人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

地元成分の差で負けたことにしておきます

対 福岡ソフトバンクホークス 1回戦 [M 1敗] M 4 - 5x H (鹿児島)
勝/森福[2勝] 負/ロサ[1敗]
HR/サブロー[1号]

今日明日とホークス主催の九州巡業シリーズです。今日が鹿児島で明日が熊本。九州新幹線も開通して、新幹線に乗りたいが為に遠征しているロッテファンも多そうな予感。なんか、ロッテファンって鉄道好きも多い気がするのは気のせいではないような(笑)

こちら関東では朝から大雨、というか風も非常に強くて嵐みたいな状況でした。だもんで、スカパーの受信が安定しないこと・・・まあなんとか試合は見られましたのでよしとしますか。
しかし、画面でみる鹿児島は青空の良いお天気。桜島もくっきりでした。桜島といえば青野・・青野が一軍にいないのが残念ですね。
対するホークスは、鹿児島出身の杉内が先発。同じく鹿児島のムネリンと本多の1,2番でなにやら気合いを感じます。
ですが、かつてはロッテも鹿児島でキャンプをやってましたから縁のある土地ですし、ロッテファンもかなりいる雰囲気を感じます。青野の復活はまだなのか・・・残念。

杉内の立ち上がりは・・・多少力んでくれないかという思いをよそに、まずは調子が良さそうです。こりゃ、なかなか打てなさそうだあ、と思った通り、3回まではノーヒット。僅かにサトが死球をもらって出塁したくらいでした。
マリーンズの先発はマーフィー。こちらはいつもの通りに初回に1失点。本多のヒット+二盗から内川にタイムリーですって。内川やたらと調子がよさそうです。
ですが、いつもの通り1点で抑えるあたりもマーフィーらしく、この後は粘りのピッチングで追加点を許しません。いつもながら不思議なピッチャーですね。

試合が動いたのは5回。
先頭のサブがふらふら〜っと打ち上げたように見えた当りは案外と伸びて左中間スタンドへのソロホームラン。これで杉内がヘンにりきみが入ったのか、大松に四球、さらにテギュンがレフト線へのツーベースで無死2,3塁と良い形を作ります。
サトの上手い右打ちでライト前にタイムリーで大松生還、2-1と逆転します。
さらに無死1,3塁、今江がセカンドゴロ、これはゲッツーかと思ったのですが、ホークスは敢えてバックホームで追加点を許しません。
これで1死1,2塁。
後から考えるとコレが結構効いているような気がしますね。
ここで、左腕の杉内だったのにスタメンだった岡田パパに代打の清田を送りますが三振、オギタカも凡退で追加点なりませんでした。うーん。
直後5回裏はムネリンのタイムリーで2-2とあっさり追いつかれてしまいます。

さらに6回には多村のタイムリーで2-3と勝ち越しを許し、7回にはマーフィーから古谷にスイッチしますが、結局伊藤まで投入のすえ再び内川にタイムリーで2-4と差を広げられてしまいます。

ううーん、この後は盤石のリリーフ陣で逃げ切られてしまうのか。
と、8回のファルケンボーグの前に三者凡退で思ったのですが・・・

9回、馬原が登場すると、サブロー、大松と連続のライト前ヒットで無死1,2塁。テギュンも右方向に続いてタイムリー、サブロー生還で3-4、さらに無死1,3塁とします。
不思議だったのは、ここで、大松がヒットで出塁したときには伊志嶺を代走に送ったのに、テギュンが出塁したときにはベンチが動かなかったことなんですよね・・・塀ちゃんとか根元とか、テギュンより速い選手はいくらでもいるのに、何でかしらん???
と、アタマに疑問符が出ている状態でバッターはサト。レフトフライは若干浅いかとも思えましたが、ここはさすがの代走伊志嶺でタッチアップホームイン。おやまあ、追いついちゃいましたよ。

さらに1死1塁で今江がヒットで続いて1死1,2塁。ここでホークスは馬原をあきらめて森福。

あ、やべ。

と、思った通りに、清田、オギタカと凡退で、逆転までならず。
テギュンに代走出してたら、ちょっとはプレッシャー違ったと思うんだけどなあ、なんで出さなかったのかしらん?結構謎でした。

試合時間は3時間を過ぎて9回裏。今シーズンは、延長戦は3時間半を超えて新しい回に入らないことになっていますから、延長に入るかどうか微妙な所です。さくっと締めれば延長、そうじゃなければ引き分け、あるいは最悪のサヨナラ負け・・・という所でしょうか。
マリーンズはマウンドにロサを送り込みます。先頭のムネリンこそ打取りますが、本多にヒットで1死1塁。
続く内川の、右方向に高く上がった当りはサブローが突っ込んできた手前にぽとり。
うーん、確かに難しい当りだとは思いますが、サブちゃんなら捕ってほしかった。これで1死1,2塁。カブレラを力勝負の末浅いセンターフライに打取り2死としますが、小久保が振り抜いた当りは前進守備のセンターの頭上を越えてサヨナラ打・・・小久保だからもう少し深い位置だったらというのは結果論ですなあ。二走がポンちゃんだっただけに、ホームクロスプレーもアタマにあったのでしょうから・・・

ということで、サブが内川の当りを捕れてれば・・・と八つ当たりするのでした。
まあ、考えてみれば序盤の杉内の様子にノーヒットノーランも覚悟した試合ですからね、これだけ追い詰めることができたのは上出来、ということにしておきましょう。
明日は熊本に移動しての試合となりますが・・・ウチの選手で熊本出身って誰かいましたっけ?
by kawasaki-marins | 2011-04-23 18:00 | マリーンズ2011
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル