人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

クラッシュボウル

クラッシュボウル 日本大学フェニックス 対 法政大学トマホークス 38 - 34 (味の素スタジアム)

本当は、昨日の横浜スタジアムでXリーグのファイナル6、富士通フロンティアーズ対オンワードスカイラークスの試合を見たかったんですけどね・・・姉娘の習い事とか、亭主の歯医者とか、私はヒマなのに他にいろいろ用事があって。妹娘をつれてカメラもって行くというのもちょっと大変かな・・・と、自宅で大阪の試合をテレビ観戦ということになってしまったのでした。
そのかわり、と言ってはナンですが、今日は関東大学リーグの決勝、クラッシュボウルを見に行きましたよ。

関東大学リーグは1部リーグがA,B二つに分かれていまして、それぞれのリーグの優勝校がこのクラッシュボウルで対決、勝った方が学生日本一を決める甲子園ボウル(とはいえ、今年は甲子園が改装中で別の所でやるらしいんですけどね^^;)に出場できるということです。
それぞれのリーグを勝ち上がって来たのが、去年、一昨年の学生日本一チームの法政大学と、日本大学でした。法政の三連覇なるか、あるいは古豪復活(新勢力の台頭←初心者なんで知らなかったんですよ、日大が昔凄かったっての。お恥ずかしい^^;;)となるのか、見所の多い試合となりそうです。

さてさて、帰り道に食料買い出ししようと思って、クルマでお出かけ。アメフトなんで今日は味スタの駐車場も利用できます(Jリーグの時は駐車場は使えないそうですね)が、結構メインの入り口からは離れた所でした。味の素スタジアムの周辺には、フットサルのコートとか、サブグラウンドで、主としてアメフトに使われているアミノバイタルフィールドなど、グラウンドが充実しています。フットサルコートではミニサッカー大会とかやってましたが、フットサルと何が違うんだろう・・・なんぞとちょっと気になったのでした。

どっちの大学に思い入れがあるということもないので、入ってすぐのメインスタンドに陣取ります。とはいえ、着いたのがキックオフぎりぎりだったので、中央部分はすでに法政の応援団でいっぱいでした。結局メインスタンドのはじっこのほうに落ち着きます。
対するバックスタンド側も、日大の応援団がいっぱい入っています。日大側にはブラスバンドまでいましたよ。すごいなあ・・・
チームカラーは、法政がオレンジ、日大が赤。スタンドにはそれぞれのカラーのチアスティック(例の、空気で膨らませてパタパタはたく50cmくらいの長さの棒のセット)がパタパタしています。あれって結構音が響くんですよね。

e0095468_21242051.jpg

     「全力で戦おう」

さて、試合の方ですが、序盤は相手エンドぎりぎりまで攻め込む法政に対して日大が必死に防戦します。法政がフィールドゴールで3点先制、さらにフィールドゴールで3点追加と法政が優勢で展開します。さらにタッチダウンを決めて0-13とします。こりゃ法政のペースかなと思いましたが、しかし日大も意地でタッチダウンを1本返して13-7。これは面白くなってきましたよ。
しかし2Qも先手は法政。法政のディフェンス陣、なかなか強力な感じですよ。日大オフェンスがなかなか突き抜けられません。むしろ押し返されてしまう雰囲気すら感じます。結局2Q終わって17-27と10点差をつけて法政リードです。

e0095468_22103629.jpg


しかし、10点差くらいでは安心できませんよ、アメフトは。
途中、日大QBがケガで交代などのアクシデントがありましたが、日大のオフェンスはしぶとく食い下がります。


     「法政意地のタッチダウン」



     「日大バックス駆け抜けた」

結局3Qは日大がタッチダウン2、法政がタッチダウン1、と日大が追い上げて、31-34とします。

3点差で迎えた4Q、開始早々に日大が逆転のタッチダウン、これが効いた感じですね。
法政オフェンスの焦りが垣間見えてきました。なかなか攻めきれない法政オフェンスに対して、日大ディフェンスバック陣がいい反応をみせるようになってきます。
この辺はもう、息詰まる攻防。
なんとしてもタッチダウンで逆転を狙いに行く法政と、なんとしても許さないという日大。どっちを応援しているというわけでもない私でも、もうドキドキです。

そして、残り3分あまりで始まった法政の攻撃、おそらくこれが最後のチャンスです。
時間を使いつつ、日大エンド前まで迫ります。残り数ヤードでの攻防、最後の一押しができません・・・4点差というのが重くのしかかってきますよ・・・
結局法政は4thダウンギャンブルに挑みますが失敗。この瞬間、日大選手と赤く染まったバックスタンドが沸き立ちました。

日大が関東の代表として甲子園ボウルに挑むこととなりました。
いやあ、ドキドキの試合でした・・・こうなると甲子園ボウルも楽しみになってきますね。こちらはさすがにテレビで見るしかありませんけどね。

それにしても・・・
日大のブラスバンド応援で「ジッパディードゥーダー」の曲が流れると我が家の娘たちってば ♪すっばらしい〜ひっらした〜♪ とか歌いだしちゃうのには参りました。育て方を間違った・・・いや、間違っていなかったのかな(苦笑)
by kawasaki-marins | 2007-12-02 21:23 | アメフト初心者
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル