人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

短けぇ夢だったなぁ・・

対 北海道日本ハムファイターズ 14回戦 [M 8勝5敗1分] M 6 - 12 F (札幌D)
勝/木田[4勝] 負/大嶺[3勝6敗]
HR/小谷野[7号] 金子[5号] 中田[1号=プロ初] 福浦[6号] サブロー[12号=通算100号] 井口[8号]

今日も暑かったです。札幌は多少は涼しいのかな・・なんて思いつつ、今日は2回の表からテレビ観戦。
いきなり福浦師のソロで先制したときに、実はイヤーな予感がよぎりました。大嶺がヘンに力んでしまうのではないかと・・

その予感が当たったのかなんなのか、2回裏、晩ごはんの支度をしている間にエラいことになってしまっていましたよ。
糸井、中田と連続四球で陽が送って1死2,3塁、スタメンマスクの大野の当りを今江がホームに悪送球。
ここで何かが切れてしまったような気がします。
金子誠の内野ゴロの間に三塁ランナー生還、田中賢介がセカンド難しいところへ内野安打で2死1,2塁。村田のセンター前はギリギリシングルで2死満塁としたところで稲葉を迎えると、あっさりとセンター前に2点タイムリー。
そして、ランナーを2人おいて小谷野がセンターへの大きなスリーラン・・・1-7といきなり試合を決められてしまったと思いましたね。

ランナーの一人や二人、失点の1点や2点でビビってちゃダメなんですよ。すっかり気持ちが萎縮している大嶺には、とにかく最初から最後まで上から目線で投げさせてみたいと思うばかりです。
ピッチングだって、まずは向かって行かないと、かわす意味がなくなるじゃん!

と、すっかり意気消沈していた5回表、先頭のサブローが通算100号となるメモリアルを、こんなどうでも良いようなシーンで打っちゃって・・・なんて思っていたら。
福浦師三振も、サトが素直にセンター前に打ち返して出塁、暴投の間に三塁まで進塁します。岡田はあいにくと内野ゴロで2死3塁となりますが、ツヨが三塁線を抜くタイムリーでさらに1点を返します。2回裏から今江に代わってサードに入っていた根元がこれも素直にセンター前で1,2塁とすると、井口は外角の球を上手く合わせて、これをライトスタンドまで持って行っちゃいました、小谷野に対抗するかのようなスリーランです。なんと6-7と1点差まで詰め寄ります。
しかし、この所すっかりお疲れのテギュンは、良い当りながらもショート真正面のライナーで追いつくところまでは届かず。

・・一瞬ですが、引っくり返せるんじゃないかって、良い夢見させてもらいましたね。ふふっ。

その裏、2死を取りながら、よりによって中田に、プロ第1号となるソロホームランを許す大嶺・・・これで札幌ドームの雰囲気が一変しました。
この後は毎回のように得点を許してじわじわと差を広げられ、気がつけば6-12とダブルスコア。

うーん。
ま、ライオンズも負けて、とりあえず首位までのゲーム差は3.0のまま、と言うことに救いを求めましょうか。

そういえば、バファローズの金子ちーちゃんの連続完封はならなかったようですね。残念。
カープの連続被完封も終わったようで、そちらは良かったねと。

オールスターで、テギュンがリフレッシュできると良いんだけどなあ・・・
と、もはや感想にもなっていないのでした。さ、明日はびしっと勝って、前半を締めたい・・なぁ・・・
by kawasaki-marins | 2010-07-20 21:53 | マリーンズ2010
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル