日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

だからって、江川さんって・・・

うーん。またぞろヘンな話が出てきましたよ。



江川氏がロッテ監督へ…ボビー後任に超大物急浮上
6月5日12時3分配信 スポーツ報知

 ロッテの来季監督有力候補として、元巨人の江川卓氏(54)=野球解説者=が急浮上したことが4日、分かった。ボビー・バレンタイン監督(59)の今季限りでの退団が決定。すでに後任人事に着手し、江川氏をリストアップ。球団首脳はカリスマ性と卓越した野球理論を高く評価している。球団生え抜きの西村徳文ヘッドコーチ(49)の内部昇格案もあり、今後は2人を軸として、本格的な絞り込みに入る見込みだ。

 ボビーの後任には、超大物の名前が挙がっていた。球団フロントは水面下で球団OBや元メジャー経験者ら、幅広く人選を進めてきたが、複数の関係者の話を総合すると、ここへ来て「昭和の怪物」と評される江川氏が急浮上した模様だ。

 クローズアップされた最大の理由は、そのカリスマ性とみられる。球団は昨年末に早々と今季限りでのボビー退団を決めたが、一方では来季以降の営業面における「ボビー・ショック」を危惧(きぐ)していた。「赤字を抱えている球団で、約8億円以上かかるボビー体制を維持するのは難しい。ただ、ボビーの営業面での貢献は大きかった」と球団関係者。能力面だけでなく、人気面でもボビーに勝るとも劣らない人材を熱望する声が上がっていた。

 現役時代、巨人で135勝を挙げた江川氏は、右肩の故障で87年に引退した。その後は、日本テレビの野球解説者に就任。現在は「SUPERうるぐす」のメーンキャスターを担当している。現場復帰で名前をとりざたされることは何度かあったが、これまでユニホームに袖を通したことはない。今年2月にはヤクルト、楽天の臨時コーチとしてキャンプに招聘(しょうへい)され、引退後に初めて公の場でプロ選手を本格指導し、好評だった。指導者としての実力は未知数だが、卓越した野球理論は、そのユニークさも手伝って、支持を集めている。

 後任人事については、4月上旬に瀬戸山球団社長が「内部昇格の案も検討している。候補の1人ではある」とロッテ一筋28年の西村ヘッドが候補であることを明言。現在のチーム状況を最も把握している西村ヘッドの昇格は、人件費を抑え、年間約30億円近い赤字を軽減するという意味でも、現実的な路線といえる。しかし、6年続いたボビー政権からの脱却を図り、熱狂的なファンの支持を得るためには、外部招聘という選択肢も十分に残されている。

 江川氏と千葉には縁もある。05年5月、同氏が18年ぶりにユニホームに袖を通し、臨時投手コーチとして指導したのは、同じ千葉県内の社会人クラブチーム「サウザンリーフ市原」だった。ヤクルト・キャンプを訪れた際も本人は復帰には否定的だったが、待望論は根強い。後任は2人を軸として夏場までには絞り込まれる見込みだ。「昭和の怪物」が、22年間の沈黙を破り、ついにユニホームを着るのか。急展開を見せたロッテの監督問題に、全国の視線が注がれることになりそうだ。

 ◆江川卓アラカルト
▽生まれ 1955年5月25日、福島県生まれ。54歳。現役時代は183センチ、90キロ。
▽怪物 栃木・作新学院のエースとして73年春のセンバツで全国デビュー。準決勝までの4試合33イニングで60奪三振の大会新記録を樹立した。夏の栃木県大会では5試合中、決勝を含む3試合でノーヒットノーラン。準々決勝、準決勝を1安打。夏の甲子園は2回戦で敗れたが、公式戦で2度の完全試合を含む9度のノーヒットノーランを達成した。
▽ドラフト 73年阪急(現オリックス)から1位指名を受けるが、拒否して法大に進学。77年にはクラウンライター(現西武)から1位指名を受けたが、再び拒否した。78年には南カリフォルニア大に野球留学。同年のドラフト前日に巨人と契約したが、阪神が1位指名。コミッショナー裁定により、小林繁とのトレードで巨人に入団した。
▽プロ 2年目の80年に初タイトルとなる最多勝。81年は最多勝、最優秀防御率、最高勝率、最多奪三振、最多完封(7)の投手5冠を独占してリーグMVPに輝いた。84年球宴では8連続三振をマーク。制球力もあり、82年は自己最多の263回1/3を投げ、わずか24四球しか与えなかった。暴投はプロ5年目で初めて記録し、生涯で4つのみ。2年目から8年連続2ケタ勝利をマークしたが、13勝を挙げた87年、32歳の若さで現役を引退。



すごいピッチャーだったと思いますよ。正直、プロ入りした時の騒ぎは子供心にずるいヤツだと思ったわけで、現役時代はそりゃ嫌いな選手の筆頭でしたけど、今になって思い返すとやっぱりすごいピッチャーだったなあと思うわけです。

引退してからはなんだか趣味に走っているようにも見えるんですけどね。
決して頭の悪い人じゃないと思いますし、ロッテの監督なんてやらないでしょ、普通に考えれば。

でも、江川監督ってのも見てみたい気もしなくもなくもない・・・うーん、恐いもの見たさですね(苦笑

ってーか、なんですか。
江川さんってウチの姉娘と誕生日一緒なんですって・・・えーーーなにそれ。←あんまり嬉しくないらしい(^^;;
[PR]
by kawasaki-marins | 2009-06-05 22:18 | マリーンズ2009 | Comments(0)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル