人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

気持ちは大切

昨日から、2010年マリーンズベストゲームってことで放送されていたプレーオフのライオンズ戦をテレビで見ていました。10月のパンダツアーで見られなかったので、これが初見です。

初戦、成瀬と涌井の投げ合いから、8回裏、継投に入って内が打たれて4点のリードを許すも、直後9回表に追いついた、とにかくみんなで繋ぐんだという気持ちがひしひしと伝わってくる攻撃は見事でした。そしてなによりも、11回表の、福浦師のライトスタンドへのホームランアーチの美しかったこと・・・この試合は3試合分くらいの内容があったように感じましたね。

第2戦、序盤にリードを許すもじわじわと追いつき、再度の延長。そして11回表に繋いで繋いで1点を勝ち越します。
そのときに、守備についているライオンズナインの表情がアップで映されていたのですが、このときの表情がなにかこう弱気な表情。
シーズンも、一度はマジックが点灯しながらもホークスに逆転を許してしまったライオンズの選手たちの胸中に「また逆転されたのか・・」という気持ちが見え隠れしていました。

そしてマリーンズがセカンドステージに勝ち上がり、そのホークスと福岡で対戦したわけです。最終の第6戦までもつれたこのシリーズですが、最終戦、やはりマリーンズが勝ち越してのホークスの最後の攻撃は、まるで打席に立つ選手たちの心が折れてしまっているかのように感じました。
ホークスも、それこそ何度も何度もプレーオフで涙を飲んできたチームですから「また、ここまでなのか・・」という気持ちがなかったとは言えないでしょう。

彼らのトラウマを呼び覚ますような試合をしたマリーンズ。やはり「失うものは何もない」という開き直りが強さを引き出したのでしょうか。
このポストシーズンの試合は、どのステージでもギリギリの闘いでした。こういう試合では、やはり気持ちを強く持てた方が勝つんだなあと、しみじみと感じさせられましたね。

2011シーズンは、ある意味受けて立つ側になるわけですが、この気持ちの強さをどれだけ維持できるのか。立場が変わると大きく変わりそうな気が・・・するんですがねえ。なんてったってロッテだし(苦笑

ということで、2011シーズンのスローガンは、昨年に引き続き「和」だそうです。
いつまでも「和」で、内輪うけにならないようにね!
by kawasaki-marins | 2011-01-20 22:24 | マリーンズ2010
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル