人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

見そびれちゃいましたが・・・

結果、残念でしたね。
っていうか、WBCの時も思いましたが、こういう国際試合の審判は第三国の人がやるべきでしょ。そういうルール(っていうよりしがらみだったりして^^;)は競技によりいろいろありそうですが。

さてさて、ハンドボールというと思い出すのが高校時代。
私の母校の高校ですが、なぜかハンドボールが盛んで、男女とも県大会あたりなら結構いい所まで勝ち上がったりしていましたねえ。同級生の女子でゴールキーパーやってた子がいたのですが、背が高くて手足が長くて、そりゃもうかっちょ良かったですよ。
体育の授業やら、半期に一度の球技大会なんてのでもバスケやサッカーよりもハンドボールが盛り上がるという変な学校でした。でも、あの中途半端な大きさのボールがどうも苦手な私でしたよ。っていうか、そもそも運動神経がニブいだけともいいいますが(自爆)


<ハンドボール>日本、プレーに余裕なし 予想以上の完敗
1月29日21時48分配信 毎日新聞


【日本・韓国】前半27分、坂元が厳しいディフェンスにシュートを阻まれる=東京・国立代々木競技場で2008年1月29日、梅村直承撮影
  ◇ハンドボール北京五輪アジア予選・女子(29日、東京・国立代々木競技場)

【写真特集】 ハンドボール女子 日本対韓国戦 熱戦の写真はこちらで

 ○韓国34−21日本●(前半18−12、後半16−9)

 昨年12月の女子世界選手権で韓国は6位、日本は19位。実力差はいかんともし難い。しかし、韓国の林英チョル監督は「勝因は精神的な部分」と断言した。翻れば、それが日本の敗因と言える。

 有利なはずの自国開催が、逆に重荷となった。4000人を超える大観衆。本場・欧州リーグで会場の熱気には慣れているはずの早船(スペイン・ゴヤ)までが、雰囲気にのまれてしまう。わずか3得点に終わったエースは「勢いに負けたまま、60分間が過ぎてしまった」と振り返った。

 開始早々、勝敗の行方は見えた感があった。1−1の同点だった前半2分過ぎから6連続失点。早船、田中と軸になるべき2人に送球、捕球のミスが出た。04年アテネ五輪で銀メダルのメンバー7人を擁する韓国に弱みを見せては、万が一にも勝てる道理はない。

 まさかの予選やり直しに、「もうけ物」ぐらいの余裕でプレーできる選手がいなかった。早船は「感じなくていいプレッシャーを感じてしまった」。バウワー監督の「負けるにしても、もっと小差と思っていた」という読みは外れ、「25点の攻防」と西窪総監督が設定していた失点のデッドラインもはるかに超える。予想以上の完敗だった。

 結局、当初と同じく強豪・欧州勢がそろう世界最終予選に回る。この予選を勝ち抜くのは、実力的に極めて困難。この夜限りで通行可能だった北京への「近道」が、幻のように消え去った。【堤浩一郎】

 ○…184センチと両チーム合わせて最も身長が高かった谷口は「応援は力になったけど応えられずに悔しい」と落胆した表情。「雰囲気に負けた」と振り返り、立ち上がりは守っても前に出られずに楽々とゴールを許す場面が目立った。ただ、緊張がほぐれてからは、攻めでもチーム2番目の5得点。世界最終予選に向けて「前向きにやるのみ」と気を取り直した。

 ○…疑惑の判定がもとにやり直しとなっただけに審判の判定にも注目が集まった。IHF派遣のデンマーク人ペアの審判について日本のバウワー監督は「スーパーだった」と評し、韓国の林英チョル監督も「満足している」と話した。両チームとも判定に抗議する場面もなく、整然と裁かれた試合。日本協会の市原則之副会長も「安心して見ていられた。日本はこれからもフェアプレーを推進していきたい」と話した。

by kawasaki-marins | 2008-01-30 00:23 | スポーツ観戦いろいろ
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル