人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

勝ちきれない・・・

 対 オリックスバファローズ 13回戦[M 8勝4敗1分] Bs 3 - 3 M (千葉マリン)

今日はマリーンズは直行が先発。対するバファローズはユウキということで、落とせない一戦だったはずなのですが・・・

序盤は例によっての携帯観戦。初回の直さんのピッチングはなんか不安な感じ・・・大丈夫なんでしょうか。ランナーを出しながらもなんとか切り抜けて1回表は無失点の立ち上がりでした。
その裏、TSUYOSHIがいきなり初球をポーンとセンター前にはじき返しますが、後が続かず。今日は、TSUYOSHIとサトはユウキのチェンジアップ(かな?)に合ってたようでしたが、他がいけませんでした。特に、早川、福浦、サブローの三人がいけませんでしたね。この三人でどうにもならないってのはちょっと危険な雰囲気です。
そして2回、直行は後藤にソロを一発プレゼント。ここは見てなかったんですが、立ち上がりの危うい感じを思い出す限りではプレゼントしちゃったもんだと思ってます。

3回表、テキストライブをチェックしていると・・・
「乱闘に・・・」の文字を残して更新が途絶えます。
え、どうしたどうした!
いつもより、余計に帰り道を急ぐ私でした(爆)

しかし、帰宅してテレビをつけるとすでに乱闘は収拾ついて3回裏。なにやらTSUYOSHIが今日2個目の盗塁を決めています。今日は絶好調ですね。
しかしその直後、早川に死球とは・・・ボビーがなにやらいちゃもんつけてますが、乱闘の後だけにヒヤヒヤします。ここは試合はそのまま続行となりました。

乱闘のきっかけはローズへのきわどい投球だったようで、おとしまえはローズの退場、さらにウチも慶彦さんが退場なんだそうで。ここは、ハヤカー部長もなにかやったんでは?と勘ぐる私でした。

それはともかく、これで1死満塁。続く福浦がセンターフライを打ち上げ、TSUYOSHIがタッチアップで同点においつきました。一気にたたみかけて行きたいところでしたが、今日さっぱりのサブローが凡退でチェンジ。相変わらずです。

しかし、ここから直行が見違えるように立ち直ります。球の伸びがついて球威が増したような感じがしましたね。低めにビシビシ決まって、エースのピッチング!という感じでした。
とはいえ、両チーム乱闘騒ぎもあって気合いが入ってしまいましたからね・・・ユウキを打ち崩せません。4回、5回と抑え込まれてしまいます。

6回、ようやくサトのソロホームランで1-2と勝ち越し。さっきの乱闘の影響か、ものすごく気合入ってましたね、サト。これだけ感情を剥き出しにするのも珍しいです。
直行にはなんとかこの1点を守りきって欲しいところです・・・なんて思ってたら、今日の直さんは凄かったです。なんとまあ、3回から8回までをパーフェクトに抑えています。これでこそエース。素晴らしい、気持ちのこもったピッチングを見せてくれています。
7回はバファローズはユウキから菊地原に続投、ここでオーティズが四球を選び無死1塁、続く大松には堀を代打に送り、送りバント。ここで送球が乱れて無死1,2塁。チャンス!と思ったのですが・・・青野がバントの構えでバッテリーが外したところでなぜかオーティズが飛び出し、タッチアウト。直後青野が併殺に倒れて、無死1,2塁というチャンスが一瞬で消えてしまいましたよ・・・こういう攻めはまずいでしょ。

それでも、乱闘の後はテンポ良く試合は進んで、あっという間に9回となります。
9回表、先頭打者のラロッカをヒットで出塁させてしまいました。今日の直行だったら、先頭打者を出してしまってもきっと後続は断ち切ってくれる、そう思ったのですが、ボビーは違う判断を下しました。
直行降板。コバマサをマウンドに送ります。
かなりムッとした表情の直行、見てたお客さんからもちょっと不満そうな声が上がります。ちょっとここで投手陣にガタが来ている感じがしますね・・・いかにもヤバいです。

コバマサは・・・炎上。
無死1塁から送りバントで1死2塁とされ、アレンに同点に追いつくタイムリーを浴びてしまいます・・・マサ、どうしたんだ。
その後は北川を打ち取り2死2塁、続く後藤は敬遠で塁を埋め大引で勝負。しかし大引に粘られ、ライト前に運ばれ、2塁ランナーはホームを狙います。しかしライトは我らがサブロー、シーズンに何度もないだろうという完璧なバックホームで得点を許しませんでした。この、ホームに突っ込んできたアレンは紳士的でしたね。サトのブロックに飛ばされながらも逆にサトを讃えるような手振りを見せます。

しかしこの後がいけません。
10回は薮田が登場。
先頭打者を内野安打で出塁させてからなんだかんだと1死満塁。TSUYOSHIしっかり送球しろよー。今日は大引の方が上手かったぞー、なんて声もあげながらも、しかし、薮田が何とか後続を断ってここは無失点で切り抜けます。ほっ。
そうそう、この回、的山のところでバファローズは代打を使いました。ってことは・・・辻ちゃんの出番ではないですか!!こんな試合じゃなければ、拍手のひとつも出たんでしょうけど、次の回の守備に入るときに、気づいた少数からパラパラと拍手が出るだけでしたね。ごめんよー、辻ちゃん。

11回には荻野がマウンドにあがり、好投を見せます。今日は大引もきっちり三振に打ち取り、よっしゃーという感じですね。しかし12回、TSUYOSHIの悪送球で出したランナーが辻ちゃんの送りバントで2死2塁としたところで、左の木元。ここで荻野に代えて高木を送りましたが・・・なんと、ここで勝ち越しタイムリーを打たれてしまいました。
今日は、妙に弱気なボビーの継投策がことごとくウラ目に出ます(泣)
とにかく最後は小宮山で締めくくり、勝ち越しは1点だけで切り抜け、12回裏の攻撃となります。

12回裏の攻撃。7回にチャンスを潰してから、なにげに毎回三者凡退でしたから、正直半分あきらめていました。だって、加藤大輔出てくるし。
でも、今日のライトスタンドはなんか違います。フェンスギリギリまで出てきて声を上げています。なんとかこの声に応えて欲しい・・・
しかし、サブロー、サトとあっさり倒れてしまいます。
最後は代田。ここで残っている野手は竹原とベニー。しかし、ベニーは勝ち越し用の切り札でしょ、ということで竹原を代打に送ります。

竹原、一発狙うなよ。ストレートに絞って行け・・・
と、竹原、外角低めのヤバい感じのストレートを根性でライト線にころがしてツーベース!
おおー、良くぞ打った、竹原ー!!
続くのはオーティズ。粘ってライト前に持って行き、竹原根性でホームイン!土壇場で同点に追いつきました!!

ホセー!!

なんか今まで、ちょっと抵抗があってホセと呼べずにいたのですが、ここはもう素直にテレビの前で叫んでました(^^;
この後はタスク・・・あれ、ベニーちゃん代打じゃないの・・と、ちょこっと不安になったところで、タスク三振でゲームセット。
うーん、ベニーちゃん、ケガの具合は良くないんでしょうか。ちょっと心配です。

しかしまあ、追いついたのを褒めるべきなんですが、7回の攻撃が悔やまれますね。しかも今日はことごとく継投がウラ目にでて、まあ、負けなかったのは乱闘騒ぎからの選手の気合いの賜物でしょう。
最近はオリックス相手にギリギリの試合してますからねー。Aクラスなんておこがましいのか、という気がしてきています。いやいや、こんな弱気ではいかんのだ。(ブルブル
by kawasaki-marins | 2007-07-17 23:41 | マリーンズ2007
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル