日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:クルマのはなし ( 61 ) タグの人気記事

FRの誘惑

そうそう、最近すっかり放置モードのこのブログだったので書き忘れていましたが。
先だって7月終わりにあめお@レガシィの車検を通して、そのときにアレの試乗しちゃいました。

ということで、ちょいと覚えだけでも書いておきましょうかね。

節電休みの金曜日、ディーラーにあめおを持ち込みです。車検じたいは1日で済むとのことでしたから、特に代車もなく当日はバス移動。
ということで、あめおを預けてから、ドキドキしながらカウンターにいるおねいさんに声をかけてみます。
「あのぉ・・・BRZの試乗させてもらえますか・・・(買えないけど^^;;)」
「はい!試乗車はマニュアルなんですが、よろしいですか?」
「あ、大丈夫です(ラッキー!)」

ということで、同意書みたいなのにサインしてクルマを出してもらいます。
カラーはスバルブルーでしたよ。おおっ、いいねぃ。
ウチの担当の営業さんが出て来て「どうですかー、セカンドカーに(笑)」「欲しいけど、無理ですよー(笑)」

と、早速クルマに乗り込みます。
おおっ、シート低っ!
そりゃ、あめおに比べりゃ低いです。でも、クルマに対してはそれほど低いわけでもなく、思ったより見切りはいい感じ。あめおよりはひと回り小さいですから、ちょっと気分が楽になりましたね。

ということで、ちょっと気分良く、発進前にクラッチやシフトレバーの感覚を確認してみます。

おお、レビューなどで見ていましたがクラッチ軽いです。以前のRAV4(5MT)からあめお@レガシィ(6MT)に乗り換えたときに「クラッチ重い!」とビビったことを思い出しました。クラッチのストロークも短くて、如何にもスポーツカーの雰囲気ですが、クラッチの重さはそれこそRAV4くらいでしょうか。もっと軽いかもしれません。

これなら、ふだんMTに乗らない人でもとっつきやすいかしれませんね。
でもまあ、クラッチの重さって、不思議なものであっという間に慣れて気にならなくなるもんですから、ほんとうに取っ付きだけでしょうけど。

シフトレバーのストロークも短くてキビキビチェンジです。いいですねえ、気分が盛り上がりますねえ。ウチのあめおもコレくらいでもいいような気がしてきましたよ(をぃ)

営業さんを助手席に乗せていよいよ発進です。
おっと、さすがスポーツカー、クラッチの繋がりが早い。いきなりガクガクさせて下手っぴぃを披露しながらの発進です(大汗)

ですが、試乗コースは三鷹の外れとはいえ十分に街中・・・ゴチャゴチャした道を走るだけのちょっと残念なコースです。低速でのシフトチェンジも、慣れるまではガクガク、営業さんゴメンね(大汗)
ですが、その分と言いますか、交差点などでFRの「すっ」とはいるステアリングの感覚がちょっといい感じです。こだわったわけではないですが、学生時代はFF、社会人になってからは4WDと、前輪が駆動されているクルマばかりでしたから、あめおを買ったときに試乗したBMWとか、今回のBRZとかのFRの感覚は非常に新鮮な感じがします。

ボディの感覚もつかみやすくて、へたっぴぃの私ですが、街中のゴチャゴチャした道もなんとかパスしていけますね。
が、街道に出ても道もそれなりに混んでいて、アクセルは踏めず。ちょっと残念でした。一番肝心なところが分からないまま、試乗終了。とほほ。

いやーでもいいわぁ。買えるもんなら欲しいです。セカンドカーとか持てる身分になりたい・・・宝くじでも当れば買えるかな(苦笑)
現実的なところで、どこかにレンタカーでもないかなあ。お天気のいい日に借りてふらっとドライブにでも行きたいなあ。
[PR]
by kawasaki-marins | 2012-08-25 09:38 | 日々雑事 | Comments(0)

レガシィよ、お前もか・・・

野球は明日から交流戦が始まります。昨年まではパ・リーグが圧倒していたわけですが、今年はパのチームのエース級が抜けてセ・リーグのチームにもチャンスがあるのでは・・と言われています。
でもねえ。
ホークスから杉内やホールトンを獲得したジャイアンツが調子悪いみたいですし、ドラゴンズだって浅尾きゅんが離脱だそうですから、おあいこみたいなモノではないでしょうか。

ということで、今日はちょっと叫びます。
「レガシィよ、お前もか・・・」

5月8日でしたか、毎年のお約束の年次改良(マイナーチェンジ)が発表されたレガシィですが。

ついに・・・
 
 ついに・・・

   ついに・・・

レガシィからもMTが無くなってしまいました(号泣)

2.0L直噴ターボ300馬力なんていう楽しそうなクルマを作ってくれたのに。

なんでCVTなのよー!!!

ちょこっと試乗レビューなどを拾い読みしてみる限り、なんだかとても楽しそうなクルマになっているようなんですが・・・トランスミッションがCVTって(泣)

スバルのAWD乗ってみて良くわかりましたけど、このクルマ、本当に安定感のあるいいクルマなんですよ。雪道なんかを走ると良くわかります。
でも、やっぱり雪道のような微妙な路面では、微妙なコントロールをしたいじゃありませんか。
そういうときにですね、ATやCVTの2ペダルで、右足一本でアクセルとブレーキでコントロールするんだと思うんですが、それって大雑把すぎません?
いや、仮に左足ブレーキという技を習得したとしても、アクセルとブレーキだけでコントロールってなんか本当に大雑把に感じるのですが・・・だって、先だってCVTのヴェルファイアくんを運転した時はかなり疲れましたもの。

それで、MT派の私としては、仮にあめおから乗り換えるときにどういう選択ができるのかと考えてみたのですが・・
スバルだと、現行MTが選べるクルマとしては、フォレスターの2.0L NA/ターボ、インプレッサの1.6L NA、WRXの2.0Lターボ、そしてBRZ 2.0L NAとなるわけです。

フォレスターでも良いんですけどね、いやむしろスキーに行ったりすることを考えるとフォレスターの方が良いのかもしれないんですけどね。
そのクラスだとまだ他のメーカーにも多少の選択肢がありますね。日産・エクストレイルのディーゼルとか、スズキ・エスクードとか。(三菱もいいクルマだと知っていますが、わが家的諸般の事情で三菱はイカンのです)

でも、やっぱりレガシィの万能さには敵わない感じがします。
長距離ドライブは当然の前提として、ドライブの目的として釣りやスキーに行って良し、普段のお買い物なんかでの街乗りもちょっとガタイが大きいながらまあ悪くありません。成城のスパの駐車場で、BMWやアウディの隣に停めてもまあ、スバルだし、と開き直れます(意味不明)。ちゃんと洗車して、乗り手もちゃんと磨き上げておけば、ちょっとしたおよばれでも大丈夫でしょう。
こういう万能さというのは、せいぜい1台しか持つことのできない庶民のクルマには重要だと思うのですよ。

で、私はMT派。というかはっきり言ってAT嫌いです。CVTもイヤなのです。
きっと、きっと来年の年改ではMTを復活してくれる・・・せめてSTIのチューンドカーとして出てくるであろうS403(買えませんが・涙)ではMTを作ってくれる・・そう信じたいです・・・(滂沱)
当面は、あめおを大事に乗るしかなさそうですね。
まあ、大して走るわけでもありませんから、あと10年くらいは余裕で行けそうですが。

でも、その頃には本当にMTなんて一部物好きのための乗り物になっちゃうんだろうなあ。っていうか、絶滅しているかもしれないですね(とほほ。
[PR]
by kawasaki-marins | 2012-05-15 21:07 | 日々雑事 | Comments(2)

用途次第ではありますが・・・

今回の蓼科スキー旅行は、亭主の弟くん一家と一緒に行ってきましたので総勢8人でした。クルマ移動が基本線だったわけですが、わが家のあめお@レガシィでは乗り切れませんので、必然的にレンタカーとなるのでした。諸般の事情で(大人の事情でトヨタ系のTS3カードを使わなきゃいかんのですよ)トヨタレンタカーを利用することになるのですが、そこで8人以上のれる車種は、ワンボックス、いわゆるミニバンと呼ばれる車種になります。まあ、トヨタ系じゃなくてもそうですけど(^^;

小さい方から、ノア/ボクシー→エスティマ→アルファード/ヴェルファイアということになります。
そりゃ、小さい方がお安いわけではありますが、比較的長距離の移動ですし、荷物もかさばりますから、ここは大きいのを奮発することにしましたよ。ということで、スタッドレスとスキーキャリアがセットになっていた4WDのヴェルファイアくんを借りることになったのでした。

どうでもいい話ですが、私の勤務先では役員用の車両にアルファードを使っていて、ヴェルファイアはその兄弟車ということになりますから、ちょっと期待するものがあったりなかったり。まあ、役員車は(たぶん)7人乗り仕様で2列目の座席が独立のものでしょうから、今回借りる8人乗りの2列目も3人乗りのベンチ仕様とはワケが違うとはおもいますけどね。
しかも、3.5Lと2.4Lの2種類あるそうですから、きっと役員車は3.5Lに違いなかろうと・・レンタカーなんて2.4Lでしょうから、比べ物にはならないでしょうけどね。

ということで、ヴェルファイアくんを運転した感想なんか一応書いておこうかと。

早朝、自宅から蓼科のスキー場までを私が運転しました。
乗って最初の感覚は「で、でかい。しかも高い」
幅はたぶん1830mmとなりますから、あめおより4cmほど大きいだけだと思いますが、なんだかやたらと大きく感じます。全長はあめおより10cmほど長いわけですが、ドライバーのポジションがクルマのかなり前方にいることも大きく感じる要因かもしれませんね。
さらに、視点の高さがただ事ではなく高く感じます。
以前のRAV4のときも、普通のセダン系に比べれば視点が高くて運転しやすかったのですが、これはさらに高い。まるでトラックの運転をしているような視点の高さで、これは先が見やすくて楽ちんです。この点では背の高いクルマはいいですね。

レンタカー屋さんから借り出して来たのは亭主でしたので、クルマの説明は亭主にしてもらったのですが、いくつかちょっと気になる点がありました。
ひとつは、横滑り防止システムのON/OFFのスイッチ。あめおの場合は、基本常時ONで、手動でOFFにすることもできますがそのときはアラートのランプが点灯します。ですが、ヴェルくんはこれが逆なんですって。必要なときにスイッチを入れて、ONのランプが点灯するそうです。ううーん、これは設計思想的にどうなんでしょ?

もうひとつは4WDのシステム。なんでも、4WDを切ってFFにすることができるそうで・・・あ、これっていわゆるスタンバイ4WDってやつで、滑り出してから後輪も駆動するってやつなんでしょうか?その辺の詳細がちょっと不明だったりするのでした。
あめおにしてもRAV4にしても、昔ながらのセンターデフで四輪にトルクを配分する、言葉の正しい意味でのフルタイム4WDに乗ってきた私としてはちょっと納得できない感が・・・ま、まあいいか、今時の制御は優秀ですからね(汗)

さらに、運転しはじめてから何とも言えない違和感が・・・なんだか駆動系が滑っているような滑っていないような不思議な感覚に襲われます。アクセルを踏んでも回転が上がらず、一瞬「え、どっか(クラッチ←ないない)滑ってる??」と、ドキッとするのですが、しかしクルマは何となく加速。も、もしやこれは、アウディを試乗したときに一度だけ乗った「CVT」ってヤツでは・・・その通りでした。

確かに、普通のトルコン式ATにくらべると、ぬるっと滑る感じは非常に少なくてその点では悪くないと思うのですが、加速するときの違和感はそれを補って余ある(ちょっと言葉の使い方が違うけど^^;)・・・ううーん、慣れたとしてもなんだか盛り上がり感に欠けますなあ。いやまあ、こんだけ背が高いクルマを盛り上がってぶん回すのも何かが違う感がありますが・・・いやいや、そうじゃなくても、普通のクルマでもちょっとイヤだなあ。
ということで「私はやっぱりMTがいいなあ」という思いを強くしたのでした。

それでも、多少加速は物足りないものの(あめおと比べてはイカン)高速ではソコソコのスピードをキープして走りますし、若干エンジンが頑張ってる感が伝わってきますが、まあ必要十分なんだろうなあと。
でも、8人フルに乗車で荷物も満載ということもありますが、燃費はアレでしたね。そんなに飛ばしたつもりもなく(だってレーダーついてないし^^;;)高速をほぼ定速で走っていましたが、燃費計では9km/Lを割り込んでいました。車両総重量で2トンを越えるガタイ、8人乗れば2.5トンを余裕で越えてきますから、仕方ありませんね。

高速を降りてから、山に向かう途中、ちょこっと道を間違えて除雪していない圧雪状態の雪道に入り込んでしまったのですが、そこでは滑らずにちゃんとグリップして走ってくれました。スタッドレス的には一番得意な路面かなとは思いますが、その辺は十分。この雪道では、マニュアルモードでエンジンブレーキを効かせながら走りますが、MTとは若干勝手が違うもののまあなんとか落ち着いて走ってくれました。ふむ、マニュアルモードとはいえ、あんまりエンジン回転数が落ちると勝手にシフトダウンしてくれるんですなあ。今更ながら、ようやく使い方を覚えましたよ(汗
ステアリングの応答感とか、ちょっとフワフワする感じとか、運転していて感じるのは「普通」・・誰でも無難に乗れる、ごく当たり前、というのが美点といえば美点なのかもしれません。昔のRAV4の感覚も思い出されますが、要するにこれがトヨタの乗り味なのかもしれませんね。

まあ、そもそもそんなに飛ばすクルマじゃありませんし(でも、高速でぶっ飛ばしてるこのクラスのミニバンって多いけどなあ)必要十分なクルマ、という印象でしょうか。
後ろの「居住区」では、6人乗っていましたので、さすがに「ゆったり」というワケには行きませんが狭くてたまらん、という状況でもなかった様子です。ですが、さすがにシートの後ろの荷物スペースはぎっちり。それこそRAV4を思い出しましたね(笑)まあ仕方ありませんが。

なんというか、運転していて「居住区」と「運転席」が分かれてしまう印象がありましたが、まあ、大人数でワイワイと旅行するのにはいいクルマだと思います。
ですが、自分で乗りたいクルマか、というと・・・違うなあ。
普段から6〜7人で乗り歩くなら悪いクルマじゃありませんが、こうやって年に1回くらい大人数で、ということなら、レンタカーで十分だと思いました。燃費も気になりますし(苦笑)

しかし、時代は変わるもんですね。一昔前は、レガシィこそが燃費極悪の代名詞みたいなクルマでしたが、今では「おなじ2.4Lくらいでターボもついてるあめおの方が燃費いいぜー(ハイオクだけど^^;;)」というようになるとは・・・ちょっとビックリなのでした。
[PR]
by kawasaki-marins | 2012-03-04 17:13 | 日々雑事 | Comments(0)

初めてのモーターショー

4日の日曜、亭主と二人でモーターショーを見に行きました。亭主は仕事柄なんどか見ているのですが、私は初めて、ちょっとワクワクしていますよ。
亭主が入場券を頂いたというので、せっかくだから娘たちも一緒にと思ったのですが、姉娘は火曜から期末テストだと気持ちだけ焦っていますし、それをみた妹娘も、クルマにはあまり興味がないらしく「留守番するー」と言っていますので、久々に子供抜きでのお出掛けとなったのでした。

いままでは幕張メッセで開催されていたのが今年は東京ビッグサイトということですので、駐車場も混みそうですし、電車で出かけることにします。ルートを検索すると、武蔵小杉で湘南新宿ラインに乗り換え、大崎からりんかい線に乗れと言うお告げ。
小杉で乗り換えるのは初めてでしたが、ウワサに違わずホームが遠いですね(汗)斜路になってる動く歩道なんて初めて乗りましたよ(苦笑

そんなこんなでビッグサイトに到着、頂いた入場券にはなんと食事に使えるクーポンなんかついてたりなんかして、まずは、ありがたくお昼ごはんを頂いたのでした。
お腹も満たされていざ会場に突撃。
とりあえず近い所から、と足を踏み入れると、そこはいきなり

ポルシェー!!!

e0095468_22175454.jpg


むふふ。いきなりテンション上がりますね。

e0095468_22214831.jpg


乗ってみたいなあと思っても、腕がついて行かないのは確実ですので悩ましい。でもまあ、スピード出さないでいれば私でもなんとか・・・(お財布のことは考えない^^;;)

いきなりポルシェだったせいか、気分はすっかりセレブ。次に見たのはアウディでした。
青いR8スパイダーのところにiPadを持って立っていたお兄さんのイケメンなこと。最近では奇麗なおねいさんばかりではなくイケメンお兄さんも展示されているようです(違?
e0095468_2225477.jpg

さすがに混んでいますので、なかなか写真をとるポジションも確保できずにいますが・・わかるかなあ?
ふむふむ。オープンカーも乗ってみたいですねえ。

人の流れに乗りながら歩いていると、スズキのブースではコンセプトカーの展示が見えます。
おお、こういうの見るとなんだか未来っぽい感じで、如何にもモーターショーって感じがしますね。
e0095468_2229282.jpg


亭主と二人で、あれがイイこれが欲しいと、大妄想大会(笑)微妙に趣味が違うのでなかなか意見が一致することはないのですが、一番意気投合したのがこれだったかもというのはどうなのよ?ロータスですってば。
e0095468_22341049.jpg

娘たちが離れたらこういうの良いよねー、ということで。ジジババが乗るクルマかというとアレですが(汗)

調子に乗っていろいろ見て歩きます。
ヤマハのブースではバイクの他にも四輪バギーやスノーモービル、ウォーターバイクなんかもあって、乗ってみたいなあとそそられてしまいますが、そんな脇にこっそり置いてあったのがこれ。
e0095468_2240312.jpg

極薄のシート状のスピーカーですって。こんなんあるんですねえ。
iPhoneを使うと、このスピーカーから出ている音からURLを取得できると言うので、その場でアプリをインストールしてやってみましたよ、あらビックリ。その場ではどんな仕組みだかさっぱり分かりませんでしたが、技術の進歩にビックリです。

そういえば、けっこうアチコチでスマートフォンのアプリを使って何かする、というものがありましたね。その場でインストールしようとしても回線が混んでいるのか、かなり時間がかかってどうもならん!という感じでしたが、事前に用意しておけばかなり楽しめたようにも思いました。

人の流れにのって歩いているうちに、見えてきました、スバルのブース。現在売っているクルマはあめおの点検でも行けばいくらでも見られるのでスルーして・・・これが見たくてわざわざ混んでいる所にでてきたのですよ!
e0095468_22452490.jpg

スバルBRZ。今回展示されていたのは販売バージョンではなく、来年からGT300に参戦すると言う車両でした。中身も詰まっているっぽかったですよ、これ。現在参戦しているB4もエンジンがフロントミッドシップに置かれ、実はFRだということですから、このBRZには期待しても良さそうな予感です。これはターボにする・・・よねえ?
BRZ自体はトヨタと共同開発で作られたクルマですが、聞く所では企画/デザインがトヨタで開発/生産がスバルということらしく、要するにスバルのクルマだと期待して良いということでしょう。
来年の夏でもあめおの車検がてら試乗させてもらおうかしらといまからむふむふしているのでした。
e0095468_22535713.jpg

おまけはツーリングコンセプトとかいう、要するにアレです、ハイブリッドレガシィとなるであろうコンセプトカーですね。クルマはともかく、このおねいさんがなんだかカッコ良かったのですよ(^^;

どうやらスバルのブースにはBRZの市販バージョンはなかったようなので、この後は各種高級車を眺めながらトヨタに向かいます。もちろん「86」狙いなんですが・・・見るには見られたのですが、もう人がぎっちりで写真どころではない・・・でもやっぱり実物見ても「ハチロク」という感じじゃありませんね。むしろセリカとか、そういうイメージです。ハチロクはもっとショボくなきゃ(え?

結局人にぎゅうぎゅう詰められて、まあ夏になったらあめおの車検のときにでも・・という思いを強くしたわけでした。

まあ、せっかく来たので脳内オーナーな気分で各種高級車を眺めてきましたよ。
e0095468_2256309.jpg

アルピナBMW6シリーズ


e0095468_2323677.jpg

AMGベンツCクラスクーペ


e0095468_2331713.jpg

ジャガーXKR-S


e0095468_2341575.jpg

レクサスLFA


個人的にはこのBMWなんていいかなあ。むふふ。
なんて、高級車オーナー気分で帰宅したら、ニュースでは中国道でフェラーリ8台を含む超高級車の多重事故なんていうのが流れていて「もったいないー」と思わず叫んでしまった私なのでした。

ちなみにこの写真はすべてiPhoneで撮影したものです。iCloudのフォトストリームを経由してMacのiPhotoに取り込み、Macで記事を書いて記事に写真も入れています。
便利になったもんですねえ。
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-12-05 23:10 | 日々雑事 | Comments(0)

進歩ってすごいなあ

今日も暑い一日でした。

三連休(個人的には四連休^^;;)の真ん中の日曜ですが、亭主は出勤ですので我が家的には特にイベントはなく、いつも通りにテニススクールへ。今日も相変わらず「横向き」が個人的テーマですが、今までは何もできなかった(というよりはむしろ足を引っ張っていた)ダブルスの試合形式でも、ちゃんとサーブレシーブできたり、ボレーで返せたりしたのはちょっと進歩したような気がしています。でもまだ自分でポイント取れたことはないんですが(^^;;

その足で、あめお@レガシィの12ヶ月点検にディーラーさんに行きました。オイル交換もやらなきゃという時期でしたが、点検パックにオイル交換も入っているのでちょっと我慢させてしまったあめお、オイル交換したらいい感じでした。ゲンキンなヤツです。他にも、エンジンのステーが錆びてしまっていたのを磨いてもらったりして、ちょっと時間はかかりましたがサッパリして男前もあがったかしら。

待っている間にプリクラッシュブレーキシステム「アイサイト」搭載車の試乗会が始まり、なんだかあんまり人もいないようでしたので(とても買い替えるなんて余裕はありませんが^^;;)試乗させてもらうことにします。ディーラーの駐車場の片隅で、レガシィの実物大お尻写真がプリントされた風船に向かって突っ込んで行く、というCMでもおなじみの試乗。最初は営業マンのひとに運転してもらい、私は助手席に。
営業さんはブレーキを踏まないまま。ヤバいー!というタイミングですがガッガッガッ・・とABSもしっかり作動する感覚で止まります。風船との感覚はだいたい人が一人通れるくらい。おおー、ちゃんと止まるんですなあ。
次に私も運転させてもらいます。が、ATに乗り馴れてないんで、「あれ、どれが後退?」・・・セレクトレバーのポジションが分からないのはご愛嬌(汗)
前進に入れるときも「ドライブってドコだっけ・・」(大汗)
で、前進・・・ブレーキは踏みませんが・・・ガッガガガガガっ・・おおー、ちゃんと止まるではあーりませんか!

その後、試乗の人も来ないようなので営業さんに「MTにはつかないんですかー?」と無茶を言ってみたり。ええ、分かっていますとも。ブレーキはかけられても結局止まった後エンストしちゃうんでしょ・・・それで自分が追突されたりしてもナンですからねえ。
せっかくのシステムなのでこれを利用してクルーズコントロールもしているので、MTだとその辺はできませんからねえ、などと、そんなクルマの四方山話をしてました。
試乗担当していた営業さんもMT派だそうで、ウチの担当の営業さんもMT派、あめおを買ったときの担当さんなんか夫婦でMT派なんですよー、なんて、さすがスバルのディーラーさんとヘンな所で感心です。

そうそう、この「アイサイト」、ステレオカメラで撮影した画像処理で障害物を検知するシステムなわけですが、画像認識の調整するのが大変なんだそうです。その調整はスバルの三鷹にある研究所で行っているそうで、「このへん(三鷹界隈)が一番ぴったり合ってるんですよ(笑)東八道路とか、高速なら中央道の新宿〜八王子で調整されていますからね(笑)、この辺の人に乗ってもらわなきゃ」という地元ネタまで。「群馬だと人(やクルマ)がまばらで調整にならないんですよ(笑)」と、どこまでホントか良くわかりませんが(汗)

まあ、次もMTかなあ・・・と営業さんとなぜか意気投合しているのは一体なんだったんでしょうか(苦笑)でも、スバル本体としてはMTはあんまり売れないのでレガシィからは外したがってるらしいのですが・・・寂しいなあ。


e0095468_2029479.jpg


e0095468_20294793.jpg


e0095468_20295023.jpg

[PR]
by kawasaki-marins | 2011-07-17 19:26 | 日々雑事 | Comments(0)

2Lノンターボですか

なんだかんだとやっぱり気になるんです。
BOXER Sports Car Architecture

トヨタとスバルの共同開発だという新モデルのスポーツカー、FT-86。
ジュネーブ・モーターショーでコンセプトモデルが発表されたということですが、これを見るとスバル・バージョンもFRで2Lノンターボのようですね。
2Lノンターボということは、新型エンジンを積んでくるんでしょうなあ。新型エンジンは低速から乗りやすいという話ですが、でもなあ・・・やっぱり2Lターボを期待しているんですが(←いいオバサンが^^;;)

あるいはいっそ6気筒3.6Lでもよくってよ(笑)
真面目な話、水平対向6気筒はぜひとも乗ってみたいと思うのですよ。もちろんマニュアルで。
まあ、このFT-86みたいなクルマには微妙に性格が合わないようにも思いますんで、できればB4なんかに積んでくれると良いかも・・・なんて思ってみたりしているわけですが。

ん?元祖水平対向6気筒(RRまたはMR)ですか。もちろん、チャンスがあれば・・・宝くじか超万馬券でも当れば・・・乗れるかな(汗
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-03-09 01:19 | 日々雑事 | Comments(0)

六か月点検

三鷹のスバルに来ています。
e0095468_10564178.jpg


e0095468_10564588.jpg


e0095468_10564930.jpg


いろいろ置いてありますね〜
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-01-22 10:52 | 日々雑事 | Comments(0)

すっげー後悔

実は、日曜の朝、あめおを始動しようとしたら・・・あれ、ドア開かない。
エンジンもかからない・・・・

あちゃー。バッテリー上がってる(涙)


やってしまったのでした、ルームライトのつけっぱなし。なんで気がつかなかったかなあ。まったくもう・・・ということで、おとなりさんに救援をたのみ(ブースターケーブルは持っているのです・・ナゼ^^;;)とりあえずスタート。

ナゴヤ飯喰らってやる、ということで向かった先はコメダ珈琲店。ナゴヤ風モーニング小倉トースト。
e0095468_2024593.jpg

さらに、シロノワールまであったりして、朝っぱらから何をやっとるんだと言う話ですが(汗

おなかも満たされて、一応あめおのバッテリーも満たしてやらねばなるまいと思ってクルマ屋さんに向かいます。
まあ、最初から、ずっと気になっているフレキシブルタワーバーの見積もりくらい取ってみるべえと思っていたんですけどね・・・結局、ソコソコの割引もしてもらって、その値段ならお願いします、と、バッテリーの充電かたがた取り付けもお願いしてきたのでした。ええい、マリーンズ優勝祈願だ!!

ただし、替えのバッテリーがないということで、あめおはクルマ屋さんにお泊まり。バスで帰ってきましたとさ。

で、昨晩、できたと連絡があり、本日午後から半休をとってあめおを迎えに行ってきました。もちろんバスで(笑)

クルマ屋さんを出る最初の曲がり角。最初は「確かにステアリングは少々重くなったかな?」と思ったくらいでしたが、別に今までと乗り心地はさほど変わらず。
ですが、道路に出てカーブを曲がるときに「ん?」
別に、飛ばしてるわけじゃない、普通に4〜50km/hで走ってるんですよ、それなのに「ん?」

なんて言ったらいいのか・・カーブを曲がるときに、ちょうど自分を真ん中にして曲がっているような、自分のお尻の下あたりにきっちり重心があるような、そんな感じで今まで以上にするっと曲がれるのです。
こ、これは・・・ということで、いつものプチ峠(笑)を試してみることにします。

おおおーーー、こんなに変わるのか(驚愕)
今までですと、カーブを曲がるときに、「前のクルマ(初代RAV4ツードア)よりは全長長いしなあ」という感じでちょっとリアが気になっていたのですが、これがすっかり無くなって、クイっとまわります。
うああー、なんじゃこりゃあ・・・・きもちいいーーっ!!!

ホントに、運転がうまくなった気がしましたね。何より、飛ばさずに普通に走っていてもその効果がハッキリ分かる所が凄いですね。

っていうか、こんな棒一本、最初からつけといてほしいもんですよ、全くもう。スバルももったいぶっちゃって(笑)
もうね、なんでもっと早く取り付けてやらなかったかと後悔しきり。思い切って良かったあと思ったのでした。

こりゃ、週末はお試しドライブかなあ(笑)

e0095468_2145897.jpg


ううっ、エンジンカバー汚れてる(^^;;


・・・でね、さらにスプリングもピンクのアレに換えて足元引き締めてあげたらもっとよくなるかも・・・なんて思っていたりして(汗)
[PR]
by kawasaki-marins | 2010-11-10 21:00 | 日々雑事 | Comments(0)

右か左かでちょいと違う

我が家のあめお@レガシィはもちろん、国産右ハンドル車なんですけどね、給油口も右なんですよ。
これが、最近のセルフ給油に非常にマッチしていることに気がつきました。

これまで乗って来たクルマはいずれも給油口は運転席と反対の左でしたので、ガソリンスタンドに入って、なんて言うんですかあのガソリンのポンプみたいなの、アレの右側につけていたわけです。そうすると、ポンプの反対側からスタンドのお兄さん(カッコいいお兄さん希望^^;;)が近づいて来て「レギュラー満タンで」とかお願いするわけでした。
しかし、セルフのスタンドを利用するようになると、ポンプの右側につけて、ぐるっと前なり後ろなりまわってノズルを手に取り給油するわけです。
当時は別にそんなもんだと思っていたので気にもならなかったのですが。

あめおは給油口も運転席側(=右)にありますので、さくっとポンプの左側につけて、運転席から降りてそのまま回り込まずに済むわけですよ。
どってことはない手間なんですが、これが妙に良いんです(^^;;
なんとなく、ガソリンスタンドではポンプの左側の方が微妙に空いているような気がするのですが、じっさい、どっちが多いのかしらん、なんとなく気になるところですね。

ということで、ちょこっと調べてみたらこんな記事がありました。
あなたの車の給油口は右側? 左側?
なるほどー、左右にはそれぞれいろいろ理由があるのですね。
マフラーが歩行者から遠くなるよう右→給油口は熱から遠い方が良いので反対側、というのは説得力がありますな。

・・・あめおは、マフラー左右に出てるので、どっちでも良いのか(汗)
[PR]
by kawasaki-marins | 2010-11-06 10:07 | 日々雑事 | Comments(2)

評判良いなあ

そういえば少し前に、スバルのお約束どおり、現行レガシィのSTIチューニングバージョンが出ていたわけですが。
今までは「Tuned by STi」と言っていたものが、今回からは「tS」と、あっさりしたネーミングになっています。
一説によると、スバルからSTIに移籍してチューニングに腕を振るっている、辰己英治さんとおっしゃる車両開発のエキスパートの方の名前から「辰己スペシャル」の略なんじゃないかとウワサされているわけですが(笑)

STI公式
Yahoo試乗レビュー

まあ、それはともかくとして、出たときは散々こき下ろされていた(汗)うちのあめおを含む現行レガシィですが、このチューニング版がまた、えらく評判がいいですね。そりゃまあ、お値段を考えれば、うちのあめおにさらに軽自動車一台分くらい脚回りに手をかけていますから、かなり良いものになっているのだろうなあと言うのは想像に難くありません。一回くらいは運転してみたいものですが、なにしろ600台限定ということなので、今後乗る機会はまずないだろうなあとは思います。

でも。
そうやってちょっとチューニングすることでそれほど良くなるということは、やっぱり元の素性がいいんだ!と、あめおの名誉のため(大げさ^^;;)に一言いっておこうと思うのでした。
tSのコンセプトのひとつに「運転がうまくなる」というのがあるそうですが、私がノーマルのあめおに乗ったときも、運転がうまくなった(ような?)気がしたものです。この感じがたまらなく嬉しいんですよ、ホント。
で、やっぱりお約束通り今後もチューニング版がいろいろと出るんでしょうねえ。最終的にはS403になるのでしょうか。

このtSだと、運転していて感じる「クルマが長いなあ」という感じが変わるのかなあ?あめおにフレキシブルタワーバーを入れたら多少は変わるのかなあ。気になって仕方ありません。

そんなに言ってるんなら、もうあめおも1年乗ってるんだし、まず、タワーバー入れろって(汗)
[PR]
by kawasaki-marins | 2010-08-29 22:52 | 日々雑事 | Comments(0)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル