日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

残念すぎる・・

対 東北楽天Gイーグルス 12回戦 [M 4勝6敗1分] E 6- 2 M (千葉)
勝/田中[10勝3敗] S/ラズナー[3勝2敗5S] 負/小野[3勝1敗]
HR/

昨日のお出掛けから帰宅して、今朝は身体がバキバキになっていました。おもしろ自転車や卓球が効いているらしいです。温泉に行ったのにバキバキになって帰ってくるってなんだかなあもう。

ですが、今朝はテニススクール。いまのところ欠席(振替)なしで全出席ですよ、我ながら感心。
コーチにも「バックハンドはいいですよー」と言ってもらえてちょっと浮かれています・・・裏を返せばフォアハンドはダメダメということなんですが(汗)
今日は「ハーフコートシングルス」という形式のレッスンがありました。ダブルスのコートを使って、2組が一緒に試合をしてしまうという、初心者の私が聞くとなんとも恐ろしい形式です。コートの対角線で対戦するのでどうなることやらと思ったのですが、案外となんとかなるものでした。なんと私が一人でポイント取れちゃったりして(まあ、相手の方のアウトですけどね^^;;)
8月のテーマは「サーブ」ということで、一人一人がサーブをできる機会を増やそうということだそうです。

今朝のレッスンは生徒が7人しかいなくて、結構動き回った気がします。
そんなこんなで帰宅して、娘たちとお昼を食べたりなんかしているウチにウトウト・・・外は雨模様でしたが、窓を開けておくと涼しい風が入って来てすっかりお昼寝でした。今朝方の地震(これも長く続いて気持ち悪かったです・・)でなんだか良く寝られていなかったのでしょう。

そんな一日、今日はマリンの試合は17時プレイボール。今日もピンクユニですが、なにせ相手がまさおですから・・
しかし、マリーンズは晋吾がすごい立ち上がりです。3回まではランナーを許さないパーフェクトピッチ。

対して打線も、まさおに対してヒットを重ね、2回なんかは1死満塁まで攻めるのですが、ここで打順が工藤、根元というのはちょっと巡り合わせが悪かったです。
最近なにげに大松やら清田やらと代打陣も充実してるっぽいベンチですが、2回から代打、というのもいくら何でもちょっとアレですかね・・・でも、それくらいの勝負かけてくれても良かったのかもと思ってしまうのでした。なにせ相手がまさおですから。

4回表、先頭の聖澤にヒットを許すと、続く内村の送りバントを、晋吾が慌てたのか珍しくも悪送球となり、無死1,3塁。続く高須はセカンドゴロも1死2,3塁となりバッターボックスには山﨑。
打球は詰まりながらもショートの頭を越えて2点タイムリーとなってしまうのでした。
自分のミスから2失点の晋吾は、この後も必死のピッチングで追加点を許しませんが、なにぶん相手が悪かったですね。
今日は休養十分の福浦師が猛打賞とか、そこそこのチャンスは作るのですが、そこからのまさおの鬼気迫るようなピッチングの前に得点を奪うことができませんでした。敵ながら、素晴らしいピッチャーです。

困ったことに、まさおは結構好きなんですよ。
娘のお婿さんがこんな人だったらいいなあ、なんて妄想してみたりするわけです。唐川くんみたいなタイプも悪くありませんが、なんというか、人柄の良さを感じますね、まさおには。どんなに稼ぐ人でもダルみたいなのはちょっと・・とか、ワケわからない妄想が爆走しているオバサンですみません(大汗

負けた試合ではありましたが、まさおからヒット7本は良く打ったなあと思いますよ。もっともそのうち3本は福浦師ですけどね。
伊志嶺との対戦なんか見ていると、なんだか伊志嶺も好打者を越えて、強打者のオーラを感じるようになったなあなんて思ってみたり・・・非常に期待してしまいます。

それなりに見所はあるいい試合だったと思いますが、それだけに晋吾のミスからの失点が痛かったです・・・オールスター明けは今ひとつ調子が上がりませんが、なんとか持ち直して、上位2チームに少しでも追いつきたいところ。というか、3位争いは非常に厳しいことになっていますよ。
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-07-31 22:16 | マリーンズ2011 | Comments(0)

What is 伊豆?

週末、というか変則休みの夏の金曜から、一泊で伊豆高原に行っていました。
別に何をするというでもなく、温泉でも入ってノンビリするべえ、なんて思っていたのですが、行く道すがら「これは、海水浴の用意をしてくるべきだったね」というリサーチ不足っぷり。
それでも、途中の「ぐらんぱる公園」とかいうところで、お花畑を堪能し、さらにはおもしろ自転車の数々を試してみたりするうちにいつの間にか時間が過ぎています。

夕食は妹娘が「回転寿司がいい」と言い出すので近くのお店を探して行ってみましたら、結構地魚があって、それなりに楽しめました。「しいら」なんて初めて食べたかも・・・
宿に戻ると、卓球台があり、中学時代は卓球部だったという亭主はウズウズしている様子。姉娘も「球技大会で卓球やったから少しできるよー」ということで、温泉卓球大会になるのでした。
私なんて小さい頃の「ピンポン」以来やったことがありませんが、なんだかみんなでムキになって最後には勝負に(^^;;
妹娘も最初は当てることすらできなかったのが、最後にはそれなりですが打ち返せるようになって、勝負に参加していましたよ(^^;;

翌日土曜は、朝食後、宿から徒歩で10分ほどの所にある「ねこの博物館」へ。ネコとふれあえるというのがウリでしたが、いやいや、何が凄いって大型ネコ類のコレクションが凄い。剥製なんでしょうけれど、ライオンやトラ、ヒョウ、チーターからヤマネコ、あげくの果てにはケーブライオンとかいう、絶滅したライオンの化石まで・・・なんだかヤバい匂いすらしてくるコレクションの数々です。
最初は付き合い程度のつもりでいた亭主が一番感動していたようです。
お目当てのネコちゃんたちとのじゃれ合いも堪能して、開場時間から一時間半ほどでしょうか。宿のチェックアウトの時間になりますので後ろ髪引かれながら博物館を後にします。

宿をチェックアウトしてからはクルマで大室山に向かいます。
遠くから見て、きれいな台形の山の形と、周囲の山とはちがうきれいな黄緑色の山肌に「これはUFOの秘密基地に違いない」ともり上がっていました(^^;;
なんでも4000年ほど前の噴火で吹き上げられた軽石が積もった山なんだそうで、それにしてもきれいに積もったものです。山肌は毎年山焼きをするそうで、700年前から続けられているため大きな木も生育せずにきれいなままなのだそうです。山焼きする所も見てみたいものです。

最近山登りに目覚めた亭主としては歩いて登りたかったようですが、徒歩の登山は禁止されていて、頂上に上がるのはリフトしかありません。ということで素直にリフトに乗り頂上へ。頂上と言っても、一番標高が高いのはリフト終点から噴火口のちょうど対面あたり。一周1kmほどですのでお鉢巡りとしゃれ込みます。登ったときは晴れていたのに、お鉢半分まわる頃にはあっという間に雲の中・・・なのにまた戻る頃には晴れているってどんだけ・・・
大室山のふもとには「伊豆シャボテン公園」もありましたが、道が混まないうちに帰りたかったので、今回はお土産コーナーでサボテンを買うだけでパスでした。

どうやら、また来る気でいるようです。例の、マリンにも広告のある会員制リゾートですから(汗)
城ヶ崎なんかの海の方も面白そうですし、なにげに伊豆、あなどれません・・・が、なんだかちょっと寂れた雰囲気もありました。ペット連れ可というお店や施設が多くて、この辺に活路を見出そうとしている様子が伺えます。首都圏からですと出かけやすい距離感ですし、ペット連れですとクルマで移動することが多いですから、その辺取り込めると伊豆もまだまだ捨てたものではない感が出てきますね。

行く道は海沿いでしたので、帰り道は伊豆スカイラインを通ったのですが、お天気が悪く、どんどんどんどん霧が出てあっという間にあたりは真っ白・・・こ、これは!ここでフォグランプを使わなかったらいつ使うのか!ということで、使いたかったフォグランプを前後つけて走るあめおでした。
でも、あめおのフォグは効いてるのかなんなのか良くわからない・・RAV4のときは黄色いフォグをつけていましたが、あれは黄色い光が霧にうつるのでなんか働いている気分になるのですが、あめおのは普通に白い光なのでなんだか微妙。リアは赤ですが、そっちもなんだか微妙。まあ、効いていた、と思いたい所です。自分で見てるわけじゃないから分からないですよね。

帰宅して夕方4時過ぎ。マリンの試合は十分に見られる時間ではありましたが、録画してあるからいかあ、とテレビを譲ります。最後の方だけ見ていましたが伊藤ちゃんの調子の悪い様子はオールスター前からなのでかなり心配・・
ということで、試合は録画してあるんですがどうしましょ。

対 東北楽天Gイーグルス 10回戦 [M 3勝6敗1分] E 4 - 0 M (千葉)
勝/永井[4勝3敗] 負/マーフィー[2勝2敗]
HR/

対 東北楽天Gイーグルス 11回戦 [M 4勝6敗1分] E 2 - 6 M (千葉)
勝/渡辺(俊)[5勝5敗] 負/ヒメネス[4敗]
HR/
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-07-31 12:17 | 日々雑事 | Comments(0)

旅に出ています

e0095468_231887.jpg

伊豆高原で温泉卓球でやられるの巻。テニスでリベンジ・・・と言えるのはいつのことやら(^^;;
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-07-29 23:15 | 日々雑事 | Comments(0)

上野とアチャの気迫で呼び寄せた勝利

対 埼玉西武ライオンズ 13回戦 [M 9勝4敗] M 1 - 0 L (西武D)
勝/上野[2勝] S/薮田[1勝2敗19S] 負/平野[1勝5敗]
HR/カスティーヨ[3号]

海の向こうではシアトル・マリナーズの連敗が17で止まったそうで、イチローが「そっち側に行くとは思わなかった」とかなんとかコメントしていたそうですが、私も思い出していましたよ。七夕のあの日、今のようにリアルタイムで試合を見ていたわけではありませんが、スポーツニュースで見たジョニーの姿はずっと胸にやきついています。あれは確かにブルーウェーブ戦でしたともさ。

そんな今日は、ジョニーが自分の跡継ぎとして見込んでいるという上野が、マリーンズの連敗ストップを背負っての登板です。
今日は展開が早いらしく、テレビをつけたときは既に2回裏でした。上野はなんだかストライクとボールがはっきりしている雰囲気で、ちょっと不安な感じもします。
案の定と言いますか、3回裏、先頭の銀二朗のヒットからなんだかんだと1死満塁で迎えるバッターがナカジーというピンチを迎えます。
ですが、ここでバチッと気合いが入ったように見えましたね。
ナカジーに対してもひとつもひるまず真っ向勝負、最後は変化球で三振を奪います。さらにおかわり君が打ち上げたファールフライを、アチャがカメラ席のカメラに乗り上げてのスーパーキャッチ。
バックの気迫にも助けられて、ココはピンチをしのぎます。

しかし、打線の方はぴりっとしません。ライオンズの先発の平野から、ランナーは出せても進められず。
息詰る投手戦・・・ではなく、むしろ貧打戦という趣ですが、お互い点を取れずに苦しむ展開となっています。

それでも、上野、平野ともに粘りなんだかんだと試合は終盤。試合の進みも早く、これは延長かなとも覚悟していました。
そんな8回裏、今度はナカジーのヒットとおかわり君のピッチャー強襲ヒットで無死1,2塁とピンチを迎えます。送りバントで1死2,3塁とされて、フェルナンデスを敬遠、満塁策をとります。
これが成功して、浅村をショートゴロ封殺で2死、さらに秋山はなんでもないセンターフライに仕留め、ここも気迫でピンチを切り抜ける上野でした。

打線はなんとか1点くらいもぎとってやってくれと思うのですが、9回表はあっさりと2死。
交流戦のころは絶好調だった井口が、ここに来て調子を落としていますね・・・なかなかこの辺の巡り合わせは上手く行かないようです。
ですが、2死ランナーなしからアチャのバットが一閃。打球は伸びてレフトスタンドに飛び込み、待望の1点を奪い取ります。

この後は薮田が上野に負けない気合いで三者凡退に締め、なんとか四連敗は免れたのでした。
もう、アチャがホームランを打った瞬間の、上野の喜びっぷりがカワイイのなんの。なんだか周囲をみんな幸せにしてくれる笑顔でしたねえ。おばちゃんすっかりメロメロです。

明日は、いよいよマーフィー様の復帰マウンド。ペンも日本に戻って来てくれたそうで・・・テギュンが契約解除という寂しいニュースもありましたが・・・若いもんも頑張ってくれていますし、だんだん戦力が整ってきましたね。
上のホークスとファイターズにはちょっと水をあけられてしまいましたが、まだまだ残り半分、何が起こるかは分かりませんよ・・・良いこととは限らないけど(大汗)
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-07-28 21:54 | マリーンズ2011 | Comments(0)

千葉の敵を所沢で(ry

対 埼玉西武ライオンズ 12回戦 [M 8勝4敗] M 1 - 4 L (西武D)
勝/帆足[5勝5敗] S/牧田[2勝4敗6S] 負/小林敦[1勝3敗]
HR/

ひと頃、打てたころの帆足でしたら、マウンド上でそれはそれは嫌そうな顔をして投げていたのですが、今日は違いましたね。かなり気合いが入っていた様子でした。昔の、打てなかったころの帆足に戻ってしまったようです。とほほ。

テレビはつけっぱなしではいたのですが、なんだかバタバタと試合はあんまり見られていないのですが・・・負けるべくして負けたような気がします。

ええー、明日もライオンズ戦なんですかあ。三タテで済めばいいんですが・・(大汗)
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-07-27 23:50 | マリーンズ2011 | Comments(0)

踏んばりきれなかった

対 埼玉西武ライオンズ 11回戦 [M 8勝3敗] M 5 - 6 L (西武D)
勝/松永[1勝] S/牧田[2勝4敗5S] 負/大谷[1勝5敗]
HR/

序盤は、例によってバタバタのウチに見ていたのですが、3回、気がつけば伊志嶺が死球を受けて1死満塁、ここで井口が良い感じに粘ってしぶとく三遊間を抜く2点タイムリー!良い感じに涌井を攻めていたように思いました。
さらに4回、2死2塁から早坂がセンター前にタイムリーで3-0、大谷もいい感じで投げているし、流れはこちらにあると思ったんですがねえ。

6回表、1死から工藤がヒットで塁に出るも、牽制でアウト。直後にサトがライト前にヒットと、ちょっと噛み合わせが悪くなって来たような予感です。
続く早坂がピッチャー強襲でランナーを溜めますが、涌井の左手の手首に当ってしまったらしく投手交代。普通なら、涌井が降りるんですからラッキーと思うんですが、今日は良い感じに涌井を攻めていたのでこの交代はイヤな感じでした。で、案の定、後続が打取られてしまいます。

その裏、先頭の栗山がショートへの内野安打。ううーん、送球が間に合っていたようにも見えるんですが・・・って、今日は早坂がショートだったのね(気づくのおそ過ぎ^^;;)
昨日の栗山にやられたような印象がなんだかフラッシュバックしてきます。
いやいや、後続を断ち切れれば、と思うのでしたが、原にツーベースで無死2,3塁とされるとナカジーに2点タイムリー。
さらにおかわりヒットで無死1,2塁とされたところでピッチャー交代、マウンドには早稲田の同級生だという山本一徳が送られました。ここは意地を見せてもらいたかった所ですが、ピンチバンターの佐藤友亮に死球で無死満塁。ありゃ。

もっさんはワンポイントだったらしく、マウンドには川越が送られます。
しかし、川越はすっかりロッテに染まってしまったのか、満塁のランナーをきれいに返してしまいました。フェルナンデスのシングルタイムリーで1点、さらに浅村に2点タイムリーで、3-5と逆転を許してしまいます。
なんとかここで抑えられればまだ2点差、とは思うのですが、実はまだ無死。タイムリーのランナーが残って1,2塁となっています。銀ちゃんが送ってようやく1死。
たまらずここで川越から吉見に交代しますが、この状況ってどうなのかしら?と思った通り。
代打登場の平尾こそ打取りますが、ここから2連続の四球で押出しの1点を与えてしまいます。終わってみれば、この1点が余計でしたね・・

結局、さらに中郷を投入してなんとかチェンジ。
なんだか継投がグダグダでしたね。リードしている時点でもっさん、というのはちょっと期待したのですが、ワンポイントで引っ込めるのはどうだったのかとか、なんでこのあと川越なのかとか、吉見さんの使いどころはココじゃないとか、言いたいことはいろいろありますが・・・でもまあ、中郷がこの後なんとか繋げてくれたのは嬉しかったです。

9回に牧田を攻めて、アチャの2点タイムリーで5-6と追い上げるのですがそこまで。最後の今江の当りはライト前に抜けるかと言う鋭い当りでしたが、セカンドの原にダイビングキャッチされてしまい試合終了。追いつかない程度の反撃というやつですか。

大谷が6回に崩れたのは、スタミナの問題か、メンタルの問題だったのか、ちょっと気になる所です。それまでいいピッチングしていただけにもったいないというか口惜しいというか。

打線は、今日はヒットはたくさん打っているのですが、そこからの攻撃がなんだかミスが多かったです。まあ、いつものことなんですが・・・いつものことなんだけど、よくなーい!
5回には伊志嶺がライナーで飛び出してしまったり、8回には無死1,2塁から、サトのセカンドゴロで併殺・・・バッターが残ってランナー2人が消えちゃうというのはどうなのかと。
脚が速い選手を集めた打線というのは、なんだか諸刃の剣のような気がしてきましたよ(汗)

も、もしかして、マリンの三タテの分をきれいに返されてしまうんでしょうか・・・いや、それはちょっと勘弁願いたいところです。
明日は小林敦と帆足が先発。帆足は、最近はなんとか攻略できている、ように思うんですが、そう思って油断するとやられるよなあ、きっと。

気合い入れ直して行きまっしょい!
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-07-26 21:58 | マリーンズ2011 | Comments(0)

二桁連敗は難しいんだってば。

対 埼玉西武ライオンズ 10回戦 [M 8勝2敗] M 2 - 4 L (西武D)
勝/許銘傑[4勝1敗1S] S/牧田[2勝4敗4S] 負/成瀬[6勝8敗]
HR/中島[11号]

この週末は、なんとなくオールスター。マリンの第2戦はリアルタイムで中継をみていましたが、第1戦は見てませんし、第3戦も録画でした。仙台の第3戦はSky-Aの録画放送で見ていたのですが、試合前のセレモニーから放送されていたのが良かったですね。イーグルス・嶋の試合前の挨拶を聞いていたら、なんだか胸が熱くなってきました。
この第3戦、見てくれる人たちに何かを伝えようと選手たちが一生懸命にプレーする姿はなんだかいつものオールスターと違うように感じました。
それとまた、パ・リーグの豪華リレーが凄かったですね。先発・まさお→ダル→和田→攝津→斎藤→森福→増井→岸田。なんだこりゃー。
こんなのを相手に投げなくてはいけなかったセの先発の由規くんがちょっと気の毒でしたが、全力勝負で、仙台の野球ファンの皆さんにもなにか伝わるものはあったと信じたいです。

オールスターが終わって、今年はすぐ翌日からシーズンの試合が始まります。
変則日程で、今日、月曜に試合があるのは西武ドームのM-L戦だけ。ライオンズは「マンデー・パ・リーグ」と称していろいろとファンサービスしていたようですが・・・マンデー・パ・リーグ復活しないのかなあ。結構気に入ってたのに。

それはともかく、オールスター前のライオンズは9連敗。こりゃ、ライオンズも必死で来るでしょうから、どうかしら・・という状況。
帰宅して、井口が空振りしたボールがすねに当たっても、空振りが先にとられて三振・・・なんていうシーンを見てしまって、今日の成り行きがなんとなく見えたような気がしました。
1回裏、栗山のツーベースからランナーを進められてナカジーの犠牲フライで先取点を奪われてしまいます。
2回裏には、坂田の打った、高く上がった打球を岡田パパが見失ってスリーベースという珍しいシーン。まさに通天閣打法です。まあ、空もまだ明るい時間帯で、ドームの屋根も白く、球がまぎれやすいといえばそうなんですが・・・今日はツキも来ていないなと思わせる場面でした。
まあ、ここは成瀬が踏んばって失点はありませんでしたが。

今日の成瀬は珍しくちょっと球が荒れているようにも思えましたが、なんだかんだと粘って2,3,4回を無失点に抑えています。
しかし、打線は石井一久に粘られ、なかなかつけ込めずにいました。
それでも5回表、3回に早坂のピッチャー返しが脚に当たった影響か、1死から三者連続で四球をもらい1死満塁とします。岡田が良い当りもファーストライナーで2死となりますが、伊志嶺が変化球に上手く合わせてセンター前に落とす2点タイムリーで2-1と逆転します。
お、これなら・・と思ったのですが、ここでライオンズは石井一久から木村に継投。例によって2番手が打てないマリーンズで、このあとはさくっと抑えられてしまうのでした。

直後5回裏、先頭の坂田をヒットで出してしまうと、犠牲フライで送られ、2死2塁から栗山にタイムリーで追いつかれてしまいます。
先制点といい同点タイムリーといい、どうも今日は栗山がキーマンのような・・・

と、思っていたら。8回裏。先頭の栗山がヒットで出塁・・・イヤな予感がします。
浅村が送りバントを打ち上げ、サトが必死のキャッチでキャッチャーファールフライとしますが、続くナカジーに今度はレフトスタンドに持って行かれてしまいました。
打たれた瞬間の成瀬の表情ってば・・・まさに被弾王(とほほ)

結局、これが決勝点となり、ライオンズは9連敗でストップ。二桁連敗するのが如何に大変か良くわかった事でしょう。この二桁連敗を何度もやってるロッテは凄いんだよ、と、娘たちになにが凄いんだか全然わからない自慢をしてみたりする母なのでした。なんだかライオンズの連敗が止まって悔しいらしいです。

本当はさくっと借金返したかったのになあ。

そういえば、なんでも、唐川くんも抹消だそうですよ。
なんでも違和感(どこ?)なんだそうですが、うう、心配だ。今年こそ一年通じて頑張ってもらいたかったのですが・・・最近、最初はたいしたことはないようなことを言っておきながら、実は・・というパターンが多かったので、心配で心配で仕方ありません。

明日の予告先発は大谷と涌井だそうです。え、涌井が帰ってきちゃうんですか。ありゃまあ。
打てるかなあ・・・っていうか、打ってください。
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-07-25 21:41 | マリーンズ2011 | Comments(0)

オカメインコの片思い?

以前に「インコの心理が分かる本」の紹介をした際に、ウチのオカメインコとハムスターを引き合いに出していたのですが、その様子を動画で公開しちゃいます。

ハムスターの方は、別にインコを威嚇しているとかそう言うわけでは全然なくて、ただ、歯が伸びすぎないようにひたすらケージをカジカジしているだけです。
で、その様子が気になって気になって仕方がないオカメインコ。

オカメインコはハムスターが気になって仕方ないのに、ハムスターはまったく我関せず、我が道を行くというようすがよく分かると思います(苦笑



バックの音は亭主の趣味です(汗)。
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-07-24 20:27 | 日々雑事 | Comments(0)

黒湯もいろいろ

節電年休の金曜日でした。
娘たちはそれぞれ学校へ。3学期制の姉娘は終業式、2学期制の妹娘は普通に授業と、内容は違いましたが、いずれも明日から夏休みです。
今年は、節電がらみで木〜日まで夫婦いずれかが休みなので、ちょっとは心配が少なくなるのが良かったことかもしれません。

そんなわけで、娘たちが帰ってきてお昼を済ませ、のんびりと午後から買い物がてら近場の日帰り温泉へ行くのでした。
行ったのは稲城にある温泉施設。最寄り駅は南武線の南多摩です。まあ、いつもクルマで行っちゃいますが。お風呂上がりのゆったりした格好で電車なんて乗れない・・・(汗)
台風が呼び込んだ北風で涼しい日だったこともあり、のんびりと露天風呂につかっているととても気持ちがよかったですね。

ちなみに、ここも、東京近郊の温泉らしく黒湯ですが、先月に行った成城のスパのように、湯船につかった身体が見えなくなるほどの真っ黒というのとはほど遠く、かなり透明感のある茶色です。
お湯のぬるぬる感はこちらのほうが強い感じがするような・・・気のせいかしらん?
お風呂であたたまって、さらに、ミストサウナで塩マッサージをしてみますと、これがまた、ゆで卵の薄皮をむいた如くにお肌つるつるで、なんか嬉しくなっている私でした。

お風呂上がりの休憩所には、テレビも置いてありますが、今時はなにかバラエティ番組が流されていました。オールスター見たいけど、どうせマリーンズの選手は今日は出ないだろうし、まあいいかと、iPhoneで速報チェック・・・しているうちになんだかウトウト。家族揃って寝ちゃっていたようです(汗)
結局、ここで晩ごはんを食べて帰ると、オールスターは既に終了。なんだか武田勝くんが大炎上していたようですね。で、ハンカチ君に助けてもらったということですか。ハンカチ君の出番を演出したとか(笑)
まあ、オールスターですから、こういう見所もないと面白くありませんからね。交流戦では思いっきり勝っていたパ・リーグですから余裕のよっちゃんです。個人的には他所の人が打たれる分には全然構いませんし・・・思い出されるのが、コバマサめった打ちの時・・いつだったかしら、あれはさすがにキツかったですが(汗

個人的にはむしろ、前日のフレッシュオールスターがみられたのでOKです。
他所の秘密兵器(?)にちょっとビビりましたが、みんな一生懸命で良かったなあ。ところで角晃多は支配下登録しないんですかい?

そんなわけで、土曜は真っ昼間からマリンでデーゲームのオールスターですって。
唐川くん、一番暑い時間帯に投げることになるんだなあ。がんばれー。
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-07-23 10:49 | 日々雑事 | Comments(0)

早坂復帰のお立ち台!

対 オリックスバファローズ 11回戦 [M 6勝5敗] M 7 - 5 Bs (大阪D)
勝/山本[1勝] S/薮田[1勝2敗18S] 負/香月[1敗]
HR/

台風の来襲が心配される西日本ですが、さすが屋根のある球場、今日も大阪ドームでは試合が開催されます。
なんと、今日は早坂がスタメンでレフトに入りますよ。昨日一軍に復帰して代走で登場していたと思ったら、いきなりスタメンですって。脚は大丈夫なのかちょっと気にはなりますが、大丈夫だから復帰してこられたんですよね・・昨年春、オギタカが脚を痛めて離脱、早坂の脚に期待が集まったそのときに、早坂はもっとひどいじん帯損傷という大けが・・・結局1年以上かかりましたが、いよいよ復帰してきましたよ。

さて、例によって帰宅してテレビをつけると、既に試合は1-3で負けています。
あれれ。晋吾が初回に打たれてしまったらしい・・・さらに、バファローズの先発の中山が、なんだか今日は調子が良さげで、いい所に決めてきます。
見はじまったのが3回表、あっさり三者凡退。あれ、中山ってこんなにいいピッチングするんでしたか・・昨日のちーちゃんを攻略したのに(決して打ててはいなかったか^^;;)中山を打てないあたりは如何にもロッテだなあ、なんて思いながら見ていました。

対する晋吾はどうもイマイチ。俊介以上に風が武器だったりするピッチャーですからねえ。ドーム球場だからという先入観もあるのかもしれませんが、球のキレが感じられません。
毎回のようにランナーを出して、少々苦しげなピッチング。それが5回につかまりました。
先頭の坂口にヒット、田口が送り、ロッテキラー本舗の後藤がタイムリーツーベース。

たまらずココで交代、マウンドには晋吾に替わって山本一徳が送られました。
マリーンズに来てからはビハインドの場面ばかりですが、力強いピッチングを見せてくれている山本です。しかし、ここはスンヨプに内野安打、さらにバルディリスのレフトライン際に犠牲フライ。っていうか、早坂がよく追いついて犠牲フライに留めてくれたと言うべきでしょう。元々は内野手の早坂ですが、外野では脚の速さを遺憾なく発揮してくれています。
続くT-岡田は平凡なライトフライに仕留めて、ピンチをしのぐマリーンズでした。

すると6回表、先頭の早坂が四球を選ぶと、ココまで好投を続けていた中山の様子がおかしくなってきます。1番に戻って岡田パパがレフト線に落ちるツーベースで無死2,3塁、伊志嶺の当りはセカンドゴロも、早坂ゴロゴーで1点を返し、2-5とします。井口が四球を選び、1死1,3塁。バファローズはココで2番手の香月を送り込んできました。
ですが、カスティーヨがキッチリとヒット狙いでセンター前。もちろん岡田パパ生還で5-3。福浦師が四球で1死満塁・・・満塁とは卑怯な(爆)なんて言っている間に今江がタイムリー。
おや、満塁から点を取っているではありませんか。しかも2番手ピッチャーから。ロッテじゃないみたいですよ(汗)
満塁でさらに里崎が脇をかすめる死球で押出し。なんと5-5の同点に追いついてしまいました。

1死満塁で正人。ここで打てばお立ち台・・・と思うもあっさり三振。
どうやら、次の早坂のために活躍の舞台を譲ってくれたようです。いや、正人なら本当にそういう事をやりかねない(大汗)
そういえば、この人が回の先頭で四球を選んで出塁してからの打線の爆発ですから、もしかして・・・と思っていると、なんと打球はライト前!勝ち越しタイムリーです!!しかも2人がホームイン、7-5と試合を引っくり返してしまいましたよ、マリーンズが。セカンドベース上の早坂の、それはそれは嬉しそうな顔。すごくイイ顔してました。
私も、思わず叫んじゃいましたよ。嬉しいじゃありませんか・・・ねえ。

さあ、あとは何とか逃げ切って、早坂に復帰のお立ち台をお願いしたいところです。
ということで、6回裏には川越が力投。7回を伊藤、8回をロサ、そして9回裏を、昨日はセーブがつかない4点差でしたが今日は2点差だからオッケーな薮田が、それぞれ抑えて勝利の連立方程式です。

今日の勝ち投手は、5回のピンチで登板し、直後の逆転劇を呼び込んだ山本一徳につきました。
ロッテ移籍初勝利だね、と思っていたら、ビックリしたことにこれがプロ初勝利だそうで、試合後には復帰後の初スタメンで殊勲打の早坂とともにお立ち台に呼ばれていました。
ビジターなのに2人のヒーローインタビューだなんて、太っ腹なバファローズです。ありがとう。

プロ入り5年目で初勝利という苦労人な山本は、なんだか泣き出しそうな表情・・・このゴツい表情でこんな顔をされてしまうと、見ているこちらもうるうる来ちゃいます。
そして早坂・・・元々ボキャブラリーが少なそうなところに、この状況。「感謝」の言葉しか出てこない早坂です。メッセージを、と言われてマイクをひったくり、ライトスタンドに叫ぶ早坂(笑)本当に嬉しかったんだろうなあ。

オールスター前の最終戦をいい形で締めくくることができて、本当に良かったと思います。
日程は詰まって、例年になく厳しい状況ですが、なんとかこの間に少しでも体勢を立て直して後半戦、意地を見せてもらおうじゃありませんかね。
選手のみんなはしっかりケアして、後半戦に備えておいてほしい所です。
しかし、そうなるとオールスターに出る唐川・・疲労も来ているようですし、心配です。なにしろこんな時期まで投げてるのって初めてじゃないかしらん・・・オールスターがせめてリフレッシュになるといいんですけどね。
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-07-20 22:37 | マリーンズ2011 | Comments(0)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル