日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:09vsホークス ( 21 ) タグの人気記事

根本の初勝利でした

対 福岡ソフトバンクホークス 24回戦 [M 13勝10敗1分] M 7 - 5 H (福岡D)
勝/根本[1勝] S/シコースキー[8勝5敗15S] 負/大場[1勝4敗]
HR/大松[18号]

私事ですが(いつもそうですけど^^;;)、昨晩あたりから耳が痛くて・・・またやっちゃったみたいです、外耳炎。耳の中がなんだかむずがゆくなって綿棒でごしごししてしまうのが悪いんですよね、分かっているんですが。
それと、どういう理屈かわかりませんが頭のてっぺんまで痛くて、でも祝日で病院もやっていないのでなんとかかんとか頭痛薬を飲んでゴマカしております。

そしたら、昼間からどうにも眠くて・・・午前中に食料品の買い出しを済ませて、午後から久しぶりに野球をノンビリ、なんて思ってたらずーっとうつらうつらしていました。

初回、ホークスの先発の大場が荒れているなあ、四球、エラーを絡めて1点を先取しましたら、なんとまあ大嶺も同じ位荒れています。同じように四球がらみで1点を失いあっさりと追いつかれます。
3回は今度はタイムリーですが、両者同じようなパターンで失点。
うーん、両先発が荒れているこの試合、全体が荒れそうです。

なんて思ってうつらうつらと見ていた4回表、2死からランナーを出すと本日2番でスタメンの塀内がタイムリーで勝ち越し、さらに福浦師が四球を選んで2死満塁として4番大松。
ここでホークスベンチは先発の大場をあきらめて左腕の神内に継投。

なんですが。
なんとまあ大松、初球をライトスタンドに叩き込む、久々のグランドスラムで一気に7-2と突き放します。ライトスタンドのホークスファンが静まり返っていましたよ。
なんか久しぶりに「満塁男」を見たなあ(^^

しかしその裏、連打でランナーを溜めてしまって、ピッチャー返しの打球を右手に当ててしまって1点、さらにタイムリーでもう1点、都合2点を失い7-4と詰められてしまいます。
うーん、投げてはいましたが、打球を当てた手が心配です。

5回からは根本が登板、なんかあんまり意識なくて・・・すいません、どういうアレで根本が勝ち投手なんですか?
プロ初勝利ということで、めでたい勝利なんですが、なんか良くわかってなくて、ごめんなさいです。

7回からは内。7回はクリーンナップを三者凡退と良かったのですが、8回は連打で無死1,2塁として降板・・・もっと安定してくれると良いんだけどなあ。
後を引き継いだ荻野が1点を失いながらも何とか締めてくれました。
9回はブライアンが三者凡退。

5回以降はサクサクと打取られて行く打線でしたが、大松のグランドスラムが効いてなんとか逃げ切ることができました。

試合後は、福岡最終戦ということで、レフトスタンドのマリーンズファンはボビーコールを続けていましたね。2005年のプレーオフの舞台となった福岡ドームです、激闘の記憶が甦ってくるというもんですよ。アレは本当に奇跡みたいなもんでした・・・初様の内野安打、あれは本当に神懸かりでした。そしてサトのタイムリーと福浦師のホームインのガッツポーズが忘れられません。
だいたいが、コバマサが炎上しなければあんなに苦労しなくて済んだ・・・いやいや、言いませんとも。

なんだかんだ言っても、楽しませてくれたことは間違いありませんよ。
最後に、最高の感謝を贈りたいものです。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-09-23 18:03 | マリーンズ2009 | Comments(4)

良くなってきましたよ(ここに来て^^;

対 福岡ソフトバンクホークス 21回戦 [M 11勝9敗1分] H 3 - 8 M (千葉マリン)
勝/成瀬[9勝5敗] 負/大隣[6勝9敗]
HR/西岡[12号] 田上[23号]

今日も成瀬の完投、そして今日も143球、よく投げました。
シーズン序盤はスタミナが足りない?なんて感じもありましたが、ここに来て見事な完投勝利がつづきましたね。しかも今日も堂々の12奪三振。これで2試合連続の2桁奪三振ですよ、大したもんです。

ということで本日はテレビをつけると・・・あれれ、0-1と先取点を許していますよ。
さらに2回表も田上にツーランを許し、あっという間に0-3と点差を広げられてしまいます。

うーん、今日はなる坊どうなのよ?と思ってみていますが3回から徐々に調子が上がってきている様子・・・ではあるのですが、素晴らしく良い、というわけでもない雰囲気。どうなのよどうなのよと見ていますが、それ以降は崩れることもなく、なんとかかんとか持ちこたえます。

打線はというと、1,2,3回とランナーを出してチャンスをつくるものの、あと1本が出ない、いつもの寸止め打線。このままずるずるとやられてしまうのか・・・実際8月だったらこのままずるずるやられてしまったでしょうね。
しかし、今は9月です。
4回、先頭の福浦がツーベースで出塁すると、続く今江のライト線フェンスギリギリの大きな当たりはフィールドの隅ギリギリに落ちるツーベース。アメフトだったら最高のパントなんですが(笑)タッチアップを狙っていたらしい福浦は三塁ストップ。
そして、今シーズン不完全燃焼だった早川部長が意地のライト前で1点を返し、反撃の狼煙をあげましたよ。
続く西岡の打席では大場の暴投の間に早川進塁。暴投と言っても、キャッチャーの田上がちょっとボールから目が切れたくらいのもので、さすが部長ですよ。
この打席、結局西岡はセカンドゴロですが、この間に今江ホームインで2点目、1点差に詰め寄ります。

5回、ホークスベンチは大場に代えて大隣をマウンドに送り込んできます。
うーん、去年まではこの二人を全然打てなかった、ちょっと嫌な感じの継投、と思ったのですが。
1死から大松、里崎と連続ヒットで1,2塁とすると、福浦師がライト前にタイムリー。3-3に追いつきましたよ、うしししし。

さらに6回、継投策に入ったホークス投手陣から、地味に四球でランナーを溜めると、井口に代えてタスクが代打に送られ・・・え?と思っている間にきれいにタイムリーですよ。
3-4と勝ち越しちゃいました。うしししし。

そして7回、先頭のサトがライトの荒金が飛び込みながらも捕れずに逸らす間に三塁を狙う・・・んですが、見事な中継プレーのまえに三塁タッチアウト、サトの爆走は嬉しかったのですがなんだか爆笑な私でした、サトごめん(^^;;
しかし、これで気合いが乗った、というかホークスのリズムが狂ったんでしょうか(苦笑)福浦師が四球を選ぶと牽制のミスの間に2塁に進塁、今江は凡退も今日は気合いが乗っている雰囲気の早川がタイムリー、ランナーを残したところで、西岡がライトスタンドにツーランを叩き込み、気がつけば3-7と大きく勝ち越します。

8回の攻撃も、代わったホークスの陽がコントロール定まらず、四死球連発で無死満塁。
塀内がバントしようとしたところでの右手への死球は心配ですが・・・しかし、ここから福浦師の押出し死球(こっちはちょっとかすった位ですんだようです)で1点だけってのは微妙ですが、まあこれで3-8として、4回からこちらを毎回得点で気がつけば結構な得点差になっていたのでした。

今日も成瀬がよく頑張ってくれました。
3回からは無失点なんですものね、ちょうと3回を境にホークスとマリーンズが入れ替わったような感じですね。
ヒーローインタビューは完投の成瀬と、久々の早川部長。
インタビューでも「部長」とか呼ばれてしまう部長はどうかと(もうなんだか^^;;)
この人が熱く盛り上がってくれるとマリーンズも強くなりそうです。でも「(今)一番強いです」と言ってから(あ、やっぱ言い過ぎかな・・)なんて表情をしちゃう部長がまた正直でいいですね。
っていうか、やっぱりベンチの盛り上がりはそんな調子・・・いや、ファンとしてそうは思うまい。

とにかく、ここからがロッテの季節なんです。
上位いじめに楽しみをみつけましょ、たとえ今シーズンいいだけカモにされたファイターズだって、ここまで餌を撒いてきたと思って、って無理がありますかね(^^;;
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-09-10 23:00 | マリーンズ2009 | Comments(0)

快勝快勝

対 福岡ソフトバンクホークス 20回戦 [M 10勝9敗1分] H 2 - 8 M (千葉マリン)
勝/大嶺[5勝5敗] 負/和田[3勝4敗]
HR/西岡[11号] サブロー[19号] 井口[19号] 田上[22号]

今日は朝からアヤシげな雲行き。うーん、マリンのお天気はどうかしらん、と家を出て直後に気になる私って・・・
ということで、例によって帰宅してテレビをつけると1回裏、井口の打席ですが既に1点リードしているマリーンズです。
ん?もしや熱発休養明のツヨが先頭打者ホームラン?とか言ってみたら本当にそうだったなんて(^^;;

ま、まあ、先頭打者ホームランは嬉しいですけど、毎回それを狙って振り回しだすと・・・ちょっと心配。ま、ここまで来たら、打ってくれれば何でもいいですけど。

晩ごはんの支度をしながらチラチラ見ていますが、今日は先発の大嶺もいい感じですね。
テンポ良くホイホイとホークス打線を打取って行っている様子、っていうかテンポが早すぎて詳細わかりませんっていうのも嬉しいような、残念なような(^^;;

そして4回裏、先頭のサブローがソロホームランで追加点。
ああー、打っちゃった・・・なんて思ってゴメンナサイ。続く井口も、3試合連続となるホームランでさらに1点を追加すると、ベニーちゃんもヒットで続きます。っていうか、あれ、なんで井口が?ホームランじゃなかったっけ?とか思ったのは内緒(^^;

サトの、みんなに続け!と言わんばかりのスイングは若干高くあがりすぎた感じでセンターフライですが、続く堀がレフト線抜けるツーベースで1死2,3塁、ここで早坂にまわります。
0-3でしたからね、ちょっとビックリの初球スクイズがビシッと決まって0-4、ベニーちゃんのスライディングはいつ見ても迫力です。
この直前に早坂のファインプレーもあって、今日は早坂がヒーローでもいいんじゃね?って位のいい仕事をしていました。
早川が四球を選び2死1,3塁、で、1番に戻って西岡がセンター前にキッチリとタイムリーで0-5とします。

さすがにここでホークスベンチは和田を下げて佐藤をマウンドに送ります。昨日は足がつって降板の佐藤から、今江が初球の変化球を見事に捉えて三塁線抜けるタイムリー。
サードのオーティズが弾いたのがファールグランドだったので、ファールじゃないかと物言いがつきますが、確認だけ。打球はベース上を通っていたという判断のようです。
でも、ここでホークスの秋山監督と森脇ヘッドがでてくると、なんかこう男前が二人ならんでいいもんですねえ(違)

今江のタイムリーで0-6として、さすがに今日はこれで決まりましたね。
6回表に田上のソロ、少々スタミナ切れの感もありましたが7回も続投・・・ですが、小久保松中多村と三人がかりで犠牲フライの1点をもぎ取られ、荻野に交代。

このところ調子が戻ってきた感じの荻野が7回を締めるとその裏、大松のタイムリースリーベースなんていう滅多に見られなさそうなパターンで1点、さらにサトの犠牲フライでもう1点を追加して2-8と突き放します。
8回は荻野が続投も、3人で締め、9回には内が締めて昨日の借りを返したのでした。

いい試合しましたよ、うん。
和田をしっかり攻略できてたじゃありませんか。シーズンはじめからこうやっt・・・いえ、もういいんですけどね。

それと、ツヨの先頭打者ホームランが今シーズン6本にもなるんですね。
しかも、大嶺のときに3本ですって。で、全部勝ってるんだそうで、それもなんだか凄いですね。

パ・リーグの上位もここに来て1,2位争い、3,4位争いが盛り上がってきているようです。もっと面白くしてあげようじゃありませんか。ねえ。(←順位はすでに他人ごと・・^^;;)
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-09-09 22:20 | マリーンズ2009 | Comments(0)

不憫、俊介

対 福岡ソフトバンクホークス 19回戦 [M 9勝9敗1分] H 8 - 4 M (千葉マリン)
勝/摂津[5勝2敗] 負/伊藤[2勝6敗]
HR/井口[17,18号] 荒金[1号]

俊介は粘ったと思うんですよ。
初回から、長打を打たれながら6回まで、よく2失点で踏んばったと思います。
見ていて、どうにもアヤシイ雰囲気がただよっていましたが、締めるところはキッチリ締めて、ギリギリのところで踏んばっていてくれたと思います。

そして、2試合連続の井口のホームラン2発。
なんとかこれで逃げ切りたかったなあ。4回だって、小久保、松中、多村の連打でよくもまあ1点で済みましたよ。さらに6回表も、無死満塁から田上の犠牲フライ。でも、この犠牲フライがまずかったんですよ。

4回だって、三塁ランナーにいたときに、内野ゴロでわざと飛び出して自分はアウトになりつつも、バッターランナーを進めるという姑息な手を使って。さらにこの5回、微妙な深さながらも必死にホームに突っ込んできやがりましたよ。ちきしょう。
そういえば、前回の(2006年)WBCの時も、松中のヘッスラツーベースから火がついたんだっけなあ、なんて思い出しちゃいましたよ・・・これが悪かったんでしょうか。
明石を三振にとり、本当なら本多の当たりだってピッチャーゴロでしたが、ちょうど俊介の足元で弾いてしまって内野安打のタイムリー・・運がない、というか、松中に流れをもぎ取られたような気がしましたね、あー悔しい!

結局この回で3-3の同点に追いつかれます。
しかしその直後、代打バーナムJr.のヒットからベニーの犠牲フライでなんとか1点をもぎとり再度勝ち越し・・・しかし、今日はここまででした。

7回表から、ここまでギリギリっぽかった俊介を下げて伊藤をマウンドへ。
しかしこれがウラ目にでてしまいました。
先頭のオーティズにヒット、さらに小久保に死球で無死1,2塁、ここでホークスベンチは松中を下げて「ピンチバンター」として吉川を起用。そりゃ、松中に代えての出場ですもんね、ホークスベンチの気合いも入るってモンでしょうよ。
送りバントで1死2,3塁とされると、多村にあっさりタイムリー、オーティズばかりか小久保までホームに還って再逆転されてしまいます。
今日はアレです、ホーム返球が・・ゴニョゴニョ

たまらずここで伊藤から川﨑に継投。
長谷川を打取りますが、田上を嫌って敬遠すると、明石に代わって登場の荒金の当たりは、打取った、と思ったのですが風に乗って案外と伸びてバックスクリーンへのスリーラン。とどめを刺されてしまいました。

・・・今年のパターンですよね。
俊介、勝てないなあ。

ところで、先ほどから多摩川の土手でパトカーやはしご車?がウーウー集まってるんですが、どうしたのか知らん。交通事故って雰囲気でもないし、火事にしてはパトカー率が高いですよ???
なんだなんだ、どうしたどうした・・・誰か流されでもしたのかしらん?心配ですね。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-09-08 22:29 | マリーンズ2009 | Comments(0)

できるなら勝ちたかった

対 福岡ソフトバンクホークス 18回戦 [M 9勝8敗1分] H 2 - 2 M (千葉マリン)
勝/
HR/多村[14号]

頑張りました。でも、勝てなかった・・・勝てていた試合だっただけにモッタイナイです。
テレビをつけると1回表の早坂のスーパーダイビングキャッチ。いきなり凄いもん見ちゃいました。

しかしその裏、ライト前に抜けた!という早坂の当たりを、今度は小久保がスーパーキャッチ。うあ、いきなりそういう展開ですか。

コレに限らず、今日は締まった良い試合になりました。
先発は成瀬と大場。
成瀬は変化球がキテいる感じ、スライダーやチェンジアップでホイホイと三振の山を築き上げて行きます。この3連戦を見ていると、ホークス打線の調子は悪そうですが、それでもこれだけ三振がとれると気分がいいもんですね。ここまでは、ホイホイと振り回す方でしたから(^^;;

しかし、大場も丁寧に投げています。でも、今日はあんまり調子がよくなさそうな感じ。行けるんじゃないかしらん?なんて見ていたら4回裏、大松がツーベースヒットで出塁すると、続く井口もツーベース、もちろん大松が生還、欲しかった先取点をゲットです。さらにこの回、福浦の犠牲フライでもう1点を追加、0-2と先手をとります。

7回1死から、多村のソロで1点を失う成瀬でしたが、その後はキッチリ締めて8回を1失点。立派なピッチングですよ。
しかし9回、成瀬がマウンドに上がりますが、先頭の小久保にヒットを許したところでブライアンに継投・・・うーん、これで良かった、はずだったのですが。

ランナーは小久保に代えて城所、バッターは本日ソロホームランの多村。ブライアンは多村をサードゴロに打取ります。ゲッツーいけるか?と思いましたが、バウンドが大きく、セカンドはアウトもファーストはセーフ。1死1塁と変わります。
続く長谷川に対しては、力みすぎてしまったのか四球で1死1,2塁、そして代打で登場の明石に・・・タイムリーツーベースで同点に追いつかれてしまいました。あちゃー。

9回はホークスの摂津の前に(内野安打の1個はありましたけど)3三振。
10回は1死満塁、しかもランナーは三塁から、早川、西岡、早坂と超豪華陣をそろえていたのに、今江セカンドゴロでホーム封殺、大松がカウント2-3まで粘るも三振であえなく3人残塁。

11回も2死からながら馬原を打ってランナーを出しますがだめ、12回も、ランナーは出しましたが、という感じでだんだん攻撃がしょぼくなり、結局引き分けに終わってしまったのでした。

それでも、今日の内くん凄く良かったなあとか、伊藤も調子を取り戻してきているなとか、勝てなくて残念ながらも中身は充実した試合だったと思います。
明日からは最近勢いのついているイーグルス戦ですが、なんとかここを踏んばれれば・・・踏んばってくれっ!!
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-08-27 23:20 | マリーンズ2009 | Comments(2)

バースディ・ヒーロー

対 福岡ソフトバンクホークス 17回戦 [M 9勝8敗] H 1 - 2 M (千葉マリン)
勝/小林(宏)[3勝11敗] S/シコースキー[6勝5敗10S] 負/神内[2勝3敗]
HR/今江[8号] 明石[1号]

ホント、不思議なチームです。
なんとまあ、今日は今江の1発だけで勝っちゃいました。
もちろん、打った今江もエラいのですが、それを演出したのは1失点で頑張ったコバヒロですよ。

今日のコバヒロのピッチングは良かったですね。序盤から低めに集めてホイホイと三振を取って行きます。うん、毎回これならスーパーエースなんですけどねぇ・・・やればできるんです、ウチの子たちは。

しかし、ホークスの神内も、いつものことなんですが、打てそうで打てません。
初回、ツヨが1塁にいるところで帰宅、テレビをつけたのですが、着替えなんかでちょっと目を離した隙に交代。盗塁失敗だそうで、今日も拙攻の予感です。

序盤はお互い先発投手の好投でテンポよく進む、締まった試合になりました。
今日もマリーンズのサードは今江。この人がサードに入ると不思議と落ち着きます。時々やらかしてはくれますが、実は結構上手いですし、なにより肩に安心感を感じますね。
で、その今江が決めてくれました。

4回、先頭の西岡が内野フライに倒れると、2番の竹原が四球を選び1死1塁。さらに3番今江の打席で神内のワイルドピッチで2塁に進むと、その直後、今江が振り切った当たりはレフトスタンドへ一直線!
今日は今江の誕生日、バースデーアーチのツーランで0-2と先取点を奪います。

しかし6回、ここまで好投を続けてきたコバヒロですが、先頭の明石にソロホームランを許してしまい、1-2。
ですが、今日のコバヒロは違いますよ。
ダメな時のコバヒロでしたら、ここで自信なさげな顔をして首を傾げているのですが、今日は違いました。「ああっ、やっちまった!」という顔をしています。
これは、おそらく自分でも失敗したと分かっているからでしょう・・・ということは、今日のコバヒロなら大丈夫。
何の根拠もありませんが、コバヒロの顔だけでそう信じて試合を見ている私でした。

しかしこの直後は心臓に悪かったですけど(^^;;
本多をヒットで出塁させてしまうとあっさり盗塁を許し、ムネリンに四球で1死1,2塁。ここでオーティズからのクリンナップでしたが、オーティズ、小久保と打ち取って最少失点で凌ぎました。ソロは仕方なかったとしても、その後で失点しなかったのが本当に良かったですね。

6回裏、神内が先頭の早坂を歩かせると、ホークスは継投策に打って出てきます。
佐藤→水田→摂津というリレーの前にランナーひとり出せないマリーンズでした。

しかし、今日はコバヒロだって負けていません。
今日は8回までを4安打1失点。そして9回をブライアンが四者凡退に締めて、なんと1安打で勝ってしまうマリーンズなのでした。

いやあ、やっぱりマリーンズって不思議なチームです。1試合にヒット20本も打ってみたかと思うと、1安打で勝ってみたり。野球って本当に奥が深いですね。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-08-26 21:16 | マリーンズ2009 | Comments(0)

ちょっとビビりました。

対 福岡ソフトバンクホークス 16回戦 [M 8勝8敗] H 5 - 10 M (千葉マリン)
勝/大嶺[3勝5敗] 負/高橋(秀)[1勝3敗]
HR/西岡[9号] 里崎[9号]

昨日の高校野球の決勝は、素晴らしい試合でした。
自分が新潟で学生時代を過ごしたこともあって、日本文理高校の応援を(期待せずに^^;;)していたのですが、期待を遥かに超える素晴らしい試合と精神力を見せてくれたと思います。
序盤は中京相手に互角の渡り合い。
途中、打ち込まれはしたものの何とか立ち直りゲームを必死に立て直すエースの伊藤くん。
そして最終回の追い上げを見せた時のナインみんなの集中力。

1点及ばず、ゲームセットとなってしまいましたが、本当によく頑張った・・・地元の子が中心のチームということですが、新潟の子たちも捨てたもんじゃないですね。

正直、高校球児たちの爪の垢でも頂いてきて、マリーンズの選手たちに煎じて飲ませたいですよ(苦笑

と、そんなマリーンズですが、高校生たちに触発されたのか、今日はなかなか頑張っていました。
本当だったら今日はコバヒロの順番ですが、この数日、コバヒロは中継ぎ待機というウワサも聞いていたとおり、今日の先発は久々の大嶺。
この、大嶺が久々でアヤシいながらもなんとかギリギリ踏みとどまり、8回まで6安打2失点。序盤に2点を失ってしまったようですが、私が見ている範囲ではしっかりゲームを作ってくれました。ここぞというところで良いピッチングを見せてくれましたね。

そして、ヘナチョコマリーンズ打線は、格下には容赦ありません。
帰宅してテレビをつけると、2回裏、ちょうどサトがソロホームランで2-3と勝ち越すところでした。うほ、幸先がいいような気が(^^;;

さらに、晩ごはんを支度している間にいつの間にか2-8とかなっています。
そりゃめでたいめでたいと、5回裏、さらに福浦師と今江の連続タイムリーをみてゴキゲンな私でした。

そういえば、今日は久々に内野陣がオールレギュラーではありませんか。
1B=福浦、2B=井口、3B=今江、SS=西岡・・・やっぱり安定感がありますね。もちろん、マッチや早坂、根元なんてところが頑張っているのを見ているのもいいんですが、こんな守備のへたっぴいなチームでも、このメンバーで内野を固めることでリズム感が出てきたような気さえしてきます。

・・・で、今江と大嶺に代わってファーム落ちなのが正人と直行。
え?
正人はまあ、仕方ないのかも分かりませんが、直行って・・・どこかケガなんでしょうか。心配です。

それでも最後に見所を盛り上げるのがマリーンズ(^^;;

9回表、2死までポンポンと取って小斉にピッチャー返しでセンター前。こりゃ仕方ない、と思っていると続く明石に右中間抜かれるタイムリーツーベース・・・ま、まさか昨日の甲子園の再現をしようって気じゃ・・・ロッテの場合逆転されるぞ、マジで(^^;;
もうヒヤヒヤです。
さらにホンダ、カワサキと連続タイムリーであれよあれよと5-10と詰め寄られます。

いやー、本気で焦りましたね。
最近のマリーンズなら、一桁のリードではアヤシいですから・・

しかし、なんとかこれでホークスの追撃を振り切り、なんとか完投で3勝目をゲットの大嶺くんでした。最後は焦ったろうなあ。見ているこっちも焦りましたよ。
まあ、なんとかホークス戦の星を五分にもどして、ちょびっとですがホッとしました。

気がつけば、ペナントレースもあと1ヶ月しかないんですねえ。
最後、どれだけ足掻けるか、見てあげようじゃありませんか。それを帳尻というのですよ。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-08-25 23:05 | マリーンズ2009 | Comments(0)

噛みしめます

対 福岡ソフトバンクホークス 15回戦 [M 7勝8敗] M 13 - 5 H (福岡D)
勝/成瀬[5勝5敗] 負/大場[3敗]
HR/西岡[8号] 大松[14号] 塀内[1号]

おおーっ、今日は「レガシィ成約プレゼント」でお願いしていた「千疋屋のアイスクリームセット」が届きました。なんと、アイスクリーム10個セットとソルベ10個セットの合計20個で、冷凍室はいっぱいになってしまいました(笑
こっそり千疋屋のホームページなんか見てみたら、ええーっ、そんなにするの、これ(@o@

・・・その分、値引いてほしかったな(^^;;
まあ、こんなことでもなければ千疋屋のアイスクリームなんて食べることはないでしょうから、それはそれで嬉しかったりします。

気がつけば、クルマ一台買うのにいろいろ「おまけ」がついてきましたよ。

 ・試乗でもらえるミニカー(ツーリングワゴンのミニカーをもらいました)
 ・同じく、試乗でもらえるキャンドル(ホントは1個なんですが、お買い上げだし、と3種類全部もらっちゃいました)
 ・携帯クリーナー(エクシーガ)なぜか行くたびにもらって3個ほど(^^;
 ・ボストンバッグ(ビームスとのコラボのバッグ、これはいいもんもらいました。さっそく何度か活躍しています)
 ・抽選で300名様のJTB旅行券5万円分!!(当りました!でもその分値b・・)
 ・そして千疋屋のアイスクリーム(何種類かから選べたのですが、食べ物に走る我が家^^;)

まあ、クルマ屋さんもあの手この手ですね。でも、スバルなんて、「その」クルマが欲しくてくる人がほとんどでしょうから、あんまり「おまけ」に釣られないような気もするのですが・・そんなことは無いですかね(^^;;

で、さっそくそのアイスを頂きながら、テレビで野球観戦です。
帰宅してテレビをつけると、いきなり成瀬が打たれて逆転されるシーン・・・1-3。
ありゃりゃー、と思いましたが、この後は成瀬がキッチリと立て直してきます。3〜6回は各回三者凡退、7回も1安打のみで3回の3失点のみで頑張りました。
今年は粘り強くなりましたね、ダメでも立て直せるというのは、一流への大切なステップだと思います。ガンバレ、にゃーちゃん!

打線も、成瀬に触発されたかのように突然目覚めます。
4回、1死から竹原のぼてぼてサード内野安打でランナーを出すと、2死から福浦師が繋ぎ、さらにバーナム画伯が右中間まっぷたつの2点タイムリーで3-3に追いつきます。個人的には今日のヒーローは画伯なんだけどなあ(笑

さらに5回、先頭の西岡が早くも猛打賞となるピッチャー返しがセンター前に抜けるヒットで出塁すると、井口四球、サブ三遊間ツーベースでツヨ生還、さらに大松タイムリーで2者生還、さらにさらに竹原も負けじとタイムリーで大松生還と、この回4点を挙げて勝ち越します。
この後は満塁まで持ち込むもいつものアレでしたけど、十分ですよ、うひひ。

さらにこの後も6回に大松のツーラン、8回はタスクの、満塁走者一掃の3点タイムリー、さらに9回にはとどめです。塀内の今季初ホームランは初登板の巽から打っちゃったりして。今日は大勝です。
8回にマウンドに上がった川﨑が無死満塁のピンチを招き、そのまま内に継投という微妙なシーンもありましたが、まあ・・・それはそれで心配ではありますが・・・いいでしょ。
いや、ここで7点くらいじゃ引っくり返されてしまう・・と心配になったなんて言いませんとも、ええ。

とりあえずこれで、ビジター連敗はストップですよ、良かった。
だってねえ、明日からは大阪でバファローズ戦ですから、これも「勝てる気がしねぇ」カードですもの。ここで1個でも勝てたのは本当に大きいです。
なんとか、バファローズ戦も1個くらいは勝って帰ってきてほしいなあ。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-08-06 23:01 | マリーンズ2009 | Comments(0)

とほほのほ

対 福岡ソフトバンクホークス 14回戦 [M 6勝8敗] M 4 - 5 H (福岡D)
勝/摂津[4勝2敗] S/馬原[3勝1敗22S] 負/清水(直)[4勝4敗]
HR/大松[13号] サブロー[13号] 小久保[11号]

昨晩、携帯とiPhoneの充電をするのを忘れていたんですよ。最近はバージョンアップの恩恵か、iPhoneも結構バッテリが保つようになってくれていたので、すっかり油断していました。
でもさすがに3日目はキツかったのか、帰るときにメールのチェックをしたらカラッポになっちゃいました。
で、携帯の方も充電忘れてて・・・試合経過をチェックするすべなし。
さくさくと保育園のお迎えを済ませて、と思ったら、妹娘ってばのんびりと夕方おやつ(6時頃、軽く補食がでるのです。おせんべい1枚くらいですけどね)を食べてるんですもの。まあ、いいですけど。

で、帰宅していつもの通りテレビをつけると・・・おやおや、2-1で勝ってますよ?
今日は、マリーンズが直行、ホークスが藤原の先発。何でもビジター11連敗だそうで、なんとか勝ちたい試合ではあるのです。
晩ごはんの支度を始めると、何やらツヨが三盗失敗なんてかましていますが・・おいおい。しかし直後にサブローがツーランです。
あー、ツヨもったいないっ!

この時は余裕でしたが、しかし最後でこの1点が悔やまれることになるとは、この時の私には分からなかったのでした(とほほ。

直後、ムネリンにスリーベースを許し、松中の内野ゴロの間に1失点。4-2とされますが、この時点ではまだまだ気楽な私。この後の・・(中略)・・・(とほほ。

で、気がつくといつの間にかホークス先発の藤岡は下がっていて、マウンドには森福がいます。
いつだったか、この森福を一度見て、こりゃ良いピッチャーだあ、と思った記憶が甦ってきましたら、案の定と言いますか、4,5,6回とノーヒット。うーん、こういうタイプ打てませんねえ。

したっけ5回裏、トントンと2死までとる直行でしたが、高めに甘く行った球を松中に弾き返されてツーベースを許してしまうと、続く小久保に・・・嫌な予感はしたんですよ。一発だけは気をつけろ、と口に出したとたんに・・・レフトスタンドにツーランホームランですって。あちゃー、やっちまいました。
4-4の同点に追いつかれてしまいます。

うーん、直行(涙
ここまでは打たれながらもなんとか粘って2失点に留めていましたが、今日はあんまり良くないなあと思ってみていたら、嫌な予感ばかりが当たりますよ、とほほ。

この後も、8回にヒットを重ねられて1失点。ここはよく1点で凌いだ、とは思うのですが、打線が摂津、馬原とランナーを出しつつも抑えられて見事にビジター12連敗なんですって。なんか今日は、マリンで見たような意地もあまり感じなかったような・・・うーん、サブちゃんのホームランってまだ呪われてるのかしらん??

なんでもいいから、とにかくビジターで勝って帰っておいでね。
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-08-05 22:05 | マリーンズ2009 | Comments(0)

4連勝の壁

対 福岡ソフトバンクホークス 13回戦 [M 6勝7敗] M 3 - 8 H (福岡D)
勝/大隣[5勝6敗] 負/小林(宏)[2勝9敗]
HR/田中(雅)[1号] 田上[14号]

イーグルス相手に3連勝したんですねー。今季初の三タテ、ということで、この勢いで今季初の4連勝、とも行きたいものですが、さてさて、どうやら4連勝リミッターがかかっているようで、コレを外すのは大変そうです。
今日はコバヒロと大隣の先発、この所コバヒロも調子が上がってきている様子ですからここも意地を見せてもらいたい・・・と思ったのですが。

帰宅してテレビをつけると2回裏、なんか簡単にあわされて打たれていますよ(涙)
いきなり本多のタイムリーですって。さらにムネリンにもタイムリー・・自信なさげに首を傾げる様子では、今日はコパピロの日のようです。

しかし3回表、ヒットの早坂を塁においてマッチがプロ初となるツーランホームラン!!おっしゃー、失点の直後に追いつけたのはいい形です。
これでコバヒロが立ち直ってくれれば・・・という願いも空しく3回裏、先頭の小久保への死球をきっかけに・・・晩ごはんの支度をしている間にあっさりと、田上のスリーランで勝ち越されていますよ。って、あれっ?スリーランで2-6って、その前に長谷川のタイムリーがあったんですね。

結局この回1死も取れずにコバヒロ降板。上野がマウンドを引き継ぎ、4,5回を無失点に抑えます。本当は先発で育てたいピッチャーですが、なかなかチーム事情がそれを許してくれませんね・・っていうかコバヒロとチェンジで良いじゃん?と思うんですけど(^^;;
しかし、その上野も6回表、ムネリンに四球のあと松中にツーベースを許し、無死2,3塁で降板、伊藤に繋ぎます。
伊藤は小久保に犠牲フライ(っていうか行っちゃったかと思いましたよ^^;;)で1点を失いますが、後続を抑えここは1点にしのぎます。
この所、調子を落としていた伊藤ですが、体調とか何とかよりもメンタルな面が大きいのかなあという雰囲気もありましたから、少しずつでも自分を取り戻して行ってくれればいいなあと思うのみ。「川崎の星」内くんも良いですが、個人的には伊藤ちゃんが思いっきりツボにハマっている私なのでした。ポストコバマサ、#30は伊達じゃないところを見せてほしいですね。

試合は2-7のまま8回には伊藤から荻野に継投、ですが、荻野もピリっとせず、またまた小久保に犠牲フライで2-8と突き放されてしまいます。荻野くんも調子が戻りませんね・・疲れもあるかとは思いますが、どうもなんか噛み合わせが悪いと言うか、見ているこちらが、なんかこう違和感を感じる投球内容になっているのですよね。心配です。

それでも9回表、ここまで12三振とさんざんやられっぱなしの大隣から、先頭の井口がライトフェンス直撃のツーベースで出塁すると、続くサブローも三遊間を抜くヒットで繋ぎ、無死1,3塁とチャンスを作ります。さらに大松が1,2塁間を抜いてタイムリー、なおも無死1,3塁、というところで大隣は降板、摂津がマウンドに上がります。
いやー、いいピッチャーですね、摂津。こないだ見た時もさんざやられたような気がしたのですが、今日も竹原、サト、そして代打タスクと三連続三振ですって。どうしましょ。

それでも今日は、マッチや早坂といったあたりの必死さが嬉しかったですよ、うん。
もっと、レギュラークラスの意地も見たいぞ!!
ちょっと楽天相手に勝てて気が抜けて・・・ないよね??
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-08-04 22:46 | マリーンズ2009 | Comments(0)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル