日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:旅の空 ( 50 ) タグの人気記事

嵐の花火大会

毎年8月2日、3日は、長岡の花火大会です。
これは、8月1日に長岡が空襲されたことの慰霊もありますので日にちは変わりません。

今年は2日が日曜・・・ということで、新車も来ましたことですし、月曜はお休みを取って行ってしまいましたです。
納車翌日のいきなりロングドライブですよ(^^;;
我が家から長岡まで300kmほどでしょうか、行って帰って700kmくらいは走るかな、慣らし運転にはちょうどいい感じですね。

行きは踏みたい誘惑をこらえつつまずはエンジンの慣らしなんだと自分に言い聞かせ、関越道をテケテケと走ります。途中、珍しくもシトロエンのピカソなんて見かけたりして、コイツを決めるまでの紆余曲折(ってほど大げさじゃないですけど)も思い出されたりしました。
でもね、2000回転まで、と思ってそーっとアクセルに足を乗せているのですが、するするっと動きます。気がつけば結構なスピードが・・・いやー、非常にヤバいクルマです。
なぜかボルボばかりに煽られながらも、慣らし慣らし、と自分に言い聞かせて譲りつつ走ります。

脚まわりはスポーツ・パッケージと言う通りやや固めです。正直、首都高の高架橋の継ぎ目を超える時だけは、RAV4の脚まわりは高級車並だ、と思っていたくらいで、それに慣れたからだにはちょっと最初気になりましたが、まあ慣れの問題かな、という範囲でしょう。

ハンドル操作に素直に反応する車体の動きを感じていると、もっと運転がうまくなりたい、としみじみと思いました。まだまだ私の運転じゃこのクルマにちょっと恥ずかしいですね(^^;;
このレガシィ、「パッセンジャーズ・ファン」なんていうコンセプトで設計されたそうですが、どうしてどうして、まだまだ「ドライバーズ・カー」ですね。ハンドルを握っているのが実に楽しいクルマです。

花火は、今年はちょっと趣を変えて川東(JRの駅がある側)で見ることにします。っていうか、たまたま市役所の臨時駐車場が空いているのを見てそこに停めたので、そのまま川東になったというだけなんですが、でもこちらからですと、ポスターなんかによく使われる「長生橋のナイアガラの向こうに正三尺玉」という絵柄が見られるわけです。
三尺だけではなく、他のスターマイン系もなかなかの絵柄で見られますね。

午後1時半くらいに川原について開場待ちの列につくと、2時開場予定が30分繰り上げられてちょうど開場となります。なんとか、土手の斜面に場所を確保し、私が留守番している間に亭主と娘たちはお散歩。
ですが、午後4時半頃、ちょうどこのブログに写真を送信したすぐ後、アヤシかったお天気がついに崩れます・・・あっという間の大雨、敷いてあるシートにもあっという間に水がたまって行きます。荷物になんとかシートをかぶせ、自分はカッパを着てしのぎますが、いやはや、このシートを直すのは一人ではちょっと難儀です。
雨は30分ほどであがったのですが、結局なんだかんだで6時過ぎに亭主たちが帰ってきて、なんとか居場所を整えて、途中スーパーで買い込んだ「ますの寿司」やお稲荷さんで夕食を済ませるといよいよ花火開始。

ですが、やはり今年はコンディションはよくありませんね・・・途中少々雨が振っていたり、さらには煙が残ってしまって、オープニングのナイアガラなんかはちょっと残念な見え方でした。
昨年に引き続いて、大河ドラマネタの「天地人花火」(そういえば、出演している常磐貴子さんがゲストで来られていたとか)も、ちょっと煙が多かったかなあ。
もうね、コレは凄まじいというばかりの花火ですよ。来年ってどうするのかしら・・・定番化できるのか??っていうほど凄まじい花火です。

e0095468_2262336.jpg

「天地人花火」

e0095468_227815.jpg

「三尺玉は煙の中・・」

長生橋の向こうの三尺玉・・・期待していたのですが、煙が残って三尺玉はほとんど見えず。残念でした(泣)
最後の三尺も煙の中でした・・・が、この少し前から、空には花火ではないアヤシい光がひらめいています。どうやらカミナリ・・・ええーっ、ヤバい、ヤバすぎる。
ぽつぽつ来たかと思ったらあっという間にザーザー降り。ですが、その中で、締めの「フェニックス」はしっかりと打ち上げられ、初日はこれでお開きとなってしまいました。

もう、誰も彼もぬれねずみ。娘たちにはカッパを着せていますが、多少はマシという程度です。ざざーっと荷物をまとめて引き上げ歩いている間に雨は上がりましたが・・・ええーっ、これで昨日納車されたばかりの新車に乗るわけですか、とほほ。
ま、まあ、良いですけどね。青レガシィにもいきなり思い出ができましたというわけです(^^;;

今年も宿泊は「おぐに森林公園」のバンガロー。先にチェックイン(というほどのもんでもない)して鍵はもらってありますので、ささっと身体を拭いて着替え、さっさと寝袋にもぐり込んで寝ちゃいます。

そして今日、朝風呂に入って、十日町の「小嶋屋」で「へぎそば」を食べて帰って来たと言うわけです。無理せず高速を走って、燃費計の平均燃費が9.9km/lでした。ターボ車ですし、立派なもんでしょう。行きは関越トンネルまでの上り坂が効くのかかな、9.6km/lでしたが、帰りはその分下り坂になるのか11.0km/l、途中のアレコレもありますので平均は先の通りです。
行きに燃料を満タン(65l)入れて、おそらく無給油で往復できるでしょう。途中でガス欠は嫌なので残り半分ほどでしたが帰路につく前に入れましたけどね。

帰ってきて、課題の車庫入れもなんとか・・・いやー、ホントにギリギリ(苦笑
ドアミラーを出したままだとひっかけそうなんですが、無いとそれはそれで難しい。とんでもない二律背反に苦しみながらもなんとかクリアできました。
今までは、RAV4がちょこんと納まっていた機械式の立体駐車場ですが、レガシィはもういっぱいいっぱい。これ以上はもう無理!という感じですね(笑)

本当に運転がうまくなりたいです・・・(切実)

ところで、日曜はマリーンズが勝ったそうですね!
イーグルス戦は三タテ・・・相変わらず弱いものいじめしていますが・・いやいや、楽天の方が順位は上ですからね、いいんです、勝てるところから勝ちましょう。
明日からはホークス戦、ここを踏んばれればまだまだ分かりませんですよ??

おまけ。
長岡の美味しいラーメン屋さん「青島食堂」に行ってきました。
チャーシューメン(700円)を頼むと、チャーシューてんこ盛りです(写真撮りそびれちゃいました^^;;)普通のペースで麺を食べていると、絶対にチャーシューが残ります。かなりハイペースにチャーシューを食べる必要があります(笑)
e0095468_229071.jpg

青島食堂
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-08-03 20:54 | 日々雑事 | Comments(0)

長岡3日目・再会?編

いよいよ、長岡をチープに楽しみつつ花火を堪能するツアーも大詰めです。
(って、いつの間にそんなテーマになったのかしらん^^;)

2日目の花火の余韻を引きずりつつ、来た道を20分ほどてくてく歩きます。一応、街道沿いを歩いていたのですが、車道の方はさすがに渋滞していました。とはいえ、我が家のクルマをおいた辺りではすでに渋滞もほどけ、歩いて抜かしたはずのツアーバスに抜かし返されていました。

帰りの渋滞が凄いことになる、とは良く言われていますが、いままで長岡花火で渋滞にハマったことなんか無い私、ええ、いっつも川西から見てますから(^^;
長岡市というのは、南北に流れる信濃川でまっぷたつに分断されていて、川の東側が昔からの市街地(新幹線の駅もあります)、西側が新しい市街地(インターは西側です)となっています。
よくある、長生橋の向こうに三尺玉・・・という絵柄は東側からの眺めですが、打ち上げ自体は西側。長岡市民の間でも、川東でみるのがいいか、川西が良いかは大きく意見が分かれるところです。ドコから見てもハズレがないというのも長岡の大きな特徴のひとつではないかと思いますよ。

まあとにかく、我が家のクルマを出し、一路キャンプ場へ。
と思ったのですが、明日の朝ご飯を調達しておかなくては、と思い立ち、コンビニに立ち寄ります。立ち寄ったのはセブンイレブン。実はこのセブンイレブンのすぐ脇のアパートに住んでいました。長岡に来て3年目くらいにできたんだったかなあ。お店の2階に店長さんの住居があり、店長さん夫婦と、当時5,6年生くらいだった男の子がよく手伝っている姿が印象的でした。中学生になると友達をバイトに連れてきて一緒に仕事してたりと、本当に頑張る一家で、こっそり応援してましたから(^^;
店長さんまだいるかなあ、でもさすがに20年近く前のことだし・・・と、昔を懐かしみつつお店に入ると!

なんと!!
いましたよ、お兄ちゃんが!!

ええ、今時風の無精ヒゲはやしてたり、すっかり大人になっていますが面影は変わりません。名札をみると「オーナー」とか書いてありましたから、ご両親は引退されたのかな・・・いやあ、ビックリ。時間があったらちょっと話くらいしたかったところですが、さすがに花火帰りのお客さんで忙しそうでしたから遠慮しちゃいました。

さて、朝食も調達して、今度こそキャンプ場に向かいます。
昨日の半分くらいの時間で、10時過ぎくらいにはキャンプ場に着きました。それにしても真っ暗で誰もいません。前回来た時もまるで貸し切りのように誰もいなかった記憶がありますが、こんなにいいキャンプ場なのになあ。

バンガローは6畳間くらいのスペースに壁に作り付けの二段ベッドがあるだけのシンプルな小屋で、なんだか開拓民気分です(ナンジャソリャ^^;;
しかし、さすがに疲れて、ささっと身体を拭くだけで就寝。お風呂は朝に温泉の予定です。

e0095468_22375150.jpg

バンガローの中

すると明け方・・・凄まじい雨音で目が覚めました。
大雨です。地面に水が流れていますよ・・・バンガローにして良かった・・・テントだったらもうぬれねずみどころの話ではなさそうです。

e0095468_22423692.jpg

こんな小屋でした

森の中でバーベキューができるようになっていたり、石釜がしつらえてあったりと、なかなかいい感じのキャンプ場ですが、それにしても誰もいなくて、これでやって行けるのかと不安になりましたね(^^;

さて、実はわざわざ月曜まで休みを取ったのには理由がもうひとつありまして、昨年急逝した学生時代の友人のお墓参りにも行きたいね、と、3日目は一路北上、豊栄を目指します。あ、ちなみにこの「おぐに森林公園」は小千谷インターもほど近く、ロケーションはとても良いですよ。
小千谷ICから長岡JCTを経由して北陸道で新潟、さらにその先は日本海沿岸道路となっています。昔は新潟から8号、7号のバイパスで豊栄方面(新潟競馬場^^;)に向かったもんですが、いつの間にかさらに立派な道路ができていますよ(っていうか、この先の工事を受注するために今仕事はヒーコラしてますが^^;;)

お墓参りも無事に済ませ、ちょっとしんみりしながらの帰り道は高速で一気に南下します。途中PAでお昼を食べ、関越トンネルを抜けて谷川PAで水汲みです。これは関越を通る時のお約束です。このために、ちゃんと水タンクも持ってきていますもの(笑)

e0095468_22543870.jpg

e0095468_2256093.jpg


赤城あたりではかなり霧が出て、なんか天気があやしいなと思っているうちに空には稲光が!
埼玉あたりでは土砂降りの中、さあ、来るときと同じく首都高経由か、それとも圏央道経由か・・と悩んでいると、なんだか首都高が通行止めというニュースが入ります。
いったい何があった??と思いつつも、そういうはなしなら圏央道経由しかないわけで、鶴ヶ島JCTから圏央道へ。
途中じゃっかんの渋滞もありましたが、まあそこそこには流れて、だいたい予定通りに7時頃には自宅に着きました。

しかしまあ、クルマで「ライオンズナイター」を聞いていたら、なんかもうヒドいことになっていました。もはや、帰宅してテレビを見る気持ちになりませんでしたから・・・だから竹原のホームランも見逃してしまいましたけどね。惜しいことをしました。ま、今年は3回に1回はコケるペースの直行なので次は大丈夫、と思いましょう。

とまあ、長くなりましたが、長岡花火ツアーもこれでひとまず終わり。
来年以降、花火を見に行くぞ、という方の参考に・・・これだけマニアックな旅だとあんまり参考にはなりそうもありませんね(^^;
まあ、動画や写真で多少なりとも花火の迫力を感じていただければ幸いです。

さ、明日はオリンピック代表の壮行試合ですね。
もちろん、パ・リーグ選抜を応援しちゃいますよ・・・って、それで良いのか?
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-08-07 23:06 | 日々雑事 | Comments(2)

長岡2日目・チープに楽しむぞ編

はやく仕上げないと、また野球が再開しちゃうし(^^;;
と、少々焦り気味。ピッチあげて行きますよ。

2日目朝、貸別荘の周囲を散歩なぞしつつ、写真も撮ってみました。
夜は気がつかなかったのですが、ユリが咲いていていい香りがしていましたよ。

e0095468_22371218.jpg

e0095468_22393117.jpg

e0095468_22403212.jpg


泊まったのはこんなところです。中は広いリビングとキッチン、それと和室が1階に1部屋と2階に2部屋ありました。食器類やお鍋なんかも揃っていて、自炊もできます。

e0095468_2241578.jpg


友人たちとは、チェックアウトから別行動となり、我が家はここの温泉で朝風呂です。なかなか肌に良さそうなお湯でしたよ。
そこから、今晩の宿を確保しに長岡方面に向かいます。2日目の晩はキャンプの予定。長岡界隈ではとてもじゃありませんが宿は取れませんし、このじょんのび村も日曜は一杯だそうです。
ここから長岡に向かってちょうど中間点あたりに「おぐに森林公園」というキャンプ場があります。前回(といっても6年前?)に来た時も、実はここでキャンプでした。どうせ、夜寝るだけですから・・と、ほとんど野宿のノリです(^^;;

     長岡市おぐに森林公園
     おぐに森林公園

もちろん、テントや寝袋は持参してきました。が、今回どうも微妙です。テントも亭主と二人で使っていたものですから、子供が増えて手狭になってきましたし・・・バンガローが開いているということなので、そちらにすることにしました。これが後で大正解でしたね。なにか予感?だったのでしょうか。
とりあえず、寝袋や着替えをバンガローに放り込んで、再び長岡に向かいます。

途中、岩塚製菓の工場直売所で割れせんを大量に購入。こんなに買ってどうするねん!って、亭主が会社に持って行く分が半分くらいあります。って、それでもどんだけー(^^;
私も・・と思いましたが、岩塚製菓のおせんべって普通にスーパーなんかで売ってますから、悩んだ挙句やめました。

e0095468_2257452.jpg

     岩塚製菓直売所
     岩塚製菓直売所

そんなこんなでのんびりと長岡市内に向かいます。
今日の目的は、花火の他にもうひとつ。
「やま」のハンバーグを食べる!!

学生時代に食べた味が忘れられずに、機会があったら食べたいとずーっと思っていました。
長岡では有名(だと思う)なレストラン「ナカタ」の兄弟店で、こちらは喫茶、ということになっていますが、まあだいたいの皆さんは食事に来ますね。
私的にはハンバーグですが、このお店のイメージは一般的にはカレーがウマいお店、かもしれません。いずれにしろ、学生が食べるくらいですから、けっして贅沢な料理ではありませんが、きちんと作られている味で、とにかく、んまいんです。
ようやく十年越しの念願かなって食べることができました・・・懐かしい味がしました。やっぱり、んまいですね。

e0095468_23141391.jpg

e0095468_23145179.jpg


     喫茶レストラン「やま」
     喫茶レストラン「やま」

さて、昼食も終わると既に午後2時過ぎです。
無料席の場所取りも開放されている時間ですので、このまま場所取りに向かうことにしました。今日もシャトルバスを使うつもりでいたのですが、勝手知ったる住んでた街。クルマが停められるスペースも・・(ryヨイコハマネシナイ
と、とにかく荷物を持って河原に向かって歩きはじめました(^^;;
てくてく歩いて20分ちょっと。さすがに暑くて娘たちもばてていましたが、しっかり歩いてくれました。
今日は、信濃川の長生橋と大手大橋の間に場所を決めてシートを敷きます。

     長岡花火
     ちょうどこの辺り

ちょっと離れていましたが大手大橋のたもとのジャスコまで一人で夕食の買い出しに・・・とはいえ、歩くとやっぱり20分くらい。暑いなか歩くのはなかなか厳しかったですね。娘たちは亭主と一緒においてきて正解でした。
会場のテントでは1本300円とかってとんでもない値段を付けている500mlペットボトルの飲料もジャスコで98円。重いですが、水分補給は大切ですしペットボトルのお茶と氷も買い込みます。おにぎりとカットされた果物なんかで結構な重量をぶら下げて帰路。
いんやあ、どっか違う世界に行っちゃいそうでした(^^;

キープした場所に戻り、氷で涼を取りながら長野のロッテの試合をチェックしたり、ちょっとうたた寝をしたりしながら河原で時間つぶしです。
橋の写真を狙ってみたりもしたのですが、会場の仮設トイレが入っちゃってどうにもアレなのでこんなのだけです。

またまた続く・・・
e0095468_23344146.jpg

[PR]
by kawasaki-marins | 2008-08-06 23:35 | 日々雑事 | Comments(2)

懐かしの長岡編

ご存知の方はご存知かと思いますが、私は学生時代を新潟は長岡市で過ごしました。
高校を出て初めての一人暮らし、ワクワクドキドキの毎日でしたね。
もちろん、学生ですからたいして裕福だったわけでもありませんし、なんせ田舎のことですから、都会のような華やかさこそありませんでしたが、四季折々の楽しみがあり、これはこれで結構楽しかったですよ。

で、四季折々の楽しみのうち、夏のお楽しみが花火なのです。
今でこそ、テレビドラマのネタになったりと有名になりましたが、当時は「長岡」と言っても「伊豆長岡?」とか「長岡京?」とか言われちゃう状況。私も、花火がこんなに凄いものだとは思っていませんでしたから、雪が凄いんだろうなあ、くらいしかイメージありませんでしたし。
で、最初の夏休みはこちら川崎に帰省してアルバイトなんかしちゃいましたよ。今にして思うと非常にもったいないことをしましたね(爆)

さて、この長岡の花火ですが、元々は長岡が空襲にあって大きな被害をだしたことから、犠牲者の鎮魂と復興への思いをかけて始められたものだそうです。空襲があったのは8月1日だったので、毎年8月の2日,3日という日付は変わりません。
3年前の中越地震でも大きな被害を受け、復興の思いはさらに大きく「フェニックス」という超大型組花火も打ち上げられるようになりました。
花火自体、お盆に故人の魂を慰めるものということもありますし、この長岡界隈では花火にメッセージを込めて打ち上げるということをよくやります。この長岡の花火大会でも「メッセージ花火」として、家族や恩師、恋人などへのメッセージを読み上げてから打ち上げる花火もありました。
そうそう、長岡の近くの小千谷市片貝のお祭り(三尺よりでっかい四尺を打ち上げることで知られていますね)ではそれこそ「赤ちゃん誕生祝」「入学祝」「成人記念」「結婚祝」「長寿祝」から「商売繁盛」「家内安全」とまあ、地区の各家庭の様々なメッセージが込められています。会場まで行ったのは一回だけですが、なかなか盛り上がって良いものですね。

まあ、与太話はこの辺にして。
今年は何しろ土日ですから、両日見るつもりで月曜もお休みを取っていますよ。ふふふ。
田舎のことですから、クルマが無いと移動が厳しいですので、このガソリン高騰のなかですがクルマで出かけます。途中、群馬の渋川あたりで事故渋滞にはまります・・・赤城高原SAで休憩を取るつもりでしたが、なかなか動かない渋滞でトイレが至急の問題になり駒寄PAへ。しかしPAですからトイレが少なく、ここも渋滞していました。トホホ。
そんなこんなしているうちになんとか渋滞を抜けて関越トンネルもくぐり抜け、新潟に入ります。関越沿いの「雪国まいたけ」の工場が増えてる!と驚いたりしているあいだに午後2時近く、どうせ長岡ICは混むだろうからとひとつ手前の小千谷ICで高速を降ります。
小千谷の町中はあんまり記憶に無いんですよね。でもまあ、多少の土地勘はありますから、途中食料や乾電池なんかも買い込みながら会場に向かいます。
この数年は、長岡ニュータウン裏の「国営越後丘陵公園」に自家用車を停めて、シャトルバスで会場に向かうルートが推奨されているということで、こちらを試してみることにします。

国営越後丘陵公園

駐車料金、というか花火の協賛金として1台当り1500円を支払い、公園の駐車場へ。4時頃のやや早い時間でしたが、駐車スペースはかなり余裕がありそうです。バスもかなりの数が待機していて、乗客の列はできていますが、どんどん流れて次から次へと出発していきます。並んでいる時間というのはほとんどバスの乗り込みを待つ時間だけ、という感じでしたね。
皆さん、花火用のお弁当などをたっぷり抱え込んでいますから、バスもほとんど定員。路線バス仕様ですと立っている人もいますが余裕は十分です。
往路はちょっとラッキー?高速バス仕様に当りました。しかしまあ、通常の路線バスも動いているはずなのに、越後交通ってばこんなにバスを持っていたのね・・バスに貼られた番号札は少なくとも60まではありましたよ。バイトらしきお兄ちゃんも(もしかしたら後輩^^;)手際良く列をさばいて、なかなかいい感じでした。

バスは学生時代に住んでいたすぐそばを通り、特に混むこともなくするすると20分ほどで花火会場の近くのスーパーの脇に到着します。このスーパーは私の住んでいた頃はありませんでしたね、時代は変わるものです(って、スーパーくらいで大げさ^^;)
打ち上げ会場までは歩いて10分弱のところでしょうか。このシャトルバスの利用は、遠くからクルマで来られる方には良い選択肢だと思います。

この数年は、河川敷の平らなところは有料席となり、無料なのは土手だけになっています。さすがに土曜の晩は打ち上げ場所の真正面はかなりぎっちりの様子。まあ、親子4人が座る位の場所は探せばありそうですが、探すのも面倒なので、初日はちょっと離れた場所に腰を据えます。翌日も見るつもりなので強気(なのか?)ですよ。


花火/初日観覧場所
三尺玉の打ち上げ地点にほど近い、長生橋のすぐ下流側にしました。

場所を決めて落ち着いたのが5時過ぎでしょうか。
打ち上げ時間は前座のメッセージ花火が7時15分からとなっていますので、のんびりと途中買い込んできたお稲荷さんを食べたりしながら開始を待ちます。

e0095468_2347168.jpg


そうそう、少々お天気も心配でしたので、娘たちにはこれを着せておきましたよ(^^

e0095468_2348679.jpg


わかりずらいですけど「てるてるボーイ」Tシャツです。これがまた・・・
(続く・・・一回じゃ終わりそうにありません。って、まだ花火始まってないし^^;)
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-08-05 23:49 | 日々雑事 | Comments(2)

高速道路マニアーズ?

先週末は、我が家と、姉娘の保育園時代の同級生一家でスキーに行って来たのですが、そう、先週末といえば、土曜日12月22日の16時に、首都高速中央環状(C2)の池袋〜新宿間が開通したばっかりだったのですよ。
で、我が家は日曜の早朝5時過ぎに出発、今回は群馬県方面でしたので・・・

でへへ。

開通したばっかりのC2、山手トンネルを通っちゃいましたよ!

e0095468_236357.jpg


・・・今回はなにしろスキーなので、K100D(←アニキ)はお留守番、Optioくん(←おちび)を携えて行ったのですが、感度上げるの忘れてたんでブレブレでした・・・トホホ。

早朝でしたので、ほとんど他のクルマもなく、気分良く新しいトンネルを通りました。
今回、スキー場に向かったのはレンタカー。何故って、我が家のクルマにはチェーンがなく、しかもタイヤがでかいので買うとめちゃ高。最後の手段のレンタカー(スキーパックとかで、スタッドレスタイヤつきです)にしたのですが、クレジットカードのポイントがたまっていたので差し引き3000円くらいで借りられたのでした。チェーンを買う1/10で済みました。
ウチのクルマは四駆ではあるのですが、夫婦お互い雪国で学生時代を過ごしましたので、やはりノーマルでは恐ろしいですね。

良く、四駆なら大丈夫、とか言ってる人がいますが、滑っちゃったらなんだろうがダメです。ホントをいうと、滑らないためにはスパイクタイヤが一番だな〜とは思っているのですが、粉塵は確かに酷いもんなので現在では使用禁止、スタッドレスが次善の策。最低でもチェーンは必携ですよ。

さてさて、案の定、山の方では道にもかなり積もりまして、帰り道なんかもう・・・

で、帰りは関越の鶴ヶ島ジャンクションから、これまた今年の6月に開通したばかりの圏央道で八王子まで出て、中央道の上りで帰って来たのでした。

e0095468_23161324.jpg


こっちもトンネルの写真っすか・・・(汗)
レンタカーでしたので、ナビつき、しかし、行きの山手トンネルも、帰りのあきる野から八王子までの道も、ナビはまだ知らなかった!
道なき道を(笑)通り、いきなり中央道に入った時はビックリしたろうなあ。

これで、我が家からの関越方面のアクセスが本当に楽になりましたね。
今までなら、環八で渋滞にハマるか、川口まで大回りして外環で戻ってくるかでしたからねえ。(でも、外環ができたらもっといいんだけどなあ)

おまけ

e0095468_23215777.jpg

吹雪のなか、滑る気満々の亭主と姉娘、と、連れて行ってもらえないといじける妹娘でした。
[PR]
by kawasaki-marins | 2007-12-28 23:22 | 日々雑事 | Comments(0)

一夜明けたら

e0095468_11242989.jpg

ふぶいてます(>_<)
やむなく妹娘とおるすばん。
かあちゃんは練習どころではありません…セッカクキタノニ…
[PR]
by kawasaki-marins | 2007-12-24 11:24 | 日々雑事 | Comments(0)

滑れないくせに

e0095468_17112925.jpg

スキー場です。
たくさん転んで足腰がくがく…しむそう
[PR]
by kawasaki-marins | 2007-12-23 17:11 | 日々雑事 | Comments(2)

ばんえい競馬への道 -その2-

さて、いよいよ本腰をいれてレース観戦。
まだまだ薄暮の時間帯なので、なんとか写真の方もシャッタースピードを稼げます。

e0095468_23422072.jpg


e0095468_23434624.jpg


本当に、目の前を走る馬たちの迫力に圧倒です。
娘たちには、「ばんばのお馬は大きいんだよー、うちのお父ちゃんとズレータぐらい違うんだよ」(って、どーゆー比較じゃ。^^;)と、数字だけ見て説明していましたが、やはり実物を目の前で見るともう、何を言ってもどうにもなりません。
サラブレッドの倍くらいありそうながっしりした脚、格闘技の選手のような首差しと胸前の筋肉のたくましさ。今でこそ競馬専門で走っていますが、かつては開拓者のパートナーとして荒れ地を切り開いた馬たちの末裔なのですね。
重い荷物を曳かされて、ムチでひっぱたかれて、動物虐待じゃないか、という声があるのは理解していますが、この帯広という土地で、目の前で馬たちが走るのを見ると、やはりこれは北海道の歴史のひとつなのだとも思います。ばんえい競馬は、廃止される事なく続けていって欲しいと思いました。

と、固い話はこのくらいにしておいて、パドックでファインダー越しに馬を眺めながら、もちろんばんえい競馬の存続にちょっとでも力になればと馬券を買います。
初日は、いらん事考えてないのが良かったんでしょうね、3000円位プラスになって「お馬さんに豚丼奢ってもらえたね」なんて笑ってられました。翌日は結局この分をすべて吐き出し、さらに3000円くらい行っちゃってますが(自爆)

e0095468_23534734.jpg

     「パドックからコースへ」

e0095468_23555026.jpg

     「駆け下りる」

暗くなってくると、安物レンズしか持っていない私には辛くなってきます。
シャッタースピード稼げなくて、ブレブレ写真の大量生産。FZ7を持たせた娘の方が歩留まり良かったかもってなもんです。
それでも、照明を浴びる馬体がまた美しかったですね。
ああー、明るいレンズ欲しいなあ。

e0095468_23592196.jpg

     「ええ、こんなんですよ、もう」

その他、いくらかはマシな写真をこちらにまとめましたのでよろしかったらご覧ください。写真は2日分がごっちゃになっていますが・・・

二日目も、野球の試合終了後、まっすぐ競馬場へ。
競馬場には、同じコースをたどったとおぼしき、マリーンズやファイターズのユニを着ているひとが結構いましたね(^^;
はい、私も実は、54番のマリーンズTシャツを着ていました。でも、寒くてジャケット着てましたからそんな目立たなかったと思いますが・・・

そうそう、帯広の夜はさすがに、涼しいというより寒いくらいでした。夏とはいえ、長袖は必須ですね。
[PR]
by kawasaki-marins | 2007-08-01 00:07 | 公営競技 | Comments(2)

ばんえい競馬への道 -その1-

いよいよ、帯広遠征当日となりました。
当日は午後の飛行機なので、10時頃のんびりと家を出て羽田に向かいます。羽田でお弁当を買ってお昼ごはんにして飛行機へ。
しかし、北海道はお天気があまりよくないそうで・・・ええー。俊介投げないのに(なんだそりゃ)
眼下の景色も雲ばっかりで姉娘も少々がっかりだったようです。どうでもいいですが、飛行機の座席番号が26だったりしたのでちょびっと嬉しかった私でした。

それでも、帯広に着いたときには晴れ間も見えていました。特にこれといった計画もなく、とにかく「ばんえい競馬」を見に行こう、と思っていただけでしたので、レンタカーを借りてのんびりと帯広市内に向けて出発です。
空港から市内に向かうと「幸福駅」という看板が見えたので、ちょっとよって見る事にしました。
e0095468_236154.jpg


昔の駅舎が残してあるのですが、どういうわけなのか、びっしりと名刺が貼ってあります。うーん、なんかもう不気味な感じすら。

e0095468_2391273.jpg


これも昔の看板ですね。なんとなく懐かしい雰囲気です。

e0095468_2310429.jpg


これは、除雪車なのかな。

のんびりと駅や展示してある車両を眺めて、再び出発。
昔はこの「幸福」〜「愛国」の切符を買う人とか多かったんだよね・・・なんて思っていると「愛国駅」の看板もありました。しかし、幸福をでてから雲ゆきが怪しくなり、あっという間にザバーっと土砂降り。愛国はパスしてしまいました。
クルマの中で釧路での試合を聞いていましたが、釧路も大雨の様子。結局コールドでロッテが勝ったようです。成瀬→雨野(^^;って、今のロッテの最強リレーじゃないですかね。

なんて進んでいるうちに帯広市内に入ります。明日の野球場をチェックしたりしながら、晩ご飯どうしようねえ、なんて話しているうちになぜか「六花亭に行ってみる?」という話になり、六花亭の本店、と亭主に案内されたお店へ。国道沿いのめちゃめちゃ立派な建物です。へえーと思って入ると、1階が売り場、2階が喫茶になっている様子。
しかし、1階の片隅にもテーブルとコーヒーサーバーが用意されていて、なんとお買い上げのお菓子を食べられるコーナーになっています。しかもコーヒー無料ですって。いよっ、六花亭太っ腹!!

帯広では、生ケーキも売ってるんですよね・・・えへへぇ、ってことで、ケーキを買ってその場で食べちゃいました。ああぁー、美味美味。しかもケーキがお安いのですよ。東京界隈では普通にショートケーキでも300円くらいしてしまいますが200円以下が普通。高くて200円くらいですよ、ホントにいいの?ってくらいです。

e0095468_23221059.jpg

     「実は本店じゃなかった(^^;」

e0095468_23224157.jpg

     「内地じゃ食べられない、六花亭の生ケーキ」

ケーキを堪能して、明日の朝ごはん用に(宿は素泊まり)あんパンとまめパンを購入して後ろ髪ひかれる思いで六花亭を後にします。

明日の朝ごはんはゲットしましたが、さて、今日の晩ごはんは?というと亭主が知った顔で帯広駅方面に向かいます。まあ、数年前までは毎年のように帯広出張していた人なので、多少は知っているのですね。あ、もちろんカーナビのおかげで迷わずに済んだのですけどね(爆)
帯広駅前で「このヘンだったと思うんだけどな」と、みつけたのは豚丼で有名な「ぱんちょう」。
ここで、豚丼をお持ち帰り用に作ってもらって、帯広競馬場へGO!ですよ。
って、同じ日に、サブローも同じお店の豚丼を食べていたのですねえ。気がついてなんだかちょびっと嬉しかった私でした。

さて、カーナビのおかげでぱんちょうの豚丼も冷めないうちに競馬場に着きました。
入場料100円を払うと、当日の入場券の他に、次回招待券をもらえます。こりゃ明日も来るっきゃない。なんて翌日も来たら、なんとまあ、この招待券、シーズン中ずっと使えるんですって。まったく北海道太っ腹です。

e0095468_23354551.jpg

     「ばんばのコース」

最初は様子見で、のんびり豚丼なぞ食べながらレースを眺めていました。
しかし、この豚丼のんまいこと、まあ。
炭火の香りと、しっかり味のついた柔らかいお肉がたまりません。娘たちはあわせて一人分でいいっしょ、と思って3人前しか買わなかったのが悔やまれるくらいです(爆)
[PR]
by kawasaki-marins | 2007-07-31 23:40 | 公営競技 | Comments(2)

雨の城ヶ島

順番が前後しましたが、まぐろ祭り(しつこいって)で、まぐろのソースカツ丼を買って城ヶ島に行きました。せっかくなので海でも眺めて、写真を撮ってみようかなと。

城ヶ島大橋を渡って島に入り、城ヶ島公園へ。
駐車場に車を停めると、娘たちが「にゃんこ!にゃんこ!」と騒ぎだします。
え、と思って良く見ると・・・なんだか、やたらと猫がいました。

e0095468_22282243.jpg

     「にゃんこだあ」 K100D+FA35

しかも、やたらと人慣れしています。きっと、来る人たちがエサやったりしてかまうんでしょうね。
海を挟んで風車も見えました。しかし、残念なことに、雲が多くなって来て、少し霞がかった感じになっています。月曜にかけてお天気が崩れるという予報だったもんなあ。晴れていたら、もっと良かったんだろうなあ、と思いつつ、パシャ。
e0095468_22391952.jpg

     「風車と城ヶ島大橋」 K100D+FAJ75-300mm

公園の案内図です。小さいので文字まで読めませんね。
e0095468_2242482.jpg

     「城ヶ島公園」 K100D+FA35mm

岬の方に行ってみました。岩場では釣りをしている人がたくさんいました。
e0095468_2248364.jpg

     「磯釣り」 K100D+FAJ75-300mm

お天気はどんより。海と空とが同化して、岩場の黒いところと同じ画面に入るとプログラムオートでもなかなか露出が決まりませんね。露出補正をいろいろ試しながら撮ってみました。結構勉強になった気がします。
e0095468_23253315.jpg

     「空と海と」 K100D+DA21mm

潮溜まりにはヤドカリやイソギンチャクがいました。
ヤドカリを捕まえて、写真に撮ろうとしたのですが、なかなか出て来てくれませんでした。
e0095468_2341380.jpg

     「動けよー!」 K100D+FA35mm

おまけ・お昼ご飯はこれ!
e0095468_230223.jpg

     「まぐろソースカツ丼」 K100D+FA35mm

美味美味!

結局、パラパラと雨が降り出してしまい、帰りの時間も考えると早めに帰ろうと、3時前には帰途につきました。帰り道、分かりもしないのに渋滞を避けようとして、三浦半島トラップにはまったことは内緒です。
[PR]
by kawasaki-marins | 2006-10-23 23:08 | へたっぴ写真 | Comments(0)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル