日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

かわまりさんちの原子力講座(その2)

(3)で、今の放射線の量ってヤバいの?

さて、被ばくするとなにがヤバいのかというのをアタマにおいて、それでは、現在の放射線の量がどんなものなのかと言うのを整理してみますよ。


a) 原発近傍

まずは、一番心配な、原発そのものですが、現在ここは正直相当ヤバいんじゃないかと思います。
福島第一に限らず、原発の敷地の外周には「モニタリングポスト」と呼ばれる放射線の測定器が設置されていて、常に放射線の計測を行っています。これは常に公開されていて、インターネットでもすぐに見られるようになっています。
今回、福島の2ヶ所の原発については、地震以来の計測データが時系列でずっと掲示されています
モニタリングポストのデータの伝送ができなかったときは該当個所での移動計測だったようですので、同一地点で、というには微妙な点もありますし、まだ、データが取れていないモニタリングポストもありますが、まあ、だいたい近傍の状態を表していると思っていいと思います。ちなみに、福島第一のモニタリングポストの設置位置はこんな感じ

この所多少安定してきていますが、MP7とかMP8の値を見ると、200〜300マイクロシーベルト/時というかなり高い値を示しています。日々、風向きなどが変わることもありますが、だいたい一定している所を見ると、放射性物質の飛散と言うことではなく、原発敷地内の状況を反映しているのかとも思えます。

まあ、このあたりは素人が考えても仕方ありませんので、ここは素直に敷地内は数百〜千マイクロシーベルト/時というレベルの放射線だと考えると、数時間もいるとミリシーベルト単位での被ばくということになってしまいます。
放射線作業者(男性)に対しては、年間に100ミリシーベルトまで、今回特別に250ミリシーベルトまでを許容していると言うことですが、ここまで作業に1ヶ月近くかかっていることを考えると、もう許容量を使い果たしている作業員の方も結構いると想像します。短期に200ミリシーベルトをあびると身体的な影響(白血球の減少等)があらわれると言われていますので、この方達には十分にケアしていただきたいと思うばかり。


b) 避難エリア(福島第一から半径20km以内)の外側

主な地点での放射線の観測データが福島県のサイトで公表されています。

http://www.pref.fukushima.jp/j/sokuteichi557.pdf
このpdfファイルの557の部分を書き換えると(450〜)地震後のデータが見られます。
本当はこれをきちんと毎日追いかけていかないと、単なる印象論だけになってしまうので、あんまりエラそうには言えないですが・・

目につくのが飯舘村の6マイクロシーベルト/時という値です。
単純に1ヶ月分として30日を考えると、

  6マイクロ×24時間×30日=4320マイクロ=4.3ミリシーベルト

実際には、家の外でずっと過ごすわけではありませんから、気をつけて過ごすとしてざくっと半分の量を被ばくするものと考えましょうか。それでもおよそ2ミリシーベルト/月ということになります。

確かに、この状況がすぐにおさまれば、まあ徐々に放射線も減って行きますし、特に問題のあるレベルではないわけですが・・・
しかし原発の現状を考えると、明日すぱっときれいに治って、放射線もすんなり減って行く・・・とは思えません。
たとえば、原発が落ち着くまで半年、このレベルで続いたとしたらざっくりと12ミリシーベルト。
もしかしたら、今後の原発の作業で漏れ出てくるであろう放射性物質が土壌などに蓄積されたりするともう少し上がるかもしれません。
さらに、地面や空気からの被ばくの他にも、水や食べ物の問題もありますから、こちらも別途考える必要があります。

世界には、自然放射線で年間に10ミリシーベルトを被ばくしているような地域もあるそうですから・・・まあ、ほとんど問題なく過ごせると思います。
でも、正直、子どもはあんまり出したくありませんね。自然放射線のような、岩盤などからの放射とちがって、花粉のように放射性物質が舞っていると思うと、ウチの娘たちもそうですが、手を洗えといったってテキトーな洗い方しかしませんからね・・・

確かに、健康に影響するかと言うと全然そんなことはないレベルではあるのですが、今後の原発の動向を含めて長期的なことを考えると、今からできるだけ注意しておいてもらいたいと思うのでした。


c) かわまり家あたり

文部科学省の災害ページに、各地の放射線測定値が出ていますが、東京界隈では普段の値の倍程度ですが、元々が放射線が少ないエリアということらしく、日本で一番自然の放射線が多いと言われる岐阜の平常値です。

水道水から検出されたと言う話もありましたが、現在の状況であれば一時的なものと考えられますので、もう全然問題なし。
正直、花粉の方がヤバい私なのでした。

・・なんて書いている間に、なんだかやたらと大きな余震が来ましたよ。本震のときのような長い揺れが気持ち悪いな。また、津波警報も出ているようですが、これ以上の被害がないことを祈るのみです。

続きはまた。
[PR]
by kawasaki-marins | 2011-04-07 23:52 | たまには時事ネタ | Comments(0)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル