人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ビデオ判定

昨日のラミちゃんの幻のホームランですが、審判がビデオ判定を行った結果「ビデオでも良くわからなかったから最初のジャッジ通り」となったのだそうです。
実際に良くわからなかったのであれば、まあ、現場の対応としてはやむを得ないとは思いますが、中継の映像でははっきり分かっていたんですがねえ。審判用の映像というのはどの程度のものなんでしょうか?

で、思ったんですがね。
最近、自分でテニスを始めて、プロの試合の中継も見るようになったワケですが、プロのテニスの大きな試合では判定に不服があると「チャレンジ」することができるルールになっています。

試合の進行は人間のジャッジにより行われますが、打球のIN/OUTに疑義が生じたときは選手は「チャレンジ」を宣言し、ホークアイシステムと呼ばれる、複数カメラによって撮影された軌道からコンピュータによってボールの軌道シミュレーションを行いIN/OUTを判定する、というシステムによる判定を要求することができます。要求できる回数は決まっていて、チャレンジが成功、不成功により扱いも変わりますが、これはテニスの方のルールの問題ですので置いておいて。

導入当初は選手の反発もあったようですが、現在ではかなり活用されているように思います
実際には、誤審の可能性ももちろんあるのですが、機械による判定ですから、少なくともえこひいきはないというのが納得感の基本にあると思います。また、見ている方としても結構ワクワクして面白いんですよ。まあ、これは、遠くからぐぉーっと寄って行くCGで表示される画像の盛り上げ方もあるんでしょうけど(^^;;

野球でもこれくらいやってもらいたいですねぃ。
結局、ビデオ判定と言っても映像を見て判断するのは審判ですから、そこに人間の心の揺らぎを捨てきれるわけがありませんし、実際昨日の判定も、審判のプライド的なものが邪魔していたのではないかと邪推してしまうわけで・・・

実際にホークアイシステムのようなものが公式に使われている競技があるわけですから、あんまりしょぼいことをやっているとちょっと恥ずかしいですよね、NPBのえらいひと>?

ホームランだけじゃなくてそれこそストライク/ボールの判定だって応用ができそうですよねえ。
まあ、通常は人間のジャッジの方が早いわけですが(ホークアイは数秒かかってしまうらしいです)ここぞという所では野球もチャレンジシステム取り入れたって面白いんじゃないかと思いますよ?
by kawasaki-marins | 2012-05-20 11:53 | プロ野球諸々
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル