日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2012年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

荒廃してゆくのか、日本?

かつて、1980年代に、アメリカで橋梁が落ちたりなんだりと、ビックリするような事故が立て続けにおこった時期がありました。
アメリカでは、1930年代に「ニューディール政策」で、公共事業を行い経済を立て直したという歴史がありますが、そのニューディール政策で作られたインフラが建造から50年経ち、十分なメンテナンスが行われないまま劣化がすすみ、事故につながったということなのです。これが「荒廃するアメリカ」という本で書かれていたそうなんですが、これは生憎と読んだことがありません。翻訳はされていないのかな?

メンテナンスが十分でなかったのはおそらく、道路にしろ何にしろ新造することは政治家にとっては大きなアピールになるけれど、地味な補修なんかはなんのアピールにもならんということでお金が回らなかったんだろうなあ、と、勝手な想像ですが・・・いまの日本ではそういう状況になっています、残念なことに。

日本でも、1960年代をはさんだ高度成長期に作られた構造物が、おなじく50年を経過する時期にさしかかり、一部専門家のあいだでは、このままでは「荒廃する日本」になってしまう、という危機感が持たれています。
が、そんな矢先に、起こるべくして起こってしまった・・ように思いました。

12月2日の朝、中央道笹子トンネルの天井崩落事故。
12月4日現在、9名の方が犠牲になり、数名の方が怪我をされているということです。これ以上の人身被害はない・・・と思いたいですが、トンネル内は未だに崩落した天井がそのままの状態のようです。
亡くなられた方がたには、深くお悔やみ申し上げることしかありません。

最初、ニュースを見たときはほんとうにビックリしました。ですが、その反面、ついに来たのか、とも感じました。
現在のところ、事故の原因調査もこれからですし、なによりも起こってしまった事故は取り返しのつかないことなのですが、土木に携わるひとりとして、この構造物の設計時に、もっとフェイルセーフなどの思想はなかったのかと悔まれてなりません。
報道でつたえられる構造を見る限り、天井版はトンネル本体に固定されたボルトから、吊り金具で吊られているだけで、「控え」の落下防止のための方策がないように伺えます。「落ちない」ことが前提になっての設計だったのかな・・・

原発事故についても思うのですが、こういった公共性の高い施設を作るにあたって、最悪の状況を想定することを避けているような気がしてなりません。
なんといいますか、ユーザ側がいつも「完璧」を求めていて、「不測の事態に備える」ことは「完璧ではない」ことを自ら認めてしまうから、というようなヤバい空気が流れているように思うのです。

A「天井の金具も何らかの原因で破損する可能性もありますから、落下防止策をとるべきではないでしょうか」
B「それは、君の設計が不十分ということではないのかね」
A「いいえ、必要な検討は行いました」
B「では、大丈夫なのではないかね」
A「ですが、不測の事態も・・・」
B「やはり不十分ではないか。そんなことでは有権者に説明がつかん」
C「基準は満足していますから完璧です。それに、これ以上の予算はありません」
A「(基準だって、自然現象をすべて網羅しているわけじゃないのに・・・)」
 ・・・・・

てな感じで、なんともいえないモヤモヤが残るわけですよ。
なんといいますか、戦時中のような「負けを認めない」的な頑な空気があるように思います。

うーん、なんだかまとまらなくなってきました。この件、すこし、頭を整理して行きたいと思います。


ところで、NHKのニュースに出てきていた、間一髪、崩落からにげて出てきた記者さんのクルマが「あの」インプレッサWRX STi・・・これってアレですよね、マンガの話でナンなんですが、豆腐屋の親父さんが「実用的で楽なの」といって買ったクルマですよね。
この記者さん、どうやら運転は相当なウデらしく、クルマのほうも相当大事に乗ってこられたようです。
崩落を抜けて逃げられたのは、いくつもの幸運が重なった結果ではあると思うのですが、しかし、その幸運を逃すこと無く助かったのは、普段から積み重ねてきたものがあったから、だとも思うのです。
幸運の窓は、努力した者にちょっとだけ大きく開いていた・・・なんてちょっとカッコつけて言ってみたり。

でも、逃げるハナシだけではなく、このような事故を起こさないためにも、普段からの積み重ねが本当に重要なのだと、肝に命じて日々頑張らなくては、と、改めて思うのでした。
[PR]
by kawasaki-marins | 2012-12-05 01:14 | たまには時事ネタ | Comments(0)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル