人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

地球の緑の丘

震災以来のアレコレを思い起こすうちに、なんとなく思い出したんです。

地球の緑の丘」というR.A.ハインラインの短編SFです。
かなり古い作品で、私が中学生のころは既に伝説の作品として、古株のSFファンの間で語りぐさになっていたのですが、邦訳はすでに絶版。読むことができたのは大学に入った頃でしたか。宇宙をテーマにした短編を集めたアンソロジーに収録されたときでした。その後出版されたハインラインの短編集にも収録されています。

主人公の「ノイジー」ライスリングは宇宙を放浪する吟遊詩人、というとカッチョ良いですが、原子力エンジンが実用化された頃の機関士崩れです。原子力エンジンの事故で視力を失い、歌を作りながら気ままな放浪生活を送っていました。そのライスリングが地球に戻ろうと思い立った最後のフライトで作られた歌がこの「地球の緑の丘」
しかし、歌が作られたのはまさに致命的なエンジンの事故の中でした。
ライスリングは宇宙船を救うために、当然のように機関士としての責務を全うするのですが、それはすなわち彼の生命との引き換えでもあったのでした・・・


最後の一節をひろってきました。


We pray for one last landing
On the globe that gave us birth;
Let us rest our eyes on the friendly skies
And the cool, green hills of Earth.

"Noisy" Rhysling



最後に一度その地に立たせたまえ
我らをなしたその大地
いま一度この目に見せたまえ
やさしい空と涼やかな、地球の緑の丘を
(かわまりのへたっぴ訳)
by kawasaki-marins | 2011-06-10 22:52 | 読んだり聴いたり
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル