日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:09交流戦 ( 24 ) タグの人気記事

最後っぺってヤツですよ。

対 読売ジャイアンツ 4回戦[M 1勝1敗2分] M 9 - 4 G (東京D)
勝/清水(直)[3勝3敗] 負/内海[2勝5敗]
HR/西岡[5号] 竹原[2号] 井口[11号] 今江[4号] 亀井[7号] 阿部[11号]

昨日の試合でしょぼーんとなってしまった私でしたが、今日はそれを振り払うような気分の良い試合になりましたね。
今日は午後2時プレイボール、競馬で福島のレースを見てからチャンネルを替えると、2番の竹原が打席。パッと見たのはカウント、無死なのにランナーがいませんよ??あれれ?とおもって得点を見ると、おおーっ、いきなり1点、ということは久々のスタメン1番のツヨがやってくれたわけですな。
ここは何しろ東京ドームですからね。
どういう形であれ、先取点は嬉しいです。

しかし、1回裏、直行の立ち上がりを攻められて、ラミレスのライト犠牲フライで1点を返されてしまいます。1-1のこう着状態で中盤5回まで、直行対内海の(一応?)エース対決はそれぞれが徐々に調子を上げてなかなかの投手戦を見せてくれました。

しかし6回表、先頭のツヨが三振に倒れると、続く竹原、カウント2-1(だったかなあ?)まあ、ともかく追い込まれたカウントから、内角のストレートらしき球を上手く捉えてこれがアナタ、レフトスタンドの黒い人たちのど真ん中へ!
待望の勝越し点です。竹原の八重歯の笑顔がまたいいんだわあ。私的にはくしゃくしゃのゴリスマイルの次くらいに好きですよ。

さらに7回、先頭のサブローがセンター前で出塁、しかし、堀の打席でエンドラン失敗?単独盗塁失敗?でセカンドでアウトになります。堀も三振であっさり2死。
しかし続く今江がヒットで、あーあ、いつもの噛み合ないロッテかあ、と思いましたが、なんと続く直行がライト前ヒットで2死ながら1,2塁と繋ぎます。(ことしは、直行コールに答えてちょこっと手をあげていましたよ。昨年のハマスタでヒット打った時は忘れてて、いつまでもレフトからコールされてたもんです^^;;)
ジャイアンツはここで先発の内海から二番手に東野を投入。なんでも今季リリーフ登板は初めてなんだそうですが、ここまで好投の内海を直に打たれたからって替えるのかなあとちょっとアレな感じもしましたよ。

と、その東野、西岡に四球で2死満塁。チャンスなのか?チャンス??
もう、ロッテファンやってると、満塁ってひとっつもチャンスだと思えなくなってるんですよね。
でも、ここはチャンスですとも!
続くバッター竹原が、定石通りの四球の後の初球を狙い打ち、右中間浅めに飛んだ打球は、センター鈴木が飛び込むもグラブに弾かれて転々・・・その間に直行までが生還で2点を追加します。

4-1と追加点を挙げて、今日の直行なら大丈夫でしょう、と思わせてくれる展開。結構気分良く見ていましたよ。

するとさらに8回、先頭の井口が、東野の初球を叩くとこれも高くあがってレフトスタンドへ。残念ながらこれは黒くない人たちのところでしたけど、それはそれで「ざまをご覧遊ばせ、おほほのほ」なわけです。
これで5-1としますが、今日のロッテ打線はちょっとお祭り状態。
サト、サブローと凡退するも、途中から守備で入っていた福浦が四球を選ぶと、続く今江が捉えた当たりもレフトスタンドへ一直線!
ツーランホームランで7-1と差を広げます。
これだけ差がつけば直行ひっこめても良かろうと、代打バーナムJr.でしたが、ここは仕留められてしまいました。

8回裏は伊藤が登板、しかしこれがヒヤヒヤさせます。
1死から、小笠原にいつものレフティシフトで対応しますが、しぶとくレフト前というか普通ならショート裏あたりに運ばれ1死1塁、さらにラミレスにセンター前抜けるか?という当たりでしたが、これは井口が好捕でセカンドアウト、しかしゲッツーならず。
2死1塁。そして、なんか良くわかりませんが、ロッテキラーのかおりプンプンの亀井が振り抜いた当たりはライトスタンドへ・・・あちゃー7-3と追い上げられます。
さらに、代打で登場の阿部にも一発で7-4。
さすが#30、素直に勝たせてくれません、ちょっとドキドキしてきました(苦笑)

しかし9回表、交代したピッチャーの木村から、先頭の西岡がツーベースで出塁、途中守備で入っていた大塚がバント失敗でサードフライに倒れます。
続く大松のカウント1-2で、ジャイアンツベンチは投手交代。なんか微妙な交代で、なんだかなーと思ってみていましたら、出てきた深田(ってルーキー?)はインコース攻めるも大松の脇腹へ。
この深田、一球で交代です。ジャイアンツの事情はよく知りませんが、原監督は何がしたかったのかしらん?
で、野間口に繋ぎますが、ここで井口がレフトオーバーの2点タイムリーで、とりあえず突き放します。9-4。
さらにこの後連続四球で2死満塁まで持ち込みますが、今江が内野ゴロに倒れて追加点にはなりませんでした。

あ、そうそう、今日の今江なんですが、打席に立つ時のすね当てみたいなプロテクターをヘンな位置につけていましたが・・・脚をどうにかしていないかちょっと気になりました。
普通ならスネのほうにつけるでしょうに、左足のふくらはぎの内側あたりにつけていて、なんだかずっと気になっていましたよ???なんでだろ???

で、最後はブライアンが登場。今後クローザーはブライアンなんでしょうか、それとも荻野と併用なのか、その辺良くわかりませんが、お互いに気分良く投げてもらえるような体制を取ってほしいなあと思います。
最後は、話題のルーキー、東海大相撲、じゃなくて東海大相模の大田が初打席ということですがストレート3本で三球三振。とりあえず力一杯振って来いってヤツですかね。
東海大相模といえば、ウチにも角くんがいますんで、ぜひとも切磋琢磨して頑張ってほしいもんです。

ということで、今日のナイターもありますが、交流戦は今日でおしまい。
マリーンズは昨年に続いて(ですよね?)負越してしまいました・・借金増えちゃった(泣)
良い試合をしている、と思ってもなかなか波に乗り切れずに来ちゃったなあという感じ。
また、ペナントレースに戻りますが、何とかちぎれずについて行ってほしいと、今はとにかくそれだけですね。

ところで、昨日の段階で交流戦はパ・リーグの65勝66敗7分とひとつ負越し。
実はここまでずっとパ・リーグが勝ち越していたのですが・・・今日はデーゲーム5試合でパ・リーグの2勝3敗と、ナイターの1試合の結果を待たず負越しが確定してしまいました(泣)
優勝がホークスなので、パ・リーグファンとしては一安心ではありますが、ちょっと悔しいですね。
・・・ん、ウチが負越さなきゃって話???あちゃー。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-06-21 18:03 | マリーンズ2009 | Comments(0)

しょぼーん

対 読売ジャイアンツ 3回戦[M 1敗2分] M 2 - 5 G (東京D)
勝/グライシンガー[7勝4敗] S/越智[4勝1敗7S] 負/渡辺(俊)[1勝6敗]
HR/李[12号]

初回で決まってしまったのかなあ。
1回表、早坂が初球をヒットにすると、続く福浦の当たりはラッキーな内野安打、無死1,2塁でなんとかひとつ先取点をお願いしたいシーンでしたが、大松がファーストフライに倒れ、井口、サトとライトフライ・・・うーん、いつものロッテ風味ではありますが・・・
もっとこう、次につなげようという意識が形にならないもんですかねえ。

いきなり目一杯気持ちが萎えてしまった私でした。
いやいや、こんなことではイカン。風がない球場だけど、今日は俊介が目が覚めるようなピッチングで・・・と思いましたが、目が覚めたのはジャイアンツファンだったようです。
俊介、ポカパカ打たれて、あっという間に4失点。とにかくなかなかアウトが取れません。
いったいなにがあったの?てなもんです。

2回はキッチリ三者凡退に打取る俊介でしたが、3回には、承燁に、壁が無ければ場外に飛んでいた級の超特大のホームラン。ソロで良かったですよ。

序盤はそれでもチマチマとヒットを打ってはいたのですが得点には結びつかず。中盤はグライシンガーにしっかり押さえられてしまう打線でした。

しかし7回、サブローのツーベースを足がかりになんとか1点をもぎ取ると、8回も代わった山口から、こちらも代打で登場の幸ちゃんのしぶといヒットを皮切りに、相手の暴投もあってやはり代打登場の竹原のタイムリーで1点を返します。
さらに代打西岡が三塁線切れると思わせつつのラッキー内野安打で、またまた無死1,2塁とチャンスを作るのですが、続く井口が初球を打って最悪のゲッツー、さらにサトも初球打ちをひっかけてしまいました・・・どうしてこう、チャンスで打てないかなあ。
結局2-5でおしまい。

相手が相手だけに勝ちたかったんだけどなあ。
やっぱり、俊介は屋根がある場所はダメなんでしょうかねえ。

なんだか、見ているこちらも元気が出ません。いかんなあ。久々の内くん登場で三者三振とか、川崎も良くなってきたとか、書くことは無いわけじゃないんですが・・・うーん。
試合も早く終わったことだし、早く寝よ。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-06-20 21:04 | マリーンズ2009 | Comments(0)

あの時もブライアン・・・

対 ヤクルトスワローズ 4回戦[M 1勝3敗] M 5 - 6x YS (神宮)
勝/萩原[1勝] 負/シコースキー[4勝3敗1S]
HR/大松[8号] ガイエル[10号]

そういえば、あのときも、打たれたのはブライアンだったなあ・・・打ったのはサトでしたけどね(^^;;

ごめんなさいごめんなさい、私がいらんことを思い出したばっかりに、最後、ガイエルにサヨナラホームランを・・・(涙)

やっぱり点は取れるときに取らなきゃダメだということが良くわかりました。
10回表、塀内の死球で2死満塁、マウンドは林昌勇。去年は林を打ち崩しているんだけどなあ。
11回表、2死から代打堀がツーベースで出塁、サブロー敬遠で1,2塁とするも、サトが内野ゴロ。
そんなんじゃ勝てませんよね。

この所、どうやらこんな私でも仕事が忙しいらしく、今日も30分ほど遅れての帰宅。
テレビをつけると、どうやら2回裏のピンチをしのいだところ。
そして3回表は大松、井口の連打から、ベニーが2点タイムリーで2-1と逆転です。

よしよしと思いつつ、給料日前のあるもの寄せ集めの晩ごはんを支度し、落ち着いたところでは2-2に追いつかれています。宮本のセーフティスクイズ?本日サードのラン様が狙われてしまったのでしょうか。内野もセカンドならそこそこ良い動きを見せてくれるランビンですが、今日のサードはちょっと微妙でした。ていうか、この人本職ってドコなんですかね?外野もそこそここなせていますし。今更ですが、マティの「どこでも守る」よりはかなりレベルは高いですよ、と言っておきます。

5回表、1死から大松がライトに突き刺さるようなソロホームランで勝ち越すと、その後四球でランナーを溜めて2死1,2塁としたところでベニーの2点タイムリーツーベースで5-2と差を広げます。
開幕からの連勝記録がかかっている館山を引きずりおろして、これで行ける、と思ったんだけどなあ。
その裏、今日の先発の大嶺が青木を始め上位打線にポコポコ打たれて気がつけば1点を失い5-3と詰め寄られ、さらに1死満塁とピンチを演出。ここで中郷にマウンドを譲ります。
中郷は、粘る川島を三振に仕留めますが、それで集中力が切れたのか、続く森岡に初球を叩かれてタイムリー。しかも、ライトからの返球が逸れている間に同点に追いつかれてしまいました(泣)

この後は両チーム本気勝負。
スワローズは、木田、松岡、五十嵐、林と継投すると、マリーンズも川崎、伊藤、荻野と繋ぎ、10回まで両者追加点なくゲームが進みます。
川崎が微妙ながらも7回途中まで無失点で凌ぐと、伊藤がいい感じでリズムを作ってくれます。
昨日の被弾はやはり調整だったということでしょうか、今日は荻野も良かったですよ。飄々としたピッチングでスワローズ打線をかわして行きます。

っていうか、今日のCSフジの解説の平松さん、全然アレです、パ・リーグと言うものを分かっていませんね。そりゃ向こうさんよりの実況なんでそもそも結構カチンときながら見ていたのですが、この川崎〜荻野の継投で、平松さんの言うことのウラ目ウラ目にでるのがなんとも気分が良かったりする私でした。根性悪おばさんでスミマセン。
伊藤ちゃんのことなんかほとんど気にも留めていなかったんだろうなあと、ちょっとイジワルっぽく思ってみていたり。現役時代は、アンチジャイアンツな私としては好きな選手だったんだけどなあ。所詮はセ・リーグのライトの当る世界にいた人なんですかねえ。

お互い、ランナーをたっぷり出し、さらに投手交代も多くて、長い試合になりましたが・・・最後は一瞬の予感のとおり。
こういう試合は、取れるときに点を取らなきゃダメなんだなあと、しみじみ実感しましたですよ。

そういえば、今日の保育園は「6月のお誕生会」。おやつはロールケーキでした。
せめてこんなんで癒されてください。
e0095468_0201765.jpg

[PR]
by kawasaki-marins | 2009-06-18 23:20 | マリーンズ2009 | Comments(2)

雨は降ってなかったし

対 ヤクルトスワローズ 3回戦[M 1勝2敗] M 1 - 10 YS (神宮)
勝/由規[3勝4敗] 負/成瀬[4勝3敗]
HR/青木[6号] デントナ[9号] 相川[2号] 武内[1号]

今日はちょっと出足が遅れて、帰宅するとちょうどなる坊が青木にホームランを打たれるところでした(涙)
個人的には、由規と成瀬の対決はちょっと微妙だったりします。

実は、ウチでは姉娘を「にゃーさん」と呼んでいます。
言い訳がましく説明させていただくと、4,5歳の頃でしたか、姉娘が自分のことを「なー」と呼んでいたのですがそれがなまって「にゃー」になっていたというわけで、成瀬がデビューする前から「にゃー」なんですよ。で、なる坊が「にゃーちゃん」と呼ばれるようになる頃からなぜか「さん」付けになっているという・・・エラそうでスイマセン(^^;;
で、妹娘は「よっちゃん」なんです。
「にゃー」対「よっちゃん」なので、なんか微妙なハハ心・・・いや、試合には全然関係ありませんけど(^^;;

で、その試合ですが。
初回に1点を失い、さらに3回に青木にツーラン。しかし、毎回のようにランナーは出すので、なんとか反撃を・・・と思いつつ見ていますが、いつものアレ、詰まってでない打線に戻ってしまったようです。

対するスワローズ打線はキッチリランナーを返してきます、っていうか、ランナーを出してはホームランを喰らっていた投手陣もちょっと息切れでしたかねえ。
青木のツーランの後は、6回に中郷が青木を塁においてデントナのツーランを浴びてしまいます。
7回は今江のタイムリーで1点を返しますがそれだけ。
1-5と、得点したその裏、古谷が登場しますがポコポコ打たれてしまいます。無死2,3塁からやむなく、という感じで伊藤が登場。田中浩康タイムリーで1点を取られてしまいますが、セカンドランナーはホームでタッチアウト。
その後はキッチリ締めます。青木を敬遠で塁を埋めた後のデントナ、ガイエルの連続三振はお見事でした。立派になったなあとしみじみしちゃったりして(何故^^;;)

しかし8回表は五十嵐の前に三者凡退。五十嵐ってあの五十嵐ですか(どの五十嵐じゃ^^;;)中継ぎってのがなんか意外な感じでしたが、やはり良い投手ですねえ。

8回は荻野が相川だの武内だのという微妙なところからそれぞれツーラン。調整ということでもあったのかと思いますが・・・ま、いいや。

今季、3連勝以上ってまだ無かったんでしたっけ?
なかなか白い丸が続きませんなあ。
まあ、週末の東京ドームに向けてチャージしておいたということにしておきましょうか。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-06-17 21:49 | マリーンズ2009 | Comments(4)

間に合った。なんとか間に合った。

対 阪神タイガース4回戦[M 3勝1敗] T 1 - 4 M (千葉マリン)
勝/小林(宏)[1勝4敗] S/シコースキー[4勝2敗1S] 負/ウィリアムス[1勝1敗]
HR/ブラゼル[4号] 里崎[4号]

今日はてっきり唐川が先発と思っていたのですが、昨日の登録抹消でどうするのかしらん?と気になっていましたよ。唐川くんはヒジに違和感?疲労?ということで抹消だそうです。ローテ1回飛ばして、リーグ戦再開から、ということでしょうか。

今日の先発は、なんとコバヒロ。水曜の広島戦に俊介の後を引き継いで2回を投げて以来ですから、中3日、まあ、微妙ではありますが投げられない範囲ではありませんね。
タイガースは安藤が先発。

どういう展開になるのかなんかピンとこないまま試合開始、しかし今日はなかなかの投手戦が繰り広げられています。
久しぶりに先発マウンドで見るコバヒロは、ストレートの威力が戻ってきた雰囲気。いい感じで腕が振れていたのではないでしょうか。バッターを追い込んで、落としてくるかと思うところでもストレートで空振りが取れていたりと、球威が戻ってきているようでなんだか嬉しかったです。

しかし、タイガースの安藤もストライクゾーンを一杯に使ったピッチングでなかなか的を絞らせてくれません。
そうこうしているうちに4回表。先頭の金本は打取るものの、ブラゼルを追い込んでの低めのボール球をひょいとすくいあげられた打球はあっさりとライトスタンドに飛び込んでしまいます。まあ、アレをスタンドに持って行かれてしまったらもう仕方ありませんね。ソロで良かったと思うのみです。
後続の葛城、鳥谷とヒットを打たれて、なんだかんだと2死1,3塁とピンチを作りますが何とか狩野を打ち取ってこの回1失点で切り抜けたのは大きかったと思います。ここまでの悪い流れのままのコバヒロなら、ここで崩れていたろうなあと思うのですが、今日は何が違ったのかしら?
素人目にもストレートが良かったので、自信もあったのかなあとも思いますが・・・コレで自信を持ってマウンドに上がってくれるようになると良いなあとただただ思うのみです。

打線は、今日はなかなかきっかけが掴めません。
3回まではランナーを出すことすらできず、4回ようやく四球でランナーを出しますが後続は倒れて得点ならず、今日は相当厳しそうな雰囲気です・・・が、5回、サトの当たりはぐんぐん伸びてライトスタンドに!ソロホームランで同点に追いつきました。
右打者のサトがライトスタンドですから、こりゃ相当調子が良いみたいです。久々に良い感じのホームランでした。

この後もコバヒロと安藤の投げ合いが続きます。それでも、打線は少しずつですが安藤を捉えはじめました。
6回裏、2死から大松、井口の連打で2死1,3塁としますがタスク三振。
7回裏、ちょっとお馬さんに目を逸らした隙に2死1,2塁で早坂に代打・堀を送るシーンになっていました。堀の当たりは見事に三遊間を抜きますが、2塁からサブローがホームを狙うも、レフト・金本からの完璧な返球にホームをがっちりとブロックされて得点ならず。

うーん、再びフ◯詰まり出せんなのか?とちょっとイヤーな予感が頭をよぎります。

しかし8回、表には先頭打者のピッチャー返しをコバヒロのグラブで弾いてしまう不運な内野安打で出塁させてしまいましたが、送りバントを小飛球に仕留めてのゲッツーでしのぐとその裏、ピンチの裏のチャンスがやってきましたよ。

タイガースは安藤に代えてウィリアムスがマウンドに上がります。
左のウィリアムスに対し、先頭の福浦に代えて田中マッチが打席に入ると、マッチは粘って粘って四球を勝ち取ります。大松は赤星の好守でセンターフライに倒れますが、井口も四球で1死1,2塁。
ウィリアムスはどうも力んでいる感じでコントロールが定まりません。

ここでDHタスクに代えて左キラー・竹原。タイガースはウィリアムスに代えてアッチソンをマウンドに送ってきます。しかし竹原そのまま打席に入ります。こないだの日本記録に乗り遅れた(というか乗りそびれた)悔しさをはらすチャンスをもらえたようです。

今日の竹原はボールがよく見えている雰囲気。微妙なボール球をしっかり見送るとカウント2-2から上手く変化球を合わせて右中間まっぷたつ!!
一塁ランナーの井口までホームインのタイムリースリーベースとなり、2点を勝ち越します。
竹原良くやった、ヨカッタヨカッタですよ。笑顔の八重歯がカワイイぞー!!

直後、サトのスクイズで竹原生還、1-4と追加点も挙げていい感じです。
そして、なによりも、この竹原の勝越打でコバヒロに勝ち投手の権利が発生したのですよ。

後は最後を締めるだけ。
3点差、セーブがつく状況でマウンドに上がるのはブライアン。
いよいよ、ブライアンがクローザーになるのでしょうか??
うーん、うーん、と思いつつも、ブライアンはキッチリ四者凡退。どーしてウチのリリーフ陣は(^^;;

ということで、ようやく、本当にようやく、コバヒロに白星がついたのでした。
良かったよお。なにより、先発で投げて白星がついたというのが良かったじゃありませんか。
唐川の抹消で急遽先発と言われたそうで、今後も先発で行くのかどうか微妙な感じではありましたが、とにかくこの調子で強気に行けば大丈夫だと思います。

お立ち台には竹原とコバヒロ。うん、ようやく追いついた的組み合わせでした。
この人たちが本格始動すれば、まだまだなんとか追いついて行けると思いますよ。なんか、気がつけば交流戦で初めてのカード連勝、そして久しぶりに三連勝。
なんとかここから盛り返して行ってほしいなあと思うのみです。

ところで、最後9回表、福浦師に代打をだして、ファーストはどうするんだろうと思っていたら、予想外のランビンでしたよ。てっきりマッチがそのまま?と思ってみたりしていたのですが。
ラン様、グラブだったかファーストミットだったか、確認できなかったのが残念っ!
本日一軍登録のアッキーラさんも最後の守備固めに出てきて元気そうな姿を見られたのは嬉しかったなあ(晋吾は出番なしの抹消ですよね???)

交流戦も残すところ2カード4試合。残念ながらもう、交流戦の上位は望める成績ではありませんが、一個でも借金を減らしてほしいものですね。
っていうか、東京ドームでだけは負けてほしくないぞ!!
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-06-14 16:55 | マリーンズ2009 | Comments(2)

余韻を楽しみませう

対 阪神タイガース3回戦[M 2勝1敗] T 1 - 9 M (千葉マリン)
勝/小野[3勝4敗] 負/福原[3勝5敗]
HR/ブラゼル[3号]

一昨日の大勝があまりにも凄かったので、その反動が怖い今日このごろです。
今日は14時試合開始、お馬さんを見つつ妹娘とビーズで遊んでいたらいつの間にか過ぎていました。慌ててチャンネルを変えるとちょうど1回裏、早坂の打席でした。
が、マリーンズ打線は、初回、早坂が内野ゴロ、福浦が四球を選ぶも大松、井口と連続三振。うーん、やっぱり反動が来ているのか?と思う私でした。

さて、今日の先発の晋吾ですが、初回は見ていませんでしたが2回、3回といずれもツーベースでランナーを背負いつつの投球。ちょっとドキドキしましたが、それでもボールを散らして踏んばります。今日は(も?)変化球が来ている感じで、ストレートの印象がほとんど残っていませんね。いい状態ではある感じです。

すると3回裏、ピンチの裏にチャンスあり、なんて珍しく格言通り。
先頭の今江がいつもの通りの初球打ち、大きなカーブを上手く運んでレフト前ヒットで出塁すると、続く早坂の送りバントはピッチャー福原が悪送球で無死1,2塁となります。
さらに福浦師が完璧なバントを決めて1死2,3塁とすると、大松の当たりはライトフライ、今江が突っ込むかと思いきやここは自重、続く井口に託します。
託された4番の井口がセンター前にタイムリー。ばっちりです。反動どころか、一昨日の勢いがまだ生きていますよ、これは。
さらに5番DHのタスクが歩くと、サトが三遊間を抜いてタイムリー、この回いい感じで3点を先取です。

これで晋吾も気が楽になったか、ボールの切れまくったピッチング。所々単打は許しますが、きっちり締めて危なげのない内容です。

さらに4回は先頭のベニーがツーベースで出塁すると、今江三振も早坂がヒットで繋ぎます。福浦がショートフライに倒れますが、弟子が名誉挽回の右中間まっぷたつタイムリーツーベース、もちろん早坂まで生還で2点を追加、さらに井口が四球を選んだところでタイガースは先発の福原をあきらめ、二番手の筒井に繋ぎます。
左の筒井に対して、DHタスクがそのまま打席に入りますが、ライト前にタイムリーでさらに1点追加。0-6とリードを広げます。

でもねえ、阪神戦は最終回に9点取られたこともありますから、コレくらいでは安心できません。

すると5回、先頭のサブローがヒットで出塁すると、いつの間にかベニーと替わっていたランビンがヒットで繋ぎ無死1,3塁、ここで今江が犠牲フライでさらに1点追加。よしよし、です。

7回表は先頭のブラゼルが、2度も自打球を膝付近に当てて痛そうにしながらも、晋吾の失投を捉えてライトスタンド中段に・・・ファーストに向かう瞬間、ひざから崩れて、痛そうにダイヤモンド一周していました。
いや、もうモッタイナイ。コレさえなければ完封も十分行けたのになあ、と、本当にもったいない失投でした。
これで流れが変わらなければ良いんですが・・・と心配していましたが、後続はキッチリ断ち切り、優勢な流れを渡しません。

その流れの通り、7回裏は替わったタイガースの西村のコントロールが定まらず、四球もらって1死満塁、ここから大松が久しぶりに満塁男となってちょっと目を離した隙に2点タイムリーですって。
今日の大松は合計4打点、稼ぎましたねー。

最後、晋吾は完投したかったようですが、9回表は川崎が登場。
まあ、この所リリーフ陣は出番が少ないですから、あんまり出番がないと調子が狂っちゃいそうな気もしなくもありません。
川崎も、調子を取り戻したように、最後の2連続三振をふくむ三者凡退でゲームセット。
一昨日の勢いはまだ余韻が残っているようです。
この余韻が残っているうちに、なんとかチームを立て直してもらいたいところです。

しっかし、今日もJスポ観戦でしたが、今日の実況席、何とかしてください。
アナウンサーの節丸さんと解説が金村さんと大塚さん。
「金村、ここはマリンだーー!!」と何度叫びたくなったことか・・・
そのかわりと言うわけでもありませんが、ネット裏の屋根の上からの引いた画角がいいですね。守備位置の取り方とか良くわかります。今までこんなのあったっけ??と思う私でした。

明日もタイガース戦です。この際、過去の記憶も思い出しつつ勢いつけて一気に・・・ね。
タイガース戦って勝つ時は大量得点、というイメージがありますし。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-06-13 17:59 | マリーンズ2009 | Comments(0)

大爆発

対 広島東洋カープ 4回戦[M 1勝3敗] C 2 - 23 M (千葉マリン)
勝/清水(直)[2勝3敗] 負/大竹[5勝3敗]
HR/今江[3号満塁]

うほほっ!!
いやー、久々に盛り上がりました。

今日の先発はマリーンズが直行、カープが大竹。
ここまで、直行もまだ1勝しかしてないんですよね・・・まあ、崩れた時もありますが、そんなに悪い内容ではないと思っていますので、何とかひとつ白いのを、と、お願いする私なのでした(誰に?)

しかし、今日も直行が先制を許します。2回、無死から2連打で1,2塁、さらに内野ゴロが送った形で1死2,3塁とピンチ。嶋を打取るも、続く末永に2点タイムリーを許してしまいます。
どうにもこの所点がとれない打線ですから、もう2点も取られちゃうと気が重くて・・・

なんて思っていたらその裏、2死1塁から今江がヒットで1,2塁とすると、早坂が振り切った当たりはぐんぐん伸びてライトフェンス直撃!
2死でしたからランナーもスタートを切っていて2点タイムリースリーベースとなり、アッサリ追いつくのでした。
この所、早坂が打撃好調ですし、今江も何となく調子が上がってきた感じがしますね。
しかし、福浦師が調子が上がらずライトフライ。2死からじゃいくら早坂が速くてもタッチアップというわけにはいきません。まあ、追いついたのでOKです。

3回表、先頭打者をツーベースで出し、さらに四球でランナーを溜めますが、ゲッツー含めて何とか無失点で切り抜けると、3回裏、マリーンズの反撃が始まりました。
先頭の大松が四球を選ぶと井口三振も、本日5番のDHタスクが1,2塁間抜くヒット。さらに本日6番でホンモノと入れ替わったサブローがセンター前に落として1死満塁、ここでサトに打席がまわってきます。
このところ、サトの調子が良くなってきていますので、この打席はちょっと注目。
初球のボール球を見逃すと、次の外角変化球を空振り。でも、この空振りはフェイクだったんじゃないかなあとニヤニヤしながら見ています。カープバッテリーは、サトの待ちはストレートと読んだのか変化球で攻めて来ます。カウント2-2から、やはり変化球ですっぽ抜けたのかワイルドピッチで労せず3塁ランナー生還。コレはサトの貫禄勝ち?なんて思っているとあっさり四球。
結局押し出したような形で1死満塁が続きます。
続く竹原は・・・逆にバッテリーに手玉に取られちゃいましたね。
初球ストライクを見逃すともうガタガタという感じで三振。うーん、一打席のなかでもっと駆け引きができるようになると、もう一段階レベルが上がってくると思うのですが・・・この辺は経験と勉強でしょうか。
そして、ラストバッターの今江が、お約束のように初球、高めのクソボールを叩いた当たりが左中間、案外と伸びてなんとまあ!レフトスタンドに飛び込んじゃいました!!
グランドスラムで一気に2-7とカープを突き放します。

おーほほほ。久々に気分が良いわ。

なんて気を良くしてランちゃんと遊びながら見ていたら、なんとまあ、この後もっと凄いのが待っていましたよ。

4〜6回は直行もすっかりリズムを掴んでトントン拍子のピッチング。6回のピッチャーライナーを取ったのなんかめちゃかっこ良かったですね。
で、その6回裏。もう、ここまで溜まりに溜まったモノが一気に放出されています(なんか微妙な表現^^;;)

もう、せっかくだから書きますよ。

 ・先頭の福浦師が上手い流し打ちでライト前。無死1塁。
 ・弟子の大松がサードフライ。1死1塁。
 ・井口、ショート裏イイところに落ちるヒット、福浦師ナイス判断で3進。1死1,3塁
 ・DHタスク、らしく引っ張ってライト前タイムリー。1死1,2塁(井口の脚が気になる・・・)
 ・今日はホンモノのサブちゃん良く見て四球、1死満塁
 ・ここで投手交代 2回裏に替わっていた小松からドーマン。
 ・サト、今日は相当調子いいセンター前タイムリー。2-9。1死満塁。
 ・そういやいつの間に交代してたの?ラン様、流し打ちでレフト前タイムリー。2-10。1死満塁。
 ・グランドスラムおかわり!とは行かなかった今江四球で押出し。2-11。なおも1死満塁。
 ・早坂、初球が脚に当たって押出し。2-12、なおも1死満塁。
 ・福浦師2度目の打席は今度は引っ張ってライト前タイムリー2-13、なおも1死満塁。
 ・今度は弟子も続いて、大松もライト線へ、2点タイムリーで2-15。1死2,3塁。
 ・井口はお疲れ休みで代打塀内。プレッシャーがないと打つよ、でライト前2点タイムリー、2-17。塀ちゃんは1塁ストップ、1死1塁。
 ・こうなると止まらない。タスクセンター前で1死1,2塁。
 ・サブもいい感じでセンター前、塀ちゃん生還で2-18、1死1,2塁。
 ・サトもう絶好調。センター前タイムリーで2-19。1死1,2塁。
 ・ラン様、逃げずに死球ゲットで1死満塁。
 ・再びグランドスラムおかわり・・・とはならず、危うくゲッツーコースがセカンド送球が逸れてセーフ、この間にサブロー生還で2-20、大台に乗りましたよ。
 ・先頭にもどって、好調早坂に代打マッチ。ここで点を取ると1イニング14得点で、最多得点の新記録らしいんですが、本人知らなくてプレッシャーなし、センター犠牲フライでサト必死のタッチアップ、見事新記録達成なのでした。2-21。2死1,2塁。
 ・いつの間に代走に出てたの?福浦師→堀で幸ちゃんも乗り遅れずにセンター前、2-22。2死1,2塁。
 ・この回三度目の打席、大松がライトフライでこの回ようやく終わり。

いやー、凄かったです。やめられない止まらないです。
こんなの初めて見ましたよ。打者20人ですって。うあー。もう、残塁10個なんて屁みたいなもんですね。
今まで溜まりに溜まってた鬱憤がすっきりさっぱりですよ。

この後も直行はキッチリ締めてカープに反撃を許さず、というか、この長い長い守備でカープの選手も相当集中力を失ってしまっているでしょう。
さくさくと試合を進めて完投です。

こんな日もあるんですねえ。
もう、言わない言わない。明日に取っとけとか、昨日取れよとか、何日分だコレ、とか(言ってる言ってる^^;;)
ただただ圧巻でした。

今日のヒーローインタビューは、試合を決めたグランドスラムのゴリちゃんと、日本新記録の打点を上げたマッチ。何を隠そう、PL学園の先輩後輩なわけですが・・・マッチの方が後輩みたいに見えたって言っていいですか(^^;;
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-06-11 22:34 | マリーンズ2009 | Comments(6)

マリーンズに続いて、関東地方も梅雨入りです

対 広島東洋カープ 3回戦[M 3敗] C 2 - 0 M (千葉マリン)
勝/ルイス[4勝2敗] S/山口[3敗19S] 負/渡辺(俊)[1勝5敗]
HR/

初回の攻防がすべてだった気がします。
初回、2死からなんだかんだで満塁。そこから喜田剛のタイムリーで点が取れたカープと、福浦師の三振で点が取れなかったマリーンズ。

この後は俊介もしっかり立ち直ったんですけどね。7回2失点なら十分先発の役割は果たしていると思いますよ。
2,3回もランナーを出して、すぐにでも追いつき、勝ち越しそうな雰囲気ではあったのですが結局いつもの寸止め打線(ちきしょー、「だせん」を変換したらいきなり「出せん」だってさ)、4回も2死ながら再び満塁としますが、ここも寸止め。
残塁の山を築き上げるのでした。

2度目の満残塁のあとは一転して淡白な攻撃。6回までをルイス、7回横山、8回シュルツの継投の前に、毎回のように今度は三者凡退であっさり。
これじゃ「勝てる気がしねえ」です。

守備も、解説の秦さんががっかりしてましたよ・・・今日は、とにかく俊介がめげずによく投げてくれました。マリーンズ8,9回はコバヒロ。9回の三連続三振はお見事でした。改めて、クローザー・コバヒロは十分アリだと思いましたよ。

9回裏、カープの守護神永川が劇場を披露してくれます。
先頭の竹原、ベニーと連続ヒットで無死1,2塁。ここで今江が送りバントですが、三塁封殺。これは永川のフィールディングを褒めましょう。
1番早坂に代えて代打タスクでしたがセカンドゴロ、ゲッツーかとひやりとしましたがセカンド封殺のみで2死1,3塁。
そして本日2番のニセモノサブローですが、やはりニセモノだったらしくライトフライであっけなく試合終了、きょ〜おもロ〜ッテはま〜けま〜けまっけまけ、でしたよ、ふんっ。

選手の勝ちたいと言う気持ちが見えてきません。どうしたもんでしょうかねえ。困りました。
俊介にも、コバヒロにも、なかなか勝ち星をつけてあげられないのが不憫でもう・・・(泣)
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-06-10 21:36 | マリーンズ2009 | Comments(2)

ハマスタ行きたかったよー!!

対 横浜ベイスターズ 4回戦[M 2勝2敗] M 3 - 4 YB (横浜)
勝/三浦[6勝3敗] S/山口[3勝2敗4S] 負/大嶺[2勝4敗]
HR/大松[7号] 北川[1号満塁]

ああーっ、今日はもう、後ろ髪を引かれる思いで職場を後にしましたよ。
いや、別に仕事があったわけじゃなくて、私の職場は横浜ですからね、職場からハマスタ・・・すぐなのに・・・さすがに娘たちをほっとくわけには行きませんね(^^;;

ということで、ダッシュで帰宅、ですが、試合序盤は三浦番長の前にテンポ良く打取られていたようです。あれまあ。
しかし4回、先頭の早坂がヒットで出塁すると、福浦師がバントで2塁へ送り、弟子の大松が変化球っぽい球に合わせて振り抜くと打球はライナーでライトスタンドへ!
晩ごはんの支度をしながらのチラ見でしたが、ライトスタンドに飛び込むところはちゃんと見られましたよ、うふふ。ツーランホームランで先制です。
交流戦ではここまで番長にやられっぱなしのような印象ばかりなので、ちょっと気分が良かった私でした。さらに5回にはランちゃんのツーベース(たぶんダイブなし^^;)から、今江がライト前にタイムリー、ランちゃん速い速い、あっという間にホームインしてました。

マリーンズの先発の大嶺もそれなりに粘れていたようです・・・が、結局落ち着いてみられたのが5回。
先頭の石川の三塁前へのセーフティバントを処理しようと走りよった大嶺が今江と接触、というか衝突。
これでリズムが狂ったのでしょうか、8番新沼にもヒットを許し無死1,2塁とされると、ラストバッターの番長はさすがキッチリ送ります。
本日ここまで2安打の金城に厳しく行くつもりが死球で1死満塁。ここで迎えた北川ですが、大嶺も力んでしまったのか制球定まらず、カウント2-3までねばられます。
無理にゲッツー狙わなくてもいいから、とにかく2点まではとられても良いから、一個ずつキッチリアウトをとって行こうよ・・・と思いつつ見ていましたが・・・
ああーっ、置きに行ってしまった甘い球をフルスイング、文句なしにライトスタンドに運ばれてしまいました(泣)
なんとコレが、プロ初ホームラン、初打点なんですって。

この辺が大嶺くんの若さなんでしょうか。痛い授業料を払いましたよ。

結局この後は両者無得点。三浦番長はシブいピッチングを見せますね。さらに木塚、吉見、山口と繋いで逃げ切られちゃいました。

大嶺も6回続投では三者凡退で、今江との接触の影響はなさそうでしたが、最後いつのまにか今江が塀内と交代していたのがちょっと気になります。とりあえず大事をとった・・・位なら良いんですが。
リリーフ陣は、7回を川崎、8回を伊藤が投げて無失点。川崎もなんとか立ち直りつつあるようですし、ちょっとは良い兆しかな、と思いたいです。

あー、それにしても悔しいなあ。
昨日のランちゃんのグランドスラムは見てないし、なおのこと悔しいです。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-06-08 22:11 | マリーンズ2009 | Comments(0)

ああーっ、ランビンダンスが見られない・・(泣)

対 横浜ベイスターズ 3回戦[M 2勝1敗] M 9 - 7 YB (横浜)
勝/成瀬[4勝2敗] 負/グリン[2勝7敗]
HR/ランビン[4号満塁] 大松[5,6号] 金城[4号] 内川[11号] 佐伯[5号] 村田[9号]

昨日の雨で延期になった小学校の運動会は、本日、青空の元で無事に実施されました。
今日がダメだったら火曜日ということでしたから、とにかく良かったです。
姉娘にとっては、小学校では最後の運動会。なんとまあ、開会式で全校生徒で歌う「運動会の歌」の指揮をするって・・・本人はケロッとしていましたが、親はもうドキドキでしたよ。
まあ、なんとか大役もこなして今日は一日楽しんでいたようです。
e0095468_1801531.jpg

わかりずらいですけど「赤組優勝」ってマーカーで書いていたら、日に焼けて文字が浮かび上がってきちゃいましたよ。「祝」の文字をうかびあがらせたリンゴですかい(苦笑)

学年を超えたタテの繋がりを結構大切にしている学校で、1年生と6年生がペアで行った障害物競走なんか見ていると、1年生をおんぶして走る6年生がとても大人っぽく、頼もしかったですよ。6年間の成長をしみじみと感じました。

そんなわけで、朝はお弁当にバタバタ、ハマスタの録画予約を忘れていた私でした。まあ、いいですけど。

運動会が終わり、片付けがある姉娘は学校に残して親たちは先に帰宅。試合経過はiPhoneで一球速報をチェクしていましたので、初回のグリンの乱調とランビンのグランドスラムでさすがに勝ったろうと思ったのですが・・・いやあ、もつれましたね。

今日は府中では安田記念もやっていますので、テレビは府中とハマスタを行ったり来たり。ハマスタを見るたびに点差を詰められているんですけど・・・真綿でクビを締められるよう、というのはこういうことを言うんでしょうか・・・

今日の金城、佐伯、村田のホームランって、ハマスタだからって感じですよねえ。金城、佐伯はリプレイだけでしたので微妙ではありますが、9回の村田のだって、よし、なんとか追いつけよ、とか思ってみてたらスタンドですもの。
恐ろしい球場です、ハマスタ。

なんだかんだで結局、先発の成瀬が5回で降板、今日はあまり調子も上がらなかったようですが、それでも勝ちがついて良かったかな・・・

ところで、今日のリリーフ陣、6回の川崎はまあ分かりますが、7回に荻野を投入してきたのはどういう意図なんでしょうか。昨日のリリーフ失敗のリフレッシュなのか、あるいはリリーフ陣の配置転換なのか、気になります。今日も見事な自作自演でしたが・・・調子が良くないのか、今日もちょっとキョロキョロソワソワで、見ていて非常に不安でした。

8回の伊藤は四者凡退(苦笑
そして注目の9回裏はブライアンが登場です。

とはいえ、9回表に大松が工藤からツーランホームランで9-5と4点差に引き離していたので、ここが3点差でもブライアンだったのかどうなのか、ちょっと気になりますが。
クローザー・コバヒロ、という目もあったのかなあ??
ブライアンは村田にツーラン被弾。上記の通り、入ったなんてビックリな当たりではありましたが。

ということで、乱打戦を制して、マリーンズがなんとか逃げ切り勝ち。今日のにゃー兄さんに白星がついて、昨日の唐川くんにつかないのもなんだか不憫ですが、コレが勝負のアヤってなわけでもありますね。世間は厳しいです(^^;;

さてさて、初回のグランドスラムと、7回に見せた左中間抜けるかと言う当たりへのダイビングキャッチでランビンがヒーローインタビューでした。結構楽しみにしていたんですよ。で、インタビューの受け答えの「良いヤツ」っぽさを堪能しましたが・・あ”。
これってCSですがTBS系のニュースバードでの放送・・・ッてことは(泣)
ヒーローインタビューの後は即、本日のダイジェスト。

スタンド前のご挨拶は中継なしでした・・・うううっ!
ランちゃんダンスが見たかったのに・・・どなたかご親切な方がYOUTUBEにでもあげてくださるのを待ちますか。
良い時代ですね、ホントに。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-06-07 18:20 | マリーンズ2009 | Comments(2)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル