人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

エコじゃない私(^^;;

いやー、プリウスの売れ行きが凄いですね。インサイトはどうしたんでしょうか?プリウスの売れ方が凄すぎて、霞んでしまっていますね。

今回、クルマの買替えを目論んでクルマ屋さん巡りをしていたわけですが、日本のメーカーはニッサン(試乗はせず)とスバルしか見ていない我が家(汗

しかし、クルマ屋さんってのは、主要な街道沿いなどの似たような場所に集まっている傾向がありまして、横目でトヨタやホンダのお店を眺めてみますと結構人がいたようにも感じていました。まあ、プリウスやインサイトのことはもちろん意識にありましたから、そのせいで賑わっているように感じたのかもしれませんけどね。

しかし、ここまでバカ売れしてしまうと、逆に素直に受け取れなくなりますね。最近ではハイブリッド車の車種も増やしてきているトヨタ・ホンダの各社ですが、なんでそんなにプリウス??なんて思ってみたり。どうせハイブリッドなら分かりやすい方がいいのかな、なんて思って見たりするわけです。
もっとも、車種を増やしても動力系の生産量はそんなに一気に増やせないでしょうから、売る方/作る方としてはそんなに状況は変わらないのかもしれませんけどね(^^;;

我が家で、ハナからハイブリッド車を対象外にした理由のひとつは、バッテリー。
一応、メーカーの保証はついていますが、ウチみたいに週末のちょい乗りが多いような場合はどう考えても劣化が早いんじゃないかと思うわけです。そうなると、バッテリーの交換って本当にエコかいな??と、我が家的クルマの使い方だと、むしろ悪影響のほうが大きそうだと思ってみたわけですよ。まあ、最大の理由は、乗り味が所詮はアレだ、という先入観ですんで、試乗すらしていないのですが。

最近では、コンパクトカーなども頑張ってまして、1.5Lクラスのクルマでもカタログ値で20km/l近くなっていますから、冷静に考えるとコンパクトカーもそんなに悪くはないのかな、とも思えます。コンパクトと言いつつ、レンタカーなんかで乗ってみるとウチのRAV4よりよっぽど広かったですしね。

20年ほど前の初めての自分のクルマ(とはいえ当時既に10年近く経過しているオンボロ中古を親に買ってもらったのですが^^;;)は550ccの軽、車体重量も500kgほどだったと思いますが、こいつの燃費が、20km/lは普通に超えていたことを思い出します。その2倍ほどの重量の車体を、3倍近い排気量のエンジンで動かして同じくらいの燃費なわけですから、しみじみと技術の進歩を感じますね。

なんてなことをつらつら書きつつ、我が身を省みると、ウチで決めたレガシィはカタログ値で11km/lですって(^^;;
普段の街乗りで7〜8km/lいったら上等かなあ。ひとつもエコじゃないですね。

とはいえ、今のRAV4も実は大食い娘で、街乗りだと7〜8km/l、夏場でエアコン使ってると下手すれば6km/l台、長距離の高速走行でも頑張って12km/lいくかどうか、ちょっと飛ばせばあっという間に10km/l台だったりするので、これでも十分嬉しいのですが。

あっ!今度はハイオク喰わせなきゃいけないのでした。結局ガソリン代はさほど変わらないのかしらん、というか遠出が増えそうな分、普通に増えそうな予感です。
「ハイオク20!」・・・言ってみたいセリフでしたが、最近ではセルフのガソリンスタンドしか使ってないじゃん、と亭主に突っ込まれました(この辺、分かる人だけ分かっていただければ^^;;;)

しかしまあ、最近ではATのほうが燃費がいいんですねえ。昔のクルマだと、ミッションが軽く済む分とロスが少ない分なのか、MTの方がカタログ値が良かったもんですが・・・レガシィ、MTが最低じゃないですか。結構ショックです(泣)
ウデでカバーできるよう精進しなくちゃ、でしょうかね。でも結局嬉しがって踏んでしまいそうな予感ですが(^^;;


エコカー補助金の対象外に=プリウス、3月末納車間に合わず−トヨタ
7月24日21時1分配信 時事通信
 トヨタ自動車は23日以降に受注したハイブリッド車の新型「プリウス」について、納車が来年4月以降になることを24日、明らかにした。これにより、来年3月末までに新車登録すれば適用される国の新車購入補助制度(エコカー補助金)の対象外となる。同社はホームページなどで注意を呼び掛けている。
 新型プリウスは、燃費性能の高さや低価格戦略が受け、23日時点で受注が24万台を超える人気。国内2工場で月5万台ペースで生産し、うち2万台を国内向けに供給している。同社は、輸出用の一部を国内に振り向けることも検討しているが、既に3月末までの納車は極めて困難な状況だ。
 エコカー補助金は、燃費性能などが一定基準を超える環境対応車を新車で購入した場合、普通車で10万円(軽自動車は半額)、車齢13年以上の車を廃車にして買い替えた場合に普通車で25万円(同)の補助を受けられる。 



ところで、私が聞いた話では、買替えの補助金そのものに上限があるので、秋ごろまでしか給付の原資がもたないんじゃないかと言うことでしたが・・・追加されたとかいう話があったのかしらん??
年度どころか、年明けくらいに納車の人たちの分って大丈夫なんでしょうか???
by kawasaki-marins | 2009-07-25 23:25 | 日々雑事
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル