人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

幕張の風が札幌に届いた!

対 北海道日本ハムファイターズ CS2nd  2回戦[M 1勝1敗] M 8 - 1 F (札幌D)

ちょっとお出かけしますので、内容はまた後で。
とにかくロッテらしからぬ空中戦。幕張からの風が後押ししてくれたか、はたまた札幌ドームが狭くなったのか(爆)

ということで、帰って参りました。

今日は、昨日の負けにちょっとオドオドしつつ、武田勝かあ、打ててないんだよなあ。と、弱気モードでの開始。初回、昨日のサブに見せつけるかのような稲葉の好守もあり三者凡退に打取られた時はもう、頼るのはコバヒロだけという気持ちでした。
しかし、コバヒロもひちょりこそ打取りますが賢介にヒット、盗塁で1死2塁、稲葉のタイムリーと、向こうさんの形でで先取点を許してしまうとは・・・しかも、エンドラン失敗の三振でゲッツーが取れない・・・暗雲が立ちこめる札幌ドームですよ・・・(いや、でもマジでサトの肩が心配なんですが)

しかーし、2回。幕張の熱気が風に乗ってようやく届いたのですよ。
先頭のサブローが四球を選ぶと続くサトがレフト方向に大きな当り。最初、かなり高く上がった印象でしたので、うーん、レフトフライ・・・いや伸びてるぞ、フェンス直撃??あれ、跳ね返ってこない・・・って、入ってんじゃん!!!!
まるで、神宮でのグランドスラムを思い出させるようなノリのツーランホームランですってば!!
うひゃひゃ、いきなりの逆転にGAORAの解説陣ってば、黙っちまいやんの。
続くオーティズの打席。ここで連続とかきちゃったらピッチャーもダメージ大きいよねえ、なんて思いつつ見てたら。
マジっすか!!今度は打った瞬間間違いなし。レフトの工藤打球を追う事もしないで天井を見上げる弾道でレフトスタンド中段に運びます。うひょひょ、凄いじゃないのよ、ロッテ打線ってば。ノーアウトで3点取っちゃいましたよ。
この後も追撃が続きます。ベニー凡退の後、堀が引っ張ってレフト前に落とすヒット。今江凡退もTSUYOSHIが四球を選び2死1,2塁。そして早川がタイムリーで堀が生還、一気に4-1と間髪おかず試合をひっくり返します。
ここでファイターズベンチたまらず武田勝から押本に継投。右投手に代わってこりゃいきなり代打出されちゃうのかなあ、と心配だった竹原ですがここはそのまま打席に入ります。しかし残念ながら凡退でした。

いやー、マリーンズらしくないっしょ。この広い札幌で2ホームランですって。凄いじゃないっすか。

で、2回裏。
先頭の工藤のファーストゴロですが、これがまた、今日スタメンでファーストのオーティズがギリギリさばいてアウトでしたよ。今年のオーティズの守備に何度助けられた事でしょう。メヒコで一生懸命頑張ってきたんだねえ(感涙)
さらに小谷野の三塁線深い所、抜けそうな打球を抑えた今江、こりゃ内野安打でも仕方ないという当りを、がっしり踏んばっての送球でアウト。小谷野の脚に助けられたとは言うものの、これも素晴らしい守備でしたよ。
この守備で一気に流れを引き寄せたマリーンズでしたね。

しかし3回裏、ひちょりの、ライト線を抜けた当りの処理に(サブローが!!)手間取るあいだに三塁まで進まれてしまいます・・・昨日よりは大分いいものの、なんかやっぱ本調子じゃなさそうなサブ・・・うーん、どっか調子悪いんじゃないかと気になります。
それでもここは1死3塁からコバヒロが踏ん張って無失点で切り抜けます。
さすがに今日のコバヒロは気合いが違いますよ。

4回表、今江のヒットがあるものの、ここは無得点。しかし、今江の調子がホンモノのようですよ、この後も楽しみです。
すると4回裏、先頭のセギノールを三振に仕留めた後、高橋信二に四球を出してしまったコバヒロ、手で大きく×印をだします。何かトラブルのようです・・・いつもの足が痙攣したというやつにはちょっと早すぎる気が・・・しかし前回の登板もあるからそんなもんか、と思ってみてますが、どうも良くない様子。いったんベンチ裏に引っ込み、再びマウンドに上がり投球練習をしようとするも1球投げて顔をしかめています。
結局、脚を引きずりながらもなんとか自力で歩きながらベンチに戻るコバヒロ。悔しそうな顔には、もしやの涙か・・・そりゃー悔しいさね。でもここまでよく頑張ってくれました。
この後は高木さんが登板。きっちり後続を断ち切ってくれます。さすがのベテランですね。

こうなったら、今日はこの流れをなんとしても手放してはいけません・・・と思ったのですが。
5回表、先頭の竹原への代打にワトソン。え?ここでワッティなんですか???
ゔーん、ワッティ、嫌いじゃないけど、ここはせめて大松とか・・・で、ワッティ凡退。
しかし、続くサブローが、またまたレフトスタンドへ叩き込むソロホームラン。いやー、この追加点は本当にいいタイミングです。コバヒロへのエールに聞こえますね。うふふ。
ファイターズ、ここで押本から萩原に交代。後続は打取られてしまいます。

5回裏は高木さんが踏んばってくれて三者凡退。ますますいい感じです。

6回表は、代打攻勢も実らず、ひとり今江が期待通りのツーベースを放つも得点ならず。今日はTSUYOSHIの当りが止まっちゃったかなという感じでしたが、なに、こんな空中戦では要なしのTSUYOSHIだ、と強がってみます(^^;
6回裏は高木さんから川崎に継投。しかし、川崎くん立ち上がりが安定しません。先頭の賢介こそ打取りましたが、稲葉に 死球、セギノールはせこく打撃妨害をとり出塁。さらに悪魔・高橋信二にも死球で1死満塁とピンチを招きます。
ここでファイターズベンチは代打に田中幸雄を送り込んできます。うわあああ、ここでコユキさんが1点でも取ると一気に流れを持って行かれる可能性が非常に大きいですよ。
非常にヤバい状態です。
しかし、川崎くん、ここはコユキさんをクロスファイヤーで三振に仕留めます。よしよし、同郷の先輩だからってビビらなかったな。えらいぞ。
さらに小谷野も打取り、この試合最大のピンチを切り抜ける事ができました。

7回は荻原から山本につなぐファイターズベンチ。ここは山本の気合いで抑えられてしまいました。
しかし7回裏、川崎くんも負けていません。先頭にヒットを許しますが、ゲッツーでしのいで結局3人で終わります。

8回表、山本が続投のところ、先頭打者のサトが初球のカーブに上手くあわせて、今度は打った瞬間に持ってった!!!という当たりでレフトに叩き込むソロホームラン!!!!
いやあ、どうしちゃったんでしょう。幕張からの追い風が吹いているのか。あるいは本当に札幌ドームがせまくなっちゃったのか。
マリーンズらしからぬ空中戦となっています。

さらに9回は今度は早川が振り抜いて、ようやくライトスタンドのマリーンズファンの中に放り込むソロアーチ。凄い・・・凄すぎです。
さらにこの後、おまけのように1死満塁に持ち込み、オーティズの犠牲フライで1点だめ押しまでつけちゃいました。

投手陣も、8回からは薮田、9回はコバマサと大過なく抑えきり、ファイターズをスミイチの1点だけに抑えての快勝。
ヒーローインタビューでは、サトの「風が吹いてる」発言も飛び出し、チームもいいムードで盛り上がってきている事を伺わせてくれます。
さあ、この勢いは消さずに、明日は・・・

グリンじゃん。打てる・・・といいなあ・・・

ということで、明日は俊介ーグリン、というロースコアになりそうな組み合わせ。
さあ、ホントに、今日の勢いで行っちゃおうぜー!!!
もう、勢いだけとか言われても、なんでもいいから(爆)
by kawasaki-marins | 2007-10-14 16:49 | マリーンズ2007
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル