日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:08vsファイターズ ( 25 ) タグの人気記事

まさに熱戦

対 北海道日本ハムファイターズ 24回戦[M 12勝12敗] M 1 - 2 F (札幌D)
勝/ダルビッシュ[16勝4敗] 負/小林(宏)[5勝12敗] HR/田中(賢)[11号]

コバヒロ対ダルビッシュ、今シーズン三度目の正直。
序盤は携帯でチェック・・・でしたが、予想通りの投手戦でポンポンテンポ良く進んで行きます。
帰宅して既に4回裏、両投手譲りません。
着替えたり晩ごはんの支度をしている間にトントンと試合は進み5回表、1死からタスクが左中間まっぷたつのツーベースを打つも、大松がバットをへし折られたセカンドライナーであえなくゲッツー・・・この回、先頭のサトもバットをへし折られていました。ダルの球も相当力が入っています。

6回裏、鶴岡、金子誠と打取ったものの、ちょっと目を離した隙に田中賢介にホームラン・・・ああっ、相手がダルなんだから1点が厳しいです。
しかし7回表、2死から福浦師が粘って四球を選ぶと、続くサトが変化球に上手くあわせてレフト前、福浦師もスタート良く1,3塁とします。
そして迎えるのは「ダルキラー?」タスク。
ここで打ったら「?」を外してあげるよ、なんて思っていたら!!!

ホントに打っちゃいましたよ、ライト線へのツーベース!!
もちろん福浦師生還で同点とします。ホント、ダルキラーですよ。タスクってばスゴい!!
サトは三塁オーバーまででしたが、2死2,3塁。ここで大松ですが、150km/h級のストレートの後の緩い変化球で翻弄されてあっさり三振でした。ここはまだまだ師匠を見て精進されたし。
とはいえ、取られたら取り返す、なかなか良いじゃありませんか、マリーンズ。

その裏、高橋信二を塁に出し2死1塁から、小谷野のピッチャー返し、センター前に抜けるかという当たりを西岡がすっ飛んできての好捕。すかさず二塁に入ったオーティズにトスでチェンジです。これは見事でした、ツヨ。これが出来るのはツヨの凄いところです。(でも、普段も丁寧にね^^;)

しかし8回裏、先頭の糸井がレフト線際に落ちるツーベースで無死2塁とされます。鶴岡が送ってくるのをキャッチャーフライに打取りますが、続く金子誠に代えて坪井が代打に送られます。2ストライクまで追い込みますが、ライト前に運ばれてしまいます。
サブがチャージをかけての返球でランナーは三塁ストップ、1死1,3塁。
ここでイヤーな田中賢介です。正直、歩かせてひちょり勝負で良いじゃん、って思ったんですが、マリーンズ、ここは勝負にきました。
打取った!という当たりはセカンドの塀内が一瞬前に落としますが拾い直してホームに返球・・・しかし、糸井のスライディングが早く、ホームイン。1-2と再び勝ち越されてしまいます。ああ・・・

最終回9回表は吼えるダルの前にあっさりと三者凡退。

試合時間は2時間半、しかも落ち着いてみられたのは6回からですが、それでも見ていて充実感のある試合でした。コバヒロも、胸を張っていい投球だったと思います。
ファイターズの得点だって、出会い頭の事故みたいなのと、ほんの少しのミス・・・ウチはちゃんとタイムリーですからね(フンフンッ←鼻息)

・・・うう、やっぱ悔しい。

残りマリンでの3試合、もう全部勝つしかありません。
頼むぞーー!!
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-09-29 20:54 | マリーンズ2008 | Comments(4)

成瀬の意地を見た!

対 北海道日本ハムファイターズ 23回戦[M 12勝11敗] M 4 - 1 F (札幌D)
勝/成瀬[8勝6敗] S/荻野[5勝5敗29S]負/建山[1勝2敗2S] HR/

さあ、いよいよ天王山、ここが勝負の札幌ビジター2連戦です。ええ、もちろん我が家のお昼はシャウエッセン(笑)しかし、亭主が寝くさってるのに2袋全部ゆでたのは多すぎたようで、まだ3本ほど残っていました。これが苦難の始まりか・・・(違)
試合が始まってもまだ寝くさってる亭主、別に風邪引いたわけでもないのにまったく何を考えているのやら。ま、起きてたら競馬を見たがってうるさいので、寝てるを幸い、速攻野球中継です、もちろん。

ということで、札幌ドーム。
今日は成瀬と藤井の先発です。決して藤井には抑えられているイメージはないので、なんとか打ち崩せるだろうと、すいません、開始前はタカを括っていました。
初回も、例によってツヨシが狙った風の外野フライで倒れるものの早川がヒットで出塁、サトのショートゴロはゲッツーかと思いきや送球が若干逸れてオールセーフ。いきなりチャンスです。
しかし、今日はこの後のズレータ、オーティズがブレーキ・・・得点ならず。
藤井も今日は気合いが入っていますが、素人目にもちょっと甘めに来る球も多く、打てるぞ、とは思ったんですけどね。
2回は先頭のサブローがヒットで出塁するも後続が続かず。でも、今日のサブちゃんはいい感じにホンモノですよ。
しかし3回、ツヨシが痛い脚を引きずりながらもヒット、サトも続いて塁を埋めますがズレータが併殺、4回もサブちゃんがサードのグラブを弾く強襲ヒットで塁に出るもののベニーが併殺・・・どうも、ズレちゃん、オーちゃん、ベニちゃんと助っ人三人がいけません(泣)

対して成瀬は、序盤はほぼ完璧なピッチング。スライダーが良いところに決まるんですよ、これが。1,2回を三者凡退、3回も1死から高口にボール球をヒットにされてから金子誠に四球、さらに牽制ミスで2,3塁とされますがなんとかかんとか後続を断ってピンチを脱します。
4回は先頭の稲葉を歩かせるもののその後は締めて得点許さず。
去年の悔しさは忘れられないよね、と、見ているこちらも力が入ります。

ところが5回裏・・・先頭の陽を三振に仕留めると、続くのは先ほど無理矢理ヒットを打たれた高口。
あんなヒット、出会い頭なんだからビビるんじゃありません!
って言ったんだけどなあ、札幌ドームには届かなかったようです。
なんだかとても投げずらそうななる坊、結局高口を歩かせてしまいます。今日は守備が冴えない金子誠も三振に打取り2死としますが、その間に1塁牽制するもののやけっぱちで盗塁しちゃいました的な盗塁で2塁に進まれ、さらに田中賢介の打席では暴投でランナー三塁まで進まれてしまいます。
あー、ロッテキラー田中賢介だ、ヤバい・・と思った刹那、キレイにセンター前にタイムリー。
なんて事ですか、ここまで1安打7三振と抑えてきたのに、先取点を取ったのはファイターズですよ。如何にもヤバい展開になってきています。
それでも何とかここは1失点で切り抜けるなる坊でした。

6回表も1死からサトがヒットで出塁、ズレータの当たりは今日はなぜか守備に冴えがない金子誠をついての内野安打で1,2塁とします。続くのはオーティズ、そしてその次は今日はツキも来てるっぽいサブロー、三振でアウト増やしても良いから、なんとかサブに繋いでくれ、という願い空しくオーティズが見事なゲッツーに倒れます。なんてこったい。

それでも必死に投げる成瀬。5回の失点でちょっとドキドキしたのですが、その後はしっかり立ち直ります。表情もなんだか大人になった気がしましたよ、なる坊。(でも"坊"呼ばわりですか^^;)
6回は三者凡退、7回もオーティズのエラーでランナーを許しますがキッチリ締めて追加点は許しません。

この辺でようやく起きてくる亭主、全く何を考えてるんだか・・・と「腹減った」と残っていたシャウエッセンを平らげてくれました。どうやらこれでツキが変わった?なんてことはありませんよね(笑)

8回からは疲れが見えてきた藤井に代えて建山に継投のファイターズ。でも、ここは建山でラッキーと思う私ですよ。だって、この所の建山は連投じゃございません事?そろそろ三連投か四連投来てるでしょ?苦手な建山でもひょっとしたら・・・
と、良い予感が大当たり!
先頭のツヨシが凡退も、早川のショート深いところの当りは余裕の内野安打、さらにサトのピッチャー返しは建山のグラブを弾きこれも内野安打、ラッキー!
ここで、ズレータに代えて福浦を送るボビー、俄然ライトスタンドの黒い人たちも盛り上がります。
福浦師は期待に応えて初球を振り抜き、これが一瞬行ったか!という当たりでしたがライトフェンス直撃、しかしタイムリーツーベースで早川が生還、同点に追いつきます。
なおも1死2,3塁とチャンス、今日のドツボのひとオーティズに代えてタスクは敬遠されて、本日いつの間にか猛打賞のサブちゃん!
もちろん、ヘルメット叩いて気合いを入れていたと思われます(見てないけど^^;)
サブローは初球をなめんなよタイムリーでレフト前。あっさりと逆転しました。
続くベニーは内野フライで凡退でしたが、左の大松を打席に迎えて、ファイターズは左腕の武田勝をマウンドに送ってきました。
そういえば、4月の生観戦の日が本当は勝くんだったんだけど、このときにケガして急遽スウィーニーだったんだっけ・・とか懐かしく思い出してみたりしていると。

左投手だからってボビーってば大松に代えて大塚を代打に出してきましたよ。何それ。
なんかもう、私の中ではお笑いマリーンズになっていましたよ。
でも、この起用が大当たりなんだからボビーマジックです。相性のデータでもあったのかしらん?
とにかくも大塚が2点タイムリーで4-1と突き放します。
ここに来て調子を上げてくるのは、さすがロッテのDNA。(まあ、プライベートは大変だったみたいですが・・・)

この後は8回を川崎、9回を荻野が締めて出来上がりです。
とはいえ、荻野くんの先頭打者をとにかく出すクセ(クセなのか?)は何とかして欲しいですよぉ・・・特にタスクの逃げ系リードだと、自分をどんどん追いつめているような気がするのは素人の気のせいでしょうか??

藤井を打ちながらも点が取れなかった事とか、守備が相変わらずへたっぴいだとか、気になる事は多々ありますが、ここまで来たらとにかく勢いでもツキでも、使えるものは何でも使って勝ち進むのみ!
もう、後はトーナメントと一緒ですよ・・・

とはいえ、明日はダルビッシュが出てきちゃいます。マリーンズはコバヒロで、開幕カードの再現。今度は気合いで投げ勝つんだ、コバヒロ!
ここで意地を見せて欲しい、とにかく、気持ちだけは切らさないで、後先考えなくて良いから力一杯投げて欲しいです。
幸い、中継ぎ陣は多少余裕が出てきていると思われますし、後は任せて、今だけ考えて投げるんだ!

とにかくシビレる試合が続いています。気合いだけは負けるな!
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-09-28 17:33 | マリーンズ2008 | Comments(4)

こんなもんですか、直行。

対 北海道日本ハムファイターズ 22回戦[M 11勝11敗] F 0 - 3 M (千葉マリン)
勝/清水(直)[10勝8敗] 負/藤井[2勝7敗] HR/里崎[13号] 今江[11号]

日が暮れるとコオロギが鳴きだす季節だというのに、なかなか借金を返しきれないマリーンズ、悔しい思いを積み重ねて3連敗してしまいました。
今日は、直行。
今年の直行はまさにエースというのにふさわしい仕事をしてくれています。ここで踏んばって欲しい、と期待通りのピッチングを見せてくれましたよ。

今日は、ファイターズ藤井の立ち上がりを攻めて、マッチの脚をからめてズレータのタイムリーで先取点ですって。この辺、携帯チェックでしたが、なかなか幸先が良さそうです。
帰宅してテレビをつけると、サトのバックスクリーンへのホームラン!
ちょっと遅れましたけど、「ただいま」のあいさつ代わりの一発ですね。無事な姿で帰ってきてくれただけで、もう十分ですから。ツヨ坊が心配ですけど・・

3回は直行ちょっとバタバタと四球二つでランナーを出しますが、丁寧なピッチングでしのぎます。
今日は、珍しく守備も良かったですよ。アヤシイ動きながらズレータが一生懸命に守っているのがホント可愛らしいです。

0-2のまま、なんとか追加点が欲しいなあとおもう5回、2死ながら今江がレフトスタンド上段に運ぶ大きなホームランです。これはありがたい追加点。ゴリちゃんも完璧に捉えて良いスイングでした。これで0-3と差を広げます。

この辺から、Jスポ実況席が「大記録」「大記録」と気にしはじめます・・・ええ、ここまで直行はノーヒットに抑えているのですよ。言わなきゃ良いのに・・・
と、思った通り。7回2死から、小谷野が詰まった当りながらセンター前に落ちるヒット。あーーー、残念!!
でも、直行は丁寧なピッチングで後続を断ち、とりあえず完封は継続です。
まあ、ロッテ的には逆転されなきゃOKですから(^^;

6回を終わって、藤井秀悟が花束をもらっています。1000投球回を達成ということで、いつの間にかこの人もそんなになるんだなあとちょっとしみじみ。とはいえ、こないだのコバヒロの時もそうでしたが、メモリアルの試合を負けるのは残念ですね。なんて同情している場合じゃない、マリーンズは勝ちたいのよ。

7回に先頭の竹原の三塁線の当たりがベースに当りライト前にはじかれます。ラッキー!と思いましたが、解説のギャオスいわく、抜けてればツーベースだと・・・う、確かにそうかも。続く正人が、今日はキッチリ初球で送りバントを決めて1死2塁。先頭のマッチにかえってセンター前に抜けるか!という当たりを金子誠がファインプレーで取ってショートゴロになっちゃいます(泣)結局ここは無得点。

しかし8回は先頭の金子誠にマッチがお返し、ライト前に落ちるかと言うテキサスヒットコースの当たりをキッチリ追いかけて捕りました。これはテレビの前で思わず拍手。さらに、2死から代打・高橋信二のライナー性の当たりはレフトに移動したベニーちゃんがランニングキャーッチ!!
これも良く捕ってくれました。最近、守備がアヤシイベニーちゃんですが、元々はそこそこ守れてたという事を思い出しましたよ。

9回表は先頭のひちょりを打取るものの、工藤をストレートの四球で歩かせて1死1塁、さらに田中賢介に1,2塁間を抜かれるヒットで2本目のヒット。ま、1本も2本も一緒ですけど・・・なんて思ってたら、ありゃ、ここで稲葉ですって。
ランナー2人でここで一発でちゃうと同点・・それだけは無しでお願いしたいです。

できれば完封して欲しいけど、でも1点ならせめて完投・・・とにかく勝ってくれればそれで十分・・・逆転されなきゃok・・・だんだん弱気になる私(^^;;;
でも、稲葉をファーストゴロ、ヒットを打ってる小谷野をファーストファールフライで打取り、見事完封勝利でした。

ロッテもやればできるんじゃん。
とはいえ、3点のうち2点がホームランというのはちょっと気にならなくもないのですが・・ま、景気づけということにしておきましょう。

今日は夏休み最後のマリン、最近では学校ごとに夏休みの日程も違い、我が家の姉娘は明日から学校です。それに配慮してくれたのか(違うって^^;)早めに終わってくれたので、今日は早く寝かせることにしましょう。
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-08-28 21:16 | マリーンズ2008 | Comments(0)

気持ちの強い方が勝つ

対 北海道日本ハムファイターズ 21回戦[M 10勝11敗] F 1 - 0 M (千葉マリン)
勝/グリン[5勝13敗] S/Micheal[2勝1敗21S] 負/久保[2勝6敗] HR/

2日続けての悔しい負け。
ソニックも好投していただけに、本当に悔しいです。味方が点を取ってくれなきゃ勝てませんよね、そりゃ。

スイマセン、今日はウチのプリンタの共有にあーでもないこーでもないとやっていたので、なんとなく眺めていただけで、試合の展開はひとつもアタマに入っていません。ソニックの、5回表、2死からの四球がただただ、悔やまれます。あそこでカサにかかって攻めきれないのが気持ちの弱かった部分なんでしょうか。

でも、7回、根元がグリンに三振を喰らってグリンがハデにガッツポーズを決めていたのは印象的でした。
ソフトの上野投手ではありませんが、気持ちが強かった方が勝つということなのでしょう。ネモちゃん、三振して苦笑いじゃダメです。

それと、9回裏、マッチがバットを振れずに見逃し三振も悔しかったあ・・・中島とマッチじゃ、キャッチャーとしての格が違うという事をまざまざと見せつけられてしまいましたね。

とにかく、ここで三タテは悔しすぎるので、明日は直行に頼むしかないです・・・
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-08-27 23:51 | マリーンズ2008 | Comments(2)

ゴリちゃん誕生日ヒーローならず

対 北海道日本ハムファイターズ 20回戦[M 10勝10敗] F 3 - 2 M (千葉マリン)
勝/スウィーニー[11勝3敗] S/Micheal[2勝1敗20S] 負/渡辺(俊)[11勝5敗] HR/

今日は、姉娘の習い事で、発表会の舞台練習があったため、いつもより遅めの帰宅でした。そんなわけで、試合は4回裏あたりから。
試合は0-2でリードしていますが、どうにもスウィーニーに打取られるシーンばかり・・・うーん、厳しい試合です。
晩ご飯を支度したりとバタバタしている間に、あれよあれよと田中賢介、今日から復帰の稲葉、しっかり留守番していた小谷野、と、三連打で逆転されてしまいました。
うーん、ちらっと見ていた限りでは俊介もそんなに悪いという感じでもありませんでしたが・・・この後を伊藤がボッツ三振、糸井をレフトフライと打ち取ってなんとか1点差に留めます。
伊藤くんも、少しずつプロっぽい顔になってきましたね。力はあるんですから、もっと場数を踏んで自分のペースを掴めれば飛躍のきっかけになると思っていますよ。うん。

さて、試合の方ですが、先取点のタイムリーを打った今江が7回、2死ながら四球で出塁したタスクを一塁においてツーベースで2死2,3塁とチャンスを作りますが、代打で登場のベニーが粘るもののスウィーニーの前に三振・・・

9回も、マイケル登場も先頭の大松、サブローと連打で無死1,2塁とサヨナラのランナーを出してチャンスを作ります。しかしタスク三振で1死。バースデーヒーローを狙う今江に打順が回りますが、ここは力みすぎたのか、レフトフライに倒れます。
なんとかせめて同点に追いつきたいマリーンズベンチ、ここで正人に代えて掘を代打に送ります。堀はここで期待に応えて、粘りに粘った挙句三遊間を抜くヒット!しかし、好返球で2死満塁となります。

俄然盛り上がるライトスタンド。大チャンステーマに変わります。
最後、最高に盛り上がるシーンで打席に入るのは根元・・・すいません、一瞬ですが、ランナーがいると弱いよなあと思ってしまいました。こんな弱気じゃいけませんよね・・私の弱気が伝わってしまったのか(そんな事はないって^^;;)、初球を叩いた当たりは力なくショートゴロに終わります・・・あー・・・

なかなか借金を返すのは大変です。ふう。

ところで、オリンピック代表組が続々と復帰、この試合もサトと稲葉が出場していましたが、西岡は一軍登録すらありませんでした。どうも、ケガが心配です。
今日も、あの場面でツヨがいたら・・・とか思っちゃうということは、なんだかんだ言ってやっぱり頼りにしてるんですよね。

あーもう、もう一押し。もう一歩が足りません。
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-08-26 22:35 | マリーンズ2008 | Comments(0)

ドーム名物(笑)

対 北海道日本ハムファイターズ 19回戦[M 10勝9敗] M 6 - 3 F (東京D)
勝/清水(直)[9勝8敗] S/荻野[4勝4敗20S] 負/藤井[2勝6敗]
HR/今江[9,10号] 竹原[3号] 塀内[1号]

昨日は微妙な、というか嫌な感じの負けかたでしたので、11連戦の最終はなんとか勝って星を五分に持ち込みたいところ。大事な試合にエース直行がまわってきました。
ファイターズは藤井秀悟。なんか打てそうな気がしなくもありませんよ、うふふ。

ということで帰宅して真っ先にテレビをつけると3回表。携帯で初回に先制していたのは見ていたのですが、あれ。1-2と逆転されているじゃありませんか。おや?
今日はまだ直行が崩れる日じゃないはずなんですが・・

しかし、着替えたりしているうちに4-2と再逆転、あれれ、なにがあったの?と思ったら、今江のレフトスタンドへのソロホームランと、本日5番の竹原がライトスタンドへのツーランですって!
右打者の竹原がライトスタンドですから、やはり調子を上げてきているようですね。先日から、守備も頑張ってくれていますし、もともと選球眼は良さそうですが、打率は悪くともかなり出塁してくれていますし、地味ながらも頑張っているのが良くわかります。
っていうか、試合を見始めたときに映っていた投手の斜め後ろからの姿を見て、あれ、藤井太ったんじゃない?とか思ったのは内緒です。既に坂元に継投されていましたとさ(^-^;;
この後はキッチリ坂元に抑え込まれているマリーンズ打線でした。あー、もしかしてイイところと見逃してしまったのか・・トホホ。
まあ、勝ってるから良いんですが、さらに坂元から建山って・・・嫌なピッチャーがどんどん出てきますよ。

とかなんとかやってるうちに回は進み、今日は掘さんの2000試合出場のメモリアルだそうです。同年代としてはなんだかしみじみしちゃいますね・・あとはヒットを1ぽんでも余計に積み上げて行って欲しいですね。目指せ2000本!

3回裏からは直行もキッチリ立て直し、3〜7回をヒット1本で抑える好投です。2点取られたのが惜しい、と思わせる投球。完投も行けるかなと思いましたが8回、先頭の稲田を今江のエラーで出塁させてしまうと、続くひちょりにヒットを許してしまい無死1,2塁とされたところで川崎に継投です。
まあ、多少は休めたでしょうし、明日からはまた少し日程が開きますからここは頑張ってもらいましょう。

と、送りバントで1死2,3塁、田中賢介は打取るものの小谷野にタイムリーを許して4-3と1点差に詰め寄られます。続くボッツはカウント2-3まで粘られますが空振り三振に取ってここはなんとか火消し完了。

すると9回表、ファイターズは武田久が出てきます。それに対してマリーンズもマッチに代えて塀内を代打に送ると、なんとまあ。塀内がレフトポール際に飛び込むソロホームラン。まだ頭の絆創膏は取れない塀ちゃんですが、だんだん絆創膏も小さくなってきているようなので一安心です。さらに今江が本日2本目のソロホームランをレフト中段に持って行きましたよ。さっきのエラーは帳消しでおほほのほ、です。
ということで勝負有り。

あとは、オリンピックのソフトボールのオーストラリア戦がそれはもう大変な事になっていたのでそっちを見ていましたよ。
エースの上野投手が本日2試合目の登板、なんと300球以上投げているそうです。
試合は延長、タイブレーク(イニングの頭からセカンドにランナーがいる状況で開始されます)となり毎回がヒヤヒヤの展開。11回表にタイムリーで勝ち越されますがその裏こちらもしぶといポテンヒットで追いつき、ついに12回裏は1死満塁からのサヨナラタイムリー!!
何と言っても上野投手の気迫が素晴らしかったです。しかし、変則ダブルヘッダーで両試合登板って・・・ソフトボールとはいえ無茶すぎです。
明日も試合があるわけですが、大丈夫でしょうか・・ここまで来たら、とにかく悔いが残らないよう精一杯のプレーをしてきてくださいと言うだけですね。

さて、野球の方は現在アメリカ戦の試合中。9回まで来てまだ0-0、日本代表は現在、川上憲伸が投げています。これも延長か・・・
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-08-20 22:21 | マリーンズ2008 | Comments(0)

弱気というかなんというか

対 北海道日本ハムファイターズ 18回戦[M 9勝9敗] M 0 - 4 F (東京D)
勝/グリン[4勝13敗] 負/小林(宏)[3勝11敗] HR/ボッツ[3号]

あー、ようやっとインターネットに繋がりましたよ。亭主の言ってる設定じゃないんだもの。まったくもう、アテになりませんってば。

昨日は俊介の好投で連敗をストップ、なんとか今日は勢いに乗って行きたいところですがここでカードが変わり、今日からファイターズ戦、東京ドームです。今年はなんだか東京ドームのおつきあいが多いですね。とはいえ、平日だとなかなか行けませんが・・・ま、テレビで見てますけどね。

先発は、マリーンズがコバヒロ、ファイターズがグリン。今シーズンなかなか勝てずに苦しんでいる顔合わせとなりました。
帰り道、雨が降り出して大慌てでしたので、携帯チェックもままならず、帰宅すると2回裏が始まるところ、コバヒロすでに1点を失っています。
なにやら、コントロールも定まらず。バタバタしているうちにいつの間にか2点目を取られていますが・・・横目で見ているだけでも何か元気がないのが良くわかります。
四球も多い感じで、バックもなにやら締まらない・・・塀ちゃんだのマッチだの、一生懸命やっているのはわかるのですが、どうにもテンポが悪いんですね。
こりゃ、どう見ても勝てる雰囲気ではありません。
5回まで0-3なら、ワンチャンスをつかまえられればひっくり返せない点差ではないはずなのに、どうしてか勝てる気がしませんでしたもの。こりゃかなり重症です。

打線の方はというと・・・なんか去年の対グリンを彷彿とさせてくれました。要するに、打てません。
ランナーを出してもゲッツー。グリンは必死に投げているのがテレビの画面越しにも伝わって来ました。いつもなら、ランナーを出してイライラし始めるのが、今日は自分で一生懸命にコントロールしている様子が良くわかります。
なんかもう、グリンを応援してあげたくなってしまうような健気さ・・・

対する我らがコバヒロは、制球が定まらずイライラしている様子がハッキリわかります。まるで、グリンと入れ替わったようでしたよ。

結局、グリン→武田久→マイケルとお約束で完封リレーされちゃいました。
ネットワークの設定があーでもないこーでもないとバタバタしながらでしたが、どうにもコバヒロが重症というのは良くわかりましたよ。
メンタルの面が問題だとおもわれるだけに、きっかけが無いかぎり持ち直しそうにもありません。困りましたね・・・
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-08-19 23:58 | マリーンズ2008 | Comments(2)

敵ながらあっぱれ

対 北海道日本ハムファイターズ 17回戦[M 9勝8敗] M 5 - 2 F (札幌D)
勝/大嶺[1勝2敗] S/荻野[3勝3敗15S] 負/ダルビッシュ[11勝4敗]
HR/橋本[5号・満塁!]

今日はいつもより多少早く帰れて、試合開始からテレビ見られちゃいましたよ。うふふ。
なんてったってダル対大嶺、これからが楽しみな対決です。

初回、西岡がヒットで出塁、ここでノーヒットノーランは無いぞ!と相変わらず弱気な私。根元、福浦と内野ゴロ凡退ですがそれぞれ進塁打となり2死3塁。ここで4番、キャプテン・サトだったのですが、釣り球に手をだしてあっけなく三振。
ダルビッシュの制球があまり良くなく、球数がかかっていたのでここはチャンスだと思ったんですけどね・・・

対する我らが大嶺くんは初回からいい感じです。投球の力強さが増してきましたね。
1,2回と三者凡退、3回も四球は出すもののしっかり後続は断ちます。

今日のダル、序盤はイマイチ良くありません。この間に点を取れれば、もしかして可能性はあるんじゃないの?と思いつつ見ていると4回、凄いことになりましたですよ。
先頭の根元が四球を選ぶと、福浦師がヒットで無死1,2塁。サトはどうかなーと思ったら、詰まった当りが幸いして三塁線切れずに転がる内野安打でなんとまあ無死満塁ですって。
しかし、大松、今江と連続三振。さすがにここはダルも気合いが入っています。153km/hなんて凄いストレートがビシビシ来ますもの。こりゃ、無死満塁から三者連続三振というロッテ得意のアレを見せられてしまうのか・・・なんたってダルが相手だもんなあ、と弱気にタスクの打席を迎えていました。
今日のダルのコントロールはダメっぽいから、よっぽど振らずに立ってる方が良いんじゃね?なんて思っていた私を許してください、タスクさん。
なんとまあ、インコース低めのストレートを上手くさばいた打球はずどーんとライトスタンドへ!!
タスク、今シーズン2本目のダルからのホームランはなんとまあ、満塁ホームランですって!!

おおおーーーー!!!

タスクぅーーーー!!!

これで一気に4点のリードを奪います。
昨日の時点ではかなり諦め加減だった大嶺くんの初勝利が見えてきちゃいましたよ。
ダルもさすがに少々気落ちしたのか、タスクの直後のサブローを歩かせ、早川にもヒット!で、攻撃が続くかと思われましたが、早川が2塁を狙った走塁は惜しくもアウト。狙いは良かったと思いますが、残念。ここでたたみかければ、もしかしてダルをノックアウトも、と一瞬思ったんですけどね。

しかし、一筋縄では進まない今日の試合でした。
その裏、先頭の工藤がヒットで出塁すると、田中賢介を歩かせて無死1,2塁、ここで迎えるバッターは稲葉、ピンチです。
稲葉がレフトに大きな当り、これを大松が必死に追い、あらまあビックリのフェンスギリギリでキャッチ、飛び出していた工藤がセカンドに戻れずアウト!!
だったんですが、これにケチがついちゃいました。
どうやら、大松のキャッチがフェンスに当った後じゃないかと・・・リプレイを見てるとどうにもそんな感じ。工藤の納得いかないという顔に、梨田監督も一生懸命抗議しますが、でもこういうのって、ここで判定を覆すわけにも行かないですからね、これはラッキーと思いましょう。「あの」大松が追いついた時点で、神様がちょっと恵みをくれたということで(^^;;

無死1,2塁があっという間に2死1塁と、ここは本当に助かりました。
この後は、最近ファーストを守っている、アクマ高橋信二ですが、どうやらファースト高橋はアクマの看板を下ろしてくれたようです、大嶺くんはここをしっかり締めて得点を与えずに乗り切りました。

5,6回はヒットや四球でランナーを出すものの、ここ一番のダルの踏ん張りに得点ならず。今日は、制限なしでダルを投げさせるということらしく、既に100球、120球超えのペースですが、ダル続投です。
しかし、この人凄いですよ・・・これだけ投げててもまだ150km/h近いストレートは力が衰えません。畏れ入ります。

すると、6回裏、そろそろ大嶺くんが電池切れのようです。
必死に投げているのは分かるのですが、サトの要求するところにさっぱり決まらなくなってきています。
先頭の金子誠のツーベースから、ひちょりのタイムリーで1点を返され、さらに2死から稲葉にもタイムリーでこの回2点を返されてしまいます。
それでも、この回を投げきり、なんとか勝ち投手の権利はキープする大嶺くん、とにかく今日こそ勝たせてあげなきゃ、と、見ている私も必死です。

7回表、もういい加減降板しないの・・・というダルから西岡、根元と連続ヒットですが後が続かず。敵ながらあっぱれです。
7回裏は久保が登場。さすがに大嶺はここで降板でした。体力的な問題は相変わらずですが、今日の立ち上がりの投球は素晴らしかったと思います。これを糧にして、次のステップにあがれるといいなあ。

しかし、久保がピリッとしません。
1死満塁でひちょり、なんていうピンチを演出して降板。
ここで出てくるのは・・・なんと、コミさんでしたよ!!期待半分、不安半分で見ていましたが、コミさん、何ともまあ魔術的なピッチング(←昨日、アマゾンで予約していたハリポタが着いたらしい^^;)で、ひちょりを浅いライトフライ、工藤をピッチャーゴロとあっさりと料理して得点を与えません。

今日はダルといい、大嶺くんといい、それぞれに良いところを見せてくれていましたが、コミさんの最高のピッチングの前に思いっきり霞んだ気がしましたね。

8回、それでも出てくるダルから、先頭の今江がツーベース、さらにサブローがヒットで1,3塁としたところで早川が犠牲フライを打ち上げて、この試合決定的な1点をモノにします。
この後は川崎→荻野と繋いで逃げ切り勝ち。

ダルビッシュを相手に、大嶺くんに堂々の初勝利が付きました。勝ちに遠かっただけに、余計に嬉しいですねえ。それでも8回まで165球を投げながらもあれだけの投球をしてしまうダルは凄すぎです。できればやっぱり当りたくない相手ですよね。

ヒーローインタビューは、やっぱりなんとなく沖縄っぽいイントネーションだなあなんて思いながら聞いていましたが、そうか、石垣島から一番遠いところでの初勝利なんですね、これは思い出深い1勝になりました。

ってことで、思いがけずこのファイターズ戦を2勝1敗で勝ち越しちゃいましたよ。
明日からは一気に舞台を九州に移してホークス戦、日程はキツいですが、ここを何とか乗り切りたいところです。
明日は唐川くんが先発、ホークスは大隣ですが、なんとかひとつ、頑張って欲しいですね、特に竹原とか、竹原とか(^^
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-07-24 22:38 | マリーンズ2008 | Comments(10)

ヒヤヒヤ(^^;

対 北海道日本ハムファイターズ 16回戦[M 8勝8敗] M 3 - 2 F (札幌D)
勝/清水(直)[8勝6敗] S/荻野[3勝3敗14S] 負/藤井[2勝5敗] HR/

そういえば、世間の学校は夏休みなんですよね。
なんだか知りませんが、我が家の姉娘が行っている小学校は明日まで学校がありますよ。まあ、明日は工場見学とかって、追浜の日産の工場に行くみたいですが。去年のF1観戦の時にもらったトヨタの帽子でもかぶって行く?とか言ってみたり(^^;;
いや、さすがに姉娘も「そりゃマズいよ」と、ロッテの帽子で行くつもりのようです。
夏休みが短い、とか文句言っていますが、その分「秋休み」ってあるじゃん。昔はそんなの無かったんだってば。去年から前・後期の2期制になって、なんか日程がちょっと変な感じです。

それはともかく、今日は、マリーンズが直行、ファイターズが藤井秀悟の先発です。

初回の攻撃は、1,2番と凡退するも3番福浦がヒット、しかしサトが凡退で得点ならず。
直行の立ち上がりは、先頭のひちょりにセンター前、送りバントで進められ、内野ゴロが進塁打で2死3塁となりますが、稲葉を三振でなんとかしのぎます。

2回もベニー、大松と凡退も今江がヒット、しかしサブローが凡退、となんだか見たような展開。
するとその裏も先頭の高橋信二にヒットを許し、小谷野が送り1死2塁から後続を打取る、と、1,2回となんだかそっくりな展開で両者立ち上がります。
ここまでテキストでしたし、なんか、マリーンズの方が分が悪げだなあ・・・と、思いつつ帰宅してテレビをつけると、3回裏。
金子誠、ひちょりと連続ヒットで無死1,2塁のピンチに、工藤のファーストライナーでランナー戻れずあっさりゲッツーのシーンでした。

お、もしや流れはこっちに来るのか?
しかし、4回も両者得点なし。直行、今日はまずまずのピッチングですが、藤井も粘ります。

5回表、先頭の今江がライトフェンス直撃のスリーベース!ゴリちゃんが必死に走りました。するとサブローが粘ってピッチャー返しのゴロはセンター前に抜け、今江がホームイン。欲しかった先取点を、非常に良い形で取れました。
さらに追加点を狙い、本日左の藤井対応でスタメンの竹原がキッチリ送りますが、西岡、オーティズと凡退で後が続かず。なかなか厳しい試合ですよ。ふぅ。

直行もなかなかいい感じで投げていますが、6回裏に工藤にヒットを許し、続く田中賢介のセンターへの大きな当りはサブローがフェンスにぶつかりながら取りに行きますがわずかに及ばず、タイムリースリーベースとなってしまいます。
しかし、1死3塁からこの後の稲葉を敬遠してまで高橋信二と勝負。高橋、小谷野、稲田でアウト2個取れればいい、という計算のようですが、なんとか計算通り、小谷野を歩かせますが高橋、稲田を打取ってこの回を1点でしのぎきります。
なかなか、攻撃的なディフェンス見せてくれるんじゃありませんことよ。ひやひや。

すると7回、またまた先頭の今江が左中間へのツーベースで出塁すると、今度はサブはレフトオーバーのタイムリーツーベース。今日はここが機能しましたね。さらに、先ほどは送りバントを決めた竹原が今度は見事な右打ちを決めてライト前のタイムリーとなり、3-1と得点を追加します。
ファーストでのタケちゃん、嬉しそうでしたねえ。良かったですよ。

ここで藤井が降板、金森が登場です。西岡の打席では三振ゲッツー・・っていうか、竹原に大塚を代走ですか、そうですか(泣)
やはり、ここ一番では脚もまだ大塚の方があるもんなあ・・・と思いつつも、ここで代走出されるのはちょっと悔しかったかな。
守備固めはアキラさんで文句ない、どころか、アキラさんじゃなきゃダメ!って言いますが(^^;;

7回裏、2死2塁から工藤にタイムリーで1点を返されたところで直行降板、川崎に継投です。川崎が来るまでマウンドで待って、「たのんだよ」と言い残してベンチに向かう直行、良かったですよ、うん。
川崎も、コントロールが微妙でヒヤヒヤさせながらも、稲葉をレフトフライに打取り、得点を許しません。

8回裏、ピッチャー代えてくるかと思いきや、川崎続投。案の定というか、先頭の高橋にヒットを打たれて久保に交代です。
しかし、ここはソニックがキッチリ締めてくれました。
この人ほど「顔で投げる」ひとも珍しいかもしれませんね。今日はほれぼれする男前でしたんで抑えることを信じてみていられました。

さらに9回裏は荻野が締めます。
1死からひちょりのショートへのゴロは深く、福浦師の足がベースから離れて内野安打。さすがにひちょりは速いです。さらに工藤にヒットで1死1,2塁と劇場ですが、田中賢介を三振、さらに、稲葉をサードゴロでなんとか逃げ切り。今日は稲葉の調子が悪いようで助かりました・・脚のケガもありますから、日本代表で大丈夫かちょっと心配ではありますが・・でもサブちゃんは連れて行かないでほしいかな(^^;;

ヒヤヒヤながらも、昨日の逆スコアで2戦目を取り、とりあえずホッと一息です。
明日はファイターズがダルビッシュ、マリーンズが大嶺と、楽しみではありますが、非常に厳しい気がする顔合わせです。
いや、でも、実は案外とダルを打ってるマリーンズ打線、内ダルでもなんとかひとつ3点くらいはお願いできないでしょうかねえ・・・
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-07-23 22:41 | マリーンズ2008 | Comments(4)

あーーーくやしーーーーっつ!

対 北海道日本ハムファイターズ 15回戦[M 7勝8敗] M 2 - 3 F (札幌D)
勝/スウィーニー[7勝3敗] S/Micheal[2勝17S] 負/小林(宏)[2勝9敗]
HR/小谷野[1号] 里崎[12号]

久々に接戦らしい接戦を見ましたよ。
この所の大味な試合に慣れてしまうと、この緊張感がたまりませんね。
でも、毎度おなじみ拙攻モードのロッテになっちゃっていましたけど・・・ま、まあ、予想はしていたんですけど、でも悔しいですねえ。

で、試合のほうですが、今日はとにかくひとつ勝ちをつけたいコバヒロの先発。
序盤はなにやら球は高めでバラバラしてる感じでどうにもよろしくない感じ。こりゃ今日もコパピロか?と思いましたよ。
2回、先頭打者の小田をヒットで出すと、2死まで取るものの金子誠にタイムリーで1点を失います。それでも、ここはこの1点だけにとどめ、3回は三者凡退、立ち直ったかと思いました。
が、4回、1死からまたまた小田を今度は歩かせてしまうと、続く小谷野の一振りは・・・あっさりとライトスタンドへ。0-3と突き放されます。
この後も鶴岡、金子誠とヒットを許し、こりゃダメか・・・と目をつぶる状態だったのですが、先頭に戻ってひちょりが右中間抜けるか、という当りを根元がジャンプ一番(死語?^^;;)起死回生のキャッチ。これは素晴らしかったですよ、あの1年目のタイガース戦のスーパーキャッチに匹敵します(←生で見てるのがちょっと自慢らしい)
さすがにこれでコバヒロの目が覚めたようです。

この後は苦しそうながらも低めに球を集めるコバヒロらしいピッチングで立ち直りました。そうそう、多少調子が悪くったって、これができれば大丈夫なんだから・・・

するとその直後の5回表、1死からベニーがヒットで出塁すると西岡がセーフティっぽいバントで内野安打、1死1,2塁、ここで根元がセンターオーバーのタイムリーツーベース!
しかし、西岡がホームを狙うも鶴岡にブロックされて1点だけでした。くぅーー、ひちょりがもたついてたんで行けるかなと思ったんですけどね・・・
続く福浦師匠も、当りは良かったもののひちょりの好守備にセンターフライにおわってしまいます。っていうか、フツーあれってセンター前でしょうよ。
今日はひちょりの守備がものすごかったですよ。ヒット3本くらい損している気がしますが・・・あと、守備固めの紺田も。まったく、ファイターズ外野陣恐るべしです。

さらに6回表、先頭のサトが叩いた当りはぐいぐい伸びてライトスタンドに飛び込みます。いやー、このホームランは見事でした。ベンチのサトもずーっとニコニコしていましたもの、よっぽど会心の当りだったと思いますよ。
このあと、今日はコントロールが定まらないスウィーニーがまた崩れて、タスクに四球で建山に交代です。
しかし、サブローも四球、ベニーの当りは三塁強襲でエラーを誘い2死満塁まで攻めます、が、西岡の当りは力なくレフトフライ・・いつもながら建山を打てません。
7回はしっかり建山にしてやられますが8回に武田久が登場でまたまた1死からタスク、サブローが連続ヒット、ベニーが四球で満塁とします。しかし、西岡、根元と結局凡退・・・1点が遠いです。
今日の打順の巡り合わせは、出る人と返す人が逆になっちゃってますしね。こういうときってダメなんですよね。トホホ。
結局、クリーンナップにまわる9回表はマイケルにあっさりやられちゃいましたし。

しかし、今日はコバヒロが意地を見せてくれました。
1点差を追いかける展開で8回まで122球、味方の逆転を信じて投げ続けました。後半の、立ち直ってからのピッチングをみてしまうと、今日の立ち上がりの不安定さが、というか、小谷野のホームランの1球が悔やまれます・・(泣)

本当に、もう少し。
とにかく1勝、勝ち星を掴むことで何かが変わるんじゃないかと思うのですが、その1勝がどれだけ遠いんでしょうか。ここでめげずに次を投げるというのは非常に厳しいことだと思いますが、でも、ここを乗り越えて、もうひと回り大きなピッチャーになって欲しいです。本当に、もう一息、そう思います。

だから、打つ人たち、もう少しなんとかしてください。もう、こんだけチャンスを潰されてしまうともう!!!
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-07-22 22:21 | マリーンズ2008 | Comments(6)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル