日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

首輪には連絡先を書きましょう

ふと、思い出したんですが。

昨年の夏頃、近所でネコがクルマにはねられて瀕死の状態のところに通りかかったことがあります。

既に、何人か人だかりがしていて、近所の動物病院に連絡してみたりしたそうなのですが、たまたまそのネコが首輪をしていて、如何にも飼い猫という雰囲気だったので「飼い主の許可がないと治療も始められない」と断られてしまったのだそうです。

結局、息も絶え絶えだったものを、近所のおっちゃんが「道ばたにいても仕方ないから、とりあえず家に連れて行くわ」と、連れて行ってくれたのですが、その後どうなったのか・・・

ということで、ペットには、飼い主の連絡先がわかるものが必要だなあと思ったわけです。

なんですが、ウチのランちゃんには何にもしてないなあ。
鳥にも、個体識別用の脚輪があるんですけどね。まあ、脚輪そのものが小さいですし、そもそもが個体識別用なので、さすがに電話番号までは書ききれないでしょうから、まあ良いかなあと思っているのですが。
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-01-29 14:28 | 日々雑事 | Comments(4)

今度は黒か!ということらしい

亭主の実家が宮崎の都城です。昨日からの霧島の噴火で、驚いて亭主の父に電話してみたのですが、火山灰が積もって真っ黒だそうです。
お正月には雪が降って白くなってビックリしたかと思ったら、今度は黒かったというわけですな(汗)

家から庭から火山灰が積もって大変だ、とは言っていますが、本人は至って呑気そうにしているので、まあとりあえずは安心したのですが・・・コレだけの噴火になると、しばらく火山活動が続きそうですから、火山灰の始末とかが大変そうで、そちらが心配。

しかし、昨年の口蹄疫から、鳥インフルエンザ、そしてついには火山の噴火と、宮崎はなんだか悪いことが重なって大変そうです。なにか呪われてない???
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-01-27 20:04 | 日々雑事 | Comments(4)

六か月点検

三鷹のスバルに来ています。
e0095468_10564178.jpg


e0095468_10564588.jpg


e0095468_10564930.jpg


いろいろ置いてありますね〜
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-01-22 10:52 | 日々雑事 | Comments(0)

畏れ入谷の鬼子母神

受験シーズンに誘われて姉娘の学校のホームページを見てみたら、学校で開催されていた校内文芸賞のようなものの優秀作がいくつか掲載されていたので、どんなもんかいなと読んでみたのですが。

・・・これ、ホントに中高生が書いてるんですか(冷汗

全員が出しているわけでもないようで、それなりに腕に覚えがある子がエントリーしている、のだと思うのですが、それにしたってなかなかの力作にビックリしました。
中身的には、ぜひ紹介したい・・紹介したいのですが、うーん。ここで紹介してしまうと、さすがに面が割れてしまいそうなのでやっぱりやめときます(をい

最優秀に選ばれていたのは中2の生徒の作品でしたが、源氏物語のその後の掌編という感じで、親の因果が子に報い、息子の夕霧が物の怪に出会って・・・という内容で、きっちりと光源氏のやってきたアレコレのツボを押さえています。たかが13,4歳の小娘に、ここまで男女のアヤが書けてしまうとは。

表現には所々、いかにも今時の子という感じでちょっと同人的二次創作風にも感じるモッタイナイところもあるのですが、それ以上に設定といい登場人物の動かし方といい、お見事でした。
相当源氏を読み込んだな、と感じさせる所にも感心。だって中2ですぜ。私なんて源氏を通して読んだのは40を超えたついこないだなのに(青空文庫収録の与謝野版をiPhoneで^^;;)

あと1年でウチの姉娘にコレだけのものが書けるかと言ったら、全然そうは思えませんが、これだけ才能豊かな子がいるような環境に紛れ込めたのはラッキーだったのかなと、今になって思うのでした。
なんでも挑戦してみるもんなんですねえ。

で、姉娘が何をやっているかといえば・・・新入生勧誘用の漫研冊子用のネームですって。ネタが出てこないみたいなので「ここは一発、熱血野球マンガでしょ!」と煽っているのですが、相手にされない母でした(自爆
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-01-21 23:31 | 日々雑事 | Comments(0)

気持ちは大切

昨日から、2010年マリーンズベストゲームってことで放送されていたプレーオフのライオンズ戦をテレビで見ていました。10月のパンダツアーで見られなかったので、これが初見です。

初戦、成瀬と涌井の投げ合いから、8回裏、継投に入って内が打たれて4点のリードを許すも、直後9回表に追いついた、とにかくみんなで繋ぐんだという気持ちがひしひしと伝わってくる攻撃は見事でした。そしてなによりも、11回表の、福浦師のライトスタンドへのホームランアーチの美しかったこと・・・この試合は3試合分くらいの内容があったように感じましたね。

第2戦、序盤にリードを許すもじわじわと追いつき、再度の延長。そして11回表に繋いで繋いで1点を勝ち越します。
そのときに、守備についているライオンズナインの表情がアップで映されていたのですが、このときの表情がなにかこう弱気な表情。
シーズンも、一度はマジックが点灯しながらもホークスに逆転を許してしまったライオンズの選手たちの胸中に「また逆転されたのか・・」という気持ちが見え隠れしていました。

そしてマリーンズがセカンドステージに勝ち上がり、そのホークスと福岡で対戦したわけです。最終の第6戦までもつれたこのシリーズですが、最終戦、やはりマリーンズが勝ち越してのホークスの最後の攻撃は、まるで打席に立つ選手たちの心が折れてしまっているかのように感じました。
ホークスも、それこそ何度も何度もプレーオフで涙を飲んできたチームですから「また、ここまでなのか・・」という気持ちがなかったとは言えないでしょう。

彼らのトラウマを呼び覚ますような試合をしたマリーンズ。やはり「失うものは何もない」という開き直りが強さを引き出したのでしょうか。
このポストシーズンの試合は、どのステージでもギリギリの闘いでした。こういう試合では、やはり気持ちを強く持てた方が勝つんだなあと、しみじみと感じさせられましたね。

2011シーズンは、ある意味受けて立つ側になるわけですが、この気持ちの強さをどれだけ維持できるのか。立場が変わると大きく変わりそうな気が・・・するんですがねえ。なんてったってロッテだし(苦笑

ということで、2011シーズンのスローガンは、昨年に引き続き「和」だそうです。
いつまでも「和」で、内輪うけにならないようにね!
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-01-20 22:24 | マリーンズ2010 | Comments(0)

ダカールと言いつつ南米ラリー

今年もヤツラは走っていました。

日野レンジャーを駆る、我らが鉄人・菅原義正は昨年の失格の雪辱を果たし、見事完走。連続完走という記録は昨年途絶えてしまったわけですが、新たな記録に向かって頑張ってもらいたいですね。っていうかこのひと69歳って・・・ウチの母と同じって、凄すぎます。
まだまだ衰える気配はありませんねー。
その息子の菅原照仁は、トラック部門総合9位、市販車クラスおよび10L以下クラス1位という見事な成績でゴールとのことです。

お疲れさまでした。
お正月からずっとJスポのハイライトを見てましたが、アフリカ以上に変化の大きい、とんでもないコースだったんじゃないかしらん。砂漠を走った翌日には泥んこ道だったりと、自然のスケールの大きさに圧倒されましたね。
こんな所でレースをしようだなんて、まったくもって恐れ知らずというかなんというか・・・
いえ、彼らほど自然の恐ろしさを知っている人たちは数少ないとは思うのですが。
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-01-16 17:58 | スポーツ観戦いろいろ | Comments(2)

やっぱそうだよねー

これは、神宮だけじゃなくて、セのホーム全般が速く表示されるように感じていました。
交流戦では、みんななんかえらく速くなったなあとヘンな感じでしたもの。
マリンでは、俊介のスローボールを際立たせるために遅めの表示だったりしない・・かな(笑)

ところで、スピードガンのキャリブレーションってどうするんでしょうか?

ボールをリリースした直後と、バッターボックスに届くあたりでは球速もだいぶん落ちているということも聞きますから、どういうタイミングの数字を出しているのかというのもそういえば知らないなあと・・・それこそピッチャーによってタイミングもまちまちでしょうし、一人のピッチャーでもいろいろとタイミングを変えて投げていますから、そのへんで相当な誤差が出ていそうな気もします。
中身を知らないままで使っている数字と言うのも多いもんですね(汗)


速すぎ?神宮球場、スピードガン見直しへ
スポーツ報知 1月15日(土)8時0分配信

 ヤクルトの本拠地・神宮球場が、スピードガンの見直しを検討していることが14日、分かった。戸頃啓(ところ・あきら)球場長は「昨年、由規君の161キロもあったし、(他球場と比べて)『速いんじゃないか』という声もあった。ファンに正確なものを提供したいからね」と説明。オープン戦期間中に、球場スタッフが検証に乗り出す。

 現在は、2台の米国製スピードガンが、ホームベース後方に固定されており、2台の平均値が電光掲示板に表示されている。昨年8月26日の横浜戦で由規が日本人最速の161キロを出した際、テレビ中継は「152キロ」と表示、大きな誤差が話題となった。巨人・沢村、東海大・菅野の「157キロ」など、速球派の投手の最高球速が計測されたのも神宮で、毎回のように議論を呼んできた。

 そこで今回、オープン戦期間中のネット裏に、“スピードガン部隊”を配置。ミズノ社など複数で球速を測定し、比較する。同球場長は「(既存のものと)あまりにも球速差が大きい場合には、スピードガンの変更も考えます」と、徹底的に精度を追求する構えだ。

 
最終更新:1月15日(土)10時49分

[PR]
by kawasaki-marins | 2011-01-15 14:55 | プロ野球諸々 | Comments(0)

足並みがそろわなーい

姉娘の学校から、入試休みのお知らせをもらって、もうあれから1年経つんだなあとしみじみです。合格で喜んでいたら翌日には亭主の母の危篤の報せでしたから、まさに急転直下でしたね・・

昨年の今頃はもう必死な顔をしていた姉娘が、今年は緩みっぱなしなのもどうかとは思うのですが(汗)・・・成績は、よくも悪くも目立たないあたりになんとか引っ付いて行っているようですので、あとは自分で頑張ってもらいましょう。
とにかく「私の職場から学校まで遠いんだから”お呼出”だけはやめてね」とは言い渡してあるのですが、どうなることやらです。

それはともかく、そんなわけで2月のアタマは姉娘がお休み、そして今年は、2月の三連休にひっついて2月14日バレンタインデーは妹娘の小学校が創立記念日でお休みで4連休になるのですが・・・そういうときに限って姉娘が土曜も授業がある日だったりするのですよ。上手く行かないもんですね。
私の有給休暇ものこり心もとないし、ああー、なんか微妙な冬です。
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-01-14 23:43 | 日々雑事 | Comments(0)

法事で宮崎

お正月休みが終わっても、いきなり翌週は三連休でちょっとホッとしている私でした。
もっとも、そうは言ってもこの三連休は昨年2月に亡くなった亭主の母の一周忌ということで宮崎まで行ってきたわけですが。

土曜は、姉娘の学校がありましたので、夕方の便で羽田から宮崎まで。
今回も2泊ですので、羽田まではあめおで行くことにします。羽田の駐車場が値下げになったと言うことで、昨年の3月のときは1泊2日で5,000円近くかかった駐車料金が2泊3日でも3,000円くらいで済むらしく、それなら家族4人で移動することを考えると、ウチから羽田まで大人で往復1,500円ほどかかる電車賃より安い、と言うわけです。
お天気も良かったので、飛行機から富士山を期待していたのですが・・さすがに5時過ぎの便でしたので、この季節もう真っ暗。そういやそうですね。アホでした。でも、眼下の横浜港はきれいだったなあ。

日曜の昼に法事で、お寺さんでお経をあげてもらったりするのですが、浄土真宗のお寺さんでしたのでお香を焚くときに「南無阿弥陀仏」と唱えてください、と言われます。
亭主実家では今時珍しくも夕食前には仏壇前でみんなで拝むという習慣があるのですが、今だになんだか気恥ずかしい私なのでした。子どもの頃から「なんまいだー、百枚だー」なんて散々ちゃかしてきたからなあ(←バチあたり汗)
近くの親類やらも来てくれて、なんだかんだと法事とその後の会食も終わり、家に戻るのですが・・・ん?なぜ寄り道をする、しかも質屋。
実は前の晩、どうしたことか子どもたちが「麻雀やってみたい」というので、それなら牌を買うぞという話になり「麻雀牌を買うなら質屋だ」・・・なぜか納得の私(←をい)

ホントに買ってきちゃいました(爆)
そのまま、麻雀教室に突入。ウチの娘たちは先日のクリスマス麻雀教室でゲームの流れは覚えていますので、甥っ子たちに教えます。
例によって、役なし点なし上がったら勝ちルールですが、上がるためには結構アタマを使いますよ。

亭主の父は麻雀はやったことが無いらしく、ちょっと寂しそうだったのが申し訳なかったです。とか言いつつも、大人も結構アツくなり、亭主兄弟(男2人兄弟です)と私、そしてウチの姉娘で東場だけの早回し、久々にちゃんとした麻雀を打った気がします・・・なんて思っていたら、亭主兄弟は「人生初めて兄弟で打ったな」なんて言ってますよ。うーん、やはり小学生のころから家族麻雀で揉まれていたような私の実家とは違うのね(汗)

子どもの数がいると(それでもウチと弟家族で4人だけですが)、将棋やら麻雀やらとボードゲームが楽しいですね。姉娘と甥っ子が打っていた将棋では、ここぞ!というところで攻め込めずにいた姉娘に、傍目八目な回りがみんなイライラしていたりと、子どもたちも大きくなって、大人と一緒に楽しめるようになってきました。
そんなこんなで半年ぶりのイトコ再会にも子供たちの成長を感じるのでした。

三連休の最後の月曜、翌日から学校やら仕事やらありますので、昼の飛行機で早めに帰途につきます。宮崎空港で、こちら向けのお土産なども調達しているときに目についたのがコレでした。
e0095468_21121548.jpg

一ツ葉焼なんて名物ものみたいな名前になっていますが、作家さんの焼物です。
最初は、妙に歪んだ柄だなあ・・と思ってみていたのですが、手に取ってみると、裏表に同じ模様が見えるではありませんか。手が込んでいるなあ、と、よくよく見ていると、どうもコレは、金太郎あめのように柄が通っているような・・・そこに、作家さんが来られて、やはりそうだと言う説明。
柄の雰囲気や色遣いが結構好みでしたし、その手間にやられて、自分用のお茶碗と、妹娘が「ほしい!」と言ったウサギ柄の湯のみを購入したのでした。気に入ってもらって嬉しいと、端数はおまけしてくれる太っ腹な作者さんでした(^^

作家ものと言っても普通のお値段でしたので、小皿も揃いでほしいなあと思ったのですが、これから飛行機で帰らなくてはならないと思うとちょっと気が引けましたね。
今度宮崎に行ったときには窯元に行ってみたいなと思いました。

羽田からの道すがら、私の実家にお土産をおいて、そのまま今週の買い出しも済ませて帰宅。
なんだか慌ただしい三連休でした。
今週は火曜からのスタートで、ちょっとホッとしている私です(^^;
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-01-10 21:23 | 日々雑事 | Comments(0)

こいつは春から、ちょっとビックリ

なんか、平塚競輪あたりから、聞いたことのあるような名前が聞こえてきたと思ったら・・・なんと、オービックシーガルズでもプレーしていた選手ではありませんか。

デビュー戦で初勝利とは、やるなあ。
ピンピンピンでいきなり優勝・・・とはなりませんでしたが、このクラスを卒業するのは時間の問題でしょう。

 里見恒平

年齢的なこととか、競輪産業の今後とか、考えれば考えるほどに厳しい道を選んでいるとは思うのですが、俄然応援したくなりますね。出走予定をチェックしておこうっと。
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-01-06 01:04 | 公営競技 | Comments(0)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル