人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

こんなじゃ勝てなくて当然ですよ

対 福岡ソフトバンクホークス 15回戦 [M 8勝5敗2分] H 4 - 2 M (千葉マリン)
勝/大隣[8勝4敗] 負/吉見[1勝2敗]
HR/里崎[6号] 松田[9号]

対 福岡ソフトバンクホークス 14回戦 [M 8勝4敗2分] H 2 - 2 M (千葉マリン)

ロンドンオリンピックが始まりました。
土曜は5時起きで開会式見ちゃいました(^^;;
最近ではすっかり大掛かりなショーが定番化して、この開会式も現地時間21時、日本時間で朝の5時に始まったものが、選手入場やらなにやらまで終わったのが日本時間で8時半頃、現地時間では真夜中を過ぎていたわけですよ、ビックリ。

ですが、今回もイギリスの歴史ありの、サプライズありの、なかなか見応えのあるショーになっていました。
エリザベス女王陛下まで登場とはビックリ。てっきりヘリコプターに乗っているもんだとすっかりダマされてしまいましたよ(汗
かと思えば、Mr.ビーンことローワン・アトキンソンが出ていたり、最後にはポール・マッカートニーまで登場のイギリスてんこ盛り状態。まあ4年に1回のことですからね、素直に楽しませてもらいましたよ。

そんなオリンピックの開幕に気を取られているのかなんなのか・・・
我らがマリーンズは・・・なんだかしょぼくも情けない試合で1分1敗の週末でした。

土曜は上野と武田の先発でした。ルーキーの武田には、前回しっかりとプロの厳しさを教わってしまいましたから、今回はさすがになんとか対応したい所。
と、初回、先頭のオギタカがヒットで出塁し、送りバントで塁を進めてホワイトセルのタイムリーで1点先取、さらに角中も良い当り・・だったのですが、センター長谷川の好守に阻まれてしまいました。ううー、悔しい。この試合はコレに限らずホークス野手陣の守備が素晴らしかったですよ、ええ。角中なんか初回のコレと6回の一塁線抜ける当たりを穫られたのと、2本はヒット損してますね、ええ。その他にもやられっぱなし。
ですが、上野も気合いのピッチングで5回に1点を失うものの最少失点です。
その裏に1点返してもらって、1-2と勝ち越してもらって、さあこれからだ・・と思ったのですが、ベンチはここで上野を引っ込めて継投に入ります。え?
らんなんかこう、ベンチが信頼しているかどうかというのがハッキリ見えるような・・こんな状況で、信頼されていない方の投手はどれだけモチベーションを保てるのか、そして信頼されちゃっている方の投手はどうやってコンディションを保てばいいのかと、いろいろと素人なりに疑問を感じたりなんだりするわけですが・・ううーん。

結局、9回に内が打たれて追いつかれてしまうわけです。
この時点では判明していませんでしたが、翌日内くんの登録抹消、なんでも足首を痛めていて歩くのもようやっとという状態だったとか。一体ベンチは何をやっているのかと小一時間。

そんな状態で、不安ばかりが先行する日曜日。
先発は吉見と大隣です。
いきなり四球でランナーを出してマツダにツーランを打たれる吉見さん・・・こりゃ期待できない吉見さんですよ、明らかに。良いときは素晴らしく良いんですが、ダメなときはまったく期待できません。この極端さがクセになりそうな吉見さんですが、ううーん、ということはこの後は継投策・・・中継ぎ陣大丈夫なのかしらと心配ばかりが募ります。

それでも、1回裏に角中のタイムリーで1点を返して、大隣もあまり良くないのか?と期待をしてみたりするのですが。
2回表にはダブルスチールで追加点を許してしまいます。
ああー、なんていうか、今のロッテにはこういう策略が足らないと思うわけですよ。
岡田パパやオギタカが出塁したって、走らせるでもなく型通りに根元に送りバント。今季の根元のバッティングの成長っぷりを見ていれば、いろいろ仕掛けようはあると思うんですのよ?そうやって揺さぶりをかければ、相手だってそりゃ警戒もするでしょうけど隙もできるというもので・・そういう駆け引きって勝負には大切なんじゃないかと素人なりに思う今日この頃なワケですよ。

なにが言いたいかって、要するに、最近のロッテはつまらん!ということですよ。

その最たるものが4回裏。
先頭の角中がショート強襲ヒットで出塁、さらに今江が四球を選んで無死1,2塁とチャンスを作ります。
ええ、この時私は打順をカンチガイしていて、てっきり次はサトだと思ったんですよ。だから「こここそ送りバントだ」とか思っていたんですが、打順は大松。思いましたよ「オオマチュ、ゴメン、おまいさんはとにかく引っ張れ」
野球素人な私でもこう思うわけですよ。調子の出ない大松ですから、引っ張ってゲッツーで2死3塁でも仕方あるめえ、と思って見ているわけですよ。
ですがベンチは大松に送りバントを命じます。

こんなのを見たいわけじゃないんですよ。
なんかもう、泣けてきます。
大松が大きな身体を縮こめて送りバントをする野球が見たいんじゃない。
同じゲッツーでも、目一杯引っぱりにかかってのゲッツーなら、バカヤローと一声怒鳴って諦めもつくんですよ。でも、縮こまっての送りバント失敗でのゲッツーなんて・・・母ちゃん情けなくってヤジも出ませんよ・・・(涙)

こんなことをやっていれば、そりゃー流れも離れて行きますよね。
結局、苦手な大隣にキッチリ抑えられておしまい。大して調子も良くもなさそうな大隣に完投を許してしまうのでした・・・とほほ。

意気地のない攻撃と言いますか、覇気のない采配と言いますか。
打線だって、個々の選手を見ている限りは決して調子は悪くなさそうなのにと思うと、悔しくてなりませんよ、ええ。
by kawasaki-marins | 2012-07-30 21:20 | マリーンズ2012
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル