人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ヒヤヒヤ(^^;

対 北海道日本ハムファイターズ 16回戦[M 8勝8敗] M 3 - 2 F (札幌D)
勝/清水(直)[8勝6敗] S/荻野[3勝3敗14S] 負/藤井[2勝5敗] HR/

そういえば、世間の学校は夏休みなんですよね。
なんだか知りませんが、我が家の姉娘が行っている小学校は明日まで学校がありますよ。まあ、明日は工場見学とかって、追浜の日産の工場に行くみたいですが。去年のF1観戦の時にもらったトヨタの帽子でもかぶって行く?とか言ってみたり(^^;;
いや、さすがに姉娘も「そりゃマズいよ」と、ロッテの帽子で行くつもりのようです。
夏休みが短い、とか文句言っていますが、その分「秋休み」ってあるじゃん。昔はそんなの無かったんだってば。去年から前・後期の2期制になって、なんか日程がちょっと変な感じです。

それはともかく、今日は、マリーンズが直行、ファイターズが藤井秀悟の先発です。

初回の攻撃は、1,2番と凡退するも3番福浦がヒット、しかしサトが凡退で得点ならず。
直行の立ち上がりは、先頭のひちょりにセンター前、送りバントで進められ、内野ゴロが進塁打で2死3塁となりますが、稲葉を三振でなんとかしのぎます。

2回もベニー、大松と凡退も今江がヒット、しかしサブローが凡退、となんだか見たような展開。
するとその裏も先頭の高橋信二にヒットを許し、小谷野が送り1死2塁から後続を打取る、と、1,2回となんだかそっくりな展開で両者立ち上がります。
ここまでテキストでしたし、なんか、マリーンズの方が分が悪げだなあ・・・と、思いつつ帰宅してテレビをつけると、3回裏。
金子誠、ひちょりと連続ヒットで無死1,2塁のピンチに、工藤のファーストライナーでランナー戻れずあっさりゲッツーのシーンでした。

お、もしや流れはこっちに来るのか?
しかし、4回も両者得点なし。直行、今日はまずまずのピッチングですが、藤井も粘ります。

5回表、先頭の今江がライトフェンス直撃のスリーベース!ゴリちゃんが必死に走りました。するとサブローが粘ってピッチャー返しのゴロはセンター前に抜け、今江がホームイン。欲しかった先取点を、非常に良い形で取れました。
さらに追加点を狙い、本日左の藤井対応でスタメンの竹原がキッチリ送りますが、西岡、オーティズと凡退で後が続かず。なかなか厳しい試合ですよ。ふぅ。

直行もなかなかいい感じで投げていますが、6回裏に工藤にヒットを許し、続く田中賢介のセンターへの大きな当りはサブローがフェンスにぶつかりながら取りに行きますがわずかに及ばず、タイムリースリーベースとなってしまいます。
しかし、1死3塁からこの後の稲葉を敬遠してまで高橋信二と勝負。高橋、小谷野、稲田でアウト2個取れればいい、という計算のようですが、なんとか計算通り、小谷野を歩かせますが高橋、稲田を打取ってこの回を1点でしのぎきります。
なかなか、攻撃的なディフェンス見せてくれるんじゃありませんことよ。ひやひや。

すると7回、またまた先頭の今江が左中間へのツーベースで出塁すると、今度はサブはレフトオーバーのタイムリーツーベース。今日はここが機能しましたね。さらに、先ほどは送りバントを決めた竹原が今度は見事な右打ちを決めてライト前のタイムリーとなり、3-1と得点を追加します。
ファーストでのタケちゃん、嬉しそうでしたねえ。良かったですよ。

ここで藤井が降板、金森が登場です。西岡の打席では三振ゲッツー・・っていうか、竹原に大塚を代走ですか、そうですか(泣)
やはり、ここ一番では脚もまだ大塚の方があるもんなあ・・・と思いつつも、ここで代走出されるのはちょっと悔しかったかな。
守備固めはアキラさんで文句ない、どころか、アキラさんじゃなきゃダメ!って言いますが(^^;;

7回裏、2死2塁から工藤にタイムリーで1点を返されたところで直行降板、川崎に継投です。川崎が来るまでマウンドで待って、「たのんだよ」と言い残してベンチに向かう直行、良かったですよ、うん。
川崎も、コントロールが微妙でヒヤヒヤさせながらも、稲葉をレフトフライに打取り、得点を許しません。

8回裏、ピッチャー代えてくるかと思いきや、川崎続投。案の定というか、先頭の高橋にヒットを打たれて久保に交代です。
しかし、ここはソニックがキッチリ締めてくれました。
この人ほど「顔で投げる」ひとも珍しいかもしれませんね。今日はほれぼれする男前でしたんで抑えることを信じてみていられました。

さらに9回裏は荻野が締めます。
1死からひちょりのショートへのゴロは深く、福浦師の足がベースから離れて内野安打。さすがにひちょりは速いです。さらに工藤にヒットで1死1,2塁と劇場ですが、田中賢介を三振、さらに、稲葉をサードゴロでなんとか逃げ切り。今日は稲葉の調子が悪いようで助かりました・・脚のケガもありますから、日本代表で大丈夫かちょっと心配ではありますが・・でもサブちゃんは連れて行かないでほしいかな(^^;;

ヒヤヒヤながらも、昨日の逆スコアで2戦目を取り、とりあえずホッと一息です。
明日はファイターズがダルビッシュ、マリーンズが大嶺と、楽しみではありますが、非常に厳しい気がする顔合わせです。
いや、でも、実は案外とダルを打ってるマリーンズ打線、内ダルでもなんとかひとつ3点くらいはお願いできないでしょうかねえ・・・
by kawasaki-marins | 2008-07-23 22:41 | マリーンズ2008
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル