉内はニセモノですね。そっくりさんが投げているに違いありません。
連続の押出しで7-0、さすがにここでホークスベンチも杉内をあきらめ、藤岡に交代です。

その藤岡から、今江が振り回しつつもタイムリー、さらに2点を追加して9-0と、ほぼ試合を決めました。まあ、コレだけあれば何とか・・・

なーんて余裕をかましていた私がアサハカでした。まだ、ロッテというチームを理解していなかったようです(汗)

4回裏、先頭のマツダをヒットで出塁させてしまうと、なんとか小久保を打取るも多村にヒットで1死1,3塁。ペタジーニに打たれた打球は・・ああ、これぞ飛ぶピッチャー、と観念しましたが、高く上がった分距離が伸びなかったか、滞空時間のながーいライトへの犠牲フライとなって1点を返されます。まあ、1点くらい・・・

6回裏、またまた先頭のホンダをヒットで出してしまうと、すかさず盗塁。マツダは打取りますが、小久保タイムリー、さらに多村にツーランで3点を返されてしまいます。ま、まあ、まだまだ9-4、初回にもらったハンデが生きていますよ。

7回からはマリーンズも継投。ですが、出て来た古谷が久々に悪かったですね。
杉内の呪いかというくらいコントロールが定まらず、四球連発であっというまに1死満塁。
マリーンズベンチはたまらずここで薮田に交代、ですが、薮田もダメダメ。マツダを打ち取って2死満塁としますが、小久保を歩かせて押出。さらに多村にピッチャー返しの良い当り、ヤバい、2点・・と思いましたがツヨが横っ飛びの好捕、ですが1塁投げられず内野安打でその間に1点。
9-6と詰め寄られ、ここでさらにピッチャー交代、もう、どうにもおさまりがつかずに晋吾まで投入なのでした。晋吾はさすがの投球でペタジーニを打取り、なんとか3点差を守ります。

なんでこうもヒヤヒヤしなくちゃいけないのかしらねえ、4回おわったときは9-0だったのに(汗)

しかも、4回はともかく、杉内がマウンドを降りてからはさっぱり後続のピッチャーが打てないマリーンズ打線。いつものことって言えばいつものことなんですけど・・

8回裏は晋吾が3人で締めて、9回裏はコバヒロが5者凡退。ま、いつものことって言えばいつものことなんですけどね・・・

なんて言ったって、あの杉内から9点も取ったんだから、リリーフ陣ももう少し休ませてあげたいじゃありませんか、ねえ。
ということで、明日も総動員になりそうな予感です。
ベンチに掲げられていた「SABURO3」も気が気じゃなかったんじゃないかしらん。
そうは言っても、このカード1勝できてホッとしているのですけどね(^^;;
[PR]
by kawasaki-marins | 2010-08-28 21:42 | Comments(2)

頑張れ、とにかく頑張れ!

鉱山の落盤事故で地下に閉じ込められた作業員が、厳しい状況ながらもとにかく生存して、現在は救出作業が進められているというニュース、なんだかもう聞いているだけで涙がでてきて仕方ありません。

実は、何を隠そう私の父は元炭坑マンなのです。
学生結婚でおなかの大きな女房を連れて、北海道(まあ、母も北海道出身ではありましたが)で炭坑に就職・・・ですが、聞いた話では私が産まれて1年ほどですか、落盤事故があったそうで、それでビビったのかなんなのか、北海道を離れて、土を掘るのは同じだと土建屋稼業に鞍替えした根性なしな父でもありました。
そんなわけですから、地上で待っているご家族の気持ちやら、中で閉じ込められている人たちの事ですとか、考えるほどに他人事ではない気がしています。

救出できるまでにはなんと3〜4ヶ月ほどもかかるという見込み、現在は探査用に開けられたものなのか、直径10cmほどの小さな穴からわずかな物資を送り込んでいるようです。
記事を読むと、避難所のスペースも50平米程度ということですから、33人がようやく身体を横たえるだけのスペースしかないでしょう。
そんなところで3ヶ月・・・気が遠くなる話です。

家族よりも絆が強くなるという鉱山作業員たちの精神力を信じて、とにかく一刻も早く救出できるよう、地球の裏側から祈ることしかできない自分がもどかしくてなりません。
頑張れ、とにかく頑張れ!


チリ鉱山事故 役割分担で救出を待つ作業員
8月27日9時42分配信 CNN.co.jp

コピアポ(CNN) チリの鉱山落盤事故で今月5日から地下約700メートルに閉じ込められている作業員33人は、それぞれが役割を分担して救出の日を待っているという。救援当局者が26日、こうした状況を明らかにした。

リーダー役を務めているのは50年以上の経験を持つ63歳のマリオ・ゴメスさん。精神的リーダーとして仲間から頼りにされている。ゴメスさんは、鉱山内に祈りの場を作れるよう宗教像を届けてほしいと地上に依頼した。

また、看護経験のある作業員は基本的な医療・心理検査の実施を担当し、エルビス・プレスリーのファンだという作業員は合唱係を担当するという。

作業員たちには各種作業も割り当てられる予定で、当局では、全体を2つのシフトに分け、一方が寝ている間に他方が作業や娯楽を行うよう指導している。

また作業員らは50平方メートルほどの避難所で生活し、シャフト部分をトイレに使っているが、医師からは狭いスペースを清潔に保つ方法を指導された。

マニャリク保健相によると、作業員らは平均10キロ体重を落としたとみられるが、想定された救援用シャフトを通るにはやや太りすぎの作業員が少なくとも9人いるという。

鉱山内へはチューブを通じて酸素や飲用水が送られているが、脱水症などが懸念されている。

救出までには3~4カ月を要するとみられる。精神的な負担を考慮し、作業員らには救出時期の見通しは伝えられてこなかったが、ピニェラ大統領は24日、チリの独立記念日である9月18日には間に合わないがクリスマスまでには救出できそうだと作業員らに伝えた。

調査によると、3~4人の作業員に不安症や抑うつの兆候がみられるという。

[PR]
by kawasaki-marins | 2010-08-28 00:46 | たまには時事ネタ | Comments(0)

まーた多村にやられたっぽいです

対 福岡ソフトバンクホークス 18回戦 [M6勝12敗] M 2 - 4 H (福岡D)
勝/森福[1勝] S/馬原[4勝27S] 負/成瀬[10勝11敗]
HR/多村[21号]

今日は途中経過を追うだけでほとんど見ていないのですが・・・初回の多村のホームランで成瀬がビビってしまったような印象でした。
そのへん、どーなんですか??

それと、打線はやっぱり山田を打てなかったのかな・・帳尻モードに入ったサブローが登録抹消というのは非常にショックでしたが、それで今江を6番に据えて、キヨ坊が2番、というのにはビックリしました。
取った2点も山田の自滅ですよねえ。

個人的には、ツヨゴリ(ゴリツヨでも可)くっついててナンボ、という気がしなくもありませんが、キヨ坊もツヨを盛り上げられる選手になりそうな雰囲気もありますから、コレはコレであり、なような気はしますが・・・単純にサブちゃんと入れ替えってほうが分かりやすかったような気もしなくもありません←歯切れ悪っ!

で、センター岡田パパで(^^;;
今日、ライトに入ったムニスが良い守備を見せてくれていたようなのは嬉しいですね。

順位表を眺めてみると、今期ここまで、上位3チームは三すくみ状態なんですね。
 マリーンズ13勝>8勝ライオンズ
 ライオンズ14勝>7勝ホークス
 ホークス12勝>6勝マリーンズ

下位に対しても、ライオンズとホークスはファイターズに分が悪く、マリーンズはイーグルスに負越し、という感じでこれは、というアドバンテージも感じません。この後も順位争いは混沌の予感です。

ということで、明日明日!と言いたいところではあるのですが、明日はマリーンズが吉見でホークスが杉内・・あら、どうしましょ(汗)
[PR]
by kawasaki-marins | 2010-08-27 23:27 | マリーンズ2010 | Comments(0)

ブラックブラックナイトで勝ちました

対 埼玉西武ライオンズ 21回戦 [M 13勝8敗] L 1 - 2 M (千葉マリン)
勝/唐川[6勝3敗] S/小林(宏)[3勝1敗24S] 負/長田[4勝2敗]
HR/

昨日で今カードの勝ち越しを決めて、ライオンズとの差を縮めることができたマリーンズ、どうせならここでサンタ・・・さんが来てくれると良いなあ、なんてちょっと弱気な私。
ですが、今日は明日のロッテを背負って立つべきピッチャー、唐川くんが先発です。ここで踏んばれずしてどうする、ってなもんです。

が、ライオンズは西口。そりゃ、たしかに近頃では全盛期のような、もう手も足も出ないぞ、というピッチングは鳴りを潜めていますが、そうは言っても西口です。簡単には打ち崩せないだろうなあとも思うわけですよ。
そんな私の予想が(めずらしく)当って、初回、片岡の内野安打&盗塁、タッチアップで1死3塁から、ナカジのタイムリーで1点を先制されてしまうと(ここは見てない)、そこからはお互い我慢の試合となりました。

試合を見ていたのは2回裏から。
今日の西口ってば、なんだか昔のようなキレを感じます。西口と言えばスライダー、スライダーと言えば西口、かつての全然打てねーよ、な雰囲気が甦っているような気さえします。マリーンズ打線は、毎回のように四球でランナーを出すのですが、なかなか西口を崩せません・・こりゃやばいですよ。

逆に、唐川の序盤はちょっと厳しげな雰囲気。3回に至っては、初回に片岡に引っ掻き回されて失点した同じパターンで1死3塁のシーンを迎えます。しかし、さすが男の子。2度も同じ轍は踏まない、とばかりに投げ込むと、その気合いがツヨのファインプレーを呼んでナカジをショートゴロ、さらにおかわり君も三振に仕留めてさすがのピッチングです。
こういったところの気持ちの強さも魅力な唐川くんなのでした。

4回も両者無得点で1-0のビハインドで迎えた5回表。
4回までは毎回ヒットを許していた唐川でしたが、この回、原、片岡、栗山の三人をこの試合初めての三者凡退にしとめます。特に栗山の当たりなんか右中間フェンスギリギリの第飛球でしたが、清田がよく追いついてくれましたね。

これで多少は流れを引き寄せることができたのでしょうか、その裏、マットン、清田と連続で三振で2死となりますが、1番に戻ってツヨがセンター前にゴロで抜けるヒットで出塁すると、続く今江の当たりもセンター前抜けるかという当たり、ナカジがよく追いつきましたが送球までできずに内野安打。2死からトントンと連打で2死1,2塁とします。
打席には調子が上向いて来ている井口。この井口は上手かったなあ、高めに来たストレートを上手く合わせてかるーくライト前、ツヨもちろん生還で1-1に追いつきます。
さらに2死1,2塁でテギュンがよく見て四球、2死満塁で福浦師でしたが、良い当りもライトフライで逆転には至りませんでした。惜しい。

しかし、同点に追いついてもらって、ここからどんどん調子を上げてくる唐川。もうね、見ていて頼もしいったらありゃしませんよ、ホント。相手チームから「唐川じゃ仕方ない」と言ってもらえるピッチャーにまた一歩近づいた感がありましたね。

ですが、打線はもう一本が出ません。
6回裏も、先頭のサブローがヒット、続く大松が四球で無死1,2塁となり、的場に送りバントを指示するのでしたが、ここは西口のオニのようなフィールディングで三塁封殺。
ええもう、マットンがボールを当てた瞬間にマウンドからダッシュしてきていましたもの。三塁方向に上手く球の勢いを殺した、良いバントだったと見えたのですが、ここは西口の守備を褒めるしかありませんでしたね。
1死1,2塁から、清田が西口から2個目の三振で2死1,2塁。
ここでライオンズベンチは西口を下げて岡本篤志をマウンドに送ります。ツヨが四球を選んで2死ながら満塁としたときは行けるか?と思ったのですが、ちょっと目を離した隙にゴリが凡退。誕生日で2安打うちながら、ヒーローになり損ねましたね(苦笑)

7回は両者無得点、1-1のまま、試合は終盤です。
継投策のライオンズは8回に長田をマウンドに送って来ました。
先頭のサブローが四球を選ぶと、大松のヒットでサブローは三塁まで激走、ですがこの時太もも裏を痛めてしまったらしく、ベンチに退き、代走に岡田が入ります。結果的にこれが吉に出ましたね。
無死1,3塁から、外野フライで良いんだからと強攻策のマットンは、しかし三振。1死1,3塁となって打席には清田。ここでも、外野フライで十分・・と、いきなり初球をひっぱたくとレフト浅めのライナー。さすがの岡田パパでも厳しいか?と思われましたがタッチアップでホームに突入、非常に危険なタイミングではありましたが、返球のバウンドが僅かに高くタッチには遥かに及ばず、楽々のセーフ、嬉しい嬉しい追加点となりました。

岡田パパの脚はものすごい武器ですね!オギタカも速いですがパパもそれ以上に速い。岡田パパとオギタカで外野を固めるところが見てみたいなあと心底思いますね。もう一人は南ちゃんがいいなあ。うあ、無敵外野だ・・・

っと、妄想はおいといて。
1-2と勝ち越した9回裏は、もちろんコバヒロ。唐川も納得の継投ですね。
先頭のおかわり君の三遊間への鋭い当たりは、ツヨが身体を張ってショートライナー。ツヨの気合いも見事です。
続くフェルナンデスの大きな当たりは一瞬ひやりとしましたが、ライトに入った清田が追いついてライトフライ。
さらに代打で登場のブラウンを難なくセカンドゴロで、珍しく三者凡退のコバヒロ。
ライオンズを競り落とし、なんと三タテ、されたんじゃなくて、なんと喰らわし遊ばしまして、首位から引きずりおろしてしまいましたよ。

と、これを書いている時点で福岡ドームは4-4のまま延長。この試合の結果によってはアレがコレだったりするのですが、個人的にはホークスに勝ってほしいと思うのでした。
だって、守るというより、叩きのめしに乗り込むほうが勢いづきそうでしょ?
[PR]
by kawasaki-marins | 2010-08-26 22:26 | マリーンズ2010 | Comments(2)

サブちゃん価値ある一発

対 埼玉西武ライオンズ 20回戦 [M 12勝8敗] L 2 - 3 M (千葉マリン)
勝/小野[4勝2敗] S/小林(宏)[3勝1敗23S] 負/工藤[2敗]
HR/サブロー[17号]

今日は渡辺俊介と石井一久という、なんだか渋い対決になりました。
序盤から、両投手それぞれの持ち味を発揮、俊介はテンポ良くのらりくらりなピッチング(なんじゃそりゃ^^;;)、石井一久は決め所で力強い投球を見せてくれます。

それでも3回裏、1死からツヨが石井一久からちーむ初ヒットで出塁します。続く今江が・・しまった、ピッチャーゴロゲッツーか?と思われた当たりでしたが、打球を捕った石井が振り返りざまセカンド送球・・が逸れてチェンジのはずが1死1,2塁。この後ちょっと目を離した隙に、石井の暴投があって1点を先取していましたよ。

しかし、これくらいでは海千山千な石井あたりは崩れませんね。この後はふたたびキッチリと締めてきます。
ですが、いつの間にか調子を上げてきたツヨが5回、今度は先頭打者として三遊間深いところへの内野安打、今度は今江がキッチリ送って、井口のタイムリーで2点目を追加。
この試合の流れですと非常に大きな追加点でした。

俊介は、テンポ良くのらりくらりと(ってどんなピッチングだっての^^;;)打者を翻弄、2回には本日復帰スタメン4番のおかわり君に三遊間抜かれるヒット、5回には相性悪げな栗山にいきなりツーベース、と、2度先頭打者をヒットで出塁させてしまいますが、何とかしのいで6回を3安打無失点でまずまずの仕事です。

7回も俊介が続投ですが、1死から代打で登場の星にヒット、さらに大島にもヒットで1死1,3塁とされたところで代打にブラウン登場。ここで俊介から晋吾に継投のマリーンズベンチでした。
うーん、俊介で良かったような気もしなくもありませんが・・
晋吾はブラウンを併殺に仕留めて、ここは無失点です。

ですが8回表、先頭の片岡に死球を与えてしまうと、栗山のヒットで無死1,3塁と、先ほどよりヤバいピンチです。
ここで打者はナカジ。ナカジの打球はボテボテのサードゴロ、今江のダッシュ鋭くセカンド封殺、併殺を狙って1塁転送はしかしナカジの脚がまさってセーフ、この間サードランナー生還で1点をかえされてしまいました。
ま、まあ、ここで1点は仕方ない、それでもランナーが減って1死1塁となりましたから、あとはひとつひとつアウトを取って行くんだ・・・と思ったら本日復帰のおかわり君がツーベースヒットで1死2,3塁、さらにフェルナンデスに三遊間破られて1点を失い、2-2の同点に追いつかれてしまいました。
それでも石井義人をセカンドゴロゲッツーに仕留めて逆転は許しません。晋吾だって#29ですからね、#30の教えはキッチリ守ってくれました。「逆転されなければOK」

すると8回裏、福浦師、サブロー、大松という左右左の打順に対して、工藤公康をマウンドに送ってくるライオンズベンチ。
福浦師が粘るもファーストゴロで1死。こりゃヤバいか、と思ったら。
続くサブローがすっかーんと、今日もレフトスタンドに放り込みます。いやあ、きれいなホームランでしたねえ。
追いつかれた直後の1点、今日の展開ではこれは値千金、非常に貴重な追加点でした。
この後は大松凡退、マットンが今日もマルチとなるヒットで出塁しましたがさらなる追加点はならず。

9回裏はコバヒロ登場で今日はちょっと安心の4凡で締めて、なんとライオンズに連勝。このカード勝ち越しを決め、対ライオンズ戦も負越しがなくなりましたよ。

今日はホークスが負けているので、なんと1位のライオンズと2位ホークス、3位マリーンズがそれぞれ0.5ゲーム差でしのぎを削るという状況。おおー、マジ面白くなってきました。

明日は唐川と西口・・うあ。これもある意味ギャンブル・・
[PR]
by kawasaki-marins | 2010-08-25 22:29 | マリーンズ2010 | Comments(2)

勝ちを粘りで絡めとりましたね

対 埼玉西武ライオンズ 19回戦 [M 11勝8敗] L 2 - 9 M (千葉マリン)
勝/マーフィー[11勝4敗] 負/許[6勝9敗]
HR/サブロー[16号]

これぞエースのピッチングですよ。
今日のマーフィーは、序盤みるからに調子が悪そう。例によっての初回の失点でもありますが、よくもまあ1,2回に1点ずつの2失点で済んだものだと思いました。
なんて言いますか、ブライアンのように派手に表面に表すわけではありませんが、バッターに向かって行く気持ちというのは非常に強いピッチャーだと思います。今のマリーンズ投手陣の中なら一番気持ちが強いピッチャーじゃないかしらん。

テレビをつけたら1回裏、すでにライオンズに1点を先制されていましたが、ツヨが出塁して二塁盗塁を決め、さらに今江が送って1死3塁。井口が三振に倒れるもテギュンが四球を選び2死1,3塁。ここで本日不肖の弟子に代わって5番に入っている福浦師が、粘って粘ってタイムリー。あっさり追いつきましたよ。

こりゃいい感じだ、と思ったのですが、今日はマーフィーがいつも以上に苦しんでいる感じです。2ストライクに追い込むのは早いんですが、決め球に苦しんでいるのか、まいどまいどにフルカウントまでもつれていきます。
2回表も、2死1,2塁から佐藤友亮に軽く合わされて1失点。途中、的場との息もあわず、マーフィーがマウンドに的場を呼ぶのに、気がつかず?なんていうシーンもあってヒヤヒヤものでした。
うーん。打線が援護できるかどうかが今日のポイントでしょうか。見るに許銘傑もそれほど良いわけでもなさそうですし。

しかし2回裏、1死からマットン、清田と連続ヒットで1死1,2塁としますが、ツヨのセカンドゴロが微妙にゲッツー・・ええーっ、本当に1塁ツヨアウトなの?アウトのジェスチャーみてずっこけてましたけど・・・

3回表、四球がらみでなんだかんだと2死満塁、迎えるバッターは高山。嫌な感じですが、ここはツヨがさっきのゲッツーのお返しと言わんばかりの好守備でショートゴロ。難を逃れるマーフィーでした。
しかし許は調子をあげて来ている様子、3回裏はあっさり三凡・・・とほほ。
4回表もまたまた四球がらみで1死満塁。ここで打席は今日からスタメン復帰だというナカジ・・こりゃダメだと思いましたね。
ですがナカジ、久々で力んだのかショートバウンドのボール球を振ってくれて三振、さらにホセ・フェルナンデスは、またまたツヨの好守でショートゴロ、再びピンチを脱するマーフィーでした。
ですが4回裏も許のまえに4人で攻撃を終わるマリーンズ・・こりゃ、マーフィー様の粘りも見殺しにされるのか、と思いましたね。

5回表、この試合初めて先頭打者を打取ったマーフィー、直後にツーベースを許すも後続は断ち、5回を2失点、120球と苦しみながらも何とか最低限の先発の役割を果たします。
するとその裏、先頭の清田が本日2本目のヒット、続くツヨが粘ってフルカウントに持ち込むと、ランナーのスタートに合わせてきれいにショート頭上を越えるヒットで無死1,3塁とチャンスを作ります。
今江に対しては許が内角を攻めてくるもストライク取れず四球、無死満塁・・もしかしてピンチ?って思いますよね、ロッテファンなら(自爆)
井口、テギュンと連続で三振、もしかしていわゆるpzgsとかってやつ・・・覚悟しました。
しかし、本日の5番は頼れる師匠、福浦です。
またまた粘ってインコースの球を振り抜いた打球が、飛びついて来たファーストのフェルナンデスのミットを弾く強襲ヒット、その間に清田とツヨが生還、2-3と逆転しましたよ。
2死1,3塁となり、サブローの打席で許が暴投、難なく4点目。それで許が動転したのか、甘く来た球を振り抜いた当たりは、切れそうで切れず、風に流されたかレフトスタンドに飛び込むツーラン、2-6と一気にたたみかけます。
おお、満塁からランナー残してませんよ、今日はロッテと西武が入れ替わったみたいです(自爆

さて、5回を投げて直後に逆転してもらって、マーフィーに勝ち投手の権利がついたし、ここからは継投かな、と思いますよね、ふつう。
ですが、今日は120球を超えていたマーフィーを続投。ビックリしましたね、これは。
そして、マーフィーの気持ちの強さを再確認でした。
逆転してもらって気が楽になったということもあったでしょうけれど、球数も相当いっていて、キツい状況だと思いますよ、ですが、6回表を三凡に仕留めて、誰にも文句をつけられない勝ち投手の権利を手に入れました。

この後はもうマリーンズのペース。
6回は代わった野上からツヨと井口のタイムリーで2点、8回には若い岩尾から今江がタイムリー。
7回からの継投は7回を薮田、8,9回と古谷が無失点で締めて、最終スコアは2-9と気がつけば大勝。
マーフィーと福浦師の粘りが呼び込んだ勝利でしょう。いやもう、見ていて疲れる試合でしたが、勝てばよし!です。

ここで大事な3連戦のアタマを取れたのは大きいですね。なんとか上位に喰らいついて行きたいところです。
明日は俊介と石井一久・・・俊介の出来次第、でしょうか。前回は屋内でしがた、今度は屋外、風も吹くでしょ、そりゃマリンですし・・と期待してみるのでした。
[PR]
by kawasaki-marins | 2010-08-24 22:58 | マリーンズ2010 | Comments(0)

ネタを探す母娘

夏休みも残り少なくなって、宿題もそろそろヤバくなっている我が家の娘たちです(汗)

小学校で初めての夏休みの妹娘はともかく、中1の姉娘は自業自得だと突き放してはいるものの、やっぱり心配になってちょこちょこ声をかけていたりはします。だって、職場から学校まで2時間を呼び出されるのは嫌ですもの←そこか!

で、その姉娘ですが、部活といいますか、学校では漫画研究会なんぞに入りまして、初めての文化祭に向けて冊子を出すらしく、原稿描きにいそしんでおります。って言うか宿題先にやれっちゅーの。

先ほど、その原稿をちらっと見たのですが。

「私の母は面倒くさがり・・・」から始まる内容にむむっ?

確かまだ入学して間もない頃、土曜の登校日もお弁当が必要という事を聞いて、週末で半端な食材しかないし、何よりお休みなのに早起きか!とさんざんブーたれて
「明日は納豆弁当でいい???」とぶつくさ言っていたときのことがネタにされていましたよ(汗

散々「納豆弁当!」と言っていたもんですから、姉娘は相当危機感を感じたらしく、翌日えらく早起きして自分でお弁当を作るとごそごそ始めていたのですが、もう冷蔵庫もほとんどスッカラカン。さすがに彼女のスキルではむずかしかろうと、本人の意欲には感謝しつつ、半端に残ったハムとタマネギでケチャップライスを作り、1個残っていた卵でオムライスにしてお弁当にしたわけです。

恐怖の?納豆弁当から、大好きなオムライスになった感動が四コマ漫画になって描かれておりましたよ(^^;;

e0095468_21223136.jpg

e0095468_21225324.jpg


姉娘がちょっといない間にこっそり写真撮ってみました(笑
[PR]
by kawasaki-marins | 2010-08-23 20:15 | 日々雑事 | Comments(0)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル