人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

老練とはこのこと

対 オリックスバファローズ 18回戦[M 9勝9敗] Bs 4 - 9 M (千葉マリン)
勝/小宮山[2勝2敗] 負/山本[8勝4敗] HR/ローズ[30号]橋本[6号]

今日はせっかくの日曜だというのに朝からあやしいお天気。昼頃から雨が降りだし結局午後はずっと雨です。今日のマリンはどうかなあ、と思いながら、片付けをしたりしながらのんびりテレビ三昧な怠惰な休日です。
今日は、マリーンズが唐川、バファローズが山本省吾。
唐川くんもぼちぼち攻略されてしまっていますし、それよりも何てったってここまで山本省吾を打てていないマリーンズ打線。少々不安の方が大きいのが正直なところです。お天気をチェックしてみても、どうやらこちらで降っている雨が千葉の方にも届きそうな雰囲気ですからね・・・

マリスタは、試合開始時点では雨は降っていない様子です。
初回、坂口、塩崎とあっさり2死を取ると、カブレラのインハイを攻めた球が当たってしまいます。そういえば死球は初めてじゃない?と思って見ていると、カブレラに睨まれて動揺したのか続くローズに四球、さらに北川にも死球を与えてしまって2死満塁とピンチを作ってしまいます。
しかしここは日高をファーストへのファールフライ。本日一軍復帰即スタメンのズレータが怪しく追いますが、何とか捕球します。いやー、それにしてもズレータがファーストでホッとする日が来るとは思いませんでしたよ(爆)
今日は、怪しいながらもファーストゴロもしっかり捕ってくれていましたからね。ズレータ守備はこの一生懸命さが愛らしいです(かなり感覚が麻痺しているらしいです^^;)そりゃあ、ファースト堀さんとかファーストアキラさんとか、凄いものを次々と見てしまいましたから・・・

さて打線は、今シーズンさっぱり山本をつかまえられなかったのですが、今日はちょっと違います。外角の球を見切って、逆らわずに上手く打ってきました。
初回、1番のマッチは凡退するも2番(!)タスクがヒットで出塁、今江が凡退もサブローがこれまた上手く右方向に流してヒットです。
しかし・・・ズレータは外角を見切れず凡退。どうも、今日の不安点はズレータの外角低めのような気がしました。

2回表は唐川が立ち直り三者凡退。このままなんとか立ち直って行って欲しいですが・・・どうも不安は残りますね。
その裏、ベニーがヒットも無得点。

3回表、急に雨が降り出したマリンスタジアムでした。
その中、先ほどの期待空しく、唐川が崩れます。
坂口、塩崎と連続三振は見事でした。しかし、カブレラへは先ほどの死球を引きずっていたのかインコースを攻めきれません。甘く入ったインコースを打たれて2死1塁。続くローズに甘く入ったストレートを簡単にレフトスタンドに運ばれてしまいます。うーん、やはりまだ動揺が残っていましたかねえ・・・
2-0と先制点を許してしまいました。

しかしその裏、先頭のマッチがヒットで出塁し反撃開始です。
タスク凡退も今江が三遊間抜くヒット、サブローがライト前に上手く落とし1死満塁でズレータ。ちょっと不安だったのですが、これが上手い具合に真ん中外よりの打ってくださいと言わんばかりのコースに来た球を振り抜いてレフトへのタイムリーツーベースです。ご祝儀ご祝儀。
さらに1死2,3塁から竹原が四球を選び再び満塁でベニーがセンターオーバーの2点タイムリー。2-4と逆転しましたよ。
1死1,3塁からは職人・大塚明が初球をクールにスクイズ決めてくれて5点目。アキラさんはバントも上手いんです。うひひ。

ということで、先取点を許した直後に逆転です。山本を打ったのがまた嬉しいじゃありませんか。
で、安心してちょっと目を離した隙に4回表、三連打で1点を返されてしまった唐川でした。うーん、今日はちょっと厳しいかもしれません。ランナーを出しても平気なように練習する時間が欲しいところですね・・・
1点失い、さらに坂口にヒットで無死満塁としたところで、小宮山に継投となりました。今日も、唐川くんはコミさんのお説教となりそうな予感です。

コミさん、満塁から打取った当たりを自らはじいてしまって1点を許しますが、その後はカブレラをホーム封殺ゲッツー、ローズをファーストゴロで打取り逆転は許さず4-5とリードを守ります。さすが見事なピッチングを見せてもらいました。
この後も7回までパーフェクトに抑えてくれます。なんというかもう魔術的なピッチングですね。さすがにもはや球威はありませんが、コントロールとアタマでここまで投げられるのですね・・・試合終了後には解説の本西さんと実況の谷口さんがしきりと今日のヒーローは小宮山だと言っていましたが、全くその通りです。とはいえ、コミさんがヒーローインタビューなんて出てくるわけもなく、ズレータとベニーちゃんだったワケですが(^^;

さて、打線は今日は頑張りましたよ。
4,5回と三者凡退に打取られてしまいますが6回、先頭のベニーが四球、大塚が送り1死1塁で正人も四球を選び1死1,2塁となったところで、マッチがセンターオーバーのタイムリーツーベースで2点です。坂口が浅く守っていたところを頭上を抜けて行きましたからね、こりゃ気分が良いってなもんです。
これで4-7。なんとかなりそうな気がしてきました。

8回からは小宮山から川崎に継投。先頭を四球で歩かせてしまいますが後続はあぶなげなく断ってしっかり勝ちパターンを作ります。
するとその裏、四球で出塁したマッチをランナーに置いて、大久保からタスクがライトスタンドにツーラン、だめ押しです。

9回は4-9と5点差がありますが、用意していた勢い上という感じで荻野が登板。小瀬、坂口と簡単に打取りますが塩崎の当たりは途中変わった塀内へのショートゴロながらも送球がやや逸れてエラー。エラーというのもちょっと可哀想な当たりでしたけどね・・・塀ちゃんってなんか不憫です。
続くカブレラにヒットで劇場開演ですが、5点差あればさすがにヒヤヒヤという事もなく、ローズを打取って試合終了。

先に書いた通り、中継陣はしきりとコミさんヒーローと言っていましたが、まあ、コミさんもあんまりこういう場に出てきたくないタイプという感じですし、結局ズレータとベニーちゃんでした。ズレータの外角低めは相変わらず安全牌コースなのが不安って言えば不安なんですが、実戦のカンを取り戻してもらうしかありませんね。

ということで、4位浮上。なんか今シーズンはバファローズとの順位争いが熾烈です。っていうかこの打線は本気で恐いですもの。新ロッテキラー・後藤も帰ってきちゃったし、今日もぼてぼてのゴロを素手でさばいてアウト、なんて良いプレーしてましたからねえ・・・まあ、今日は苦手の山本を打てたのが大収穫ですけどね。
速いところ借金返済しちゃいたいですね・・・パ・リーグの現状を見る限り、プレーオフは十分狙える範囲な訳ですし。
by kawasaki-marins | 2008-08-24 22:25 | マリーンズ2008
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル