日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

初すべり、イエーィ!

11月、勤労感謝の日の三連休ですが、初日金曜は妹娘の小学校の発表会、2日目の土曜は姉娘の登校日、ということで、あまり三連休のような気もせずにいます。
そんなわけで?2日目の本日、ほいほいと丹沢に山歩きにいった亭主と、学校に行った姉娘をほっぽらかして、妹娘とふたりで、今季はつ滑りにいってしまうのでした。

クルマのタイヤも金曜のうちにスタッドレスに履き替えて、準備は万端。
先日届いた妹娘のレンタルスキーと、梅雨時に待ちきれずに買ってしまったわたしのスキーをあめおのカーゴルームに放り込み、一路、東名高速は御殿場へ向かいます。

目的地は、10月からオープンしているスキー場、「スノータウン・イエティ」です。
富士山の裾野、とはいえ、標高自体はそれほどでもなくいってみれば3合目・・くらいでしょうか。そもそもが降雪量もあまりないエリアで、コースは人工雪、雪のない景色のなかに、白い雪のコースがつくられているのはなんだかふしぎな感じがしますね。
自宅から比較的近いスキー場、ということもありますが、イエティのメルマガに登録してみたら、半額クーポンが入手できたので、それじゃ、まあ、ふたりで初滑り行ってきますか、ということになったのでした。

今日はお天気もあまりよくなく、自宅を出るときにはぽつぽつと雨も見えていたのですが、上では雪になるかどうか・・・というくらいな雰囲気です。お天気がよければ、富士山の景色もきれいなんだろうなあとは思うのですが。まあ、富士山なら自宅からも職場からもみえているからいいです。
なんだかんだと朝7時に自宅を出発、東名高速を御殿場で下りて、裾野の自衛隊の演習場の脇をすり抜けて富士山にすこし足をかけるとそこにイエティ。途中、東名で事故渋滞があったり、山道で路線バスに前を塞がれたりで、到着は9時半近くなってしまいました。それでも2時間半ですから、まあ近いですよね。

オープンしているコースは1本のみですが、初中級コースということで、わたしでもなんとか滑れるくらいです。よかった(汗)妹娘もスイスイと滑っていきます・・・というか、もはやわたしなんか置いてけぼり(大汗)さっさと滑り降りてはリフト乗り場で母を待つ子なのでした。数本滑って、一息入れたあとには「もう、好きに滑っていていいよ」と、わたしが音を上げている状態・・・どっちが保護者やら(爆汗)

そんなこんなでそれなりに楽しんでいたのですが、お昼をすぎてきますとだんだんに混雑してきました。そもそもがこのスキー場、スノーボードの人が多く、スキーはほんの1割程度でしょうか。なんだかんだといわれていますが、ゲレンデ上での相性の悪さはたしかにあり、へたっぴいのわたしでは、スノボーの人の動きを避けきれなくなってきてしまいました。

そんなわけで、午後1時過ぎには滑るのを切り上げて、ちょっとショップなんかも冷やかしてみながら引き上げることにしました。日帰りスキー、しかも娘とふたりだけなんて、初めてですから無理は禁物、往復の運転もありますからね。

e0095468_2322059.jpg


ですが・・・帰路も、御殿場市内で道が混み、さらに東名にあがっても、またまた事故渋滞。
ありゃまあ・・・
結局、帰路は途中休憩もありましたが、午後2時に現地を出発して、自宅に到着したのが6時近くになってしまったのでした。
ううーん、事故渋滞はともかくとして、御殿場じゃなくて、裾野ICに出たほうがよかったのかな?悩ましいところですね。

さて、なんとなく足慣らしもして、いよいよスキーシーズンも始まりです。
今年はすこしは上手に滑れるようになりたいな・・・大きなスキー場でもいろんなコースが滑れるようになりたい、と、ちまちまと初級コースでしか滑れないわたしの野望です。
[PR]
# by kawasaki-marins | 2012-11-24 23:09 | 日々雑事 | Comments(0)

冬支度?

富士山も上のほうがすっかり雪景色になる11月、北国や山のうえから徐々に聞こえてくる雪の便りに、わが家の妹娘は早くスキーに行きたいとソワソワしています。
そんな小学生の妹娘のスキー道具を、今年はシーズンでレンタルすることにしてみました。

スキーに行くたびにレンタルすると、小学生で1日あたり2,000〜2,500円ほどかかりますが、インターネットで調べたら一冬のレンタルで10,000円弱。送料を入れてもちょっと越えるくらいですから、まあ4〜5回もスキーに行けば元はとれるかしらと思っています。

え、そんなにスキーに行く気なのか!
まあ、関東近郊でも結構スキー場ありますから、日帰りでも十分滑れるかなと。八ヶ岳〜白樺湖あたりでしたら2時間半もあればいけますからね。まあ、寒いばかりで雪は少ないエリアですから、雪は硬いんですけど・・・もう少し近いところなら、おなじみ西武ドームの隣にある狭山屋内スキー場なんてのもありますし(汗)

ということで、本日、その妹娘のスキーセットが届きました。
e0095468_23441184.jpg

まあ、とりあえずは十分ですな。

これでいつでもスキーにいけるぞ、っと盛り上がる妹娘なのですが・・・既に、富士山麓のイエティとか、狭山はオープンしてますが、さすがに人工雪で1コースだけなのでどうしようかなというところです。勤労感謝の日の連休あたりにも少しずつオープンするスキー場があるみたいですね。
まあ、まだまだ人工雪でのオープンでしょうけど。

さて、どこで初滑りとしますかね。
あ、クルマのタイヤも替えなきゃなのか・・・
[PR]
# by kawasaki-marins | 2012-11-09 22:22 | 日々雑事 | Comments(0)

すっかり放置してました・・

気がつけば、プロ野球も日本シリーズが始まっています。
今季は、なんだか全然落ち着いて試合を見られなかったので、試合の感想を書くにもネタもなく、すっかり放置じょうたいとなってしまったこのブログでした、スミマセン。

我らがマリーンズはと言えば、気がつけばシーズン5位で終了、西村監督は電撃解任となり、後任には伊東勤監督が来るという・・・うーん、かつての仇敵なわけで、なんとも微妙な人選です。
コレにあわせて、コーチ陣もほぼ入れ替えとなるようなのですが、クビを切ったコーチの後任はさっぱり見えてこないという、もう、お約束どおりのゴタゴタ状態・・・来季はいったいどうなるのか、それはそれで楽しそうですけどね(え”)

そんななかで、角中くんの首位打者はめでたい限り。独立リーグからNPBに入った初の選手ですので、なにかと「初モノ」がついて回ると思いますが、どんどん道を切り開いていっちゃってもらいたいと思います。
もっと名前を売って、育成出身と勘違いされることもなくなるといいかなと。テレビの解説者にも勘違いされていたりと散々なカッちゃんですからね(汗)

個人的には、小宮山監督熱望だったのですが、この際、監督すっとばして、小宮山GMとか、小宮山球団社長とか、そういう方向でお願いしたい・・・いや、コミさんはそんな貧乏くじを敢えて引くようなことは・・・とほほのほ。

体制も変わって、来季は初回無死1塁から送りバントなんて試合は無くなるといいなあとおもうんですが、そうは言っても統一球野球ですから、堅実な野球にはなるんでしょうかねえ。


ということで、いつの間にかすっかり秋。よく晴れた朝には頭の白い富士山も見えるようになってきました。テレビのニュースでもスキー場(といっても人工雪ですけどね)のオープンが報じられ、妹娘もスキーの季節が近いと気づかれてしまいました(汗)
今年は、妹娘の子ども用のスキーはシーズンレンタルで申し込みましたので、毎回レンタルするよりは安上がり。比較的近場のスキー場の早割リフト券も何枚かゲットしました。

さらには、(レンタカーでしたが)凍結した坂道が登れなかった昨年の蓼科の経験から、念のため、あめお用の金属チェーンも購入しましたよ。冬の用意も少しずつ進んでいます。

あとは、車に積もった雪を払う用の小さいブラシモップみたいなの・・・なんていうんですか、雪国で免許とって運転してたくせに名前知らないや(^^;;)、アレもほしいんですよね。
雪かき用のスコップもあるといいんですが、本式のスコップじゃかさばるし(と、いいつつ、学生時代は軽自動車にスコップ積んでましたけどね^^;;)アウトドア用の折りたたみじゃ使い難そうだとちょっと考え中です。

そんなこんなで、ひさびさの更新はやっぱりネタもなくダラダラと・・・すんません。
[PR]
# by kawasaki-marins | 2012-10-28 22:30 | 日々雑事 | Comments(0)

最強

オリンピックに引き続いてロンドンで開催されていたパラリンピックも閉幕しました。
最近では少しずつではありますがパラリンピックにも注目が集まるようになり、障害を持たない選手以上に困難なチャレンジに、見ているだけの私にも頑張ろうという気持ちを分けてもらえるような気分になっています。

さて、そんなロンドンのパラリンピックですが、今回の注目はこの人。
車椅子テニスの国枝慎吾選手です。
車椅子を自由自在に操り、クルクルと一瞬たりとも留まることなくコートを縦横無尽に走り尽くしてのプレーのスピード感は正直、普通のテニス以上のものがありますね。

実はこの人、車椅子テニスでの四大大会制覇、さらには前回の北京パラリンピックでも金メダルを獲得している世界の第一人者なのです。かのフェデラーも、日本のテニスが世界に通用するためには何が必要かという質問に対して「日本には国枝がいるじゃないか」と答えたという曰く付きの選手です。
正直、実力だけを言うのなら、ここで負けることはちょっと考えられないレベルの人なのです。

ですが。
テニス肘でこの2月に手術。そこからリハビリ、さらにはこのパラリンピックに照準を合わせて調整してきたという状況だったのですよ。
車椅子生活の国枝選手ですから、日常生活の「アシ」でもある腕にメスを入れるということは非常に抵抗があったのだろうと想像できます。ですが、「この舞台で勝つ姿をイメージして」手術に踏み切ったとのこと。

そこから、リハビリ〜トレーニングの半年。
ラケットに書かれているのは「オレは最強だ」の言葉。そして、その通りに圧倒的な強さを見せて、初戦から1セットも落とすことなくパーフェクトな成績で金メダルを獲得するのでした。

この強靭な精神力にはただただ圧倒されるばかりです。
自分を信じて頑張ること・・・言うのは簡単ですが、そこまで言い切れるための努力を考えると、気が遠くなりそうです。ましてや、普通以上に障害が多かったわけで、それを乗り越えるための努力や葛藤はただ事ではなかったはず。
人生、既に挫折している私は、心から、国枝選手の精神力に感嘆するばかりなのです。

いや、何を書いてもウソくさくなっちゃいますね。
そんな背景は知らなくてもいいんで、とにかく国枝選手のプレーを見てくださいよ。圧倒されて引き込まれるのは間違いありませんってば。

どっかの千葉あたりのプロ野球チームの人たちに爪の垢でも煎じて飲んでもらいたいもんですね、まったくもう。
[PR]
# by kawasaki-marins | 2012-09-10 21:15 | スポーツ観戦いろいろ | Comments(2)

しょぼぼぼーーんの三連敗

西武ドームは三連敗でした。
初戦は成瀬が被弾王の貫禄を見せつけ、二戦目は先発のマシスが打たれるも阿部が立て直しますが打線はそんな阿部を見殺し。
三戦目は藤岡が踏ん張り、南昌、益田と繋ぎますが、やっぱり無援護。
結局、益田の暴投(記録上は)で決勝点を与えてしまいました。

このカード前は2.5ゲーム差だったのに、あれよあれよと5.5ゲーム差、ファイターズやホークスからも恨まれそうなヘタレっぷりをみせつけてくれたのでした。

うーん、プレッシャーのかかる状況といえばそうなんですが、週末の関東地方の大雨に湿気ってしまった打線でした。

ここでなんとか踏んばってもらって、せめてAクラスは・・・ううーん、上位は強いなあ。
とりいそぎ、覚えにもなりませんが、無味乾燥な感想だけのメモ。
[PR]
# by kawasaki-marins | 2012-09-02 23:58 | マリーンズ2012 | Comments(0)

勢い、ついたかな?

対 東北楽天Gイーグルス 19回戦 [M 12勝6敗1分] E 1 - 3 M (千葉マリン)
勝/益田[1勝1敗1S] S/薮田[1勝4敗22S] 負/小山(伸)[1勝2敗]
HR/根元[8号]

今日は8月31日、いわゆる夏休み最終日ではありますが、地元の小学校は今週頭から新学期ではないのですが(2学期制なので^^;)学校が始まっています。
ということで、本来ならば明日の9月1日が防災の日で、小学校では例年「引き取り訓練」なるものを行うのですが、土曜日にあたりますので一日前倒しで本日になったのでした。
職場では(節電のため?)年休取得奨励日になっていますし、5年ぶりの運転免許証の更新にも行かなくてはなりませんので、素直にお休みを取り、引き取り訓練&免許更新に行ってきました。

なに、訓練と言っても、子供たちが校庭に集まっているところに行って、担任に面通しして子供を受け取ると言うだけのものなので(引き取りにこられない子も半数くらいはいて、残った子供たちは集団下校します)例年ならスルーなんですけどね(^^;;

で、お昼を済ませて今度は免許の更新。もちろん、優良ドライバーのワタクシですから、手続きとビデオで小一時間で終了、高い手数料を取られてしまいますが郵送の手続きまでして完了です。

更新ごとに写真が切ないことになることからは目を背けることにします。ええ。
いや、昔の免許とかの写真、かなり真面目に「可愛かったんだ、自分・・・」と思ってしまっていたりして。スミマセンスミマセン・・・

昨晩の試合では、晋吾の好投から(謎の7回の南昌継投未遂事件を含み)、オギタカの走塁アシストつき根元の勝ち越しツーランでなんとイーグルスを三タテ。
ルーキーの登板57試合目にして、益田くんに初勝利がつく試合になったのでした。

ですが、なにより感動したのは薮田の1,000投球回達成。
ええ、その昔、薮田が先発だった頃・・・そのころはまだテレビ中継なんて滅多に見られない環境でしたから、試合の結果はニュースや新聞が頼りだったわけですよ。で、薮田が先発の日は「今日は何回までもつのかなあ・・・」という、切ない状況。
で、スポーツニュースでもロッテの扱いなんてほとんどありませんからね、翌日の新聞を見ると「ああ、やっぱり・・・」というわけです。

そんなピッチャーが中継ぎにまわってからの変貌ぶりには本当にビックリしましたよ。チキンハートと呼ばれた男が、なんとクローザーまでやっているということに、人生って分からないものだなあとしみじみ。
先日、500試合登板も達成していますから、その紆余曲折ぶりがその数字からも透けて見えてくるというものです。
成瀬も1,000イニング達成してますが、試合数で言えば150そこそこですからね、実はものすごく偉大な記録なんじゃないかと思うわけですよ。

そんな金曜の今日からは、マリーンズは所沢に乗り込んで、現在首位のライオンズと直接対決になるんですって。あらビックリですが、この勢いでちょっとくらいは夢を見させてもらえると嬉しいなあなんてムシのいいことを思ってみたり見なかったり。
[PR]
# by kawasaki-marins | 2012-08-31 16:29 | マリーンズ2012 | Comments(0)

久々のカード勝ち越しですって

対 東北楽天Gイーグルス 17回戦 [M 10勝6敗1分] E 1 - 9 M (千葉マリン)
勝/グライシンガー[9勝6敗] 負/永井[1勝2敗]
HR/里崎[8号]

対 東北楽天Gイーグルス 18回戦 [M 11勝6敗1分] E 2 - 3x M (千葉マリン)
勝/中郷[1勝1敗] 負/青山[3勝4敗16S]
HR/

おおー、久々の、じつに11カードぶりの勝ち越しなんですって。そんなに勝ち越していなかったら、そりゃああれだけあった貯金も底をつきますわね(苦笑)

昨日は、いろんな意味で「明日にとっとけ・・」の試合。

8回までを94球でホイホイとイーグルス打線を牛耳っていたグラ様でしたが、8回表を終わって1-4と3点差、このまま9回表を薮田に譲れば薮田にセーブがつく状況なワケです。ベンチで西さんsに頼まれている様子が映されていましたよ。
グラ様の責任感からすれば、明日は気の毒な大谷の先発ですから、継投策は必至、ピッチャーは温存しておくべきで、自分の調子も悪くないし完投したい、いやむしろするべきだ、くらいのことは考えていたと思うのですよ。
でも、チームメイトがタイトル争いに絡むのならばそれもそうか、という所でしょうか。

ということで(以上勝手な想像)8回でベンチ裏に引き上げるグラ様でしたが、その裏の攻撃が・・・あれよあれよと5点もとって、薮田のセーブどころの話じゃなくなってしまい、マウンドには急遽南昌が送られるわけですよ。それはそれで勝てたんですから良いこと・・・なんでしょうが、グラ様としては微妙な気分だったかもしれませんね。翌日を考えれば南昌の出番がある可能性は非常に高いわけですし。
まあ「勝てばいいんです」けどね(^^;;

ヒーローインタビューはグラ様と、ホームランを含む2打点猛打賞のサト。相思相愛のバッテリーとなりました。
もう、お互いに褒め合って何じゃこりゃーなインタビュー。見てるこっちがドキドキしてきますよ(何か違)

ま、まあとにかくカードのアタマを(色々とミスはありましたが)取れましたのでその勢いで2戦目は大谷になんとか勝ちをつけてやってもらいたいと。

思ったのですが。
だから昨日の8裏の5点は取っとけと・・・思っちゃうわけですよ。
2回にサトのタイムリーで1点を先取するのですが、その後は追加点が奪えず。決して打てていないわけではなく、6回までに7安打打ってるんですが、もう一押しができないいつものロッテ風味です。

ですが、そんな仕打ちにもめげず、大谷は6回までを2安打の好投です。あまりの好投に交代のタイミングを逃してしまったのかもしれませんね。
7回、先頭の桝田を打取るものの、河田にヒットを許してしまいます。
続く銀次の当たりは三塁線、ゴリの足元を抜けて行きます・・取れていれば・・・
これで1死2,3塁、一打逆転のピンチです。
続く松井稼頭央のセカンドゴロは井口が何の迷いもなくホームへ返球、挟殺プレーで得点を許しません。これはさすがの井口でしたね。
しかし、続く島内の当たりはなんて事のないショートゴロ、と思ったのですが・・・途中でバウンドが変わったのか、根元取れず2点タイムリーとなります。
記録はヒットになっていますから、やっぱりバウンドが変わったんだろうな・・でも、素人目にはエラーに見えちゃうよな・・・

この回、結局野手のミス(だと思う!)から逆転を許してしまうのでした。
ここまで、ランナーをだせどもだせども返せていませんから、ちょっとイヤな感じです。

案の定、7回裏はサクサク、8回はランナーを溜めるも角中のピッチャー返しの当たりが不運にもピッチャー片山のグラブに飛び込んでチェンジ。いやな流れになっています。

ですが、8回を南昌、9回を中郷があぶなげなく抑えると、9回裏、珍しくもベンチが勝負をかけてきましたよ。
イーグルスのクローザー青山の前に先頭のサブローが三振に倒れると、続く今江の打席で代打に鈴木大地を送ります。
大地はここで臆せず四球を選ぶと、続くサトが三遊間を抜いて繋ぎ1死1,2塁。ここで切り札を切るマリーンズベンチ、南竜に代えて福浦師が代打に送られます。
福浦師は初球をあっさり左中間に運び大地生還、同点に追いつきました。
何より嬉しいのが、これで大谷の負けが消えたこと!!!勝ちをつけてあげられないのは残念ですが、今日のピッチングで負けがついてはまったく神も仏もありませんものね。

さあ、なおも1死1,2塁。ここで根元に打席がまわってきますが、気負いすぎたか変化球を空振りで三振。うーん残念。しかし次は今日2安打の岡田、なんとか繋いでくれれば次は井口だからなんとかなるかも・・・時間はあるからまだ延長も・・・なんて思っていました。
しかし、その岡田パパがやってくれましたよ。低めの変化球を上手くあわせて、バックホーム体勢だったライトの頭上を越えるサヨナラタイムリー、これなら二走がサトでも帰ってこられます。

ぃぃいよっしゃぁぁぁぁ!!!
いやもう、勝てて良かったですよ。大谷くんに勝ちをつけてあげられなかったのは残念ですが、でも良かった。
やっぱり先発が頑張ってくれるといい流れができているんですよ。それをしっかり打線がつかんでくれなきゃ、ねえ。

さあ、なんとか振り落とされないでついて行きたいなあと。ここで勢いをつけて西武ドームに乗り込みたいなと、ちょっと欲が・・・いや、夢をみて・・・見てもいいですよね??
[PR]
# by kawasaki-marins | 2012-08-29 22:11 | マリーンズ2012 | Comments(0)

勝てよ、ここは。

対 福岡ソフトバンクホークス 21回戦 [M 10勝8敗3分] H 3 - 3 M (千葉マリン)

なんで勝てないんだよコノヤロー!
と、思わず野次ってしまうような試合でした。

先発は藤岡。復帰2戦目ですが、試合開始早々ピンチを招き、しかしそこを開き直って抑えるという、先発型自作自演劇場を披露。
よくよく思い出してみれば、彼もまだルーキーですから百戦錬磨のプロの選手から見れば付け入る隙はいくらでもあるのでしょう。ですが、それに負けないメンタルを見られてそれはそれで嬉しかったりするわけです。ファンなんてバカなもんですよね(^^;;

ルーキーを援護したい打線は3回裏、先頭の今江のヒットから岡田パパのタイムリースリーベースで(今日はコケなかったよ^^;;)先取点を奪うと、ホークス先発の吉川が崩れて四球連発、気がつけば1死満塁です。ここで井口がセンターへの犠牲フライで2点目を奪い、さらにセル様も四球で2死満塁。打席には角中で俄然盛り上がるわけですよ。で、角中は期待に応える当たりで右中間!・・・と思ったのですが。
ホークスセンターの柳田が憎たらしくもダイビングキャッチ。ぐやじいいいいい!!!
コレが抜けていればランナー一掃だっただけに、これで流れが止められてしまったプレーでした。

この後、ちょっと目を離した隙に追いつかれている藤岡・・・でも、だからといって5回で交代というのはちょっとアレな気もしなくもありません。
6回を中郷が1失点で勝ち越されてしまいますが、7回は南昌が無失点に抑えます。
するとその裏、今江のツーベースから代打で登場の福浦師が意地のタイムリーで3-3に追いつきます。
しかしその後が続かず。

ううーん、なんかこう、勢いがありませんよね。ついて行くので必死という感じです。

3-3のまま9回裏、サトの必死の時間稼ぎも10秒残してチェンジ、試合は延長に入ります。
こうなりゃなんとしてもサヨナラ!
と思ったら10回表、いきなり薮田劇場、いきなりペーニャにツーベースを許すと、送られて1死3塁の大ピンチ!
ですが、多村を三振に仕留め、新ロッテキラーらしき柳田は嫌って敬遠するも続く今宮をしっかり三振で、ピンチを凌ぎます、ふぅ、ドキドキしましたよ・・・

これで負けは無くなったマリーンズ、さあサヨナラ!と思ったのですが。
クローザー岡島の前に1死から根元ヒットでランナーを出すも続く南竜の送りバントが小フライで送れず。いや、2死2塁から井口さんにどうしろという感じですが・・ここは強攻策もあったような気も・・・ランナー根元なんだし・・・ううーん、後でゆうのは坊主のちょんまげってヤツですが。

結局試合は引き分けに終わるのでした。
ううー、ここは勝ちたかった。勝たなきゃいかん試合だったと思うのですが・・・いやいや、それでもなんとか喰らいついて、Aクラス滑り込みできるかしら・・・

まだまだシーズンは終わっていない、と、思いたいです。
[PR]
# by kawasaki-marins | 2012-08-27 22:20 | マリーンズ2012 | Comments(0)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル