人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

不憫な、あまりに不憫な

対 埼玉西武ライオンズ 18回戦[M8勝10敗] L 2 - 0 M (千葉マリン)
勝/西口[8勝5敗] 負/久保[2勝7敗] HR/

昨日の記事で「明日は明日の風が吹く」なんて書いちゃったもんだから、本当に違う風が吹いてしまったようです。
今日は、ライオンズが西口、マリーンズがソニックの「シーズン序盤ダメだったけど持ち直したよ」対決です。
しかし、西口が順調に勝ち星を積み上げているのに対して、我らがソニックは不憫当番が割り当てられてしまったらしく、終盤、先発ローテに戻ってからは2試合連続で見殺されています。8/27のファイターズ戦が1-0、
8/16のイーグルス戦では2-0と、点を取ってもらえていません。
相手に与えた得点も3点ですから、決して仕事ができていないわけではなく、どころか、岩隈や苦手のグリンを向こうに回して堂々のピッチングを見せてくれているのに・・・

で、今日も、西口の立ち上がりを攻めるマリーンズ打線ですがあと一本がでません。
初回は2死から今江、タスクと連続ヒットで出塁も大松が凡退、2回も2死から連続四球でベニー、大塚と出塁するも、西岡が凡退・・・なんか、西口を打てない、見慣れた風景です。
しかし、ソニックは頑張ります。
初回こそ片岡にヒットで出塁されますが、タスクが盗塁を刺し打者三人。2,3回も三者凡退でテンポの良いピッチングを見せてくれています。

展開的には、マリーンズが押してるんですよ、あきらかに。
でも4回、先頭の片岡にベニーちゃんツーベースを許すと、ナカジーのタイムリーで1点を失います。こっちが押している展開なのに先取点が取れない・・・って、これは・・・今日もたくさんランナー"は"見せてもらえるわけですね。

この後も、ナカジーの悪送球とか、ライオンズも怪しげなんですが、今度は西口がきっちり立ち直っちゃいました。4,5,6回はキッチリ抑えられてしまいます(泣)

6回表、先頭の片岡が本日3本目のヒットで出塁すると、栗山のセンター抜けるかという当たりを西岡がオドロキのキャッチ、倒れ込んだ姿勢からセカンドにトスしますが、ファーストランナー片岡で間に合わず。さらに一塁転送もセーフで内野安打。
捕ったツヨが凄かったですけど、ピンチは広がります。さらにナカジーの止めたバットに当ったゴロはまるで送りバントで1死2,3塁、ここで4番大島を歩かせて満塁策をとります。
続くバッターは江藤とおかわりくん・・・いずれも、一発がありますから非常に恐ろしい場面ですが、江藤はセカンドフライ、おかわりくんは粘ってライトへの良い当り、やられた!と思った刹那、大松が必死の前進キャッチを見せてくれてピンチを無失点でしのぎました。


そんなこんなで7回裏、またまた2死から、片岡の深追いでポテンの西岡がツーベース、オーティズが四球で2死1,2塁としたところで本日2安打の今江が打席に入ります。ここは盛り上がりましたね。粘る今江に対して、根負けしたか四球で2死満塁。
ここで本日4番のタスクに対して、左腕の星野を送ってくるライオンズベンチ。

タスク粘ります。粘ってくれましたが、もうひと粘りが足りなかった・・・ツースリーまで粘り込みますが、結局最後は内野フライ。
ゴリちゃんといい、タスクといい、良く粘ってくれましたが、本当にもう一押し、もう一本がなぜでない・・・
私もこの所お腹が張り気味で・・・なんてはなしは誰も聞きたくないですよね、失礼しました^^;;

ソニックの不憫さMAXです。
っていうか、この直後8回裏、ソニックの気持ちがキレてしまわないかというところが心配な私でした。先頭の片岡を打ち取ってヨシ!と思ったのもつかの間、栗山を歩かせてしまって、ナカジーのエンドラン成功で1死1,3塁とされます。
ここでソニックが降板、ブライアンに繋ぎます。
今日のソニックも素晴らしいピッチングでしたよ。だのになぜ、点を取ってくれないのよ、まったくもう。これで先発に戻ってから3試合連続で点を取ってもらえません。まったく不憫で不憫で仕方ありません。

さて、代わったブライアンは大島を三振に打ち取りますが、江藤の当たりはブライアンのストレートに詰まったのが幸い、セカンドベースの後ろ、センターの前に落ちてしまいました・・・悠々と片岡ホームイン。これで2-0とされてしまいました。

2点差なら決してひっくり返せない点差ではないんですけどね、結局この後は小野寺→グラマンのリレーで抑えられてしまいます。トホホ。
8回裏は星野がマウンドに上がるのを見て、代打竹原を送りますが、渡辺監督はそれに対して即応、小野寺をマウンドに送ります。それを見て根元を代打の代打・・・って、今日は竹原は名前だけですかそうですか(泣)
ですが結局反撃ならず。どうでも良いんですが小野寺ってこれに似ている気が(笑)

今日はサブローも出てなかったし、昨日の死球の影響が心配で仕方ありません・・・
まあ、まだ2位以下混戦ですから、なんとか遅れないでひっついて行って、最後美味しいところをかすめ取っちゃいましょ(^^;;
by kawasaki-marins | 2008-09-03 22:43 | マリーンズ2008
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル