日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:11vsライオンズ ( 22 ) タグの人気記事

空気読んだ?

対 西武ライオンズ 24回戦 [M 11勝11敗2分] L 2-2 M (千葉マリン)

パ・リーグの3位争いが盛り上がり、ライオンズとバファローズの勝敗にそれぞれのファンの皆さんは一喜一憂な日々だと思います。
思い起こせば昨年のシーズン最終まで、そんな気持ちでいたんだけどなあ。

ライオンズとしては負けられない試合、ですが、マリーンズだって負けたくはありませんとも。
来シーズンに向けてのアピールしたい選手もたくさんいることですしね。

この試合、先発はライオンズが帆足、マリーンズが成瀬という左腕対決。
成瀬を見ている限り、調子はあまり良く無さげです。最近では一発病というよりは普通に連打を浴びているような気が・・・シーズン始まったときは、統一球に一番救われそうに思えたんですけどねえ。

見はじめた4回表、おかわり君、ホセと打ち取って2死としたところで気が抜けたのか、浅村、坂田と若いもんに連打。さらに銀二朗に2点タイムリーって・・・とほほ。
この後は苦しいなりにまとめるあたりはさすがですが、エースと呼んでいいのかは悩みどころ・・・最近、成瀬が園川化しているという説が出て来ていますが、それって非常にヤバいですよねえ。

その裏にはカスティーヨのヒットと今江のタイムリー、さらには相手のミスで2点を奪い同点に追いつきますが、逆転にはいたらず。

結局この後はお互い継投に入り、2-2で引き分け。シーズン序盤はあれだけ貯金させてもらったライオンズ戦ですが、終わってみればきれいに五分でした。いかに後半マリーンズが失速したかということですか。

まあここは、負けられないライオンズとしては大きな引き分けになったわけです。
ということで、結局はバファローズとライオンズの決着はお互いの最終戦にもつれ込んだわけで・・・なんだか昨年の「結びの三番」に重ならないでもないですね。
まあ、ここは恨みをかわない引き分けということで(汗)
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-10-18 22:13 | マリーンズ2011 | Comments(0)

右頬を打たれたら左頬もさしだしちゃう。

スコア略。後で気が向いたら書きます(汗)

連休から一日おいて、西武ドームでライオンズ戦、さらに今日は大阪ドームでバファローズ戦と、クライマックスシリーズ出場を争う2チームと対戦だったワケですが。
まあ、昨日あれだけあっさり負けて、今日大阪で勝っちゃったらそりゃバファローズファンに恨まれますよね・・・

ロッテ弱いんだからいいじゃん・・と娘たちに言われてチャンネル権(死語)を奪われる母なのでした。
勝ってくれ。勝って試合を見せてくれー(涙)
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-10-13 21:28 | マリーンズ2011 | Comments(0)

まだ半分

対 埼玉西武ライオンズ 22回戦 [M 11勝10敗1分] L 5 - 4 M (千葉マリン)
勝/岡本(篤)[3勝1敗7S] S/牧田[4勝7敗18S] 負/中郷[1敗]
HR/

天気予報では曇り空ということだったのに、昼間は雨でした。その雨も夕方には上がって、マリンでも試合は開催。この後の日程を考えるとちょっとやそっとで中止になんかできませんやね。

ということで、先発はマリーンズが大谷、ライオンズが石井一久でした。
これまでも、石井一久は打ち崩した記憶もなくはないので、なんとかここで連敗脱出を・・と思って見ているのですが、大谷がじわじわと失点。
テレビを見たのは3回くらいからでしたが、すでに2-0で負けています。
さらに4回にはナカジーの2点タイムリーで4-0と差を広げられてしまいました。

ああーっ、今のマリーンズ打線では4点なんて・・・とか思いましたらその裏、先頭の今江が粘って四球で出塁すると、アチャ、井口と凡退するも、清田の打席でパスボールの間にランナーが二塁に進み、そこに乗じたような左中間もうちょっとでオーバーフェンスな当りがタイムリーツーベース。さらに細谷がこんどは右中間にタイムリーツーベースと、なんと連打で2点を返します。
続く正人が繋ぐことができれば流れが寄ってくる、と思ったのですが・・・ここは三振。
ですが、4,5番の凡退は見なかったことにすれば、いい感じで2点を取れましたよ。

5回表、マウンドは先発の大谷から中郷に継投です。昨日もまずまずの好投を見せてくれた中郷ですが、今日もびしっと5回を三者凡退で締めて、流れを引き寄せてくれそうな雰囲気。
するとその裏、先頭のまっとんが、なんと左中間まっぷたつのツーベースでチャンスを作ります。
続く伊志嶺が四球を選び、無死1,2塁で岡田パパがスリーバントでの送りバント。
岡田の脚がプレッシャーになったのか、バント処理の石井一久の送球が僅かにそれて無死満塁。
ナベQ監督はここで投手交代、石井一久から岡本篤志に継投です。

え、満塁のピンチ?と思いますが、ここは今江、代わった岡本篤志からレフト前に2点タイムリー、同点に追いつくじゃありませんか!
やればできるじゃん。さあ、まだ無死1,2塁。逆転じゃ、逆転じゃ・・・と祈るのですが。

4,5番?それって美味しいもの?

さらには6番清田も三振でこの回チャンスも同点止まりでした。とほほ。

代わった中郷は5,6回をぴしゃりと締めます。ですが、マリーンズも代わった岡本篤志にぴしゃりと締められます。
7回、1死からナカジーに死球で塁に出してしまう中郷、盗塁で2塁を陥れられ、さらに、おかわり君と勝負に行って見事玉砕。気持ちは分からないでもないのですが・・・フェルナンデスをゲッツーに取れただけに、走られた時点で歩かせる手はなかったものかと思うわけですよ。
好投していただけに、これで負けがついてしまうのもなんだか気の毒ではあります・・

8回からは、昨日ペンと一緒に一軍に登録された古谷がマウンドに上がります。浅村、秋山、銀二朗と三者三振と気概を見せてくれますが、打線はミンチェ→牧田の前に沈黙。
結局おかわりタイムリーが決勝点で9連敗目。
選手は頑張っている、特に若い子たちは来季のチャンスをつかもうと一生懸命なのは伝わってきます。
それをなんとか繋げて、勝ちという形にしてあげたい・・連敗中ではありますが、けっこう良かった探しはできるのですよ。なのに勝てない。
これは、完璧に、流れを手放しちゃいましたかねえ。なんでも今季負越し決定だそうで・・・ううーん、気がつけば借金が20を越えちゃったわけですから。

でもね。まだまだ18連敗の半分ですもの、大丈夫(何が?)
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-09-26 22:23 | マリーンズ2011 | Comments(0)

さくさくと8連敗目

対 埼玉西武ライオンズ 21回戦 [M 11勝9敗1分] L 4 - 1 M (千葉マリン)
勝/岸[7勝7敗] 負/ペン[1勝1敗]
HR/中村[42号]

どんぴしゃお彼岸の中日からすっかり涼しくなった関東地方です。
三連休ですが、台風の後片付けやらなにやらで、あまりお出掛けという気分にもなれずにいたのですが、前々から妹娘が「外野で野球を見たい(というか応援してみたい)」というので、最終日の本日日曜はマリンまで行くことにしたのでした。
とはいえ、亭主は出勤ですし、姉娘も「宿題が・・」なんて言ってますので、結局私と妹娘の2人で参戦となるのでした。
テニスのレッスンが9時〜10時半ですので、帰宅して着替えだけしてそのまま出発。それでも11時前には出発できたのですが、13時プレーボールであまり時間もありませんので調布から中央道を使うことにします。高井戸までが少々混んでいましたが、新宿あたりからはスイスイ。この辺は大橋JCT効果なのでしょうかね。
三宅坂あたりのカーブも気持ちよく流して、思ったより早くマリンに到着です。
今日は外野席・・・ですが、思ったより早くとはいえ、なんだかやたらと大勢のおじ様方がならんでの始球式にギリギリ間に合ったくらいですから、バックスクリーン際の下の段・・・まあ、投球のコースは良くわかる席でしたよ(^^;;

マリーンズの先発はケガから復帰のペン。無難に三者凡退で立ち上がります。
その裏、ライオンズ先発の岸に対して、先頭の岡田が粘ります・・・が、今日はこれだけ。岡田パパが打取られてからはサクサクとみんなが打取られて行くのでした。
ライオンズはと言えば、2回、先頭のおかわり君がぎっしりのライオンズファンが待ち受けるレフトスタンドにソロ。42号ですって、ふぅーん。
さらに3回にはペンが少々崩れてタイムリータイムリーで3失点。

正直、今日の岸は緩急がばっちり決まり、打てそうな気配がありません。4点が重く感じます・・・
確かに5回まで無安打。6回にようやくマットンがヒットで出塁・・・結構盛り上がりましたよ。
でも、ヒット一本がこんなに嬉しい試合というのもどうかと(汗

ペンは、4回以降は立ち直ってまずまずのピッチングを見せてくれましたが、いまのマリーンズ打線にはいかんせん、4点差を引っくり返す力はなく・・・8回裏、先頭の井口がもうちょっとでスタンドという大きな三塁打(チーム2本目)で出塁すると、角中の内野ゴロの間に1点が精一杯でした。
9回には岡田パパのヒットでランナーを出しますが、代打の福浦師も良い当りもライン際抜くことができずにファーストゴロゲッツー。

なんと2時間という時短試合で8連敗目となったのでした。
ま、まあ、帰り道もそんなに混んでなかったし・・・ドライブしてきたと思えば納得・・・



できねーよー!!




ということで、土曜の結果は↓

対 埼玉西武ライオンズ 20回戦 [M 11勝8敗1分] L 5 - 5 M (千葉マリン)
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-09-25 20:20 | マリーンズ2011 | Comments(0)

いきなり寒風が・・・

対 埼玉西武ライオンズ 19回戦 [M 11勝8敗] M 4 - 6 L (所沢)
勝/ミンチェ[6勝1敗1S] S/牧田[4勝7敗17S] 負/木村[1敗]
HR/フェルナンデス[14号]

今週は台風の来襲で野球どころではありませんでした。東海から関東、そして東北へと抜けた台風15号は、勢力もかなり強いままで北上してきました。首都圏は電車も停まって大混乱。震災の日はまだお天気は持っていたので歩いて移動というのもできましたが、この風雨のなかではそういうわけにもいきませんからね・・・まあ、個人的には所用で午後を半休にしていたので、ひどくなる頃には自宅にいたので救われましたけど。

そんなわけで、仙台のイーグルス戦も三連戦まとめて中止になるのでした。まあ、連敗でしたから中止もありがたいというものです。
秋分の日の本日からまた三連休、マリーンズはライオンズと変則4連戦です。初日の今日だけが西武ドームで、残りの3試合がマリン。これからシーズン終了までの日程が厳しくなりそうです。

今日はマリーンズが唐川、ライオンズが帆足の先発。
序盤に帆足を攻略して4点をもぎ取ります。2回に根元とまっとんのタイムリーというちょっとビックリな先取点から3回には先頭の岡田パパの内野安打から盗塁、送球エラーで三塁に進むと、本日DHで復帰の今江がタイムリー。さらにアチャもツーベースで続きますが、今江の脚の状態は良くないらしくランナー3塁ストップ。この今江がフタになってしまって追加点はならず。
これで流れが止まってしまった感がありました。
さらには4回にはフェルナンデスにソロを許してしまいます。一瞬打取った、と思ったのですが、思いのほか打球が伸びてバックスクリーンとは・・・とほほ。さらにこの後守備のミスもあって2点を失うと本格的に流れはライオンズへ・・・

唐川のピッチングは決してわるくはありませんでした。ストレートなんかは結構伸びている感じもしましたから、行けるかな・・・と思ったのですが。
7回裏、先頭の片岡をヒットで出塁させてしまうと、脚でかき回され、ミスも重なってなんだかんだと同点に追いつかれてしまいます。
ここで唐川降板、木村にマウンドを託し、ここは木村が踏んばってくれたのですが続く8回に逆転を許してしまいます。これで負けがつくのもちょっと気の毒な木村ですが、勝負のならいで仕方ありませんね。

結局この後はライオンズの中継ぎ陣に抑え込まれてしまう打線・・・ひと頃の炎上リリーフ陣からはすっかり立て直されてしまった感がありますね。
っていうか、マリーンズ打線の貧弱さに寒風すら感じますよ、とほほ。

ま、まあ、明日からはホーム。気持ちを切り替え・・・仙台3個休みでも切り替えられてないしなあ(汗)終盤での大型連敗は気持ち的にひたすら下り坂ですねえ。あとは来季につながるもの探しなのかしら。
暑い寒いも彼岸までとは良く言ったもので、昨日はちょっと蒸したのが、今日はすっかり涼しくなっていましたし、今季のマリーンズも彼岸まで・・・なのかしら。
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-09-23 22:03 | マリーンズ2011 | Comments(0)

おかわり>マリーンズ・・・

対 埼玉西武ライオンズ 18回戦 [M 11勝7敗] M 4 - 7 L (所沢)
勝/菊池[4勝1敗] S/牧田[3勝7敗13S] 負/小林(敦)[1勝4敗]
HR/中村[38号] 秋山[1号]

序盤勝っていたのですが、ホームランっていいなあと指をくわえる試合になってしまいました。
4-1から、おかわりくんのスリーランでアッサリ追いつかれるともうそれでおしまい。
調子が悪いと自信もなくなってしまうのでしょうか。
序盤はいい感じだったのが、追いつかれたとたんに静かになってしまう打線でした。

それにしても、マリーンズ全体のホームランが現在37本、おかわり君ひとりで38本。
ひとりに負けちゃうのかと(空笑・・

いや、それでも良いんですよ。目指すところが機動力野球、スモールベースボールであれば、それはそれでひとつの見識だとは思います。実際に機動力系の選手を集めているわけですし・・・
ですが、その機動力を使っているのかと。それを言いたいですね。
ランナーに岡田や伊志嶺が出ても、揺さぶるでもなくただ次の打者の結果によりけり、ってことじゃ全然機動力じゃないわけでしょう?
ホームラン打てないなら、徹底してイヤらしい野球をしなきゃ、相手も(は?)プロなんだから置いてかれるのも当然だよなあ、と思うわけでしたよ。

とほほのほ。
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-09-10 09:03 | マリーンズ2011 | Comments(0)

唐川は持っていた(何を?)

対 埼玉西武ライオンズ 17回戦 [M 11勝6敗] M 2 - 0 L (所沢)
勝/唐川[9勝5敗] S/薮田[1勝2敗26S] 負/涌井[6勝11敗]
HR/

先週末からアメフト社会人リーグのXリーグも開幕していて、今日はその目玉カードの相模原ライズ対オービック・シーガルズの試合が東京ドームのナイターで行われていました。
ツイッターとやらで流れてくるつぶやきは、所沢だの水道橋だの・・・いいなあ。
そんな中、私は例によって定時ダッシュで帰宅して晩ごはんの支度から。
こんな、テキトーですが頑張る母ちゃんに、なにか良いことがありますように、と祈っていましたよ。

そしたらそしたら、テレビをつけるとマリーンズが1-0でリードしているではありませんか!
初回に岡田パパのスリーベースから1点を先制したらしいです。おおっ、調子が悪いとはいえ涌井からよくぞ先制してくれましたよ。
落ち着いて座った所で、5回表。1死から角中が必死のスリーベース。この、なんとしてもチャンスをモノにしてやると言う貪欲さがたまりません。
しかし、清田のサードゴロで突っ込むも原の好守のまえに本塁生還はなりませんでしたが・・でも、この一生懸命さがたまらなく良いです。外野のポジションは現状ですとなかなか難しいかもしれませんが、このままDHという目は十分にあるんじゃないかと思えてきます。ここで頑張るんだ、角中!

サードゴロの清田を塁上に残して、打席にいるのは・・・
サト!!
おお、やっと帰って来ましたよ。
まあ、今日はバッティングはアレでしたが、やはりこの人がマスクを被ると、試合が締まります。
5回、6回とランナーを進められますが、ここぞという勝負所での攻め。
ノムさんみたいなデータ派からみるとナンじゃこりゃなギャンブルリードなのかもしれませんが、ピッチャーの気合いを引き出すというような点ではナカナカのものだと思います。ダメなときはまったくやる気のないリードもありますけどね(汗
そういえば「幕張の勝負師」っていうのもあったなあ。

7回表、先頭のアチャがレフト前で出塁しますが、井口角中と倒れ2死1塁。
打席には清田が入ります。打ち上げたか。という当りは思いのほか伸びて右中間破るツーベース。2死ということもありましたが、アチャが激走で1塁から長駆ホームイン、これも痺れました・・

球数が多かったですが唐川は7回を無失点。この後をロサ、薮田と繋いで2点を守りきって勝ったマリーンズ。連敗は6でストップし、目前で足踏みしていたチーム通算4000勝をようやっとの達成でした。
持っているのはやっぱり唐川なのかしら・・・成瀬の立場は・・(^^;;

まあ、連敗ストップということで、テキトーに頑張る母ちゃんにも良いことがありました。神様ありがとう。

そんなわけで、所沢が終わるとこんどはiPadを抱えて東京ドームのチェックでした。
Ustreamで中継していたのを本格参戦。4Qも残り5分くらいでしょうか。昨年の王者シーガルズに復帰のライズが食い下がる白熱の試合です。
そのうち、スカイAあたりで放送があることを期待していますが・・良い試合だったようですね。
最終スコアは19-24でシーガルズが勝ったそうです。ライズ惜しかったなあ。
どっちも好きなチームなので、応援に困っちゃうのですが、直接対決ならそりゃライズですよ。
ノジマ電器という心強いスポンサーもついて本格復帰、苦しい時期を乗り越えた彼らには本当に頑張ってもらいたいと思うばかりです。

そういえば、アメフト世界選手権も録画はしてあるんですが落ち着いてみてないんですよね・・いつになることやら。
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-09-07 21:59 | マリーンズ2011 | Comments(0)

来ちゃったなあ

対 埼玉西武ライオンズ 16回戦 [M 10勝6敗] M 1 - 5 L (所沢)
勝/石井(一)[6勝6敗] 負/成瀬[10勝10敗]
HR/

先週、成瀬が「(チームの4000勝に当らないとは)持ってない」なんて言うもんだから、他のピッチャーがみんな遠慮しちゃったらしくそれ以来の5連敗。
なんと、成瀬に4000勝チャンスがまわって来ちゃいましたよ・・・これは持ってるのか持っていないのか、帰宅する電車の中で悩んでいたのでした。

が、悩む必要はなかったみたいです。
節電インチキサマータイムも終わっているので、帰宅してテレビをつけると・・・成瀬がポコポコと3点を失う所。あらまあ。
その後はまあ立ち直っていたと思うのですが、中継ぎ温存したかったのか、球数いってるのに無理に7回まで投げさせたせいなのか、ナカジーにツーラン喰らわされあそばしましたことよ。

なんていうのか、今季のマリーンズの継投にはメリハリがありません。
相場は逆を張れとはいいますが、まさにそんな感じでどう見ても勝ちの流れじゃないだろうというところで勝ちパターンを突っ込んでみたり・・・なんというのか「見」ができないというのか。勝ちに行く姿勢はもちろん大切なんですが、144試合すべてを勝つというわけには行かないのは先刻承知。となると、限られた戦力をいかにポイントに集中するかというのが采配の見せ所なんじゃないかと思うんですが、そのへんメリハリが感じられないんですよね。
そう言う意味ではボビーなんかは切替が早かったなと思いますね。コミさんがいての事だったのかもしれませんが。

野手陣では、チャンスに向けてギラギラしているのが角中くらい。今年は相当厳しくなってしまった外野陣ですが、なんとか喰らいついて生き残りたいという気迫は感じます。ここで何かをつかめれば一段上にあがってこられる雰囲気プンプンしていますよ。
それに対して、ポジションがひとつぱっくりと空いているというのに・・・ショート・・・
まあ、どんぐりーずの数が多すぎて上手く使い回せていないというのもあるかもしれませんけどね。

なんか、久しぶりに最下位な感じですが、開幕直後なんかを別にすると、いつ以来とか記憶にないですねえ?マリーンズってそんなに強くなってたのか!
とはいえ、ここから上がるのはちょっとしんどそうな予感です。
明日は唐川ー涌井。ドツボの涌井ではありますが・・・微妙だなあ。
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-09-06 23:56 | マリーンズ2011 | Comments(0)

今季初サヨナラ勝ち!

対 埼玉西武ライオンズ 14回戦 [M 9勝5敗] L 3 - 2 M (千葉マリン)
勝/岸[5勝4敗] S/牧田[2勝6敗11S] 負/渡辺(俊)[5勝6敗]
HR/

対 埼玉西武ライオンズ 15回戦 [M 10勝5敗] L 3 - 4x M (千葉マリン)
勝/ロサ[2勝4敗] 負/牧田[2勝7敗11S]
HR/

金曜にはマリンに行こうかなと思っていたのですが、残念ながら雨で中止でした。土曜は娘たちの都合が合わず、今日、日曜はやっぱり雨の中出かける気力がありませんでした。
土曜は・・・このところ調子が良かった俊介が久々に悪い俊介でしたが、それでも粘って3失点で抑えていても、打線が・・・試合が進むにつけて調子をあげる岸の前に初回の2点だけでした。確かにこの所の投手陣の調子は良くありませんが、それ以上に打線がアレです。

そんな日曜は、晋吾と西口という渋い先発のマッチアップでした。
初回に先制されていましたが、3回に2点を奪って2-1と逆転。ですが、ピンチを招いた7回、晋吾から引き継いだ伊藤ちゃんが打たれて3-2と逆転をゆるしてしまいます。
1点のビハインドで迎えた9回裏、ライオンズはマウンドにクローザーとして牧田を送り込んできます。
牧田の前に、先頭のアチャは全力疾走もサードゴロ。ですが、続く今江が四球を選ぶと、マリンの空気が一変します。
福浦師が粘って粘って技ありのライト前で1,3塁。ここで福浦師には代走南。あれ、根元じゃないの?と思ったのですが、これがドラマの伏線だったとは(違?)
続くサトがバットをへし折られたボテボテの当たりで、今江がホームに突っ込む脚が返球より一瞬早く同点。おおっ、追いついちゃいましたよ。

これで牧田も動揺したのか、続く角中に死球。グリップエンドじゃないかといちゃもんをつけるライオンズベンチでしたが、画面で見る限り左ひじの内側あたりに当たっているようにおもいますよ。むしろ、角中のひじが心配。
1死満塁となって続く打者は正人でしたが、ここで正人の代打に根元が送られます。

え、根元?とか思っててごめんなさい。
気負いすぎの空振りを見てこりゃアレか、せめてゲッツーじゃなくて三振で・・とか思っていましたが、なんとなんと、外角低めの難しそうなコースをうまく拾い上げてセカンドの頭上を超えるサヨナラタイムリー!!!
揉みくちゃにされる根元が久々に嬉しそうにいい笑顔を見せてくれていました。
こういうのを見るのが良いんですよねえ。

そういえば今季初のサヨナラ勝ちだということで、これで少しは打線の調子が上がって来れば良いんだけどなあと思う次第。
しかし、今季はライオンズ戦ばっかり雨で中止になっているんですが・・後の日程がちょっと怖いような気がしてきましたよ。
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-08-22 00:18 | マリーンズ2011 | Comments(0)

上野とアチャの気迫で呼び寄せた勝利

対 埼玉西武ライオンズ 13回戦 [M 9勝4敗] M 1 - 0 L (西武D)
勝/上野[2勝] S/薮田[1勝2敗19S] 負/平野[1勝5敗]
HR/カスティーヨ[3号]

海の向こうではシアトル・マリナーズの連敗が17で止まったそうで、イチローが「そっち側に行くとは思わなかった」とかなんとかコメントしていたそうですが、私も思い出していましたよ。七夕のあの日、今のようにリアルタイムで試合を見ていたわけではありませんが、スポーツニュースで見たジョニーの姿はずっと胸にやきついています。あれは確かにブルーウェーブ戦でしたともさ。

そんな今日は、ジョニーが自分の跡継ぎとして見込んでいるという上野が、マリーンズの連敗ストップを背負っての登板です。
今日は展開が早いらしく、テレビをつけたときは既に2回裏でした。上野はなんだかストライクとボールがはっきりしている雰囲気で、ちょっと不安な感じもします。
案の定と言いますか、3回裏、先頭の銀二朗のヒットからなんだかんだと1死満塁で迎えるバッターがナカジーというピンチを迎えます。
ですが、ここでバチッと気合いが入ったように見えましたね。
ナカジーに対してもひとつもひるまず真っ向勝負、最後は変化球で三振を奪います。さらにおかわり君が打ち上げたファールフライを、アチャがカメラ席のカメラに乗り上げてのスーパーキャッチ。
バックの気迫にも助けられて、ココはピンチをしのぎます。

しかし、打線の方はぴりっとしません。ライオンズの先発の平野から、ランナーは出せても進められず。
息詰る投手戦・・・ではなく、むしろ貧打戦という趣ですが、お互い点を取れずに苦しむ展開となっています。

それでも、上野、平野ともに粘りなんだかんだと試合は終盤。試合の進みも早く、これは延長かなとも覚悟していました。
そんな8回裏、今度はナカジーのヒットとおかわり君のピッチャー強襲ヒットで無死1,2塁とピンチを迎えます。送りバントで1死2,3塁とされて、フェルナンデスを敬遠、満塁策をとります。
これが成功して、浅村をショートゴロ封殺で2死、さらに秋山はなんでもないセンターフライに仕留め、ここも気迫でピンチを切り抜ける上野でした。

打線はなんとか1点くらいもぎとってやってくれと思うのですが、9回表はあっさりと2死。
交流戦のころは絶好調だった井口が、ここに来て調子を落としていますね・・・なかなかこの辺の巡り合わせは上手く行かないようです。
ですが、2死ランナーなしからアチャのバットが一閃。打球は伸びてレフトスタンドに飛び込み、待望の1点を奪い取ります。

この後は薮田が上野に負けない気合いで三者凡退に締め、なんとか四連敗は免れたのでした。
もう、アチャがホームランを打った瞬間の、上野の喜びっぷりがカワイイのなんの。なんだか周囲をみんな幸せにしてくれる笑顔でしたねえ。おばちゃんすっかりメロメロです。

明日は、いよいよマーフィー様の復帰マウンド。ペンも日本に戻って来てくれたそうで・・・テギュンが契約解除という寂しいニュースもありましたが・・・若いもんも頑張ってくれていますし、だんだん戦力が整ってきましたね。
上のホークスとファイターズにはちょっと水をあけられてしまいましたが、まだまだ残り半分、何が起こるかは分かりませんよ・・・良いこととは限らないけど(大汗)
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-07-28 21:54 | マリーンズ2011 | Comments(0)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル