日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

益田のハート!

対 中日ドラゴンズ 2回戦 [M 1勝1分] M 3 - 3 D (名古屋D)
HR/サブロー[2号]

交流戦を白星スタートで気分が盛り上がってきましたが、名古屋ドームだっていうのに俊介を先発で使う西村監督&西本コーチ・・・俊介とナゴヤドームのマウンドの相性が悪いんじゃないかというもっぱらの評判ですがどうなんでしょ。素人目にもあまり気持ちよく投げているという雰囲気じゃありませんからねえ。

と、例によって電車でチェックしているとあっさりと初回から1失点。さらに帰宅してテレビをつけると0-2と負けてます。でも、バタバタしているあいだになにやらサブローが珍しくも4番ぽい仕事で同点ツーランですって。
おおー、いいぞいいぞ!
なんて調子に乗って晩ごはんの支度をしている間に俊介は和田にタイムリーを打たれて3失点目。昔から和田にやられている印象が・・・イヤな相手ですよまったくもう。

そんなこんなで落ち着いて座ったときには2-3でリードを許したまま俊介が降板、晋吾がキッチリと後を締めてなんとか流れをつなぎ止めてくれているところでした。
ドラゴンズは先発の雄太(ユウタじゃなくてユウダイなんですね)から山井に継投。微妙なメガネがコミさんを思い起こさせてくれます。良いのやら悪いのやら。

6回以降はそんなわけで試合が落ち着いてしまっていました。いや、自分は落ち着いても試合は派手なのが見たいなあと思ってみたりみなかったり。

晋吾が7回2死まで投げて森野を迎える所で中後のワンポイント。中後はきっちり三振で仕事を済ませ・・・1点ビハインドの8回裏には、いよいよ・・ヤツが帰ってきましたよ。

昨日から一軍登録された内。
肘の手術からの復帰となる久々のマウンド、ここはヒット1本許してしまいますが無難にまとめて今シーズンに期待をもたせてくれます。くれるのですが・・・久々のせいなのかドームのせいなのか、本人ですらドコに行くか分からないというスライダーがちょっとキレが鈍ったような気が・・いや、気のせいですよね。

すると9回表、当然ながらドラゴンズは岩瀬を送り込んできます。
そりゃーそうだよなー。
と、ちょっとあきらめ加減に見ていたのですが。
およ、いきなり根元が内野のアタマをギリギリ越えるセンター前。おおー、良く打った!
さらに、最近不調だった井口がフルカウントまで粘ってライト前にヒット、根元は三塁まで進み、無死1,3塁となります。さらに4番サブローがこれまたフルカウントまでよく見て、センターへの大きなフライ。もちろん根元生還で3-3と同点に追いついてしまいましたよ、およよ。
最近、根元のヒットからの攻撃というのが良い感じに繋がりますね。

さらに角中に期待するところでしたが、ここは残念ながら凡退。今江も腰痛は大丈夫か心配させながらやっぱり凡退でチェンジとなってしまいますが。
岩瀬から1点もぎ取って追いついちゃいましたよ、あらすごい。

時間はまだ余裕があり、延長を見据えて・・え、9回裏に益田ですか。
ふむ、今一番信頼されているピッチャーは益田というわけですな。なんて思っていたら。
9回裏をさくっと締めた益田、10回表に2死とはいえランナーを置いての打席がまわってきますが、なんとそのまま打席に入ります。え、アレコレと代打やら代走やらで選手起用してきた試合ですが、まだ清田が残っていると思ったけど・・

テレビの解説によると、なんでも元々は野手だったそうですが・・いや、やっぱり今一番信頼されている現れなんではないかと思ってみたりするわけです。
11回を考えて、ということもあるのかもしれませんが、それにしたって薮田に大谷ものこっているわけですし。

その益田の10回裏のピッチングがこれまた痺れましたね。
先頭の森野が、セカンド途中交代の早坂が、打球によくぞ追いついたけれど送球がちょっとばかり逸れてしまった内野安打で出塁すると、続く和田をストレート勝負で空振り三振に斬り捨てます。かつて和田にしてやられた、あんなことやこんなことの記憶なんてないルーキーですから、ここはもうばっさり。この気っ風のいい投げっぷりが魅力ですねえ。

続く堂上弟に送りバントで2死2塁とされてしまい、続く井端との勝負がまた見事。ここは1塁が空いていますから、最悪歩かせてもOKなシーン、ここでもがっつり勝負に行く益田でした。いい感じに開き直って、きわどいコースをびしばし攻めます。
結果、四球になってしまいますが、これは攻めての四球なので文句はありません。
2死1,2塁から、堂上兄はセオリー通りに初球狙いでライト前、ですがここはライト角中の処理も素早くランナーは三塁ストップ。良く止めさせました、よしよし。

2死満塁で迎えるのは谷繁。さすがに嫌らしいベテランのバッティングで谷繁も粘ってきますが、益田の表情も負けてはいません。カケラもひるむこと無く、ベテランに対して堂々のピッチング、粘られながらも強気のまま、最後は結局セカンドゴロ。

いやもう益田のピッチングにしびれました。このハートの強さが魅力的すぎです。相手の気迫に負けず、かといってヘンにりきみかえるでもない自然体の強さと言いますかなんと言いますか、おばちゃんもうメロメロです。
この子たちがこれだけ頑張ってくれているんだから、そりゃー首位にいたってバチは当りませんねえ。
なんだか首位と言われてもさっぱり実感がわかなかったこれまでですが、今日の益田をじっくり見ていて、じわーっと実感がわいてきました。なんか今年のマリーンズは本当に何かがちがっています。うん、良い方に違っていますよ。
なんだかワクワクしてきましたね、交流戦から後半に向けて・・・戦力も続々と帰ってきてくれる、とも思われますし。なんだか楽しみが膨らんで・・・

いやいや、そんな浮かれていたら後が恐いぞ(汗)
[PR]
by kawasaki-marins | 2012-05-18 00:21 | マリーンズ2012 | Comments(0)
最新のコメント
ジュリーママさん> ま..
by kawasaki-marins at 00:05
いちいち同感です!大多数..
by ジュリーママ at 19:25
かんざん先生> 雪山が..
by kawasaki-marins at 22:40
体重移動と板の反発が自分..
by gs_kanzan at 14:19
ジュリーママさん> 国..
by kawasaki-marins at 07:06
国枝選手、カッコよかった..
by ジュリーママ at 09:06
座長さん> 現地に行か..
by kawasaki-marins at 22:49
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル