日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:11vsバファローズ ( 20 ) タグの人気記事

右頬を打たれたら左頬もさしだしちゃう。

スコア略。後で気が向いたら書きます(汗)

連休から一日おいて、西武ドームでライオンズ戦、さらに今日は大阪ドームでバファローズ戦と、クライマックスシリーズ出場を争う2チームと対戦だったワケですが。
まあ、昨日あれだけあっさり負けて、今日大阪で勝っちゃったらそりゃバファローズファンに恨まれますよね・・・

ロッテ弱いんだからいいじゃん・・と娘たちに言われてチャンネル権(死語)を奪われる母なのでした。
勝ってくれ。勝って試合を見せてくれー(涙)
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-10-13 21:28 | マリーンズ2011 | Comments(0)

連敗脱出!!

対 オリックスバファローズ 23回戦 [M 8勝14敗1分] M 4 - 3 Bs (大阪D)
勝/上野[4勝4敗] S/薮田[1勝2敗29S] 負/西[9勝6敗1S]
HR/

やっと勝てました。長かった・・というか、今回は中止も多かったせいか連敗という気分は薄かったのですが、それ以上に「勝てない・・」という感が強かったです。

・・・なんですが、実は今日は試合が見られたのは7回あたりから。3-1でマリーンズがリードしてはいるのですが、サクサクと打取られていく様子にはヒヤヒヤしました。
ですが、上野が吼えながら投げる姿に勇気をもらいましたね。

8回を投げて100球ちょっと。さらに9回表には(これが実は値千金)1点を追加しましたが、大事をとってということなのか、9回裏には薮田を投入。
ですが、この薮田が大乱調。スンヨプのタイムリーで2点を返されてしまったときは、もしや・・・私の脳裏には神戸のマウンドでうずくまるジョニーの姿がフラッシュバックしていましたよ。
ですが、なんとか打順にも助けられて後続を断ち、9回表の値千金の1点を守りきったのでした。

その瞬間、ベンチで吼える上野。見ていてこんなに嬉しいことがあろうかと。
この男前がまたいいじゃありませんか、ホント。
今晩は久しぶりに気持ち良く眠れそうです。ふふふ。良い夢見ちゃうよ(^^
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-09-29 22:09 | マリーンズ2011 | Comments(0)

良いところなく11連敗目

対 オリックスバファローズ 22回戦 [M 7勝14敗1分] M 0 - 6 Bs (神戸)
勝/寺原[12勝9敗] 負/渡辺(俊)[7勝8敗]
HR/T-岡田[16号]

とほほ。テレビをつければあっという間に2点を先制され、さらに3回裏にとどめのスリーランを浴びているわけで・・・打線は寺原の前に打つ手なし。

選手たちも負けが込んで、焦っている様子がありありと見えます。
ここで焦ると泥沼・・・いえ、すでに泥沼なんですけど(涙)

角中だの細谷だのといったあたりは、ここがチャンスだとギラギラしている様子は分かるのですが、空回り。こういう子たちの力をまとめあげるのが監督、コーチ陣なんでしょうが、もはや金縛り状態のベンチ。泣けてきます・・・

そんなわけで、試合終了後にかけた曲がこれ。

Bounce [Bon Jovi]

ざざっと、なんどもぶっ倒されたけど俺は勝つためにやってんだよ!的な歌詞が今のわたしに響いて来るわけです。だれか、出囃子にしません?
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-09-28 22:18 | マリーンズ2011 | Comments(0)

大台に載せてきました。

対 オリックスバファローズ 21回戦 [M 7勝13敗1分] M 4 - 6 Bs (神戸)
勝/中山[7勝7敗1S] S/岸田[5勝6敗31S] 負/阿部[1敗]
HR/細谷[2号]

最近少々気持ちがおちこみ気味でしたが、今日はなんとなく上向いて来た感があったのですが、帰宅して晩ごはんの支度をしてテレビの前に落ち着いた瞬間に・・・orz
3回だっていうのに0-5で負けてるってどうなの。しかも阿部くんが先発だったはずなのに、マウンドには吉見さんがいるではありませんか。
個人的には吉見さん好きですよ。でも、でも・・・出番が早すぎやしませんかい?
序盤になにがあったのかは推して知るべしですね。

しかし、見ていますが吉見さんまずまずのピッチングです。まだ老け込むトシじゃありませんし、能力的には結構いいものを持っていると思うんですよね。性格的なものなのかなんなのか、安定したパフォーマンスが期待できないだけで、良いときは惚れ惚れするようなピッチングしますもの。いっそこのままDH解除でもよくね?とか思っていたりするわけですが、いやいや、今はDHに今江だからそう言うわけにもいかないなと思い直していたり。

そんなわけで、序盤の失点を見ていなかったせいもあるのか、吉見さんの好投に救われて心穏やかに試合を見ることはできました。
しかも、7回なんか細谷のスリーランとか伊志嶺のタイムリーとかで4点も取れちゃいましたからね。手も足もでない状態ではなく、追いつかない程度の反撃はできるようになって来たと思えるじゃありませんか。

この後、ちょっと目を離した隙にエラーがらみで1点を追加されて4-6と差を広げられてしまい、バファローズの盤石のリリーフ、平野→岸田と繋がれてお手上げ状態。
それにしても、9回ランナー無しの状況で代打福浦ってのもちょっとアレですね。もっと使いどころはあったでしょうに、負けが込むと勝負勘とでもいうものが働かなくなるんでしょうなあ。

そんなわけで、因縁の神戸であっさりと10連敗目となるわけですが、今日はなんとなく微かな希望みたいなものが一瞬見えた気がしましたよ。




もちろん「代打・吉見」ですってば。
ベンチに入っているんなら、使わない手はないと思うんですがねえ・・・え、違う?
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-09-27 22:37 | マリーンズ2011 | Comments(0)

見てないんですが・・

対 オリックスバファローズ 18回戦 [M 7勝10敗1分] Bs 4 - 2 M (千葉マリン)
勝/西[9勝5敗1S] S/岸田[5勝6敗27S] 負/上野[3勝4敗]
HR/

今日もチャンネル権(←死語)は奪われたまま・・・でも、塀ちゃんのヘッスラ内野安打タイムリーが見られて、個人的には勝ったも同然。
所々しか見られませんでしたが、この試合には多少は意地を見せてくれたような気がします。

ここから盛り上げて行くのは難しいかもしれませんが、来季を見据えて、意地だけは見せてほしいとおもうばかり。

・・・で、夜は亭主が大人買いしてきた「ジャイアント・キリング」の一気読みでした。サッカーと野球の違いこそあれど、弱小チームということではものすごく感情移入してしまう所がありますね。ですが、昨今のマリーンズの選手の扱いを見たら(涙)
い、いや、後ろは振り向くまい・・・と、思っているんですけどねえ・・・
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-09-17 12:46 | マリーンズ2011 | Comments(0)

すっかりサボってしまいました・・

対 オリックスバファローズ 15回戦 [M 6勝8敗1分] M 1 - 3 Bs (神戸)
勝/マクレーン[2勝2敗] S/岸田[4勝6敗22S] 負/マーフィー[2勝3敗]
HR/

対 オリックスバファローズ 16回戦 [M 7勝8敗1分] M 3 - 1 Bs (神戸)
勝/渡辺(俊)[6勝6敗] S/薮田[1勝2敗25S] 負/寺原[10勝7敗]
HR/バルディリス[10号]

対 オリックスバファローズ 17回戦 [M 7勝9敗1分] M 4 - 6 Bs (神戸)
勝/西[7勝5敗1S] 負/小野[4勝3敗]
HR/竹原[1号] バルディリス[11号] 李承燁[8号]

スイマセン、週末はなんだかやたらと眠たくて、すっかりブログの更新をサボっていました。試合も、テレビで流しっぱなしのまま寝てたりと、そんな調子でしたが、まあ、なんというかそれにふさわしい試合になってしまっていたようです。

初戦は出かけていてみていませんでしたが、マーフィー様の成績を見る限りいつものパターン、というか四死球も少なくて、非常にいいピッチングだった雰囲気なんですがなんで・・・と思ったら4失策ですってさ。そりゃあ、いかんです。
2戦目は、最後のほうだけ夢うつつで見て・・・というか聞いていたのですが、俊介が頑張ってくれたのかしら。パワーヒッターが多いバファローズ打線には苦手なタイプなのかもしれません。

3戦目もウトウトしながら・・・結局眠ってしまっていたのですが、それで正解だったのかも。
竹原の移籍初&今季初ホームランにはいろんな意味で泣けてきましたが。
9回表の追いつかない程度の反撃も悪くはなかったのですが、この試合は「18安打も打っていながらなんで4点しか取れないのよ?」という話につきます。
バファローズは3HRで6点も取ってるのにさあ。

ホークス戦の時に「極貧打戦」とか書いちゃいましたが、18安打も打てるんですから決して極貧じゃないんですよね。ピッチャーだって、まあ疲れこそ見えるもののこの3連戦に限れば1試合の失点は3.3点平均ですから、そんなにめちゃめちゃ悪いわけじゃありません。
んじゃ、何が悪いのか・・・

采配云々言えるほど野球を知っているわけではありませんから、アレですが・・・
長距離砲がないことがまず大きな理由ですよね。パ・リーグどころか12球団で最低のホームラン数です。他所様のホームランを見るたびに羨ましいと思うことが今年は目立って多いです。アチャの獲得は正解だと思いますが、それにしても長距離砲は足りません。本当はここに大松とかタケ・・いや、それは言うまい。

さらに、機動力野球を目指しているというのは分かるのですが、それにしては慎重すぎる采配が気になります。端的に言えば、岡田パパが塁に出ると素直に伊志嶺に送らせるとか、モッタイナイと思うわけですよ。送るにしたってもっと相手を揺さぶってやるだけのスピードのある選手たちですからね、このヘンの攻め方が素直すぎるような・・・もっと『意地悪く』ガンガン行っていいとおもうんですけどねえ。

そんなわけで、いろいろとフラストレーションがたまって来ていますよ。
今年は上位2チームが先に行っちゃって残り4チームで3位争いという形になっていますが、シーズンも終盤に入って、一番勢いを落としているのはロッテだよなあ。
希望の光は、ルーキーながらチームを牽引してくれていた伊志嶺が再登録可能になることでしょうか。次から出て来てくれるといいんですが・・・まさか、大丈夫だよね?

サトも腰痛だとかで抹消、今季復帰できるかと待っていたオギタカも再度の手術ということで、今季どころか来季もどうなのかしらと心配です・・・ううーん、今季どころか来季も心配ですよ。とほほ。
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-08-29 21:19 | マリーンズ2011 | Comments(0)

ブラックサンデー・・・

対 オリックスバファローズ 14回戦 [M 6勝7敗1分] Bs 7 - 2 M (千葉マリン)
勝/フィガロ[6勝4敗] 負/小野[3勝2敗]
HR/今江[7号]

昨日は負けなかっただけ良かったんだなあと思える試合でした。
ブラックブラックナイトでマリンが黒く染まった日曜、序盤にいきなり晋吾が崩れます。バルディリス、田口、そして竹原と三連打で無死満塁とされると、なんとシドニーに四球で押出し。どうしちゃったの、晋吾・・・
赤田をなんとかピーゴロホームゲッツーに仕留めますがさらにタイムリーが続いてこの回4点を失います。

今の打線ではもうこれでおしまい。ないソデは振れない状態のような・・・

金曜に生観戦したときから気になっていましたが、悪送球エラーが多すぎです。アチャの慣れないファースト守備という要因もまあ否定はできませんが、やっぱり投げる方が集中力を切らしているほうが大きな原因でしょう。
そんなこんなで、悪送球の末、ランナーと交錯してアチャが足首を痛めたなんて、もうシャレになりませんってば。
アチャの足がたいしたことがなければいいんですが・・・

なんか、札幌でうっすらと白い三タテが見えていたと思ったら、今度はホームで黒い三タテがうっすらと見えていたなんて、まあロッテですけどね。

見所は、8回の竹原タイムリーかな。こんどこそ、ポジションつかめよ!
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-08-08 20:33 | マリーンズ2011 | Comments(0)

勝てませんなあ

対 オリックスバファローズ 13回戦 [M 6勝6敗1分] Bs 1 - 1 M (千葉マリン)
渡辺(俊)-ロサ-薮田
中山-香月-吉野-平野
HR/

金曜のナイターはがっかりな試合でしたが、今日こそは・・って、自宅でテレビ観戦ですけどね(^^
先発は俊介、調子は取り戻しつつあるとは思うのですが、やっぱり投げてみないと分からない・・・ですが、今日は緩急決まってすばらしいピッチングを見せてくれました。
しかし、例によって打線が・・・コントロールの定まらない中山を攻めあぐんでいます。
それでも3回裏、先頭の岡田がヒットで出塁、伊志嶺が送って井口のタイムリーで還すという絵に描いたような攻撃が決まりますが、あとが続かず・・
それでも、札幌での意地のタイムリーから井口の調子は上向いてきた雰囲気がありますね。
この後も毎回のように四球をもらいながらも得点に繋げられません。いかんなあ。

俊介はその1点を守るピッチング。ですが7回表に後藤のヒットとバルディリスのタイムリーで同点に追いつかれてしまいます・・
7回1失点なら十分なピッチングですが、打線が・・・
その裏も代わった香月の内角の球をストライクに取られて納得いかないゴリが直後に脇腹に死球を喰らい、一瞬珍しくもピッチャーに詰め寄る姿を見せると言う珍しいシーンもありましたが得点には繋がらず。

こういう時こそ打ってくれよー。

結局スコアはこのまま10回の延長に入りますが、引き分けに終わります。
なんか最近、時間稼ぎばっかり上手くなっちゃって・・・スカッと勝つ所を見たいなあ。
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-08-07 12:58 | マリーンズ2011 | Comments(0)

今年の初マリンですよ、今頃ですが。

対 オリックスバファローズ 12回戦 [M 6勝6敗] Bs 3 - 0 M (千葉マリン)
勝/マクレーン[1勝1敗] S/岸田[3勝5敗18S] 負/唐川[8勝3敗]
HR/

今日は節電年休の金曜日、行ってきましたよ、マリンのナイター。
ですが、昨日から亭主が念願の富士山登山にカメラを持って行ってしまっているので、望遠レンズだけはあるのですがボディがない状態。娘に貸し出しているルミコ(LumixFZ7)はバッテリーに充電してないとか言うので今日はカメラなしです。
そういえば、5月の西武ドームのときも(どうせ暗いだろうと)持って行かなかったんだなあ。ちぇ。

なにしろ今日はフィールドウィングシートを張り込んでますからね、外野側のはじっこで、なんとまあ伊志嶺くんが真ん前ポジション。悔まれましたともさ、ええ。
しかもそんな今日は先発が(休み明けですが)唐川。ううーん。いろいろと仕込んでくれています。

そんなわけで心ワクワクとマリンに向かうのですが・・246から三件茶屋で首都高に上がり、先の渋滞情報を見て一瞬混乱した隙に道を間違える私でした。あれれ、大橋ジャンクションに突っ込んでいますって・・・これじゃ逆戻り(汗)どうやらその一瞬、自分がいるのが4号だと思い込んでいたようです。
仕方ないので中央環状(C2)をぐるっとまわることにします。早めに出発していてよかったです(大汗)
途中、多少の渋滞はありましたがまあなんとか5時すぎにはマリン着。遠回りしましたが、東京スカイツリーを見られて娘たちはちょっと喜んでいましたので良しとします。

お弁当を買って席について、試合が始まる前に食べてしまおうとするのですが・・・姉娘に買った「バンダナ唐揚げ弁当」に、なんと唐揚げが入っていません!枠に敷いてあるレタスもきれいなもんで、明らかに入れ忘れ。ありゃまー、と、ワゴンに戻って取り替えてもらうのでした。漬け物がないくらいなら構わず食べちゃいますが、さすがに唐揚げなしの唐揚げ弁当じゃあ、あんまりですものね。
こんなことってあるんですねえ、写真撮っとけば良かったかも(^^;;

しかし、思い起こせばこれが今日の試合の行く末を暗示していたのかもしれません・・・

試合は、序盤は唐川がかなり飛ばしていました。こりゃ展開早いのかな、と思っていましたが、3回4回と連続で満塁のピンチを迎え、連続で無失点でしのぎます。
4回の満塁なんか無死満塁でしたが、赤田を三振。ココまではいいんですが、次の打者が、なんとバファローズスタメンマスクの辻ちゃん・・・うああ。辻ちゃんにも打ってもらいたいですが、ここで打たれるのはさすがにヤバすぎる。私はいったいどうすればいいんだ状態で一人引き裂かれそうな思いでドキドキしていましたが、辻ちゃん最悪のゲッツー。
いえ、一番理想的な展開でしたよ。ですが・・辻ちゃん・・・(涙)

打線は・・・マクレーンって初対決でしたよね(^^;;
脳内を「初物に弱いロッテ」のフレーズが飛び回っています。ええ、そんなもんです。
遠目に見ていると結構荒れ球系にもみえますが、なんだかホイホイと打たされてしまっている感じ。
毎回のようになんだかんだとランナーを出しますが、いっこうに打線が繋がる気配がみえませんでした。
粘る唐川を見殺しのパターンです。

しかし、その唐川も7回、先頭の赤田にヒットを許すと辻ちゃんがきっちり送りバントを決め、山崎浩司のタイムリーでついに1点を失います。ああーーっ。
後続はなんとか打取りますが、今日は1点が重くなりそうです。

その裏、先頭の今江がヒットで出塁。今日はマリーンズ6安打のうち3安打が今江です。しかもセンターフライに終わった最初の打席も、当りは良かったですから、かなり調子が上がって来たみたいです。
続くサトに・・・送らせるのかと思いきや、強攻策。1点勝負だとここは送っても良かったような気がするんですがねえ。結局サト三振。相手は左腕なのになぜかスタメンDHの大松が内野ゴロで2死となると、バファローズはここで継投に入ります。バッテリー総取っ替えで平野-シドニーのバッテリー。ええ、辻ちゃん引っ込められちゃいました(泣)
結局、清田が内野ゴロでランナーを進めることすらできませんでした。とほほ。

8回からはマリーンズも継投。
バファローズが後藤・T岡田と左打者が続く所で、マウンドには、昨日札幌でワンポイントを成功させた服部が上がります。他に左腕といえば吉見さんしかいないんですねえ。
ですが今日は、後藤、T岡田と連打で2死1,2塁とピンチを作って降板。中郷がマウンドにあがります。
しかし中郷もバルディリスにヒットを許して無死満塁・・・もう勘弁してほしい(涙)
結局ここは粘りきれず、赤田に2点タイムリーを許してしまい、3-0と差を広げられてしまいました。

この終盤になっての失点はキツかったですね。
8回裏なんか、代打の工藤、岡田パパと平野のまえに連続三振。さすがに生でみると150km/hは速い。マリーンズの6安打のうちの2安打を打っている伊志嶺がツーベースを放ち、ようやく得点圏にランナーを進めますが、井口凡退で得点できません。

もうこうなるとお楽しみはこれ。
9回表は吉見さんがマウンドに!さらに2死サクサクと取るもそこからランナーを出しあれよあれよと2死1,2塁とされると、今度は川越にチェンジ。
なんせFWSですからね、リリーフカーが目の前を通って行くわけですよ。おもわず「吉見さーん(はあと)」「ゴエさまぁ(はあと)」的に声援を送ってしまうわけです。
いや、なんかホントに嬉しかったですよ。
服部、中郷、吉見、川越と、ある意味フルメンバーですからね。
・・・っていうか、こんな所しか楽しみがないという(涙)

で、あわや追加点というバルディリスのレフト前をホーム返球でアウトにしたキヨ坊のプレーにシビレました。これが、今日の一番のみどころでしたね。

9回裏もゴリヒットだけ。サト、根元と連続三振でバファローズの守護神・岸田のまえにひねられちゃいました。
まあ、平野や岸田が見られたのもそれはそれで良かったかなと。

そんなわけで、帰りはショップでヤケ買いだったのでした。マリーンズTシャツでテニススクール行ってやるー、とかヤケッパチになっていたのですが、さて行けるんでしょうか(汗)
それと、クルマのステッカーなんか買っちゃったんですが・・・これを貼っちゃうと、身元バレバレってことですか???
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-08-06 01:33 | マリーンズ2011 | Comments(0)

早坂復帰のお立ち台!

対 オリックスバファローズ 11回戦 [M 6勝5敗] M 7 - 5 Bs (大阪D)
勝/山本[1勝] S/薮田[1勝2敗18S] 負/香月[1敗]
HR/

台風の来襲が心配される西日本ですが、さすが屋根のある球場、今日も大阪ドームでは試合が開催されます。
なんと、今日は早坂がスタメンでレフトに入りますよ。昨日一軍に復帰して代走で登場していたと思ったら、いきなりスタメンですって。脚は大丈夫なのかちょっと気にはなりますが、大丈夫だから復帰してこられたんですよね・・昨年春、オギタカが脚を痛めて離脱、早坂の脚に期待が集まったそのときに、早坂はもっとひどいじん帯損傷という大けが・・・結局1年以上かかりましたが、いよいよ復帰してきましたよ。

さて、例によって帰宅してテレビをつけると、既に試合は1-3で負けています。
あれれ。晋吾が初回に打たれてしまったらしい・・・さらに、バファローズの先発の中山が、なんだか今日は調子が良さげで、いい所に決めてきます。
見はじまったのが3回表、あっさり三者凡退。あれ、中山ってこんなにいいピッチングするんでしたか・・昨日のちーちゃんを攻略したのに(決して打ててはいなかったか^^;;)中山を打てないあたりは如何にもロッテだなあ、なんて思いながら見ていました。

対する晋吾はどうもイマイチ。俊介以上に風が武器だったりするピッチャーですからねえ。ドーム球場だからという先入観もあるのかもしれませんが、球のキレが感じられません。
毎回のようにランナーを出して、少々苦しげなピッチング。それが5回につかまりました。
先頭の坂口にヒット、田口が送り、ロッテキラー本舗の後藤がタイムリーツーベース。

たまらずココで交代、マウンドには晋吾に替わって山本一徳が送られました。
マリーンズに来てからはビハインドの場面ばかりですが、力強いピッチングを見せてくれている山本です。しかし、ここはスンヨプに内野安打、さらにバルディリスのレフトライン際に犠牲フライ。っていうか、早坂がよく追いついて犠牲フライに留めてくれたと言うべきでしょう。元々は内野手の早坂ですが、外野では脚の速さを遺憾なく発揮してくれています。
続くT-岡田は平凡なライトフライに仕留めて、ピンチをしのぐマリーンズでした。

すると6回表、先頭の早坂が四球を選ぶと、ココまで好投を続けていた中山の様子がおかしくなってきます。1番に戻って岡田パパがレフト線に落ちるツーベースで無死2,3塁、伊志嶺の当りはセカンドゴロも、早坂ゴロゴーで1点を返し、2-5とします。井口が四球を選び、1死1,3塁。バファローズはココで2番手の香月を送り込んできました。
ですが、カスティーヨがキッチリとヒット狙いでセンター前。もちろん岡田パパ生還で5-3。福浦師が四球で1死満塁・・・満塁とは卑怯な(爆)なんて言っている間に今江がタイムリー。
おや、満塁から点を取っているではありませんか。しかも2番手ピッチャーから。ロッテじゃないみたいですよ(汗)
満塁でさらに里崎が脇をかすめる死球で押出し。なんと5-5の同点に追いついてしまいました。

1死満塁で正人。ここで打てばお立ち台・・・と思うもあっさり三振。
どうやら、次の早坂のために活躍の舞台を譲ってくれたようです。いや、正人なら本当にそういう事をやりかねない(大汗)
そういえば、この人が回の先頭で四球を選んで出塁してからの打線の爆発ですから、もしかして・・・と思っていると、なんと打球はライト前!勝ち越しタイムリーです!!しかも2人がホームイン、7-5と試合を引っくり返してしまいましたよ、マリーンズが。セカンドベース上の早坂の、それはそれは嬉しそうな顔。すごくイイ顔してました。
私も、思わず叫んじゃいましたよ。嬉しいじゃありませんか・・・ねえ。

さあ、あとは何とか逃げ切って、早坂に復帰のお立ち台をお願いしたいところです。
ということで、6回裏には川越が力投。7回を伊藤、8回をロサ、そして9回裏を、昨日はセーブがつかない4点差でしたが今日は2点差だからオッケーな薮田が、それぞれ抑えて勝利の連立方程式です。

今日の勝ち投手は、5回のピンチで登板し、直後の逆転劇を呼び込んだ山本一徳につきました。
ロッテ移籍初勝利だね、と思っていたら、ビックリしたことにこれがプロ初勝利だそうで、試合後には復帰後の初スタメンで殊勲打の早坂とともにお立ち台に呼ばれていました。
ビジターなのに2人のヒーローインタビューだなんて、太っ腹なバファローズです。ありがとう。

プロ入り5年目で初勝利という苦労人な山本は、なんだか泣き出しそうな表情・・・このゴツい表情でこんな顔をされてしまうと、見ているこちらもうるうる来ちゃいます。
そして早坂・・・元々ボキャブラリーが少なそうなところに、この状況。「感謝」の言葉しか出てこない早坂です。メッセージを、と言われてマイクをひったくり、ライトスタンドに叫ぶ早坂(笑)本当に嬉しかったんだろうなあ。

オールスター前の最終戦をいい形で締めくくることができて、本当に良かったと思います。
日程は詰まって、例年になく厳しい状況ですが、なんとかこの間に少しでも体勢を立て直して後半戦、意地を見せてもらおうじゃありませんかね。
選手のみんなはしっかりケアして、後半戦に備えておいてほしい所です。
しかし、そうなるとオールスターに出る唐川・・疲労も来ているようですし、心配です。なにしろこんな時期まで投げてるのって初めてじゃないかしらん・・・オールスターがせめてリフレッシュになるといいんですけどね。
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-07-20 22:37 | マリーンズ2011 | Comments(0)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル