人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

王手なんですかっ!

2010日本シリーズ 対 中日ドラゴンズ 5回戦 [M3勝2敗] D 4 - 10 M (千葉マリン)
勝/ペン[1勝] 負/中田(賢)[1敗]
HR/サブロー[1号] ブランコ[2号]

昨日があまりに悔しい負け方をしてしまったので、今日はとにかく気持ちを強く持たなくては、と、突然仕事中に「今晩は手羽先だ」と思い立ち、こっそり川崎界隈のお店を検索していたのは内緒です(^^;
ということで、仕事帰りに、川崎にあった「鳥良」にて、手羽先をテイクアウト。電車のなかに良い香りを振りまきながら帰宅したのでした。
しかし、そんな道草をしていたので、帰宅したときには既に1回表が終わった所。そういえば、今日の始球式はジョニーだったんだ・・・なぜ録画してない・・・orz
しかも、すでに1点を先取されてしまっています。
今日の先発はペンと中田賢一。うーん、ペンが、ダルと投げ合ったときみたいな凄まじいピッチングを見せてくれればともかく、落ち着かない試合になりそうな予感でした。

しかし、帰宅して落ち着く間もなくテレビをつけると、1死ながらランナー1塁、と、見る間に井口がヒットで1,2塁。さらにサブちゃんのあたりがラッキーな内野安打で1死満塁です。
満塁・・・と嫌な予感が顔を出す間もなく、今江が例によっての初球スイングでレフト線への2点タイムリーツーベース!
あっさり逆転で、マリンはいきなりものすごい盛り上がりになっています。
さらに福浦師がタイムリーで続き3点目。
1死1,3塁となったところで、テギュンがあたりも鋭くセンターに抜けてこれまたタイムリー、なんと3連続タイムリーで4点を取り、あっさり試合を引っくり返してくれましたよ。
この後、サトがアッサリ三振だったのがちょっと気にはなるのですが・・

ともかくも、これで気が楽になったペン、2回以降は時々ランナーを出すものの、気迫のピッチングでドラゴンズ打線を押さえつけていきます。出来としては、あの10回投げたときにはおよんでいない感じはしましたが、それでも角度のあるストレートはなかなか迫力がありますし、カーブとのコンビネーションさえ決まればそうそう打てないはず。

試合は、スタンドの後押しもあってすっかりマリーンズペースになっています。
2,3回は、ランナーは出しますが得点にはいたらず。
しかし4回、先頭のツヨがヒットで出塁し、清田の打席で結果オーライな盗塁と送りバントで3塁に進み、井口は三振も、4番っぽい人のサブローがなんだか4番っぽい仕事をしてくれました。スッカーンと捉えたあたりは和田が見送るなかレフトスタンドへ。2点を追加して、この試合の流れを決定づけたと言っていいでしょう。

ドラゴンズの先発の中田は、この辺でもうあっぷあっぷな感じでしたが、落合監督は続投させます。
うーん、これは、中継ぎ温存なのか。ナゴヤに戻ればドラ有利という目算なのか、どうにも不気味ですが・・とにかく、中田を5回まで引っ張りましたよ。
その5回も、テギュンのヒットを皮切りにサト、岡田とヒットで続いて1死満塁とすると、ツヨの犠牲フライと清田の2点タイムリーで3点を追加。1-9と、ほぼ試合を決めます。
5回を投げ終えてようやく継投に入るドラゴンズ・・やっぱり中継ぎ温存でしょうか。この後は清水→久本と繋いできました。

しかし、ペンも飛ばしすぎたのか6回につかまります。
大島、森野と、イキのいい所に連打でピンチを作るとブランコにタイムリーを許して1失点。
ここでベンチは早めの継投、古谷をマウンドに送ります。古谷が野本、谷繁と打取るとベンチではペンがガッツポーズ。なんかイイ感じでしたね。
この後は、薮田→吉見と繋ぐマリーンズ、でしたが、吉見が飛ぶピッチャーの本領発揮、大島、森野と2死までは非常にイイ感じだったのが、和田にヒットを許すと、ブランコにバックスクリーンまで運ばれちゃいました(泣)
ま、まあ、リードはたっぷりあるから・・・

そして9回はコバヒロ。ですが、このコバヒロがまた恐い恐い。ストライクが入らなくてヒヤヒヤしました・・結局、堂々の5者凡退。
今日は点差があったから良かったものの、これがナゴヤで競ってる所だったらと思うと・・・うーん、ドームはマリンよりは寒くはないだろうけど・・どうなんでしょうねえ?

まあとにかく、今日は先発全員安打だそうで、昨日から三振の大量生産モードになっていたサトにもヒットが出たのは喜ばしい。特にテギュンが4の4っていうのが、そういうバッティングできるんじゃん!!と叫びたい気持ちでしたね。

明日は移動日で、いよいよ土曜には最終決戦の地、ナゴヤドームに乗り込みます。
また、ビジターでの決着というのはちょっと残念ですが、こうなりゃとにかく、ナゴヤまで風を送るしかないですね。
史上最大の下克上、完成なるのか?
刮目して、待て!
by kawasaki-marins | 2010-11-04 22:53 | マリーンズ2010
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル