人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ダル自滅だったのに・・もったいない。

対 北海道日本ハムファイターズ 9回戦 [M 5勝4敗] F 4 - 3 M (千葉マリン)
勝/ダルビッシュ[11勝2敗] S/武田[1勝22S] 負/小林[2敗]
HR/渡辺(正)[1号=ランニングHR] 糸井[8号] 稲葉[5号]

今夜は七夕、なにせ七十七銀行出身のコバアツの先発ですから何かが起こる・・・事を期待していました。
ある意味、期待通りでしたが、試合は後一歩およばず・・・この展開でコバアツに負けがつくのはちょっと気の毒でしたけどね。

コバアツは立ち上がりに先頭の陽岱鋼にヒットを許し、送りバントで進められてしまいますがその後は何とか仕留めます。
ダルビッシュは・・・もう、何も言いますまい。
2回は両者三者凡退、3回表を岡田の超絶捕球からコバアツが3者凡退に抑えると、その裏さっそく何かが起こりました。

大松、サトとあっさりと凡退で2死。続くのは今日のスタメンショートの正人。右腕のダルなのにスタメンとは、先だってのホーム体当たり突入の気合いを買われたのかしらん・・なんておもっていました。でもなあ、ショート候補のみんなのバッティングはドングリの背比べだしなあ・・と見ていたのですが。ちょっと高めの球を上手く捉えた当りは左中間へ。レフトの中田が合わせられずに後ろにそらす間に正人はセカンドを蹴りサードへ。さらにバックアップの糸井がもたついている間にサードも蹴りホームに突入します。糸井からの返球もいい所に帰ってきてクロスプレーとなりますが、正人はやや内よりからホームベースにダイブ!!
なんとまあ、正人にランニングホームランですってば。

今年の正人はちょっと違いますね。気合いがただ事ではありません。自分が崖っぷちということはもちろんあるとは思いますが、それ以上になんかこう、ものすごく気持ちの入ったプレーが心に響いてきます。守備でもここぞという所でいいプレーを見せてくれていますしね・・・ベテランと呼ばれそうな年齢になって、何かが変わって来たのかもしれません。

しかし、1点をもらったコバアツはちょっと浮き足立った雰囲気。先頭の今浪に粘られて四球を与えてしまうと、続く糸井に初球をライトスタンドに運ばれてしまいました。先ほどのランニングホームランは、糸井の処理のもたつきもあってのことですから、気合いも入っていたのでしょう。もう打った瞬間!という奴でライトの伊志嶺もハナから追う気配なしでした。
あっさりと2-1と逆転されてしまいました・・・この形は良くありませんでしたね。
この後も四球やらヒットやらでランナーを溜めてドキドキさせられましたが、なんとか粘り追加点は与えずにしのいだのは立派でした。

5回は両者とも無得点。2-1のまま6回表、コバアツは続投です。
ですが、糸井にヒット、中田の三塁線の当りは大きくバウンドして内野手の頭上を越えるとそのまま転々と結局ツーベース、ランナーは三塁ストップで無死2,3塁と大ピンチ。
続く稲葉のファーストゴロ!という当りは、カスティーヨが弾いてしまってその間にランナー生還、3-1とリードを広げられてしまいました。
こりゃ、このまま崩れるのか・・・覚悟しましたよ。
しかし、このピッチャーのハートはかなり強いですね。小谷野、スケールズと連続で三振に仕留めて(その間の盗塁もあり)2死2,3塁とすると、イヤな相手の金子誠の勝負は避けて満塁策、続く大野を冷静に打取って、このピンチをエラーによる1失点に抑えてしまいました。
この回、打たれたのはいただけませんでしたが、その後をしのいだのはいい経験になったと思います。この度胸のカケラでも大嶺にあれば・・・

その裏、伊志嶺のスリーベースから井口四球で1死1,3塁、カスティーヨはライトフライもタッチアップには浅くランナー動けず。続く福浦師の打席で、ダル暴投でランナー生還。ちょっとラッキーな形で3-2と詰め寄ります。1塁ランナーの井口も三塁に進みますが、ここは福浦師がバットを砕かれてセカンドゴロ・・ここはさすがダルですね。

コバアツは7回までを3失点で投げぬきました。7回も続投だったのを見たときは、なんというのか・・信用されつつあるな、と感じました。その信頼に応えて、大きく育ってほしいと思います。

8回は伊藤が続投・・ですが、稲葉にライトポール直撃のソロを被弾。これで4-2とされてしまいます。あんまりホームランは打たれないタイプのピッチャーですがまあ相手が悪かったですかね・・・

なんて思っている場合ではなかったのですよ。
その裏、岡田、伊志嶺と連打でランナーを出して無死1,2塁。井口のピッチャー返しはダルのグラブにすっぽりでゲッツーとなってしまいましたがその間に岡田三塁進塁で2死3塁とすると、こんどはキャッチャー・大野のパスボール。またまたバッテリーエラーで1点もらっちゃいました。これで4-3
。ああーっ、さっきの稲葉のソロがなければ追いついてるんじゃん!
結局この後は武田久に締められて1点差で敗戦だったのですが、これで先発のコバアツに負けがつくのは気の毒でしたね。気持ち的には伊藤ちゃんでしょう(^^;;
先輩はしっかり後輩のフォローをしておくように。

まあ、そうは言ってもこのカード勝ち越しですから立派なもんです。
あすからは福岡に乗り込んでホークス戦。ここでドコまで食い下がれるかが今後の展開に効いてきそうな気がしますよ。
この所調子が上がらない成瀬ですが、気合いを入れ直してびしっと締めてもらいたいですね。
by kawasaki-marins | 2011-07-07 23:55 | マリーンズ2011
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル