人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

四球がわけた明暗

対 東北楽天Gイーグルス 7回戦 [M 4勝3敗] E 1 - 3 M (千葉マリン)
勝/マーフィー[6勝] S/小林(宏)[2勝1敗12S] 負/永井[4勝4敗]
HR/

今日は日曜、午前中はぼちぼち用事を済ませて半年に一度の「株主優待券消化デイ」と称してスポーツクラブ&スパへと行ってきました。
半年に一度ですので、これでどうだというほどのものではありませんが、たまに泳ぐのもいいものです。娘たちの成長も著しく、妹娘は補助なしでバタ足ができるようになり、姉娘は一人で黙々と泳いでいると思ったら、なんだかんだで「1,000m泳いだ!」と言っておりましたよ。スピードは全然ありませんがのんびりと続く良い泳ぎ方です。そんな娘に釣られて、私も600mは泳いだ・・・と思います。途中からはもうヘタってワケわからなくなってたのですが(^^;;

その後はスパでのんびり。夕食も済ませて帰宅するとちょうど、Jスポの録画中継でプレイボールのところでした。
今日は、マリーンズがマーフィー、イーグルスが永井の先発。
序盤は例によって不安定な立ち上がりのマーフィーでした。もう球があっちゃこっちゃでどうなることやらと思わせるピッチングのなか、初回はランナーをサードまで進められるも、今日はスタメン復帰の今江の好守備もあって無失点。やっぱ、サードはゴリちゃんが安心ですね。
そして2回、四球2個とヒット1本で2死満塁というピンチを作ります。さすがにマーフィーもここは聖澤に四球を与えて押出し・・1点を失います。
しかし、続く嶋を三振で最少失点に留めます。

ところが、この所バイオリズムは下降線のマリーンズ打線、今日はいよいよテギュンがスタメンから外れています。何でもハムちゃんの違和感?だそうで、長引かなければ良いのですが・・心配ですね。
久々の、というか今季初のファースト守備にはいる福浦師、しかし久々のせいかファールフライを取り落としたりとちょっと不安な感じもします・・・が、本当は守備もピカイチなんだと力を込めて書いておきます。
初回は、先頭のツヨが初球をひっぱたいてヒット、無死1塁としますが、結局ランナーを進められず。なんか表のイーグルスは三塁まで進めていたのとは対照的な攻撃でした。
2回も、1失点の後でしたがあっさりと三者凡退・・うーん、やっぱり調子はかなり落ちています。

そんなマリーンズ打線でしたが、マーフィーは淡々と調子を上げて、イーグルス打線を3回以降6回表まで、三者凡退に切って捨てます。基本的にストレートの威力があるのが効いているのでしょうか。変化球とストレートがストライクゾーンに入りだすと適度な荒れ球となり相手打線を翻弄するのです。本当に不思議なピッチャーですね。中継ぎで使っていたら、力はありそうなんだけど安定しないなあ、という評価で終わってしまっていたかもしれません。先発転向で大成功です。

7回表、2死から福浦師がファーストゴロをベースカバーのピッチャーにトスしようとしたところでボールをこぼすという、本当に久々の守備でスイマセン的なエラーから、2死1,2塁とピンチを作りますが、マーフィーの今季最多という130球の力投で難を逃れます。

この力投にこたえたい打線でしたが、6回まで永井の前に無得点。
5回裏には1死から竹原、サトと連打で1死1,2塁として岡田の内野ゴロはサードの中村ノリがボールを取りこぼしてのエラーで1死満塁とチャンスを作ります。
しかし、ツヨ、ゴリと打取られて得点ならず。イヤーな雰囲気になってきました・・

しかし、マーフィー根性で投げぬいた130球の後の7回裏、なんとかその意気に答えてあげたい打線が踏んばりました。
先頭のサブローに対して、永井はなぜかストライクが入らず、ストレートの四球です。
この四球で風が変わった・・感じがしましたよ?
続く竹原が本日2本目のヒットで続き、無死1,2塁。ここで迎えるのはサト、送りバントで2,3塁として岡田の打席で代打を送りたいところ。
ですが、初球をバントもきわどく三塁線切れてファール・・・2球目を見逃して2ストライクとされてヒッティングに切り替えるサトでした。あちゃーっとアタマを抱える私。とにかくランナーを進めるのじゃ、進塁打じゃ、と見ていましたが・・変化球で攻めて来る嶋ー永井のバッテリーがフルカウントから選んだのはストレート、しかしサトは読んでましたね、コレ。上手く捉えて右打ちはライト線フェンスの際に落ちるツーベースヒット、サブロー還って1-1の同点に追いつきます。
よくぞ、マーフィー様の負けを消してくれました。サト、良くやった、最高の女房役ですよ。

なおも無死2,3塁と、予定よりもアウトカウント1個少なく(苦笑)9番岡田の打席。一気にたたみかけたいマリーンズはここで岡田に代えてテギュンを代打に送ります。しかし調子が出ないのか、テギュンは生憎のショートゴロ。1死2,3塁で、しかし対・永井には6割の打率を誇るツヨ・・だったのですが、ここは落ちる球に手を出して空振り三振。
さらにここまで3打席凡退の今江・・・スイマセン、あきらめていました。ゴリちゃんゴメンナサイ。今度はライト前に2点タイムリーを決めてくれました!!
これで1-3と逆転、マーフィー様に勝ち投手の権利がつきましたよ。もう、マーフィーの嬉しそうなこと!!

この後、ベンチで何やら西本コーチに言い含められていたマーフィーでしたが・・何を放していたのかがちょっと気になりますが・・、逆転を確かめてベンチ裏に引き上げます。
8回は薮田が四者凡退、9回はコバヒロが堂々たる四者凡退で見事逆転勝ちのマリーンズでした。

散々四球を出しているマーフィーが平気の平左で、7回のサブローに初めて四球を与えてしまった永井が流れを手放してしまうという、試合の流れと言うものは本当に不思議なものですね。ちょっと永井も気の毒な負けでした。いやいや、相手に同情できるほど余裕はないのですが。

調子を落としているマリーンズ打線ですが、ここぞというところでの集中力は何とかまだ発揮できているようです。
腰痛という今江も、今日は再三の好守備を見せてくれていましたし、なんとか、オールスターあたりまでは上位に食らいついていって欲しいものだなあと、だんだん欲が出て来てしまうのでした・・いかんいかん、欲をたかってはイカンと自省。

今日は気持ち良く疲れて、気分良くさっさと寝ることにしますよ。
さあ、来週も頑張りましょう。
by kawasaki-marins | 2010-06-21 00:00 | マリーンズ2010
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル