人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

緊張の糸が切れた瞬間

対 北海道日本ハムファイターズ CS2nd  3回戦[M 1勝2敗] M 0 - 7 F (札幌D)

今日の先発は、マリーンズが俊介、ファイターズがグリン。
お互い、打てていない相手同士となり、大方の予想はロースコアの投手戦。

序盤、中盤はまさしく予想通りの展開。両投手一歩も譲らず、それぞれの強みを出したピッチングです。強いて言えば、ファイターズの守備の集中力がものすごかったということでしょうか。

3回までは、両チームそれぞれヒットや四球でランナーを出すものの、要所を締められて無得点でした。まさしく、手に汗を握るという展開。私なんぞもうドキドキでテレビ画面を直視できないような状態・・・ってなんじゃそりゃ。

4回、このあたりからゲームの流れが変わってきます。
マリーンズの攻撃、先頭の早川が打ち上げたファールフライを、本日ファイターズのスタメンサードの稲田が追います。打球はカメラマン席に落ちるかと思われたのですが、稲田が飛び込んでの好捕。これはゲームの流れを決めたプレーと言っても過言ではありませんでした。
結局この回マリーンズは得点ならず。
するとその裏、俊介は先頭の稲葉にツーベースヒットを許してしまいます。
セギノールは三振でしたが、高橋信二に四球、続く工藤の打球は詰まった当たりでしたが、工藤の気合いのヘッスラで内野安打。
これでやられた、という気分でした・・・なんで今日はこんなに弱気なんだ???

この後、本日DHでスタメンの坪井の当りは大きくバウンドして俊介の頭上を越え、処理に手間取る間に稲葉がホームイン。1点を失ってしまいます・・・
続く金子誠は三振に打ち取りますが、どうもやられた感の大きな1点でした。

案の定、この後もグリンを攻めあぐんでいるマリーンズ打線でした。
6回表に、1死からTSUYOSHI、早川の連打で1,2塁とします。例によってTSUYOSHIがチョロチョロとピッチャーにプレッシャーをかけますが、グリンが苛ついて、セカンドにいるTSUYOSHIに向かってなにやら文句を言いたげなジェスチャー、というか言っていたのかもしれませんが。
このチャンスに、今日は当りが出てきた福浦でしたが、凡退、サブローもバットをへし折られるライトフライで打取られ得点ならず。
なんだかシラケてしまいましたね・・・まあ、グリンのあの文句もどうよ、という気分ではありましたが、見ている方としても、アレですっかり気をそがれてしまいました。

7回も、大松がこの試合初の四球を選び、さらに今江も死球で1,2塁と埋めますが、タスクの会心の当りもレフト工藤の見事な捕球に阻まれて得点ならず。

俊介もここまできっちりファイターズ打線を抑えてくれているのですが、なかなか反撃しきれません。

で、7回裏。
2死ランナー無まで詰めた俊介でしたが、稲田にツーベースヒットを許してしまいます。
続くひちょりには、今日はあまり良い当りはありませんでしたが、ここで会心の一撃でした。左中間まっぷたつのツーベースで追加点を挙げられてしまいます。
この、ひちょりの当りで今まで張りつめていたものがぷっつんと切れた感じがしました。
この後、もはや記憶も定かでないくらいのつるべ打ちを喰らい、イッキ6点を失います。

集中力を高めて行ったファイターズと、一気にぷっつりと切れたマリーンズの差ですね。
まあ、これだけやられればもう、あとは開き直るしかありません。

明日は無理して成瀬を使う事はせず、晋吾が先発だそうです。
晋吾のブログを見ている限り、ぜんそく発作がでたとかであまり体調が良くなさそうで心配なのですが・・・まあ、全員野球体勢、最初に投げるピッチャーというくらいの意識で、投手陣、野手陣とも、つなぐ野球を見せて欲しいものです。

明日で終わらせるなよ!!!
by kawasaki-marins | 2007-10-15 22:15 | マリーンズ2007
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル