日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:08vsイーグルス ( 24 ) タグの人気記事

いよいよ・・・??

対 東北楽天イーグルス 14回戦[M 8勝6敗] M 7 - 2 E (仙台)
勝/渡辺(俊)[7勝4敗] S/シコースキー[2勝1敗1S] 負/岩隈[12勝3敗]
HR/サブロー[2号]

暑い仙台シリーズ、今日はいよいよ岩隈と対決です。
まあ、昨日一昨日と連勝できましたから、カード勝ち越しは確定なので、もう、相手はイケメンエースですから気楽に・・・と思って見ていましたよ。ボビーもどうやらそのつもりらしく、主力お休みオーダーです。でも、根元とマッチの二遊間ってなんか萌えちゃいますね(^^;;

序盤、なんだか昨日のように両投手コントロールがイマイチ。俊介なんかもうストライクをなげるのに四苦八苦という感じです。
やっぱりこれだけ暑いと何かと大変なんでしょうね・・・

2回裏、先頭のフェルナンデスの当りは大きくバウンドし、本日ショートの根元が捕れず。カバーに入っていたマッチが押さえますが内野安打。続くリックを四球で歩かせると、あっさりと鉄平にタイムリーで1点を先取されます。
しかし、無死2,3塁から、浅いセンターフライでタッチアップさせず、さらに三振、もう一回センターフライと後続を断ち、この回ピンチでしたが最少失点に留めました。

なにしろ相手が岩隈ですからね、ここが1点で済まなかったらもう後の雰囲気代わっちゃったでしょうね。俊介が良くこらえてくれました。

しかし打撃陣は、ランナーを出してはゲッツー、出してはゲッツーで、まともなチャンスになりません。3回表なんて1死満塁のチャンスを作るのですが、ここも根元がピッチャーゴロでホームゲッツー(泣)
パッと見てコントロールも良くないし、球威も良いときほどではない岩隈ですが、ここいら辺はさすがですね・・・すっかり手のウチで踊らされてしまった感すらあります。

それでも中盤以降、俊介もなんとか立ち直りゲームを作ってくれます。
すると7回表。

先頭の大松がヒットで出塁すると、続くベニーがストレートの四球で歩き無死1,2塁となります。もともと今日はあんまり良くなかった岩隈ですが、ここに来てさらに調子がおかしくなってきました。これはチャンスか??
オーティズがひっかけつつも叩き付けた当りは大きくバウンドしながら三遊間を抜けて同点タイムリー。大松、このあたりで良く走りましたね。ノーアウトで同点に追いつきましたよ。
さらに、バントの構えを見せる今江に死球。最初は当ってないという判定でしたが、今江が一生懸命アピールしてました。これで無死満塁・・・ゲッツーの間の1点でもいいから勝ち越してくれ・・・とおもっていたら、本日スタメンセカンドのマッチに変えて西岡を代打で起用です。

福浦じゃなくて西岡というのもちょっとビックリ。
テレビの前で「おまいさんの仕事は、振り回すことじゃないのよ」とぶちぶち言いながら、もうドキドキです。
しかし西岡、ここはきっちりライト線抜ける2点タイムリーで勝越打ですよ。うあ。畏れ入りました。

さすがのノムさんも、ここで岩隈降板、有銘をマウンドに送ります。
するとボビーも早川に代えてサブローを打席に送ります。
代わったサブロー、とにかく振らなきゃとばかりに初球をひっぱたいてタイムリー!
これで4-1と勝ち越します。
お、なにやらいいムード・・・

7回の裏、今度は鉄平のツーベースから代打で登場の草野のタイムリーで1点を失いますが、ここで俊介から川崎に継投し後続は断ちます。
さらに8回裏、1死から山崎の打席でブライアンを投入すると、山崎、フェルナンデスと連続で打取るブライアン。いい感じでしたねー。

9回表、ノムさんは途中でマウンドを引き継いでいた小山から、永井に継投ですが、これがマリーンズに吉とでたようです。
先頭の今江がツーベースで出塁すると、西岡が凡退も、サブローが大きく打ち上げた当りはなにげにレフトスタンドに入っちゃいました。
だめ押しのツーランで6-2と突き放します。
塁上がキレイになったところで、今度は根元がツーベース、タスクが三振するものの、サトが三遊間抜くタイムリーで7-2。だめ押しのだめ押しです。

これで9回はブライアンが続投、あぶなげなくイーグルスの打線を締めて、このカード三タテ、5連勝となったのでした。5連勝・・すごいじゃありませんか。今シーズン、5連勝なんてしたことありましたっけ???

なんかもう、勢いがついてきたようですよ??
ということで、火曜からのマリンでのバファローズ戦ですが、実はBs戦はここまで大きく負け越していますのでなんとかお返ししていきたいもんです。
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-07-13 17:03 | マリーンズ2008 | Comments(4)

あづい一日でした

対 東北楽天イーグルス 13回戦[M 7勝6敗] M 7 - 5 E (仙台)
勝/成瀬[5勝1敗] S/荻野[3勝3敗13S] 負/田中[2勝3敗] HR/

今日は暑かったです・・・午前中は、姉娘の小学校の授業参観がありましたので小学校まで。学校までの道でもうコンガリって感じでした。それでも教室には冷房も入っていて、ちょっとホッとしました。今時の小学校って設備いいですね、どってことのない当たり前の川崎市立小学校ですが。
午前中の4校時を公開していたのですが、そんなに長くいても・・・と、2時間目の国語の授業なぞちらっと。
自分で疑問に思った事を調べて発表する、という授業(というか発表会)で、ウチの姉娘は「ガムシロップ」の名前の由来なんて調べていましたよ。いつの間に(笑)という感じです。原料のアラビアガムが語源だそうですが、アラビアガムがどんなもんだかも調べておけば良かったのにな、という感じです。

帰ってお昼を食べて、試合開始です。
仙台はいいお天気でしたが、我が家の周辺、俄に雲行きが怪しくなり、ゴロゴロとカミナリも鳴りだし・・・あっという間にスコール!カミナリも近所に落ちた感じで凄かったです・・・っと、試合。

今日はイーグルスが田中(将)、マリーンズは成瀬の先発です。
初回のマリーンズの攻撃、先頭の西岡があっさりと三振に倒れたときはいったいどうなる事かと思いましたが、2回の表、サト、大松、ベニーの三連打であっさりと1点先取です。さらに、昨日から一軍復帰、DHでスタメン出場のタスクがサード強襲でレフト前に抜けるタイムリーで2点目。無死1,3塁から今江がきっちりとライトに犠牲フライを打ち上げて3点目、さらに早川が叩きつけた当りは、ファースト付近で大きくバウンドしてライト前へ抜け1死1,3塁。さらに次の西岡の打席で盗塁すると悪送球を呼び、その間にタスクが生還、さらに西岡の当りはファーストゴロも、フェルナンデスの悪送球で早川生還、一気に5点を挙げます。
続く根元がセカンド深いところへの内野安打でしたが、西岡がセカンドから長駆ホームを狙い、さすがにこれはタッチアウト。
この回最後は福浦が三振に倒れ、打者一巡で5点を先取します。

この点があれば楽勝、と思ったんですが、しかし今日は田中ばかりでなく、成瀬もぴりっとしませんでした。
その裏、山崎のツーベースと鉄平のタイムリーであっさり1点を返されます。

すると3回、ノムさんが動きました。
先発捕手の井野を引っ込めて嶋にマスクを被らせます。ベンチで、直立不動でノムさんのお説教を聞いている井野の姿を見ると、敵ではありますが「頑張れよ」と言ってあげたくなりますね。とはいえ、悔しかったでしょうね・・ノムさんのお説教がどれくらいアタマに入ったかな。

それでも、大松の右中間への当りは、処理がもたついた間にスリーベース。大松にスリーベースとは珍しいかも(^^;
で、ベニーがキッチリタイムリーで返してくれました。これで6-1となります。

しかし今日は、両投手どうにもコントロールに苦しんでいましたね。成瀬も右打者のインコースに良い球を決めるのですが、他がどうにもいまいちの感じ、うまく狙われてしまいます。
すると4回裏、1死から山崎にヒットを許すと、続く中島にヒット、さらに鉄平に死球で1死満塁・・・ここから嶋と渡辺直人にタイムリーを許して3点を失い、6-4と追い上げられます。

この後は田中マーくんが悪いながらも立ち直り、ゲームを作り直します。4,5回と四球でランナーは出すもののヒットはなし。特に今日は福浦がさっぱりでした。2併殺はちょっと・・・昨日のリズムの悪さを引きずってたかなあ?
成瀬も、なんとかかんとか6回までそれ以上は点を与えずに乗り切りますが、7回、1死で渡辺直人にヒットを許したところで久保に後を託します。

ソニックは高須にヒットを許してピンチを広げますが、絶不調のリックを打取り、ここでブライアン登場。
ブライアンがフェルナンデスを三振に打ち取ったところはなかなかのもんでしたよ。
8回もブライアンが続投、ここはきっちり、三連続の大塚明へのフライで魅せてくれます。分かってますねえ、守備固めとはいえ、アキラさんの守備見たいですから。

9回、2点差ですからなんとか追加点がほしいところです。
先頭のタスクがヒットで出ると、代走竹原。バントの構えを見せる今江に惑わされたパスボールで2塁に進塁しますが、今江との息があわずに飛び出して刺されてしまいます(泣)
ヒッティングに切り替えて今江がヒット、さらに西岡のツーベースで長駆ホームイン、ほしかった追加点をここでゲットです。

9回裏は荻野が締めます。1点取り返されますが、前任者の教えはきっちり守られているようですよ「逆転されなきゃOK]

真夏の陽気の中、ビジターデイで真っ黒のライトスタンドは暑かったでしょうね。しっかり水分をとってくださいねー。
今日はイーグルスも必死の追い上げを見せてくれましたが、何とかかわせたのは、チームの状態が良いという事なんでしょうか。
なる坊の調子がもうちょっとあがってくれるといいんですけどね・・・

まあ、とにかくこのカードの勝ち越しも決めました。明日は岩隈登場ですから、ちょっと厳しいかもですね。ま、勝ち越したのでOKです。
できる事なら今晩はバファローズに昨日の雪辱を晴らしていただきたいところ。
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-07-12 19:15 | マリーンズ2008 | Comments(4)

記録ラッシュ?

対 東北楽天イーグルス 12回戦[M 6勝6敗] M 4 - 0 E (仙台)
勝/唐川[5勝1敗] 負/青山[2勝3敗] HR/根元[2号またまたランニングHR!]

7月になって、なにやら調子づいてきたマリーンズ、前回の楽天戦の記憶があせないうちに再び唐川くんが先発です。
先週のときはむしろイーグルス・ドミンゴの自滅という感じではありましたが、ピッチングもまずまず、今日は相手が青山に代わり・・・っていうか、青山って初先発なんですか。しょっちゅう見ている感じがするので、なんだか意外な感じですね。

しかし、その青山が思った以上の好投をみせ、唐川との投げ合いとなる試合展開です。
お互い、あまりにテンポ良く投げるもんで、帰宅して、とりあえず野球中継をつけて夕食なんぞ支度して、落ち着く頃には既に6回ですって。30分早く帰ってるのに(^^;;

お互い、なんとかランナーを出すのですが、両投手の、まさしく要所を締めるピッチングで全然試合が動きません。
両チームの真ん中で試合の流れが動けずにいる状態です。それでも7回、今江が上手いプッシュバントで内野安打とか、小技も絡めてなんとか流れを持ってこようと画策を続けるマリーンズ打線でした。
そして8回、青山はもう100球超えてきているでしょうか、先頭打者の根元が四球を選び、無死1塁とします。何とかしてこのチャンスを生かしたいのですが、続く福浦がなんだかソワソワしながら、バントの構えをみせたり、バスターの構えだったりと揺さぶりをかけますが、なんだか落ち着きなく結局三振。挙句の果てには自分でホームベースの土を払い出すのにはちょっと笑わせてもらいました。
しかし続くサトがしぶとく三遊間を抜いて1死1,3塁としたところで、ノムさんは青山をあきらめ、有銘に継投します。
どうにもこの有銘が打ててないような気がしているのですが、それでも大松がライトに大きなフライを打ち上げ、犠牲フライには十分、根元がホームインで貴重な1点を挙げます。

8回裏、1点を取ってもらっての唐川のピッチングが気になります。
先頭の中村のセンター方向への当りは西岡が飛びついて抜かせません。こういう展開で、こういうプレーが出ると、見ている方もそうですが、選手も勇気づけられるんじゃないでしょうか。
しかし、続く高須が上手くライト前に運んだところで、唐川降板です。完投、完封もちょっと気になるところではありますが、球数もちょうど100球だったようです。もう少し点差があったら完投あったかも分かりませんけどね・・・ちょっと惜しいですが、内容は十分なピッチングでした。

マウンドを引き継いだ川崎が、代打中島、続くリックを打取り、いよいよ試合は最終回です。

9回表、先頭のサブローがあっさりと見逃しの三振に倒れますが、本日一軍再登録で久々DHでスタメンのタスクがライナーでセンター前に運ぶヒットで出塁します。今江が気張りすぎてのセンターフライでしたが、続く西岡がライト前に引っ張って2死1,2塁として、セカンドランナーのタスクに代走竹原が送り込まれます。

迎えるバッターは、今日、唯一の長打のツーベースを放っている根元。カウント2-0からレフト方向に上手く運んだ打球に、レフトのリックが飛びつきますがグラブのちょっと先をバウンドして転々と転がって行きます。
その間にもちろん竹原ホームイン、西岡も帰ってきたな、と、ほくほくしていたら、なんとまあ。
根元も三塁まわってホームに還ってきちゃいました。

またまたランニングホームラン見ちゃいましたよ!

今シーズン、マリーンズで4本目のランニングホームランです。最近多いよね・・・なんて思っていたら、チーム新記録なんだそうですよ。確かに、それくらい珍しい記録ですよね。
そういえば、塁上にいたランナー、竹原、西岡って、どっちも今シーズンのランニングホームランを打った人たちですね。

でもこのとき、先週これが出てればサイクルだったのに、しかもランニングホームランでサイクルなんてかなーり珍しい記録でしょ、なんて思っている私もいました(^^;;

まあ、ともかくこの3点がだめ押しとなり、最後は荻野が先頭のフェルナンデスを四球で出塁させるもののゲッツーでしのぎ、無事、唐川くんに5勝目をつけてあげる事ができました。
高卒ルーキーで5勝というのも球団記録なんですって。

今日は序盤〜中盤が淡々とテンポ良く進んでしまって、終盤の試合が動いたところこそ見られたのですが、微妙にもの足りません。
人間、だんだん贅沢になってきているようです(笑)

明日はじっくり見られるといいなあ。なる坊と田中マーくんですから、ここも気合いの入った試合を見せて欲しいもんです。
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-07-11 21:55 | マリーンズ2008 | Comments(4)

U-20頑張る!

対 東北楽天イーグルス 11回戦[M 5勝6敗] M 3 - 1 E (仙台)
勝/唐川[4勝1敗] S/荻野[3勝3敗10S] 負/ドミンゴ[2勝4敗]
HR/根元に出ればサイクルだったのに(笑)

昨日の兄貴分・大嶺くんに引き続き、今日はU-20の弟分、唐川くんが登場です。
交流戦では、デビューからの緊張が後になって出て来たと言う感じで、若干自分を見失いかけていた唐川くんですが、しばらく間があいた機会にしっかり立て直してくれているはず・・・と、期待です。

序盤〜中盤、毎回のようにランナーを出しながらも、それでもしぶとく粘りのピッチング。
ランナーを背負ってのピッチングはどうか、とも言われていましたが、今日は本当に良く粘っていたと思います。でも、おばちゃんはちょっとヒヤヒヤしていましたが(^^;;
昨日の大嶺くんが力でねじ伏せるような印象だったのとは対照的に、カーブをときおり使いながらの上手いピッチング、という印象がありました。
うん、ウチのU-20やるじゃん。

さて、試合の方ですが、初回にいきなり西岡が四球で出塁すると、続く根元が一瞬送るのかと思いきや強打。初回、ノーアウトから送りバントはないやね、とちょっとホッとしながら携帯の小さい画面を眺めていたら、西岡のホームイン&根元の三塁到達、あっという間の1点先取でした。さらに3番福浦も四球で無死1,3塁。サトのショートゴロがゲッツー・・・にならない間に根元ホームインで初回いきなり2点をもぎとります。

すでにドミンゴ自滅という感じ。
とはいえ、2回からのドミンゴをなかなか攻めきれないマリーンズ、4回まで2安打です。
しかし、唐川くんもこの間しっかりと粘ってくれました。今日はちょっと球数も多め、完投行けるかどうか微妙な感じで、実況席もしきりとその辺を気にしていましたね。まあ、昨日の片山の初完封に続き、唐川も初完封つけてあげたい気持ちはあったんでしょう。楽天放送ではありましたが(^^

それでも5回に先頭のサブローがツーベースで出塁すると、早川が送り、西岡凡退も再び根元がタイムリーで待望の追加点です。
5回裏は、先頭のリック、高須と連続のヒットで塁を埋められますが、横川を(昨日のホームランがアタマにあったかのようなバッティング)セカンドへのインフィールドフライ、代打憲史をファーストゴロ、ゲッツーならず、先頭にかえって渡辺直人をセカンドゴロと本当に良く頑張りました。

6回は2死からフェルナンデスを歩かせてしまいますが、この試合初めてのノーヒットの回。でも、それくらい唐川くんがしぶといピッチングをしていたんだと思います。
それでも7回を終わって99球。ボビー、なんだかベンチで悩んでいる雰囲気でしたが、唐川くんに続投させるかどうかで悩んでいたんでしょうかね。

8回、先頭の嶋にセンター前へのヒットを許すと、ボビーはあっさりと交代をコール。ここまで8安打を許しながらも無失点というのは、またなにか得るものがあったのではないでしょうか。日々是勉強、今日は、昨日投げた大嶺くんもベンチで見ていましたね。若い子たちが一生懸命なのは本当に見てていいものです。私も少し若い頃を思い出して・・・アンタガオモイダシテモネエ(^^;;

さて、後のマウンドには川崎があがります。
左の渡辺直人へのワンポイントにはもったいなかったような気もしますが、1死をとりソニックに後を託します。が、ソニックが劇場開演。
結局、1死満塁まで持ち込まれ、フェルナンデスに犠牲フライで1点を返されてしまいます。おーい、これって唐川くんの自責点じゃん。ダメじゃん、ソニック・・・
なんとか、山崎は三振に仕留めて逆転は許しませんが。あーあ、もったいない。

最後は荻野が締めて、久しぶりに唐川くんに勝ちをつけてあげる事ができました。まずはホッとしましたよ、ホントに。
でも、今日のピッチングは本当に良く頑張りました。バッサバッサと斬って落とすというワケではありませんでしたが、要所要所を締めて、しっかりゲームを作ったと思います。こういうピッチングができれば、ローテーションの中で安定して投げて行けるんじゃないかなとも思いましたよ。素人目ですけど(^^;;

次は、大嶺くんにも勝ち星お願いします。昨日は、やっぱり援護がなかった事が一番の敗因ですよねー。
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-07-03 22:34 | マリーンズ2008 | Comments(2)

大嶺くんはじゅうぶん頑張りましたよ

対 東北楽天イーグルス 10回戦[M 4勝6敗] M 0 - 4 E (仙台)
勝/片山[1勝1敗] 負/大嶺[1敗] HR/横川[3号]

今日はいよいよ、U-20(笑)の片割、大嶺くんが登板です。帰宅して、いつものように落ち着かなく画面をチラ見ですが、なかなかいい感じの投球をみせてくれているようです。ストレートがいい感じ。これは、もしかしたら・・・と思わせてくれました。

ところが、世の中そんなに甘くない・・・
イーグルスも3年目という片山の登板、こちらも、なんだか的を絞れず打ちあぐねています。序盤は多少コントロールが甘い雰囲気もあったんですけどね、どうにも打てません。

昨日に引き続き、試合は早いテンポで進んで行きます。
落ち着く頃には既に6回。
1死からサトが四球を選び、サブローがヒットで繋ぐも、ベニーが粘った挙句に三振、さらにズレータは粘る気配も見せず三球三振・・・ズレちゃん困ったなあ。表情を見てると、何とかしたいという気持ちは見えるんですけどね、もうどうにもならなくなっているというか(泣)

しかしその裏、大嶺くんがきっちり三者凡退に打取ります。ここは良かったですね。
まさか次の回にあんな悪夢が待ってるなんて予想だにしませんでしたよ。

7回表、片山の前にこちらもあっさり三者凡退に倒れるとその裏・・・
先頭のフェルナンデスに初球を狙われて右中間抜かれると、さらに山崎も狙い済ましてレフト前で無死1,2塁。リックが送りバントを決めると、高須のピッチャー返しの当りは大嶺くんの足元をかすめるように抜けてポテポテとセンター前にタイムリーとなります・・・
さすがに大嶺くんも動揺したのか、続く横川にはノースリーとカウントを悪くしてからのストレートを狙い打たれました。ライトスタンドに飛び込むスリーランですって(泣泣)
さすがにここで大嶺くんはここで降板、後は伊藤がキッチリと締めてくれましたが、この試合展開で4点はちょっと重いですね。
ピッチャー交代のコールをしてベンチに戻ったボビーも、ベンチを叩いて悔しがっていました。

8回は、なんとか反撃に出たいところですが、ショート渡辺直人やらセンター中村(ってウワサのノムさんの秘蔵っ子って選手ですか)やらが次々と好プレーを繰り出して反撃の芽を摘まれてしまうロッテでした。
その裏は松本→ブライアンと繋ぎ、なんとか流れをつなぎ止めます。9回1死からベニーの意地のヒットがあり、2死から盗塁(記録上はたぶんつかないやつ)とピッチャーの暴投で三塁まで進みますが、結局得点ならず。
片山の初勝利に完封までおまけに付けてあげちゃいました。

大嶺くんは初勝利ならず、どころか初黒星が付いてしまいました。
でも、今日の内容は悪くはなかったですよ。投球のテンポも良く、これだけ締まった良い試合を作ってくれました。7回が悔やまれますが・・・次が見える良い試合だったと思います。

さあ、明日は唐川くん。なんとかいい流れをつくって欲しいですね。
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-07-02 21:38 | マリーンズ2008 | Comments(0)

再びエースの意地

対 東北楽天イーグルス 9回戦[M 4勝5敗] M 7 - 2 E (盛岡)
勝/清水(直)[6勝6敗] 負/朝井[6勝7敗] HR/

今日から7月です。
私の勤務先では、何を思ったのかこの7〜9月は勤務時間を30分繰り上げるということで、普段は9時の始業が、今日からは8時半。
でも、その分終業も30分早まりますから、朝さえ頑張ればあとは、ちょっとでも早い時間に保育園に迎えに行けるし、晩ご飯も少し早めで娘たちも早く寝かしつけられます。
なによりも、7時前に帰り着けますから、普段より少し早めに試合も見られると、イイこと尽くめですよ。30分くらい早まったからって、定時ダッシュが普通に歩いてで良くなったくらいですもの、これくらいじゃ残業なんてレベルじゃないですから。

ということで、今日は帰宅するとまだ3回表。なんだか塁が埋まっててサブローがタイムリーなんていう嬉しいシーンを見る事ができましたよ。
とはいえ、例によって晩ご飯を作りながら、娘たちの話を聞きながらなので、何となく試合経過を追っているだけ、直行がなんともいえず良い顔をしていたなあ、ってくらいでしたか。

やたらとホームインするオーティズが印象に残っていますし、今日は福浦さんとベニーちゃんが大当たり、サブローもニセモノっぽくないから、タイムリーもまぐれじゃないよ、なんて言っていたら5回にもタイムリーと、いい感じです。
その分今度はサトがポコポコ打ち上げていたようですが・・・やっぱり(^^;;

ヒーローインタビューは珍しく福浦師匠。打って当たり前の人ですから、なかなかヒーローインタビューってないんですよね。でも、今日は久しぶりに嬉しそうな良い顔をしていました。弟子たちも育っていますが、やっぱり師匠がお手本をしっかり示してくれないと、ね。

ところで、気がついてみるとイーグルスは「頑張ろう東北」のメッセージをヘルメットにつけていたんですね・・盛岡で、こんなワンサイドゲームをするなんて、やっぱり空気の読めなさは相変わらずですが(^^;;
でも、これはマリーンズから東北の皆さんへの、メッセージ・・・だと思います。

辛い事もたくさんありますが(地震の被害にあわれた方にとっては、野球なんかと問題の深さは全然違うとは思うので、かえって失礼ではありますが)一緒にがんばりましょう!
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-07-01 22:21 | マリーンズ2008 | Comments(2)

エースの意地で連敗ストップ!!

対 東北楽天イーグルス 8回戦[M 3勝5敗] E 1 - 6 M (千葉マリン)
勝/清水(直)[4勝3敗] 負/田中[4勝2敗] HR/

昨日は雨で試合はなし。
連敗中でしたから、いいリフレッシュになるといいんですが・・・と思っていたら、今日の先発は、マリーンズは直行がスライド、イーグルスはドミンゴを飛ばして田中ときました。18番対決です。
唐川対田中というのも見たかったですけど、直行も今年は本当に頼れる大黒柱の仕事をしてくれています。エースと言うのはこういうもんだと言うのを田中マーくんに見せてやって欲しいですよ。ふふふ・・・(なーんてイレ込んでるとまたアレなんですけど^^;)

さて、その直行の立ち上がり、非常に丁寧に投げています。気がつけば4回までパーフェクト、5回に山崎にヒットを許すものの、その後を併殺で打取り、6回までは毎回を3人で打取る見事なピッチングです。

実は、今日は金沢がスタメンマスク。
ベンチではずーっと直行の隣に座って、いろいろ打ち合わせしていたんでしょうね。直行も、マウンド上でもキンちゃんを丁寧にリードするかのような雰囲気、これぞ「エース」ってもんですよ。もう涙が出てきそうです。っていうか5回の山崎ヒットの後のフェルナンデス併殺のシーンでは本当に涙がちょちょぎれていました。もう、最近トシのせいか涙腺が緩くって・・・(^^;;

まあともかく、今日は、キンちゃんにとっても非常にいい経験になったのではないかと思います。

さて、このところ、どうにもリズムが悪かった打線ですが、今日は直行のテンポの良いピッチングに乗せられたのか、いきなり調子がいいですよ。
初回、西岡の内野安打から、最近手堅いボビーは本日2番に根元を入れて、いきなり初回から送りバントです。
なんか、ロッテっぽくないですけど、どうにもならない時はこうやって調子を取り戻していくのもアリかもなあ・・・なんて思ったら。
3番福浦が四球、4番オーティズが三振も、大松がいきなりのタイムリー!!
初回に、田中から1点を奪います。

この所、ぼろ負けはしてるけど、ダルから3点とか岩隈から3点とか、結構イヤな相手から点を取ってたりするんだよなあ、なんて思ってみると・・もしかして今日も、なんてちょっと期待してしまいます。
2,3回は、ヒットを打ちながらも続けず無得点ですが、4回裏、早川、今江と連打で塁を埋めると金沢がデビュー2本目もタイムリーで決めて2点目、さらに根元がタイムリースリーベースで2点を追加、0-4と突き放します。

田中マーくん、実は去年当った時も打ってはいるんですよね。実は結構ロッテ打線と相性がいい・・・のかな???(半信半疑^^;)
さらに5回、直行がヒットを打たれながらも併殺で乗り切った直後、先頭のオーティズ、続く大松と連続ツーベースでさらに1点を追加、ここで田中をマウンドから引きずり降ろします。

・・・もう一人頑張って欲しかったなあ。
実は、今日この時点でヒットを打てていないのが神戸だけ、次がその神戸の打席だったのですよ。
イーグルスは田中をあきらめ、吉崎に継投。
無死2塁のシチュエーションで、ベンチは神戸にバントを命じます。
ギュウくん、大きな身体をかがめてバントしますが、これがピッチャー前に・・あちゃー、嶋の指示通り吉崎が三塁に送球しますが、しかしこれがフィルダースチョイスとなり、無死1,3塁とチャンスを広げました。
が、変則左サイドスローの吉崎をいきなり打てるロッテ打線ではありませんですね、やっぱり(^^;
この後、6回もキッチリ抑えられて吉崎は無失点で立派な中継ぎの役目を果たしてマウンドを降りて行きました。

7回はなんとドミンゴ。
昨日先発の予定でしたから、今日の登板は想定外だったでしょう。立ち上がり。オーティズのセカンド内野安打から高須が悪送球で2塁に進塁、すると、またまた大松がセンター前にタイムリー、オーティズ良く走って生還しました。
なんと大松、これで4打数3安打の猛打賞、しかもすべてのヒットが打点つきという大活躍です。
今日は、大松の他にも7番に下げられた早川が意地を見せての猛打賞です。部長も底は打ったかな。

結局8回までで0-6と大方試合を決めました。
今日の直行なら十分完封も狙えそうです・・・が、そこですんなり行かないのが直行なんですね(^^;;。
7回は高須にヒットを許し、8回も途中出場の天敵・憲史にツーベース、さらに山下にヒットでピンチを招きますがなんとか鉄平のセカンドゴロゲッツーで切り抜けます。
さすがに疲れが来ている感じ、それでも今日は球数も少ないし・・・

と思っていたら9回、先頭の代打・聖澤を本日初の四球で歩かせてしまうと渡辺直人のヒットで進められ、リックのタイムリーで1点を失い、またまた最後の最後で完封を逃してしまいます(^^;;
しかし、ここで2点目ランナーがホームインを狙う所を、レフトからの中継プレーが完璧に決まりホームでタッチアウト!
大松→西岡→金沢の連携が完璧に決まりましたね。
今日はこの他にも5回の山崎のシングルの時の中継も良かったし、先日、大塚→西岡の中継プレーで気になる所があったりしましたが、守備の方もてこ入れされてきたようです。ヨカッタヨカッタ。

そうそう、ギュウくん、まだまだ上手いとは言えませんが、今日は良く取ったね、という当りが2本ほど。松竹ギュウの三人は、いいライバルでお互い成長して行って欲しいもんですね。

ということで、今日のヒーローインタビューは、直行、大松、そして金沢の3人。
なんか不思議な感じがしますが、今日はほんとうにキンちゃん良く頑張りました。

明日のお休みを挟んで、次は東京ドームでファイターズ戦、ここでなんとか踏んばって欲しいですね。
唐川くん先発かなあ・・うーん、見に行きたいけど、平日は厳しいよなあ・・・
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-05-11 16:34 | マリーンズ2008 | Comments(2)

キンちゃんカンちゃん!

対 東北楽天イーグルス 7回戦[M 2勝5敗] E 11 - 4 M (千葉マリン)
勝/岩隈[5勝2敗] 負/小野[2勝2敗] HR/

今日は夕方になって急ぐ仕事が入って、大慌てでなんとか片付けてきましたよ。金曜日でよかった・・・亭主が保育園お迎えですから、多少遅くなっても大丈夫。とはいえ、定時から30分くらいでなんとかなりましたけど。よかったあ。

ところで今日は、神田くんと、なんと金沢くんが一軍にあがってきていますよ。
抹消が呉くんとマッチ。え、マッチ落としていいわけ???うーん。なんか微妙です。
まあ、私はカンちゃんを待っていましたから、ヤホーってなもんです。でも呉くんも、う一回くらいはチャンスあるかと思ったんですけどね。

で、試合の方。
今日は、晋吾と岩隈・・・そういや前回の楽天戦も岩隈にやられてるんですよね。
そんなわけで少々遅れて携帯パラパラを見始めるのですが。

え、なんでキャッチャー金沢???4番タスクじゃなかったの???
どうやら、初回のクロスプレーで脚を痛めた模様です。えええー、ここでタスク離脱は痛すぎるぞ。
そして、キンちゃんの4番デビューというこのドサクサっぽさ。
ここでデビューとは考えていなかったろうなあ、キンちゃん。ドキドキしたろうなあ。

でも、初回に2点を失った晋吾に対して2,3回はキンちゃんのリードなのか、無失点で切り抜けています。もしかしてタスクのリードが(ry

と思いつつ、電車を降り、家路を急ぎます。
帰宅してテレビを見ると・・・

は???

4回表、晋吾が再び4点を失っています。
な、なにがあったんだああああ!!
さらに5回、2死から再び連打されてしまう晋吾でした・・・ぎゅうくんもやっちゃいましたね。ライトのエラーも絡んでさらに1点を失い、7-0と突き放されてしまいました。

さすがにここで投手交代。
も、もしや神田くんはこのために呼ばれたのでは???なーんて思ってみましたが、ここは小宮山登場。しかし、コミさんも鉄平にタイムリーを打たれてこの回結局2点を失い、8-0とかなり厳しい点差とされてしまいました。

6回、小宮山続投しますが、もうパッカンパッカン打たれてしまいます。結局リックの犠牲フライと山崎のタイムリーでまたまた2点を追加。
この回、小宮山は1死だけでマウンドを降ります。
続くのは高木。
ここは、さすが中年の星高木さんです。四球で2死満塁まで持ち込まれますが、無失点でしのぎます。

ここまで、根元が2安打、神戸が1安打とすっかり岩隈の前におとなしいマリーンズ打線ですが、6回裏、神戸、今江と凡退で2死から、少々力が落ちてきたっぽい岩隈のストレートを狙い撃ち、西岡、早川、福浦タイムリー、そして金沢のプロ初ヒットとなるタイムリー、さらに師匠の教えが実を結んだ雰囲気の大松タイムリーと5連打で3点を返しましたよ!

キンちゃん、この打席はものすごく集中していましたね。最後、ストレートかな?しっかり狙っていた雰囲気でした。初ヒット、しかも打点つき、なんかホッとしましたよ。

これで6,7,8,9回と3点ずつ返せれば逆転じゃん(笑)とか思うのは贅沢ってもんですよね。岩隈から点を取って、防御率を上げてやっただけでも良しです、うんうん。

7回表は高木が続投。
しかし先頭打者にヒット、続く打者に四球・・あれれ?
ということころで、ついに神田くん登場です。
っていうか、ここで使うなら、晋吾が崩れたときに出して欲しかったなあ。まだ可能性は残っていたかもしれないのに・・・10-3じゃあ、ちょっと苦しすぎですよねえ。
もしかして先発要員だったりして・・・やむなくここで使ったとか??妄想ですかね(^^;
まあ、こういう状況である程度長い回を頑張ってくれれば(先日の西武ドームでの大沼みたいに)、雰囲気も変わってくれるんじゃないかと、今のマリーンズに絶対必要な人材なんだと、力説するのでありました。

期待通り、7,8回をきっちり抑える神田くん。
7回のゲッツーといい、8回の三者凡退といい、お見事でした。うんうん。おばちゃんは嬉しいよ。

そして9回は伊藤が登場です。
この人、現在少々自信を失っている状況ですね・・四球を出した時の表情が「やっぱり・・」って言う感じに見えちゃいました。
この所、出番が多くて、落ち着くヒマも無いんじゃないかしらんとちょっと気になります。
天衣無縫というか、破天荒というか、ストレートにはものすごく魅力を感じるのですが、コントロールがつかないといかんせん、ねえ。
結局、犠牲フライで1点を献上しています。

イーグルスは、8回まで岩隈が投げましたよ。ノムさんはあんまり球数を気にしませんからね。そういえば延長12回を完投した有銘なんてのもありましたねえ・・
結局、岩隈は8回135球を投げて、後を松本に任せます。

根元が本日猛打賞の内野安打(センター抜けそうなのを松本が足でブロックしてましたよ、上手かったなあ^^;)、ズレータは四球で無死1,2塁から、ぎゅうくんがタイムリーで1点を返しますがそこまで。

この後は、ゴリの良い当りも引っ張りすぎてファールなんてのもありましたが結局3人で抑えられて、今日もやっぱり勝てないロッテなのでした。

でも、ねもちゃん打撃好調だし、ゴリもギッと待って打てるような雰囲気になってきたし、カンちゃんも良くなってあがってきてくれたし、まあ、いい材料が出始まっていますかね。
今日はもう「キンちゃんカンちゃんバッテリー」で、なんだか嬉しい私なのでした(^^;

明日こそ、エース直行に期待してもいいんじゃないかと思ってみたり・・・してもいいかなあ。
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-05-09 22:23 | マリーンズ2008 | Comments(2)

厄落とし

対 東北楽天イーグルス 6回戦[M 2勝4敗] E 11 - 2 M (千葉マリン)
勝/岩隈[3勝1敗] 負/久保[1勝3敗] HR/鉄平[1号]

ホントは今日は雨野が先発でしょうよ、ソニックをちょっとリフレッシュしてあげないと・・・と思ってみたりはするのですが。プロの世界は厳しいですね。

しかしまあ、サトユニには何かが憑いていたのかもしれません。
今まで溜め込んでいた何かを今日放出したのでしょう。まあ、5勝して1敗なら全然OKです。まあ、楽天も岩隈ですからね。浦和マリーンズでは太刀打ちできないのは分かっていますって。贅沢はいいません「これでちょうど良かった」くらいのことを言っておきましょう(負け惜しみ^^;)
そんなことより、今日、寒い雨の中観戦されていた皆様、風邪引かないように気をつけてくださいねー。

さてさて試合の方は・・・
序盤、中盤はソニックも決して悪くなかったと思うのですが、2回、エラーっぽい所と四球がらみで3点を献上。楽天は岩隈がなげてますからね、ちょっと不用意というかなんというか。エース相手にこういうことしてはいけません。なんだか今日は守備が今ひとつ。根元がセカンドで早坂がショートと、昨日とは逆というのも、選手にとっては勝手が違うと言うことはないんでしょうかね。
外野も・・・うん、まあ、アレだ。

それでも4回、無死1,3塁からタスクのタイムリー、続く細谷の内野ゴロで2点を返して岩隈を捉えかかったか、と言う所での根元のピッチャーライナーがあまりにも不運。

結局6回1死から山崎に死球を与えた所でソニック降板。
このとき、なにやら山崎が威嚇するようにソニックに何か言ってたのが気になります。ソニック、めげるなよ!!

ということでこれだけ点を取られてますが、ソニックの自責点は4点なんですよ。防御率13.5が11.25になったんですから。
残りの7点は、ついに炎上、鉄平にスリーランを浴びたアブレイユと、守備の皆様方ですから。
もう、この辺、妹娘が保育園の絵画指導の時間に使う「スモック」(と言っても、大人サイズのTシャツの裾や袖口にゴムを通したものです)なんか作り始まってまともに見ていません、スイマセン。

・・・岩隈の防御率ってば、なんですか0.46って(^^;;

さあ、気持ちを切り替えて次いきましょ。
日曜は東京ドームいくかなあ。

P.S.今日の「目指せスピードスター!」竹原
9回裏2死から代打で登場も三振でゲームセット。
これってもしや、思い出作り・・・(汗
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-04-17 22:17 | Comments(2)

祝・初ホームラン、角中!

対 東北楽天イーグルス 5回戦[M 2勝3敗] E 1 - 2 M (千葉マリン)
勝/清水(直)[2勝2敗] 負/ドミンゴ[2敗] HR/角中[1号(プロ初)]

例によって、序盤は携帯パラパラ中継。しかし、そんな小さい画面でも直行のストレートがいい感じなのがよくわかりました。
これなら今日は大丈夫。安心していたら・・・

携帯のバッテリーが切れちゃいました(泣)

そんなわけで、記念すべき、角中くんのプロ初ホームランはリプレイで見るはめに(トホホ
でも、期待している選手のメモリアルですから、なんだかとても嬉しいですね。

それでもだましだまし、公式の速報でチェックしていたら・・・あれれ、2回表に追いつかれてしまっていますよ。山崎を歩かせ、磯部がヒット、そして山下がタイムリーですって。むむ?まさか初回だけで力尽きたわけじゃないよね、直行。(心配)

妹娘の帰り支度をせかしながら帰宅すると3回裏、サトが凡退でチェンジするところ。この感じは、直行が調子良く切り抜けたはず。
期待の通り、4回はランナーを出しながらも併殺で乗り切ります。
5回も、根元の悪送球と四球でランナーを出しながらも、最後はきっちりゲッツーで乗り切ります。今日は、前回と違って、気合いを表に表す直行でした。1勝して、多少気持ちにも余裕ができてきたのでしょうか。

さてさて、5回裏、それまでドミンゴを打ち崩せずにいたマリーンズ打線でしたが、ひとつのプレーをきっかけにドミンゴを攻め込みます。
先頭の早坂が、カウント追い込まれながらもファールで粘ります。レフト方向に飛んだファールフライをイーグルスのリックが追いますが、3塁側FWSのフェンス際にいた少年がリックより先にキャッチ!リックに小突かれちゃいましたが、ちゃんとFWSのエリア内でしたよ(笑)
おかげでアウトひとつ助かった早坂。
次の球をきっちりとセンター前に返して攻撃の足がかりを作ります。早坂くん、あの少年になにかお礼をしとかないとね(^^
この後、根元が送り、角中が四球を選ぶと、サトは凡退、しかし本日4番の大松が引っ張った当りはライト線を抜けるタイムリー!
早坂が勝ち越しのホームを踏みます。

8回、楽天ベンチは先頭打者の藤井に代えて憲史を送ってきました。去年は散々この人にやられた記憶があるのですが、今日はきっちり打取ります。しかしまたまた根元の悪送球でランナーを出し、四球でランナーを溜めますが、フェルナンデスの当たりは守備固めに入っていた大塚のグラブへ。

直行、切れないピッチングです。根元の悪送球はまあアレでしたが、守備の良い動きも引き出していたような気がしましたよ。テンポのいい投球というのは、やはり無駄球のない組み立てと言うことなんでしょうね。今日は早めに追い込んで主導権を握る感じでハラハラせずに見ていられました。
これぞ、エースの貫禄です。

9回も、三者凡退に打取り、2試合連続の完投勝利。
エース直行が本当に帰ってきてくれました(感涙)
これでこのカード勝ち越し確定。サトユニ5連勝ですって・・・いや、もう、どうしましょ(^^;;

今日のヒーローインタビューは、直行、角中、大松の3人。
角中くん、緊張してなのかちょっとどもり加減、なんとも初々しいです。

大松&角中って、中学校の野球チームの先輩後輩なんだそうで、このあと、スタンドに二人で出現していましたよ。ホームランボール取れた人、ぜひとも角中くんに返してあげてくださいね。

P.S.今日の「目指せスピードスター!」竹原
今日も出る幕なし・・・竹原あ・・・
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-04-16 21:41 | マリーンズ2008 | Comments(2)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル