人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

味方の援護を呼ぶマーフィー

対 東京ヤクルトスワローズ 4回戦 [M 3勝1敗] M 14 -2 YS (神宮)
勝/マーフィー[5勝] 負/村中[3勝5敗]
HR/金泰均[15号満塁] サブロー[10号] 里崎[8号]

先のエントリー通り、今日はお休みを取っていました。ということで、頭痛に悩まされながらもなんだかんだとプレイボールから試合を見ることができました。
昨日は嫌な感じの負け方をしたので、なんとか今日は吹っ切りたいところではありますが、よくよく考えてみたらけが人続出で戦力的には低下して来ているところなので、このままずるずる行っちゃうんじゃないかという不安が・・・ブルブル

しかし、今日はマリーンズは救世主・マーフィーが先発です。なんとか希望を繋いでほしいものです。スワローズは若い村中、どういうピッチャーかは良くわかりませんが、なんとか攻略してほしいと願うのみです。
そういえば、今日はオーソドックスにピッチャーを9番に入れる打順を組んできました。これがどう出るかも気になるところです。とはいえ、交流戦のビジターは今日で最終なのですが。

なんて思っていましたら、序盤は両投手とも適当に荒れ球で打線を打取っていきます。両投手、四球でランナーを出しながらも後続を締める1回の表裏でした。
2回も四球をもらいますが得点には至らず。
マーフィーは徐々に調子を上げて来ているのか、2回裏は三者凡退でした。

3回表、打ち気満々のマーフィーでしたが内野ゴロ。
しかし1死からツヨの痛烈な当たりが三塁線の宮本の股間を抜き2塁到達です。これ、宮本にエラーがついてしまうのが可哀想なほどの当たりでしたね。
1死2塁として今江が追い込まれながらもキッチリセンターへのタイムリー!
1点を先取しました。

しかし5回裏、先頭の飯原にツーベースを許してしまうと、内野ゴロで三塁に進められ、2死3塁となります。ここで青木のピッチャー返しはマーフィーのグラブに当ってショート方向へ、しかしコレが結局内野安打になりランナー生還。さらに昨日の立役者、田中浩康の当たりはライト線ギリギリに落ちるタイムリー・・・サブちゃん取れなかったかなあ(ショボーン
1-2と昨日に引き続いて逆転を許してしまいます。

この所逆転負けが続いていますから、なんか嫌な流れ・・・と思っていました。
しかし、マーフィーの凄いところは、のらりくらりと相手打線をかわしながら、いつの間にか味方打線にリズムを呼び込むところにあるようです。
7回表、アカペラの「We Love Marines」がレフトスタンドから聞こえてくると、これに発奮したのかなんなのか、マリーンズ打線が爆発です。
先頭のムニスこそピッチャーゴロで凡退でしたが、1死からサトが四球を選んで出塁すると、ここから怒濤の攻撃です。なんでも連続ヒットのパ・リーグ記録に並んだということなんで、全部書いてみますよ。

 (1) 南が初球をスカーンとレフト前/1死1,2塁
 (2) マーフィーへの代打・青野がピッチャー返しでセンター前。祝!復帰後初ヒット/1死満塁
 (3) 先頭に返ってツヨの打球はショートとレフトのギリギリ中間にポトリと落ちる超ラッキータイムリー、マーフィーの喜びっぷりがなんともカワイイ!/1死1,2塁

スワローズはここで投手交、村中→増淵

 (4) ゴリもピッチャー返しでセンター前/1死満塁
 (5) 井口のボテボテ三塁前は当たりが幸い、タイムリー内野安打/1死満塁
 (6) テギュンが振り抜いた当たりは間違いなくレフトスタンドへのグランドスラム!/1死ランナーなし
 (7) ランナーいないので併殺の危険がなく気楽に打ったサブローもレフトスタンドへ/1死ランナーなし

スワローズたまらずバッテリー総取替え、ピッチャー・吉川、キャッチャー・衣川

 (8) さっきは凡退だったムニスがツーベース。ムーちゃんも脚速いっす!/1死2塁
 (9) さっきは四球だったサトが今度はライトスタンドへツーラン!/1死ランナーなし
 (10) 南ちゃん、この回2本目のヒットで、パ・リーグタイ記録だそうですよ。

この後は代打登場の岡田がサードゴロ、ランナー入れ替わり、さらにツヨもショートフライでチェンジとなるのでしたが、いやー、今日も凄いもん見てしまいました。

8回表は控え組が見せつけます。1死1塁から塀内がセカンドゴロかと思った当たりでしたが、セカンドの悪送球で1死1,3塁。すると、サブローの代打で登場の清田がタイムリーツーベース、これがプロ初打点ですよ、よしよし。さらにピッチャー伊藤の代打で根元もタイムリー、この回も3点をあげて結局14点を奪います。

リリーフ陣は7回を伊藤が淡々と締め、8回は古谷、先頭の青木を歩かせたときはドキドキしましたがその後は逃げてなかったと思います。9回は薮田が、好調という感じではありませんでしたが戦意喪失のスワローズ打線を切って捨てて最終スコア14-2で大勝となったのでした。

なんかこう、神宮球場でグランドスラムに縁があるマリーンズですね。今日はサトの時みたいに雨じゃないしダメだろう、なんて思っていたら、サトじゃなくてテギュンに出ましたよ(笑

ところで、今日は他所のゲームもいろいろと凄いことになっていましたね。
横浜では直行がKO、ファイターズが13得点、広島じゃなくて福山?では、バファローズが取りも取ったり21点。しかしカープも10得点という壮大なおバカ試合が繰り広げられていたそうで。

対して名古屋、東京ドーム、甲子園では緊迫した試合。
名古屋ではライオンズが岩瀬を打っての逆転勝ち、後楽園では9回まで0-0でイーグルスが粘ります。最後は5人内野の奇策を展開するもその上を超えるサヨナラ犠牲フライで負け、甲子園ではホークスが藤川を打って追いつきそのまま12回引き分けに持ち込みます。

結果パ・リーグの4勝1敗1分ということで、今年のパ・リーグの勢いは凄いですね。
パ・リーグファンとしては嬉しいことこの上なし。でも直行がKOというのがやっぱり引っかかりますが・・・

交流戦は残り2カード、パ・リーグのホームでの試合となりますので、後はもうどれだけ差を広げるかということになりそうです。うひひのひ。
by kawasaki-marins | 2010-06-07 22:48 | マリーンズ2010
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル