日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:08vsライオンズ ( 22 ) タグの人気記事

敗戦・・・

対 埼玉西武ライオンズ 24回戦[M11勝13敗] L 9 - 4 M (千葉マリン)
勝/涌井[10勝11敗] 負/渡辺(俊)[12勝8敗]
HR/中村[46号] 栗山[11号] 細川[16号] 橋本[11号] サブロー[6号]

終わってしまいました。
昨日は、なんだかいろいろと考えすぎて、更新できなかったんです。なんかもう、テンションがあがりきって容量を超えてしまっていたのかも・・・

いやいや、でも、ここまでよく頑張ってくれました。
5月のころには、こんなにシーズン終盤まで盛り上がるとは思いませんでしたからね。

あーーー!! でも悔しい!!!

今日はマリンでの試合なので試合開始が18時15分。携帯でチェックしつつ帰宅します。2回裏、ゴトタケにヒットの後、おかわりくんにツーランを喰らっているところまではチェックしたのですが、帰宅してバタバタしてるうちに気がつけば7点も取られていますよ。

え??え??ええーー??

なにがあったの????まさか「細川怒りのスリーラン」とか??
おかわりくんツーランの後、片岡にタイムリー、さらに栗山にグランドスラムですって。俊介・・・テレビをつけたときには既にマウンドには俊介の姿はなく、コミさんがいました。

あちゃー・・・俊介、この一番大事なところでやってしまいました。

その裏、大松のタイムリーで1点を返しますが、4回に細川にソロ被弾のコミさん。さらに片岡、栗山に連打でランナーをためて伊藤に後を託します。
伊藤はナカジーにタイムリーを許して9-1とされますが、後続はキッチリと締め、5から7回を無失点に抑えてゲームを立て直してくれます。

追加点を取られた4回裏、タスクとサブローの連続ソロで、今日もなんだかイマイチな涌井を攻めますが後が続かず。さらに5回裏、今度は西岡、早川、福浦、そしてサトと無死からの4連打で2点を返しますが、今度はタスク、サブと打取られてしまいます。さっきのホームランがアダになっちゃったような気も(^^;;

なんだかんだとヒットは打つのですが、どうも気持ちが空回り、点差も開いてしまったからとにかく打つしかない状態ではありますが、気持ちは焦る状況でもありますしね。

ライオンズは、イマイチな涌井を5回で勝ち投手の権利をつけてから下げ、6回からは継投策です。6回からは岡本、さらに星野、大沼と繋ぎ、なんだかんだと要所を締められてしまいます。
早川が気を吐き、ツヨが意地で走りますが、9点はさすがに重かったですね・・・

9回は、前の回からのブライアン、川崎、荻野とリリーフ陣をすべて投入して抑え、最後の攻撃に繋げます。
先頭の西岡がセーフティバントを狙い、グラマンがファーストに送球しようとした際に腰を痛めたらしく即降板、谷中がスクランブルで登場です。しかし、早川、福浦と打取られ、サトに死球で1,3塁としますが、最後、途中から代打で出場のズレータが三振であっけなく、あまりにあっけなく、プレーオフ出場が潰えたのでした。

今日はまだ悔しい。
悔しくて、なんだか全身力が抜けてしまったような感じ・・・

とにかく今は、選手の皆さん、ここまで楽しませてくれてありがとう、ということで他はちょっと考えられないや。ツヨもゆっくり脚を休ませてね。

明日になったらまたいろいろと書きますよ、たぶん。
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-10-01 22:22 | マリーンズ2008 | Comments(2)

くやしさをバネにした日

対 埼玉西武ライオンズ 23回戦[M11勝12敗] M 9 - 1 L (所沢D)
勝/久保[3勝7敗] 負/涌井[9勝11敗] HR/大松[24号] 橋本[10号]

もう、実は昨日からドキドキでしたよ。昨日はライオンズがあんまりな形で胴上げを逃し、明日からは札幌に遠征のライオンズですから、今日は必死で勝ちにくるはず。
しかもライオンズの先発は涌井。最近はイマイチとはいえ、やっぱり涌井だもんなあ。
久保は、スーパーソニック(って、超音波ですか^^;;)か炎上かの二つにひとつ。

しかし、試合はそれ以上にドキドキさせてくれちゃいました。

初回、西岡、オーティズと凡退も、サトが上手くセンター前で出塁するとタスクが四球を選びチャンスを作りますが、ズレータ三振・・・うーん、携帯の小さい画面では涌井が良いのか悪いのかイマイチ良くわかりませんでした。なんとか、立ち上がりを攻められれば勝機はあるのか?と思いつつみていましたけど。

その裏、いきなり片岡に内野安打を許すソニックでしたが、これはオーティズが良く追いついたと思いますが、片岡の脚もさすがです。無死1塁で栗山、ナカジーと打取るところまでは携帯パラパラで見ていましたが、ゴトタケの打席で電車を降りる私でした。
うーん、ロッテキラーの看板をあげつつあるゴトタケだからなあ・・・と心配しつつ妹娘を迎えに行きますが、なかなか公式が更新されません。もしや・・・とヒヤヒヤしつつ帰宅すると、どうやらゴトタケは歩かせたもののおかわりくんを打取ってこと無きを得たようです。ソニックも良いのやら悪いのやら、なんだかまだ判断がつきません。

2回、大松のヒットと早川の内野安打で塁を埋めますが、細谷が併殺。涌井も気合いが入っていますね。
その裏、先頭の石井義人を塁に出し、2死3塁まで進められますが、ライト前!と思われた当たりを大松が何とビックリのスライディングキャッチでチェンジです。もう、心臓に悪いので、普通に捕ってください・・・これがファインプレーと言われますが、たまたまグラブに入ってくれたんだとしか思えませんでしたよ(^^;;
むしろ、この後、4回のファールフライの方が良かったかも。この時は、大松の中の人はサブちゃんじゃないの?とか思う私でした。ごめんよ、オオマチュ。でも、今日はしっかり守れていたように思いました。やっぱりここ一番の集中力はさすがプロになるだけの選手ですね。
3回裏も、2死からナカジー、ゴトタケと連打とおかわりくんの三塁深いところへの当たりの送球が逸れて満塁とピンチを迎えますが、ここはソニック慌てず騒がず、石井義人をレフトフライに打取ります。
なかなかどうして、今日も堂々たるピッチングを見せてくれますよ、ソニック。

そして4回表。試合は大きく動きます。
先頭のズレータがこの打席はカウント2-3から粘りに粘って四球を選びます。さらに大松も2-3からさらに粘って打った当たりがライトスタンドに飛び込み、先制のツーラン!
続くベニーもガツンとセンター前に弾き返して無死1塁、早川のセカンドゴロでランナーが入れ替わり1死1塁となります。続く細谷の打席で早川が二盗を決めると、待ってましたの細谷くんもライト前に運び1死1,3塁、ここで西岡も上手い具合にセンター前にタイムリーで1点を追加、ツーランで終わるよりもダメージ大きいっしょ、とほくほくの私です。
もう、この辺涌井もかなりヘロヘロ。今日は相当神経使って投げている感じがしますからね、普段以上に消耗するところが、ロッテ打線も気合いが入っていますから、普段以上に粘ります。こうなるともう止まりません、ロッテ打線。
続くオーティズの当たりはサード強襲ヒットで1死満塁。続くサトにはもう「ガツン!」を期待して「三振でもいいから目一杯振れ〜!」なんてテレビの前で無責任に叫んでいたらなんと。バットを持った左手当たりに死球です。こりゃまた痛そう・・・なんですが、先日はグリップエンドでもったいなかったし・・・なんて思う私は悪い子でしたよ。ともかく、いったんベンチ奥に下がって治療の後、一塁に向かうサトでした。諸さんと「ここっすよ〜」みたいな感じで言葉を交わしていましたから、大事はなさそうです。
これで4-0と差を広げ、さらに1死満塁とチャンスは続きます。

ライオンズベンチはさすがにここで涌井を下げ、左腕の三井を送ります。ここは三井最低限の仕事でタスクが三振。タスクも狙ってたっしょ?という感じですが、変化球に交わされてしまいました。
しかし打順ひと回りして、続くズレータにも死球で押し出し。ヒジのプロテクターに当ったのか、ボコンという音がして一瞬ズレータの動きが止まります。ヤバ・・・と思いましたがここはなにごともなく押し出しで1点追加。まだまだ2死満塁。
さらに、この回2回目の打席の大松が初球から左中間に2点タイムリーツーベースです。大松、2回の打席で4打点を荒稼ぎ、これで7-0と決定的にリードを広げます。
どうにもならず、ライオンズはここで三井を引っ込め、許銘傑を送ります。

2死2,3塁、まだまだチャンスの場面で、打席は先ほどもヒットのベニーちゃん。しかし、ここで許がベニーの背中当たりに死球、この回3個目のデッドボールです。珍しくベニーちゃんが怒りをあらわにしてマウンドの許を睨みつけるところで、おさめようとしたのか、立ち上がった細川。しかしベニーちゃんここでキレて細川につかみかかります。抵抗する細川を背負い投げするベニー・・・あちゃー、やっちゃった・・
そりゃ1イニングに3個のデッドボールはあんまりですが、でも手をだしちゃマズいよね・・でも、あの温厚なベニーがこれほどキレるというのも相当な事です。

結局両チーム入り乱れての乱闘。テレビには、飛びかかって行こうとするナカジーを必死に引き止めている西村さんが映っていましたよ。ヨシヒコさんはどこだ!と探していましたがイマイチわからなかったなあ。
結局、暴力行為ということでベニーが退場、細川も左肩の打撲ということでここで銀二朗に交代です。細川の肩が利き腕側じゃなかったのがせめてもの救いでしょうか。たいした事がなければ良いのですが。今日は、初回にもファールボールを当てて痛い思いをしている細川、ちょっと散々な日になってしまったようです。

この後は結局早川が凡退でしたが、この回、一挙に7点をあげて一気に相手を突き放しました。
とはいえ、こんな状況。警告試合になってしまって、ライオンズの士気もあがろうというものです。ソニックにびびりが出なければ良いけど・・

という私の心配は杞憂でした。
4回裏こそ、銀二朗のツーベースから栗山のタイムリーで1点を返されますが、力みすぎた片岡やナカジーはしっかり打取ります。ナカジーへの内角の球は一瞬ひやりとしましたけどね。もしやサトの作戦だったのか知らん(^^;;
この後も、銀ちゃんと栗山にヒット1本ずつ許しますが、他はしっかり打取り、ソニックは9回完投で久々の勝星です。
今日も、力勝負でなかなかシビレるピッチングを見せてくれたソニック。さすがにこれだけ得点差があれば、あんな乱闘騒ぎの後でもクールなもんですね。

打線も、6回には大塚のタイムリー、8回にはタスクのソロで1点ずつ追加して、結局は9-1と大差での勝利となりました。
福岡ドームでもバファローズが勝ってライオンズの胴上げはお預け。
とんだ乱闘騒ぎはありましたが、見事な胴上げ阻止を見せてくれました。

これで12連戦は7勝3敗1分1中止ということで、まあ、なんとかギリギリ踏み留まることができたかな。明日、明後日はお休み、土曜にマリンでホークス戦の後は勝負の札幌ドーム、ファイターズ2連戦です。
いやあもう、今年もCS出場争いに痺れますね・・・残り試合もわずかです。もう、最後まで集中力を切らさないで、既に気分はCSで突き進んでいっちゃえ!
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-09-24 22:51 | マリーンズ2008 | Comments(6)

やっぱり頼れるエース!

対 埼玉西武ライオンズ 22回戦[M10勝12敗] M 6 - 3 L (所沢D)
勝/清水(直)[12勝9敗] S/荻野[5勝5敗26S] 負/涌井[9勝10敗]
HR/西岡[13号] 中村[42号]

昨日は口惜しい負けかたをして、先週の悪いイメージを振り払うのに結構必死だった私でした。今日は直行。今年は2回続けてこける事はない・・・はずなので、今日は大丈夫なはず、と、自分に言い聞かせていましたよ(^^;
とはいえ、ライオンズも涌井ですからねー、直行見殺し・・・なんてことは・・・

と、序盤、携帯でチェックしながらいつものように帰宅、テレビをつけるとあれれれ、2点入っていますよ??
と、またまた、見てない隙にタスクがタイムリーを打ったようですよ。
そんなに私が見てると打てないのか?とひがんでみたりして(笑

ともかくも、涌井を相手に先取点をとれたのは大きいです。今日の直行もなかなかに力のある球を投げている感じですので、そうそう点は取られないはず・・バックさえしっかりしてればね・・・だって、オーティズのサードがちょっと微妙で(^^;
やっぱり、セカンドとサードじゃ全然違いますよね。ホセはきっと、メキシコで相当努力してきたと思うので、いきなりサードと言われたって困ると思うんだなあ。

と、見ていると、5回に昨日の走塁ミスを取り返すかのような西岡のソロアーチとか、6回はタスクのヒットから大松のタイムリーとか、小刻みに得点を重ねます。なんだか強いチームみたいですよ(爆

さらに8回は、1死からの大松四球のあと、大塚のタイムリーと福浦師の技のタイムリーでさらに2点を追加して6-0と突き放し、あとは直行が完封できるかどうかが焦点になってきました。
とはいえ、かなり球数がかかっていますので、正直今回はちょっと厳しいかな・・と思ってはいたのですけど、でもやっぱりこれだけのピッチングを見せられると、期待しちゃいますよね。

すると8回裏、先頭の片岡にヒットを許し無死1塁。栗山のレフトフライを大塚がいったんは捕球するも投げようとしてポロリ。一瞬エラーかとドキッとしましたが、捕球後の動作ということでアウトひとつ、ランナーは進めず1死1塁。ナカジーのショートゴロ!の当たりは、ツヨがちらりとセカンドを見た一瞬が命取りで内野安打になり1死1,2塁。ブラゼルを打取るも・・・おかわりくんに、今日もまた、バックスクリーンへのスリーランホームランですって。
素直に打ちますよね、今年のおかわりくん。よっぽどデーブコーチとの相性が良かったんでしょうか。
ま、それでも6-3とリードしてますし、直行がしまった試合にしてくれていますから今日はなんだか安心です。やっぱりエースはこうじゃなきゃ。
結局137球投げてここで直行は降板、ブライアンが石井義人を打ち取って8回を締めます。

9回表は先頭の西岡にスリーベースが出ればサイクルなんだけどなあ、スリーベースを残すと難しいんだよなあ、なんて思っている間に凡退、タスクが猛打賞となる内野安打で出塁しますがズレータが三振。
序盤の「アウトコース低めのスライダーを見送り」という公式タンの実況を見た時は、状態はいいのかとも思ったのですが、その後はいつものぶん回しズレータだったみたいです。まあ、当るも八卦、当らぬも八卦・・・当ったら飛ぶよお、ということで(^^;;

最後9回裏はなんだか久々の感じがする荻野くんです。
西武ドームとは相性悪いんだよなあと少々ドキドキしながら見ていましたが、まあいわゆる四者凡退で締めて、なんとか三タテは逃れることができました。

ってことで、今日はファイターズがイーグルスに負けて、同率ながら3位に浮上ですよ、うしししし。
明日からはマリンに帰ってイーグルス戦。イーグルスも「帳尻モード」に入っているようですが、何てったって、帳尻だったらこっちの方が年季がはいってるので、帳尻のなんたるかを教えてあげちゃいましょう。

ところで、明日はサブローの9打数連続安打の記念ピンバッジと唐川くんのピンバッジの配布があるんですね。せっかくの「私の誕生日プレゼント?」と思いっきりボケをかませられる企画なのに・・・明日は姉娘のリハーサルなのでどうあがいても行けませんよ・・いろんな意味で残念!

ま、これで大台にのってしまうので、なんか誕生日というのも微妙なんですけどね(^^;;
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-09-18 22:35 | マリーンズ2008 | Comments(0)

ミラクル?

対 埼玉西武ライオンズ 21回戦[M9勝12敗] M 4 - 5x L (所沢D)
勝/大沼[2勝2敗1S] 負/川崎[2勝5敗1S] HR/大松[23号] 中村[41号]

ああ、もう、なんてもどかしいんでしょうか。
ソニックってば・・・結局、今年の一番の不憫王子です。

18時プレーボールは、帰りの電車のなかで携帯パラパラ中継から。初回、早川がヒットで出塁するも盗塁死、というかエンドラン失敗かしらん。まあ、そんなわけで結局三人で攻撃が終わってしまうと、その裏、ソニックがそりゃもう、携帯の小さな画面でも惚れ惚れするようなピッチングを見せてくれます。
先頭の片岡には少々粘られますが空振り三振、栗山は見逃しで三球三振。ナカジーをちょっとどっきりの大松レフトフライに打取り、上々の立ち上がり。
よしよし、と電車を降りて、いつもの如く妹娘を迎えに行き、てくてくと歩いて帰宅します。帰宅途中、公式タンのテキストライブをチェックしますが、なんだか今日は更新が遅いような気が・・・帰宅寸前には、ブラゼルのツーベースから石井義人の犠牲フライで1点を先制されてしまいましたよ。トホホです・・

ところが、帰宅して、テレビを見ようとすると、なにやら録画が入っているではありま
せんか。あちゃー。

まあ、とにかく晩ごはんの支度をして落ち着く頃には録画も終わり、慌てて野球中継に切り替えます。すると・・・あれ?1-1といつの間にか追いついていますよ、こりゃラッキー!
どうやら、タスクのタイムリーだそうで。よしよし。
さらに、大松がライトスタンドにツーラン!
イッキに逆転です。良いとこ見られたなあ、とほくほくしてましたよ。

5回には1死からオーティズが腕あたり?をかすめる死球で出塁すると、塀ちゃんがなんとかかんとか送りバントを決め2死2塁。さらに西岡に四球で2死1,2塁としたところで西口が脚に違和感だとかで降板します。代わった三井から、早川が粘り勝ちの死球で2死満塁としますが、タスクはセンターフライに倒れてここは追加点ならず。

その後もソニック粘ります。5回は、先頭の細川をサードオーティズのエラーで出塁させると、続く赤田の送りバントは内野安打で無死1,2塁、さらに片岡の送りバントで1死2,3塁とピンチを迎えますが栗山の当たりはセカンド真正面のライナー、ナカジーは今度こそのサードゴロで無失点でしのぎきります。ここはお見事でしたよ、ソニック。

すると6回表、1死から大松がツーベース、サブローのライトフライで三塁に進むと続く師匠の打席ではこの回から登板の許銘傑が暴投で大松ホームイン、ごっちゃんですの1点を追加します。満残塁もあったけど、まだ流れはこっちか・・・と思ったんですけどね。

7回、1死から細川の打席。テレビには「ミラクル細川」のボードをもったピンクのライオンズユニのおねいさんが映されます。これが流れをかえた・・・といったら負け惜しみですかね(^^;;
細川の当り損ねはあっさりとタスクのキャッチャーゴロかと思ったのが、ヘンなスピンがかかっていたらしく後ろにバウンドしやがりましたよ。内野安打で1死1塁。
さらに続く赤田のサードゴロはゲッツー!と思ったのがさすがの赤田の脚で1塁はセーフ、2死1塁です。1番に戻って片岡の当たりも打取った当たりではあったんですが、バウンド高く内野安打になってしまいます。ことごとく不運(泣
2死1,2塁で栗山がタイムリーで1点を返され2死1,3塁・・・ここでソニック降板、ブライアンに継投です。
しかし、今日は継投失敗でした。
ナカジーに粘られて四球、2死満塁とすると、続くブラゼルは2球連続でストレートを空振りさせ、外角に外そうとした3球目に食いつかれ三遊間、というかブラゼルシフトで無人の二塁と三塁の間を抜かれ2点タイムリー・・・同点に追いつかれてしまいました。この後おかわりくんを打取りますが、どうにも良くない流れです。

8回はブライアンが三者凡退、9回は川崎が2死3塁まで持ち込まれるもののなんとか粘りきります。
しかし打線はチャンスを作るもののあと一押しができません。
まったく「ミラクル細川」からおかしくなってしまった感じ・・・あのピンクユニのおねいさんにやられた感じです。

延長に入って10回、大沼がマウンドに上がると150km/h前後のストレートにあっさり三者凡退です。
そして10回裏、川崎が続投、打席にはおかわりくん、一発には気をつけ・・・と言い終わらないうちに初球をスカーンとバックスクリーンに持って行かれちゃいました。
最後、ピンクユニのおねいさん「おかわり中村」なんてボード持ってるし。
ピンクユニのおねいさんに負けました(泣)

2連敗でまたまた借金2個。なかなか貯金ができませんね・・トホホ。
まあ、今日はバファローズとファイターズが負けてくれたのが一筋の救いでしょうかね・・・なんとか食らいついていかなきゃですよ。

ということで明日は直行。
先日のスクランブル登板の影響が悪い方に出なければ良いんですが・・・
とにかく、やるしかないねん!
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-09-17 22:50 | マリーンズ2008 | Comments(0)

少しはお休みできたかな

対 埼玉西武ライオンズ 20回戦[M9勝11敗] M 3 - 4 L (所沢D)
勝/石井(一)[11勝9敗] S/グラマン[3勝2敗29S] 負/渡辺(俊)[12勝7敗]
HR/ズレータ[7号]

今日から西武ドームに河岸をかえて、対ライオンズ三連戦です。
予告先発は俊介ということで、ここまで対ライオンズ戦7連勝というのがクローズアップされています。こういうときって、なぜか勝てないんですよねー。

案の定といいますか、立ち上がりあまり良くなさそうな石井一久を攻めるのですが初回にズレータのタイムリーで1点と2回にタスク、堀、大塚の三連打で1点とするのですが、2回裏、あっさりとおかわりくんツーベースと石井義人のタイムリーで1点を返されます・・・

と、この辺からテレビ観戦。
3回は両者3人で攻撃を終わり、両投手とも調子が出てきたかな、と思った矢先。
4回裏、突如として俊介が崩れます。
1死から、ふたたびおかわりくん、石井義人と連打で1死1,2塁。さらに佐藤友亮を追い込むものの歩かせてしまい1死満塁とすると、細川の当り損ねはサードのオーティズのグラブの先で大きくバウンドしてファールグランドに跳ねて行きます。その間に2人生還で逆転。さらに、次の赤田を死球で出塁させてしまって再び満塁とすると、片岡の大きなバウンドのファーストゴロの間にさらに1点を失い、結局この回2-4と逆転を許してしまいました・・・どうした、俊介???

しかしこの後は俊介しっかり立ち直り7回まで無安打に抑えます。

マリーンズ打線は6回に先頭のズレータがライトへのソロホームランで1点を返します。さらにこの回ランナーを出すものの、追加点はならず。この回の、ブラゼルがブルペンに突っ込みながらもファールフライを捕った、あのプレーにやられちゃったような気がしなくもありません。この後、2死1,3塁というチャンスで代打に福浦を送りますが、一塁線抜ければ同点という当たりを、またまたブラゼルが真っ正面捕っちゃうんだもんなあ。

すいません、この辺ちょっと針仕事をしながら見ていたので淡々としているなあ、という印象だけです。来月の姉娘のバレエ発表会用の衣装のスナップとかのつけ直しをしていました。お目にかかった方はご承知と思いますが、まあ、肥満とまでは言いませんがぽっちゃり体型の我が娘、つけ直さないとぱっつんぱっつんで、踊っている途中にはじけかねませんって(^^;;

そんなこんなで試合経過は聞きながら手を動かしていましたが、ライオンズは6回から継投策。まあ、中継ぎ陣をいっぱい引っ張りだしたという事は今日の収穫にしておきましょう。
そういえば、少し前にマリンで「編み物しながら試合観戦」とかって企画があったみたいですね。編み物とかの手作業は好きなんですが、それにしてもスタジアム野球を見ながらって・・・ファールボールが飛んできたら恐いんですけど、大丈夫なのかしらんと気になってみたり。

マリーンズは8回を高木さんとコミさんという敬老コンビで締めてくれて、中継ぎの若い子たちを休ませてくれました。ベテラン二人にただただ感謝ですよ、うん。負けはしましたが、12連戦という視点でみると、決して悪い負けではない、と思いたいところです。

ということで、明日はソニックと西口。
こんどこそ、ソニックに勝ち星をつけてあげて欲しいなあ・・・
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-09-16 22:31 | マリーンズ2008 | Comments(0)

今日は粘ったよぉ

対 埼玉西武ライオンズ 19回戦[M9勝10敗] L 3 - 4 M (千葉マリン)
勝/川崎[2勝4敗1S] S/荻野[5勝4敗22S] 負/涌井[8勝9敗]
HR/今江[12号]

今日のお昼休みには、職場で東京ドームの速報にかじりつき。お昼休みに入った時点で9回。7-4で負けていましたが、これが何と9回裏の攻撃、相手のエラーがらみで1点を返すと、そこから怒濤の3連続タイムリーで逆転サヨナラですって!
よく粘りました。ロッテもこれくらい粘ってくれればなあ・・・と密かに思う私でした(^^;

そして夜。
ライオンズが涌井、マリーンズが直行というエース対決。
帰り道、ぽつぽつと雨も降り出し、急いで帰宅すると、エントランスに着いたとたんにザーとくるタイミングの良さ。そこでなかなか更新されなかった公式もようやく更新され、タスクの犠牲フライで先取点を報じてくれます。こりゃ、ちょっとツキも来てるかな、とこっそり期待する私(^^;
帰宅するとちょうどその後のサトが三振してチェンジのところでしたけどね。

今日は、涌井の立ち上がりを攻め、さらに2回裏は早川のタイムリー(でも、やっぱり左打席は怪しい感じ)、さらに3回裏は涌井の暴投で西岡を三塁に置いて、本日3番の今江がビックリのスクイズを決めて3-0着実に加点していきます。
ハヤカーは、この後も三塁を狙った栗山を刺してくれたり、久々のスタメンで相当熱かったですよ。多少左打席が怪しくたって、やっぱこの人はこうじゃなきゃ。

直行もサクサクの投球。気分良く投げられているのではないでしょうか・・・と思ったら、我が家近傍でザーっと降り出した雨はますますひどくなり、またまたカミナリなんかもガラガラと鳴っています。と思ったらスカパーが受信できなくなっちゃいました(泣)
衛星放送の弱点ですよね・・・ちぇ。

それでも、スカパーがついたり消えたりしている間は両者無得点。直行もまずまずのようです。
問題は打線で、4回、5回とランナーを出して攻めるのは良いのですが、やはりここ一番が決まりません。5回なんて1死満塁から点が取れないもんなあ。まあ、涌井も意地で投げていたという感じですけどね、こういう日でもカサにかかっていけないのはちょっと勢いが足りません。勢いのチームなんだから、結構この状態はヤバいんです。
まあ、今日の直行なら3点を守りきってくれるでしょうけど・・・

と思ったら、6回表。
松坂、片岡と調子良く打取り2死としますが、続く佐藤の打席でサトの打撃妨害を捕られて2死1塁。さらに栗山にヒットを許して2死1,2塁で本日4番のナカジーです。
直行はここをストレートで押しまくりますが、最後粘られて四球を与えてしまい、2死満塁、ここで石井義人。
直行、粘れよ・・・と祈っていましたが、この祈りは届かず、石井義人の大きな当たりは大松の頭の上を超えてレフトフェンス直撃、余裕で栗山までホームに還り2点を返されてしまいました。
この後はきっちりおかわりくんを三振でしたが・・悔しい点の取られかたです。

7回表、先頭の大島にツーベースを許し、細川がキッチリと送りバントを決めて1死2塁でブライアンに継投です。あ・・また中途半端な事を・・・と、悪い予感は大当たり。
松坂を打取りますが、片岡にタイムリーツーベースで3-3と追いつかれてしまいました。これで直行の勝ちは無くなります。
さらに佐藤友亮にヒットを許したところで川崎に交代。
ここは川崎が栗山を三振に仕留めて逆転は許しませんでしたよ。

神様はちゃあんと見ていてくださるんですね。
7回裏、もうかなりの球数を投げているはずの涌井が続投。西岡、根元とあっさり凡退で涌井を助けちゃうのか、と思ったその直後、先ほどスクイズを決めた今江がなんと今度はライトスタンドにホームラン!!!
これぞ値千金。価値ある1点です。

8回表、回をまたいでの登板ですが、川崎が2三振を含む三者凡退でスパっとライオンズの反撃を切り、最終回、荻野がマウンドへ。
先頭の大島にヒットを許し、細川本日2本目の送りバントで1死2塁、ここでライオンズはG.G.佐藤を代打に送ってくるなんていう劇場が開演されましたが、コバマサの教えに従い、アウトを取れるバッターをチョイスしたのでしょうか、G.G.、片岡と内野フライを打ち上げさせてしっかり締めるのでした。
多少、心臓には悪いですが、荻野くんのピッチングスタイルを考えると、やはり劇場が現状ではベストなんでしょうかね・・・とはいえ、先頭打者を出すのは出来るだけやめて欲しいんですけどね(^^;;

ということで、ライオンズ戦3連戦はなんとか勝ち越し、まだまだ首の皮が厚いところを見せてくれるマリーンズなのでした。

明日の移動日を挟んで福岡でホークス戦。このところ厳しい試合が続いて、勢いも少々止まり気味、今日はファイターズにサヨナラ負けですか・・・って、それでバファローズが2位浮上ですって。
もう、順位はなんだかわかりません。

他所を気にしていたら気が散るので、ロッテ的には、とにかく借金返済を至近の目標として頑張ってください。結果は必ずついてくる・・・と思う(^^;
とにかく、日替わりで誰かが頑張ってくれるのがロッテの良いところだし。ね。
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-09-04 22:51 | マリーンズ2008 | Comments(0)

不憫な、あまりに不憫な

対 埼玉西武ライオンズ 18回戦[M8勝10敗] L 2 - 0 M (千葉マリン)
勝/西口[8勝5敗] 負/久保[2勝7敗] HR/

昨日の記事で「明日は明日の風が吹く」なんて書いちゃったもんだから、本当に違う風が吹いてしまったようです。
今日は、ライオンズが西口、マリーンズがソニックの「シーズン序盤ダメだったけど持ち直したよ」対決です。
しかし、西口が順調に勝ち星を積み上げているのに対して、我らがソニックは不憫当番が割り当てられてしまったらしく、終盤、先発ローテに戻ってからは2試合連続で見殺されています。8/27のファイターズ戦が1-0、
8/16のイーグルス戦では2-0と、点を取ってもらえていません。
相手に与えた得点も3点ですから、決して仕事ができていないわけではなく、どころか、岩隈や苦手のグリンを向こうに回して堂々のピッチングを見せてくれているのに・・・

で、今日も、西口の立ち上がりを攻めるマリーンズ打線ですがあと一本がでません。
初回は2死から今江、タスクと連続ヒットで出塁も大松が凡退、2回も2死から連続四球でベニー、大塚と出塁するも、西岡が凡退・・・なんか、西口を打てない、見慣れた風景です。
しかし、ソニックは頑張ります。
初回こそ片岡にヒットで出塁されますが、タスクが盗塁を刺し打者三人。2,3回も三者凡退でテンポの良いピッチングを見せてくれています。

展開的には、マリーンズが押してるんですよ、あきらかに。
でも4回、先頭の片岡にベニーちゃんツーベースを許すと、ナカジーのタイムリーで1点を失います。こっちが押している展開なのに先取点が取れない・・・って、これは・・・今日もたくさんランナー"は"見せてもらえるわけですね。

この後も、ナカジーの悪送球とか、ライオンズも怪しげなんですが、今度は西口がきっちり立ち直っちゃいました。4,5,6回はキッチリ抑えられてしまいます(泣)

6回表、先頭の片岡が本日3本目のヒットで出塁すると、栗山のセンター抜けるかという当たりを西岡がオドロキのキャッチ、倒れ込んだ姿勢からセカンドにトスしますが、ファーストランナー片岡で間に合わず。さらに一塁転送もセーフで内野安打。
捕ったツヨが凄かったですけど、ピンチは広がります。さらにナカジーの止めたバットに当ったゴロはまるで送りバントで1死2,3塁、ここで4番大島を歩かせて満塁策をとります。
続くバッターは江藤とおかわりくん・・・いずれも、一発がありますから非常に恐ろしい場面ですが、江藤はセカンドフライ、おかわりくんは粘ってライトへの良い当り、やられた!と思った刹那、大松が必死の前進キャッチを見せてくれてピンチを無失点でしのぎました。


そんなこんなで7回裏、またまた2死から、片岡の深追いでポテンの西岡がツーベース、オーティズが四球で2死1,2塁としたところで本日2安打の今江が打席に入ります。ここは盛り上がりましたね。粘る今江に対して、根負けしたか四球で2死満塁。
ここで本日4番のタスクに対して、左腕の星野を送ってくるライオンズベンチ。

タスク粘ります。粘ってくれましたが、もうひと粘りが足りなかった・・・ツースリーまで粘り込みますが、結局最後は内野フライ。
ゴリちゃんといい、タスクといい、良く粘ってくれましたが、本当にもう一押し、もう一本がなぜでない・・・
私もこの所お腹が張り気味で・・・なんてはなしは誰も聞きたくないですよね、失礼しました^^;;

ソニックの不憫さMAXです。
っていうか、この直後8回裏、ソニックの気持ちがキレてしまわないかというところが心配な私でした。先頭の片岡を打ち取ってヨシ!と思ったのもつかの間、栗山を歩かせてしまって、ナカジーのエンドラン成功で1死1,3塁とされます。
ここでソニックが降板、ブライアンに繋ぎます。
今日のソニックも素晴らしいピッチングでしたよ。だのになぜ、点を取ってくれないのよ、まったくもう。これで先発に戻ってから3試合連続で点を取ってもらえません。まったく不憫で不憫で仕方ありません。

さて、代わったブライアンは大島を三振に打ち取りますが、江藤の当たりはブライアンのストレートに詰まったのが幸い、セカンドベースの後ろ、センターの前に落ちてしまいました・・・悠々と片岡ホームイン。これで2-0とされてしまいました。

2点差なら決してひっくり返せない点差ではないんですけどね、結局この後は小野寺→グラマンのリレーで抑えられてしまいます。トホホ。
8回裏は星野がマウンドに上がるのを見て、代打竹原を送りますが、渡辺監督はそれに対して即応、小野寺をマウンドに送ります。それを見て根元を代打の代打・・・って、今日は竹原は名前だけですかそうですか(泣)
ですが結局反撃ならず。どうでも良いんですが小野寺ってこれに似ている気が(笑)

今日はサブローも出てなかったし、昨日の死球の影響が心配で仕方ありません・・・
まあ、まだ2位以下混戦ですから、なんとか遅れないでひっついて行って、最後美味しいところをかすめ取っちゃいましょ(^^;;
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-09-03 22:43 | マリーンズ2008 | Comments(0)

大拙攻大会だったような気が(^^;;

対 埼玉西武ライオンズ 17回戦[M8勝9敗] L 5 - 8 M (千葉マリン)
勝/渡辺(俊)[12勝5敗] 負/石井[10勝8敗] HR/大塚[3号] 大島[1号]

昨夜は日本中がビックリのソラマメくん福田首相の辞任というニュースに食いついていたミーハーな私でした。
普通に考えれば国会が始まって解散総選挙かなあ、と思うところですが、この所の支持率低下では総選挙に打って出ても勝ち目がない、という公明党サイドの思惑なんだろうなあという気も。
っていうか、国会が議論の場でなくて、単なる数合わせのパワーゲームの場に成り下がっているもんだから、ソラマメくんは「イチロウくんがいぢめるよお」と泣いちゃったという風にも見えてきます。

私なんかはまだ政治に興味を持っている方なんじゃないかと思うのですが、それでもあまりのワケわからなさに腹が立ってきますもの。
政治家の資産公開も結構ですが、それ以上に、国会や永田町、霞ヶ関界隈で何をやっているのかというのをわかりやすくアピールする必要があるんじゃないかと思う今日この頃・・・

まあ、この辺はもう少し自分でも整理しないとなあ、とは常々おもいつつも、何もできない分野ではあります。もっとこう、庶民が何らかの形で政治を動かしたと実感できるといいんですけどね、あまりにシステムが複雑怪奇、魑魅魍魎で、個人や小さなグループでは太刀打ちできそうもないという絶望感なんでしょうねえ、この無関心の原因は。
しかも、政治家と官僚の好き放題にされているうちに本人たちもワケがわからなくなっているんだろうなあというのが正直なところ。そんなの外からわかるわけないじゃん!

・・・と、ワケわかってないのに偉そうに書いちゃう私でしたが、今日のロッテは久々のライオンズ戦です。8月初めの長野シリーズ以来かな。
首位をひた走るライオンズですが、前カードは3連続の延長12回引き分けという試合。多少なりとも疲れが残っててくれると嬉しいなあ、と早くも他力本願。
しかもなんですか、ブラゼル、ボカチカがいない、さらにゴトタケもいない、という願ったりかなったり状態ではありませんか。

鬼の居ぬ間になんとやら、マリーンズ打線はいきなりライオンズの先発石井一久を捉えます。
1回裏、大松の犠牲フライで先制すると、さらに2回裏、ズレータ、ベニーが連打で出塁すると職人・大塚が送りバントで1死2,3塁、ここで西岡が2点タイムリー、本日2番のオーティズが四球を選ぶと今江がタイムリーツーベースで3点を追加します。
ここでライオンズベンチは石井一久をあきらめてキニーをマウンドに送ります。そんなわけで石井一久は2回KO。

ところで心配なのはサブちゃん。
初回の打席で右膝に死球を当てられてしまい、これがちょうど骨のありそうなところ。非常に痛そうにしています。2打席目は四球を選びますが、一塁ベース上でボビーが声をかけ、代走に早川が送られます。膝のお皿が割れたりなんてしていませんように・・

しかし、今日は俊介も怪しいです。
毎回のように先頭打者をヒットで出塁させています。3回表は先頭の片岡にヒットを許すと続く栗山のタイムリーツーベースであっさり1点を返されます。
さらに5回は赤田がヒット、片岡のバントが内野安打になって無死1,3塁、それでも併殺の間の1点に留めたのは立派でした。というか、ライオンズの拙攻に助けられたと言うべきか・・・7回まで、9安打で2点ですもの。

しかし、そんな調子ですから2-4の2点差では非常に心もとないです。今日はG.G.やおかわりくんと言った飛ばし屋たちが俊介にあっていませんでしたが、いつ目覚めるかわかったもんじゃありませんしね。

とはいえ、マリーンズも大拙攻を繰り広げています。こちらは6回まで12安打で4点。なにせ塁上がにぎやか。今日は久々に満残塁を2回ほど堪能させていただきましたし。
それでも7回裏、石井→キニー→谷中→大沼、と代わってきた大沼の2イニング目を叩きます。
サト、ズレータと凡退であっさりと2死ですが、ベニーが四球を選びます。ここで迎えるバッターは大塚明。本日、送りバント1本と内野安打2本という微妙な内容(^^;
正直、期待しないでみてました。
するとまあ、スライダーかなんかの変化球をすかーんとあわせて、レフトスタンドに運んじゃいましたよ。ゴリちゃんですら、今日は風に負けていたのに、アッキーラさんですよ!
いやあ、もう、なぜか爆笑の私。ご、ゴメンナサイ、アッキーラさん・・・

さらに先頭に戻って西岡ツーベース、オーティズタイムリーで、ライオンズはたまらず三井に継投。しかし、今江もヒットで続くと、右打席の早川もタイムリーでこの回4点を追加します。8-2となって、これでちょっと一息つけるかな、と思う私でした。
部長は、右打席の方が安心して見ていられますね。最近、左打席ではなんだかあやしいのが気になります。

8回も俊介続投。サクサクと行ければ完投もあるかな、と思いつつ見ていると、この回はサクサクです。とはいえ、本日いきなり4番の大島にソロを被弾。ま、1点くらいどってことはありません。
しかし9回、本日三振おかわりのおかわりくんに粘られた挙句にヒットを許すと石井義人にもツーベースで無死2,3塁とされてしまいます・・・球数も多くなってきたので、やむなくここで荻野を投入。
代打の松坂に初球を狙われてタイムリー、赤田はサードフライで打取るものの片岡にレフトへの犠牲フライで結局俊介の自責点はしっかり返すのでした。
最後は栗山をレフトフライに打取って、なんとか逃げ切り。

まあ、ライオンズ戦でアタマを取れたのは大きいです・・・明日は明日の風が吹きそうですがね(自爆

他球場ではファイターズ、バファローズが勝って、2位以下混戦に拍車がかかっています。まだまだ、首の皮は厚そうです。
そうそう、ヒーローインタビューのツヨシの表情が、これほど頼もしかった事はないですね。オリンピックに行って一皮むけてきたような気がします。
「僕らが勝ち続ければいい」ですって。なんて泣かせる事を言うのさ。ツヨ坊、おまいさん、やっぱり、いい子だよ・・・うるうる・・
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-09-02 23:13 | マリーンズ2008 | Comments(2)

昨日の借りは返したぜ!

対 埼玉西武ライオンズ 14回戦[M6勝8敗] L 0 - 16 M (千葉マリン)
勝/渡辺(俊)[8勝4敗] 負/西口[4勝5敗]
HR/大松[17号] オーティズ[7号]

今日も暑かったですね。
マリンに行こうかなと思っていたのですが、のんびり朝寝だったことと、あまりの暑さに結局自宅でテレビ観戦。なんでナイターにしないのかしらん・・・俊介いわく「アルコールはは水分じゃないので」観戦の皆さんも体調管理にはどうぞ気をつけてください。

今日はライオンズが西口、マリーンズが俊介と、ゲームの作り方をしっているピッチャーの投げ合い。立ち上がりはむしろ西口の方が往年のスライダーが健在かと思わせ、良さげな雰囲気ではあったのですが、2回の裏、サブロー、タスクと連打で1死2,3塁から、今江がキッチリと犠牲フライを打ち上げる良い仕事で1点先取、さらにオーティズがタイムリーと非常に良い形で2点を先取すると、俊介が徐々に調子を上げてきます。

今日もこれだけ暑かったですからね、西口あたりは球数を投げさせればチャンスがあるかも?なんて思いつつ見ていましたら、今日も昨日に引き続き打線が爆発でしたよ。
3回は大松がホレボレするようなライトスタンドへのツーラン。師匠と一緒にホームに還ってきました。
4回は負けじとオーティズのソロ。5回は西口を打ち込み、サブロー、タスクのタイムリーと今江の2個目の犠牲フライで4点をあげると、6回がものすごかったですよ。
早川のファーストベースに当るラッキーな内野安打からあれよあれよの8連打で6点をもぎ取ります。
この回途中でさすがに西口降板、するとここまで3三振とまーったく西口のスライダーにあっていなかったサトもヒット、さらにここまで2犠飛で打点こそありますが安打は無かった今江もヒットで先発全員安打です。
公式タンはキャプテンが打った時点で先発全員安打と勘違いしていましたが、実は私も同じ勘違いしてました(^^;;
そんくらい、もう今日はお祭り騒ぎの攻撃陣でしたね。結局とるわとるわで合計16点。もう一点取れれば昨日の借りは返した気分でしたが・・・まあ、その分俊介が好投してくれましたので、十分です。

大量援護をもらいますが、俊介は変に気張ること無く淡々と投げます。
ライオンズ打線の早打ちもあり、1イニングを4球とか5球とかで済ませられれば、この暑さの中本当に助けてもらった感じです。
今日は遅い球が良かったですよ。スピードガンの数字は95km/hくらいでしたが、それ以上にブレーキが利いている感じで、空振りしてからミットに収まるような感じでした。それに、タイミングがあわずに相手打者がポコポコフライを打ち上げてくれるのは気分良く見てられましたね。

おかげさまで、なんとか三タテは免れ、悪いことは忘れていい感じでライオンズ戦を追われたんじゃないかと思います。まあ「よくも悪くも引きずらないチーム」というカラーもありますが(^^;;

そういえば今日は、松本くんを落として塀ちゃんをあげてきていたんですね。
さすがに、この連日のバタバタで本人的にもキツかったと思いますので、なんとか気持ちを切り替えて再びあがってきて欲しいと思います。素材的には十分上でやって行けるものは持っていると思いますよ。
後は、暑い中コンディションの維持が大変とは思いますが、投手陣にも頑張ってもらって、オリンピック代表がいない間のパ・リーグをかき回して行きたいもんですが・・・

8月に入るとオリンピックメンバーは招集されちゃうわけですが、その間の相手はというと、オリックスだの楽天だのが多いってのは、いいんでしょうか悪いんでしょうか???
3人招集されて、外国人枠が1個増えてもなんだか嬉しくない今日この頃です(^^;;
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-07-20 16:53 | マリーンズ2008 | Comments(2)

暑いとピッチャーはツライよね

対 埼玉西武ライオンズ 13回戦[M5勝8敗] L 17 - 10 M (千葉マリン)
勝/星野[3勝1敗] S/小野寺[3勝4敗1S] 負/成瀬[6勝5敗]
HR/ベニー[4号] 今江[6,7号] 中島[18号] ブラゼル[22号] 後藤[4号]

いやあ、暑い一日でした。
朝から暑いのなんの。午前中に干した洗濯物はお昼には乾いていましたよ。こりゃ助かります。

それにしても、試合の方も凄まじいものがありました。
あまりの暑さに出るピッチャー出るピッチャーみんなダメ。
なる坊なんか、よくもまあ7回まで投げましたよ。ダメダメだったけど。

2回に4点は、ベニーちゃんの守備のミスからなので、同情する余地もありますが、その裏、今江が2点タイムリー、さらに5回裏にベニーのソロと西岡の2点タイムリーで逆転すると、その直後、死球でランナーを出してあっさりとナカジーにツーラン・・・

頑張っている様子は良くわかるのですが、とにかく内容が良くありません。
それでも6回裏に今江のソロで6-6の同点に追いつき、まだまだ分からんぞ、と思わせてくれましたが7回表、またまたランナーを出してブラゼルにツーラン。
続くG.G.をヒットで出塁させて、2死ながらブライアンに繋ぎますが・・

ブライアンはおかわりくんを歩かせてしまいます。
続くのはロッテ専用アクマとして覚醒してしまった後藤。どうも、ロッテは後藤という苗字と相性が悪いんでしょうかね・・・ゴトタケ、ここでバックスクリーンのセンターカメラさんにぶつけるスリーランですって。

7回表5失点で11-6。こりゃいかん・・・けど、今日の流れは止まりません。
ブライアンの後を、伊藤、松本と繋ぎますが、さらに失点を重ね、ついには高木さんまで投入。さすがに高木さんも今日は出る気してなかったでしょう。高木さんもメタメタで結局17点を献上してしまいました。

マリーンズもライオンズの大沼、小野寺という炎上系中継ぎ陣から根元のタイムリーで1点、9回裏にはランナーをためて今江がスリーランと意地を見せますが、さすがに17点は痛すぎました。
もう、お馬鹿試合の最たるものをこの暑い日に見せられて、現地観戦のみなさん、熱射病にやられていないかどうか心配です。

今日は今江が4安打(内ホームラン2本)の6打点とめちゃくちゃ良かったんですけどね・・・ゴリちゃん明日もお願いします。

今日はもうあんまりな試合展開で、こんだけ。
自宅で見てても疲れました(^^;;
[PR]
by kawasaki-marins | 2008-07-19 21:25 | マリーンズ2008 | Comments(4)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル