人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2007年 05月 28日 ( 2 )

一昨年を思い出していいですか

 対 阪神タイガース 2回戦[M 2勝] M 10 - 0 T (甲子園)

昨日の今日で、どんな荒れた試合になるのやら・・と、少々不安なまま、先発メンバーのメールが届く18時前。
先発メンバーには、しっかり3番福浦の名がありました。タイガースも4番金本、昨日の「主役」はどちらも無事だったようでまずは一安心でした。これでファーストズレータだったりした日にはもう乱闘は予定の内だったりするわけで・・・ビミョーに期待しないでもないですが(ヲイヲイ)、やはり荒れた試合よりはいい試合が見たいですよね

ということで、マリーンズは予定通りコバヒロ、タイガースは福原の先発で始まりました。
しかし、セ・リーグのホームゲームなので、携帯パラパラ中継もなく、序盤はテキストライブでの経過チェック。
初回はTSUYOSHIが内野安打で出塁するも、何やらチグハグな攻撃・・・昨日打ちすぎて今日はもしや・・・と、不安がよぎります。
1回裏、コバヒロもヒットこそ打たれませんが守備の乱れもあり、じゃっかん怪しげな立ち上がり。ビジターゲームだとなんかちょっと怪しいんですよね。
まあ、何とか無失点で切り抜けたようで一安心。

すると2回、ベニー、青野の連打で1点を先取します。このところ、ベニーちゃんが大当たり、春先の調子の悪さはやはり家族が離れていたからなんですね。家族の愛は偉大です。
3,4回はコバヒロ、福原とも、ツボを抑えながら凌いでいたようです。
テキストから受けるイメージだと、三者凡退に打ち取る回もありますが、どうもコバヒロはイマイチの様子・・・なにしろ「敵地」甲子園ですから、ビジターチームに取っては厳しい環境、その辺も気になります。

で、ようやく帰宅して真っ先にテレビつけましたよ。
すでに5回。ちょうどコバヒロの打席でしたが、1死ランナーなしの状態でヒッティングも見逃し三振・・・今日はヒットなしのようです。
5回表も福原にあっさり三者凡退に打ち取られ、5回裏、先頭の今岡、狩野に連続ヒットで無死2,3塁というピンチを迎えます。なんか流れ的にマズいんですが・・・と、次はピッチャーの福原。ここで代打か?とも思いましたが、そのまま福原が打席に入ります。この辺のアヤはパ・リーグファンの私にはちょっと、わかりずらいところですね。
コバヒロ、先ほどのお返しとばかりに福原をど真ん中ストレートで見逃し三振。続く赤星、関本も凡打に打ち取り、ピンチを無失点で凌ぎました。

良かったー、と、気持ちを切り替えて6回表。先頭打者の早川が四球を選びます。これが怒濤の攻撃の幕開けでした。
つづく福浦がキレイにライト線へ。早川なら帰ってこられるか?とも思いましたが意外と処理が早く、2,3塁。サブローがはじき返した当たりは犠牲フライか、と思わせましたが赤星のツッコミ及ばずセンター前ヒット、早川悠々とホームインでその時は貴重に思われた追加点をあげます。続くサトが外角の球をライト前へゴロで抜ける当たり。福浦生還で3-0、なおも無死1,2塁でチャンスは続きます。
ここで、このところ大当たりのベニーは、途中どう見ても大きいのを狙っているスイングでフルカウントまで持ち込まれるも、最後インコースの球を見極めて四球。ノーアウト満塁・・・ってもしやピンチ?と胸によぎるシチュエーションとなりました。
ここで打席に入るのは、今日先取点を挙げている青野。いきなり初球っからフルスイングしてきますよ。おおー、ドキドキさせてくれます。この当たりはレフト線切れてファール。しかし3球目、甘くど真ん中に入ってきた変化球(カーブかな?)を振り抜くと、意外と伸びて、レフトスタンドに飛び込むグランドスラム!!!
あおのー!!
あおのー!!!
あーおーのー


いやあ、この勝負強さは凄いですね。なんかこういう劇的な場面で打席がまわってくるというのも星回りなんでしょうが、初さんとかぶって見えてきたりして(^^;;
タイガースはここでたまらず福原から橋本健次郎へと投手交代。続く堀、コバヒロと連続三振に倒れますが、先頭に戻ってTSUYOSHIがヒットで出塁、打順がひと回りして早川の打席で橋本の暴投でランナー2塁へ。早川は1,2塁間抜けるか、という当たりでしたが、セカンド関本はしっかり押さえます。しかしどこへも投げられず内野安打。この間にランナー生還。
結局この回7点を追加して8-0としました。

大量援護をもらって、コバヒロは6回裏はあっさり三者凡退に抑えます。タイガースの選手が守備についている時間が異様なほど長い試合となりました。

つづく7回、タイガースは橋本から桟原に継投。しかし先頭打者のサブローがあっさりとレフトスタンドに運びます。
続くサトは外角低すぎ(爆)の球にバットを放り投げて当て、これがまたライト前に抜ける当たりとなります。なんかもう、やりたい放題という感じ。今度はベニーもレフト前に抜ける当たりで、サト、ベニーと猛打賞。続く青野も・・と期待しましたが、今度は、ファールで少し粘るも三振。今日はヒットのない堀も三振に倒れて2死となります。
ベンチはここで、コバヒロに替えてタスクを代打に送ります。代打タスクはバットを折りながらも鋭い当たりをライト前に飛ばし、またまた1点追加。これで10-0としました。
甲子園のタイガースファン、7回のマリーンズの攻撃中、たまらず(ブーイング代わりに)用意していたジェット風船を飛ばす人多数でした。そういえば去年のマリスタでも似たようなシーンがあったなあ、と思い出しつつも、やっぱインプレー中はまずいっしょ、と気になったりしています。
7回裏はコバヒロから荻野へ継投。甲子園の雰囲気にちょっと飲まれ加減だったか、荻野としては珍しく球がうわずっていましたが、なんとか無失点で切り抜けます。

8回のタイガースは桟原から渡辺亮へ継投。マリーンズは早川に替えて竹原を送ります。竹原、バットの先っぽながらもレフトへ大きな当たりを飛ばしましたが、もうひと伸び足らずレフトフライ・・・見たかったな。竹原のホームラン。さすがにこの回は得点なく終わりましたが、この裏、左打者からということで、高木さんが投げました。
いやあ、ますます冴えてます。今年は、正直なところ藤田より安定してますね。
そうそう、昨日もそうだったんですが、平下が代走やら代打やらで登場すると、甲子園のファンから声援が上がるのですよ。古巣のファンから声援というのはいいもんですね。

そして9回裏は、コバマサの登場。
このところ出番がありませんでしたから、調整登板ということでしょう。
なあに、10点差があれば満塁ホームラン2回喰らっても大丈夫です。逆転されなければOKというコバマサのポリシーで行けば9点くらい献上してもおかしくない状況でしたが、林と今岡にヒットを許すも無失点で最後を締めてくれました。

ということで、連日の二桁得点勝利、なんか一昨年を思い出します・・・思い出していいのかな??(^^;;今年は甲子園のビジター応援席も増えたということで、黒い人もたくさんいましたね。
この勢いがどこまで続くのかは少々不安もありますが・・なんとかオールスター明けくらいまでは頑張ってほしいなあ、と思ってみたりしているのでした。
by kawasaki-marins | 2007-05-28 22:48 | マリーンズ2007

黒のエリアが増えました(^-^

 対 阪神タイガース 1回戦[M 1勝] M 14 - 3 T (甲子園)

一昨日は、パ・リーグ首位のホークスと1.5ゲーム差あったはずなんですが、昨日、マリーンズが勝ち、ホークスが負けたことでどういうわけか首位逆転。試合数の差、引き分け数の差で、勝率で逆転してしまったようです。しかし、貯金もホークスが10に対し、マリーンズが9なので、なんかサギみたいなもんだなあと思いつつ、それでも首位は嬉しいです。

さてさて、今日の先発はマリーンズが久保、タイガースが杉山。杉山って・・スミマセン、セ・リーグは正直ほとんど分かりません(一部ベテランを除き)、今日の7失点を加えても自責点3.6というのはきっと良いピッチャーなのでしょう。

しかし今日見る限りはコントロールが非常に甘かった感じですね。
初回、先頭のTSUYOSHIにいきなり死球、早川、福浦の連打であっさりと2点先取です。ノーアウトで2点ですよ、相手に与えるダメージは非常に大きいです。いい感じですよー。
初回はさらにベニーのタイムリーで1点を追加し、いきなり3点をゲット。
4,5番のサブロー、サトが若干当たりが遠い感じではあるのですが、やはり福浦さんは頼れるバッターです。この人がいるといないとでは・・・

さらに2回表、TSUYOSHI、サブロー、サトのタイムリーで2点を追加して先発の杉山をKOですよ。なんか知らないですが打線が繋がります。杉山の後を引き取ったのが渡辺。しかし塁上に残っていたランナーをサトのタイムリーで返してマリーンズさらに2点追加。
ソニックの送りバントは下手な野手より良かったですよ。3回にも送りバントを決め、さらに5回には2死ランナーなしという状態で打席がまわってきて、結果はピッチャーゴロでしたが、思ったより打席に立つ姿もサマになってます。

3回からタイガースの投手はダーウィン。本日一軍登録されたということですがこの人も今ひとつコントロールが決まらず、マリーンズの各打者粘ります。粘りますが、ツボを押さえられてランナーを出しても得点に結びつきません。

しかし、今日はソニックも良く粘りました。
バックの好守にも助けられながら、所々打たれるものの要所を締め、7回までを2失点で抑えきりました。2回の林に打たれたソロは、なんでも林の両親が台湾から来られていたそうで、サービスってことで。7回も、赤星、関本と連打を許し、金本の内野ゴロの間の1点なので、まあ仕方ないかなという感じですか。その後崩れなかったことを評価したいです。

6回から出てきた、タイガースの中村泰って、確か去年のファーム日本選手権で浦和マリーンズを手玉に取ってくれた人ではありませんか。確かにいいピッチャーでしたね。あのスライダーは覚えてますよ。福浦まで、しっかり三振取られてます。そりゃー、ファームのメンバーじゃなかなか打てませんねえ。
しかし、一軍のメンバーはさすがにそんなに甘くないですね。
6,7回は先頭打者を出しながらも抑えられてしまうのですが、それでも各打者しっかり粘っています。こういう傾向、良いですね。
その結果と言って良いと思いますが、8回にはまたまた福浦のタイムリーで2点追加。この回、1塁ランナーTSUYOSHIで早川の打席、一塁ライナーであわやゲッツーかという当たりがありましたが、TSUYOSHIよく塁に戻りました。これもファインプレーです。

9回表はまたまた代わった能見からサト、ベニーが連続ホームラン。さらに四死球からみで二死満塁から押し出しとワイルドピッチでさらに2点追加、14-2となります。しかし、この回の福浦の受けた死球はちょっと心配です・・・

そして9回裏。
藤田がやってくれました。インコース攻めですっぽ抜け、金本の肘直撃。
次の瞬間にはマウンド上大混乱。いち早く駆けつけたTSUYOSHIが一生懸命藤田を庇っていましたが・・・この間金本ほったらかしなのがなんか可哀想でした。ほんと痛そうでしたよ・・・
球審は素早く「警告試合」と宣言しますが、ところで「警告試合」って、明日はどうなるんですかね??
岡田監督はしつこく食い下がっていましたが、どうなんでしょう。
状況的には確かに報復と取られても仕方ないのかもしれませんが、藤田もちゃんと金本に謝っているようでした。

しかしまあ、タイガースのピッチャー球数多かったです。後からマリーンズ公式のスコア見たら、タイガースの投手の合計が197球。マリ−ンズ打線よく粘りましたね。でも、その分試合時間が長いことまあ・・・

さて、明日のお楽しみは先発コバヒロの打撃ですかね。福浦さんが明日の試合に出られるかが心配です。福浦だめならファーストズレータですか。
うーん、今江も手のひらの骨折で戦線離脱ですし、また、けが人が増えてきてしまいましたね。心配です。
by kawasaki-marins | 2007-05-28 01:10 | マリーンズ2007
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル