人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

交流戦終了。

対 東京ヤクルトスワローズ 4回戦 [M 1勝3敗] M 7 - 1 YS (神宮)
勝/唐川[6勝2敗] 負/石川[4勝4敗]
HR/井口[5号]

日曜日はテニスのレッスン。
いくらかは慣れて来た・・・ような気がしますが、相変わらず足を引っ張っている状況は変わらないようです(^^;;
でも、コーチにもいろいろとアドバイスをしてもらえて、やっぱりちゃんと教えてもらえるのは良いもんだと思った次第。ま、別に強くなろうとか思っているわけでもありませんので(当面の目標は楽しくラリーが続けられること。長期的には試合っぽいことができると良いなあと^^;;)ぼちぼちと進歩できると良いかなあと思っています。まあ、このトシですし、進歩のスピードは気にしない気にしない。

そんなわけで例によって買い出ししたりなんだりと主婦な仕事も済ませると、いつの間にか神宮の交流戦の最終戦は始まっているのでした。
しかし・・・今日の唐川はあまり調子が良くなさそう。本来コントロールのいいピッチャーなのですが、今日はサッパリなのでした。
初回からヒットと四球で2死満塁。そこから宮本にタイムリーで1失点。ですが、後続を断ち、最少失点に留めることができました。
この後も毎回ランナーを出す不安定なピッチング。4回裏も、2死はあっさりと取るものの、ヒットと四球2個であっという間に2死満塁。なんとかバックに助けられてここも無失点で切り抜けましたが、ここまで良くもまあ1失点で済んでいるという内容です。

打線は・・・序盤はスワローズ石川の不安定な立ち上がりにランナーを出すことはできたのですが、相変わらずの拙攻モード。そんなこんなのうちに石川も立ち直ってきました。3回以降は毎回三者凡退です。
ですが、6回表、先頭の岡田がファースト強襲の内野安打で出塁すると、そこから久しぶりの繋がる打線が見られました、
伊志嶺が送り1死2塁から、井口がセンター前にヒット。いつもなら少々無理しても突っ込ませる上川コーチがここは三塁で岡田を止めました。打点がつかずに少々不満顔の井口でしたが、ここはセンター青木ということを考えたら仕方ないでしょう。
1死1,3塁となって大松が大きく弾んでファースト頭上を越えてライト前にタイムリー、岡田生還で同点に追いつきます。井口はこの間に三塁に到達、1死1,3塁とチャンスが続きます。
今江の当りもライト前に、スライディングで飛び込んで来たグラブの僅かに手前で跳ねてタイムリー、2-1と勝ち越します。
1死1,2塁からサトが四球を選んで1死満塁。ここで福浦師が、1,2塁間を抜けてまたまたライト前。これで2人が生還、4-1とリードを広げます。
ここでスワローズはたまらず投手交代、石川から松岡に繋ぎます。
ショートスタメンの正人に代打金澤を送りますが、良い当りも青木の好捕で凡退、さらに唐川は・・・打席には立ってるだけですな、この人は(^^;;

この後は唐川が思い切ったピッチングができるようになって調子を取り戻します。6回以降は毎回の三者凡退で8回までを結局初回の1失点だけで切り抜けました。
この粘りのピッチングはお見事でしたね。
また、正人に代わってショートに入った高口の好プレーも唐川をもり立ててくれたと思います。
ショート候補の子たち、みんなソコソコ良い守備はするのですが、打撃が抜けて出てこない・・大技小技問わず、コレだ、というものがあればレギュラー候補に一歩近づくことができると思うんですけどねえ・・。
なんでも、緊急補強ということで元ベイスターズのカスティーヨが加入だそうですから、カスティーヨがショートということになるんでしょうかねえ?

そんなわけで9回表、スワローズは押本を投入してきます。押本・・・打てた記憶がないとおり、高口、代打の根元と連続であっさり倒れて2死となってしまいます。
しかし、先頭の岡田に戻って、岡田がピッチャー返しでセンター前。すかさず走って2死2塁とします。ここで伊志嶺がタイムリーでだめ押しの1点を追加。
そうか、この二人は押本をしらないんだ(笑)
続く井口がじっくりと粘ってフルカウントからのスイングは、見事レフトスタンドに飛び込むツーランとなります。ここはさすがのプロの技という感じ、明らかに狙っているのは分かりましたが、それで本当に放り込んでしまうのは・・・プロの凄さを見ましたね。

まずまず良い形で交流戦の最終戦を勝ち、パ・リーグの試合に戻ってもなんとかついて行けるといいなあと思うのですが・・・さて、勢いがついた上位チームはどうなんでしょうか。ちょっと恐いかも(^^;;
なにせ、78勝57敗9分と、大きく勝ち越したパ・リーグ。楽天が4、ロッテが6負け越しているのに21個勝ち越しってどんだけー、なワケですよ。

打線は多少は立ち直って来たかなあとは思うのですが、先発陣の頭数がちょっと足りないような。
成瀬、俊介、唐川、大谷、吉見とすると5人。大谷が頑張ってくれているのは大きな収穫でしたね。ですがもう一人ほしい所で・・・大嶺はどんな感じなんでしょう?相変わらず弱気の虫にとりつかれているんでしょうかねえ。それさえ克服できれば一級品なのになあ。なんだか、先発やってたころの薮田を思い出してしまいます。どこかで化けてくれないかと切実に思うわけですよ。
それと、マーフィー様の復帰は何時ごろになるのでしょうか。
浦和に秘密兵器を隠していたりしないのかしらん・・・そういえば、藤谷くんって、そろそろ大学も卒業じゃないかしらん?今シーズンは間に合わないのかなあ?見てみたいんですがねえ。
by kawasaki-marins | 2011-06-19 22:52 | マリーンズ2011
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル