人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

借りは返した

対 読売ジャイアンツ 4回戦 [M 2勝2敗] G 1 - 8 M (千葉マリン)
勝/成瀬[7勝5敗] 負/ゴンザレス[3勝7敗]
HR/

今日の関東地方はさわやかな良いお天気になりました。室内で仕事をしているのがもったいなかったですね。夕方、退社時刻も気持ちのいい風が吹いていて、こりゃナイターも気持ち良く見られそうだなあと思うのでした。

で、例によって序盤は速報チェック。
スタメンを見て、あらビックリ。今日はセンタースタメンに岡田が入っています。育成から支配下登録されて、この所の外野手けが人続出の状況に急遽一軍登録となり、実は昨日のうちに守備固めで一軍デビューしていたのでした。
普段からファームを見ている方々から聞こえてくる噂では、かなりの俊足で守備は間違いないとのこと。打撃は少々物足りないようではありますが、個人的には期待してしまうタイプの選手です。ということで、ビックリはしましたが、非常に楽しみでもありました。

先発はマリーンズが成瀬、ジャイアンツがゴンザレス。
初回、いきなり坂本にツーベースを打たれて、小笠原の犠牲フライで1点を失う成瀬でしたが、ちょっと目を離した隙に1回裏、簡単に追いついていました。
帰宅してテレビをつけると2回1-1の同点の状況から。
ランナーはいたようですが、2回表を無失点で抑えると、その裏、先頭のサブローがヒットで出塁すると、続くDHの福浦師が左中間まっぷたつのツーベースでサブローがしっかり走ってホームイン、あっさりと勝ち越していました。
さらにこの後サトがショートゴロでセカンドアウトとなりランナー入れ替わり、さらに岡田のプロ初打席もファーストゴロでしたが、セカンドアウトで2死1塁、凡打ながらランナーとして塁上に残りました。
ここで岡田、走りましたよ。あっさりとプロ初盗塁を決めます。おおーっ、ウワサ通り速い!
コレはぜひともホームまで帰してあげてほしいなあと思いましたが、ツヨ凡退で岡田残塁に終わってしまいました。ちょっと残念でした。

3回は両チーム三者凡退で、流れが落ち着くのか、と思われましたが4回裏、今日もマリーンズ打線は元気です。
先頭の大松から、サブロー、福浦と三連打で無死満塁。ここで迎えるのはサト。ごめんなさい、ゲッツーの間の1点かな、なんて思ってましたが、見事に三遊間を抜く2点タイムリー。1-4と差を広げて、先ほど初盗塁を決めた岡田の打席にまわります。
ここは無死1,3塁、スクイズもあるのか?と思っていたら初球からフルスイング。後からコメントを聞くと、同い年のツヨに「フルスイングしてこい」とアドバイス?されていたようですね。
センター方向にちょっと詰まった当たりは、きっちり長野の前でバウンドしてヒット、もちろん三塁ランナーは生還で、プロ初安打はタイムリーとなったのでした。良かったねえ、子供たちも見ているかなあ。でも、まだ小さいからわからないかな(^^;;
ジャイアンツはここで先発のゴンザレスをあきらめて、オビスポに続投。マリーンズ打線はこの後さらに今江のタイムリーもあり、この回一挙4点をあげ、1-6と試合をほぼ決定づけるのでした。

今日は、成瀬も調子が良さそうです。
変化球がコースに決まって、ホイホイとバッターを打取っていきます。球が低めに来ているためか、今日はゴロが多かったような気がしますね。
前回のマエケンとの投げ合いも良かったですし、ようやっと成瀬も本来のピッチングを取り戻して来ているような感じです。

6回裏、ジャイアンツはオビスポから金刃に継投です。すると先頭のサトがヒットで出塁。岡田が送りバントを試みますが、サトがセカンドでアウト。コレはバントが少々強かったのもありますが、小笠原の守備も良かったです。送りバント失敗で1死1塁となりますが、ランナーに残ったのは脚の速い岡田ですからまあ若干はプラスだな、なんて思っていましたら、ここも岡田が走ってきました。二塁盗塁は余裕のセーフ。なんと、いきなり1試合に2盗塁ですって。いやー、速い速いとは聞いていましたが、これほどとは。
今度こそホームに迎え入れてあげたいと思っていましたら、ツヨもどうやら同じ気持ちだったらしく、こんどは右中間まっぷたつ!
もちろん岡田生還、さらにツヨも三塁到達でタイムリースリーベースとなります。
2番の今江が右中間方向へ犠牲フライでツヨも生還、この回さらに2点を追加、1-8とだめ押ししました。
岡田は途中、こりゃ左中間抜けちゃうか?という当たりもあっさりと捕っていたりと、守備でもなかなかのところを見せてくれました。このアッサリ感は、大塚アッキーラさんにも通じるものがあるような・・・一軍に残ってほしい選手ですね。ああーっ、でもオギタカや早坂が帰ってきたら、どうしましょう。もうよりどりみどり(妄想が、妄想が止まらない・・^^;;

おーっと、少し落ち着かねば。ふっふぅ(深呼吸

成瀬は2回以降いい感じで投げています。こうなると初回の1点がもったいないな・・連続無失点試合が途切れてしまっていたわけですから、なんて欲をたかってはいけませんね。
7回成瀬続投、100球を超えて来てそろそろ継投かな、と思いましたが、今日は130球あまりを投げて完投勝利となりました。
こういう逃げないピッチングが毎回できれば、エースの看板をそろそろ許してもらえるようになるのではないかしらん。なんだかんだと言ってもやっぱり成瀬をエースと呼びたいと思う私なのでした。

ということで、今日のヒーローインタビューは1失点無四死球完投勝利の成瀬と、プロ初ヒット初打点初盗塁と2個目の盗塁、好守備もさりげなく見せてくれた岡田が並びます。
少々緊張気味ながら、さすが世間に揉まれてきた人らしく、きちんとインタビューに答えてくれる岡田。次のヒーローインタビューも待ってるから、女房子供たちのためにも頑張れ、岡田パパ!
by kawasaki-marins | 2010-06-02 22:20 | マリーンズ2010
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル