人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2007年 05月 30日 ( 1 )

新人育成しながらも、勝っちゃいました

 対 広島カープ 1回戦[M 1勝] M 4 - 3 C (広島)

例によって序盤は携帯でテキストライブをチェックしながらの帰宅、しかしまあ、打てません。
見事に、打てません。
今日も直行見殺しモードなのかと思ってたら、なんと、カープ先発はルーキーだとのこと、これはいつもの「初物に弱い」ってやつですか・・・
とにかく打てないまま、どんどん回が進んで行きます。さくさく進んで、帰宅したら5回表、サトが一瞬期待させながらも凡退しているところでした。

なんとまあ、5回までパーフェクトに抑えられてしまっています・・・そこまでルーキーを立てなくても・・・トホホ。まだ、川上憲伸とはあたってないんですけどぉ・・・

対するマリーンズ先発は、ようやく交流戦直前の楽天戦で今季初勝ち星を挙げた直行。
しかし、今日は直行が打たれて、5回表の時点でスコアは0-2でマリーンズ負けています。
5回裏も、前田のタイムリー(with竹原のビミョーな守備)でさらに1点を追加され、イヤーな感じです。

ああ、今日は見殺しモードと初物に弱いモードの重ね合わせか・・・と思われた6回表。
先頭の竹原が、狭い市民球場だし持って行ったか?というレフトフェンス直撃の当りでツーベース。よかったー、これでパーフェクトもノーヒットノーランもなくなった!とちょっと消極的に喜んでいたら、続く堀もヒット、送球がそれる間に2,3塁とします。
ここで9番直行の打順ですが、ここは代打を送ります。このへんが、DH制じゃない野球の采配のポイントなんでしょうね。一昨日の阪神はここで福原続投でしたが、ボビーはここで早川を代打に起用。なるほど、早川が先発じゃなかった理由はここか?と妙に納得するのでした。(たぶん違うけど^^;)
早川は右中間方向へ飛距離十分の犠牲フライ、竹原がホームインで1点を返します。
またまた消極的に「完封もなくなったぞ」、なんて喜んでたら、続くTSUYOSHIもレフト方向にフライを打ち上げます。フェアかファールか、微妙なところでしたが、レフトに入っていた前田が追いついたのはファールグラウンド。体勢が悪いのを見て堀もタッチアップでホームに突入、返球はわずかにそれてさらに1点追加しました。
ここまで打ててませんでしたから、フライ取ってもらってラッキー、って感じでしたね。

6回裏は、左の喜田からということで、高木を送ります。え、喜田って、広島だったっけ?と悩んでいる間に、高木さん、喜田、石原と連続三振にとり、しっかり仕事をします。
そしてここで小宮山登場。
なんか、最近、高木→小宮山ってのが勝ちパターンに見えるんですけど、気のせいですか?
なんて言ってる間にコミさんもしっかり仕事を済ませてチェンジです。

すると7回表。カープは先発のルーキー青山から林に継投。
福浦、サブローと凡退するも、サトが四球を選んで出塁。そして続くベニーが元祖ジェット風船で真っ赤に染まるライトスタンドへツーランホームランを放り込んでくれました!!!
一塁をまわるベニーちゃん、ガッツポーズ決めながら吼えてましたよ、まさかまさかの逆転ホームランです!!!
おお!恥ずかしながら私も思わずテレビの前でガッツポーズです。

いやあ、5回までパーフェクト決められてたのに、逆転しちゃいましたよー。そしてまたまた、このまま逃げ切ればコミさん勝ち投手ですよー。なんか今年のコミさんはひと味違います。
7回裏は小宮山続投。しかし先頭の梵にヒットを打たれて、藤田に交代。続く東出は今日大当たりです。藤田は東出に送りバントを決められて交代。まあ、ここは元々ワンポイントの予定でしょう。次は3番栗原なので薮田をつぎ込むか、と思いきや、荻野を投入。最近では打線の中軸に対しても厳しい場面での登板が増えてきました。信頼されてますね。
荻野が信頼に応えてこの回の後続を断ち、俄然いい感じになってきました。

しかし8回、カープは林から梅津に継投。良く知らないのですが、サイドスローでイヤーな感じのクセ球を投げるピッチャーです。こりゃダメだ、と思った通り、打てませんでした。
9回、サブローがライトの無理な守備にも助けられたスリーベースを飛ばしますが、8,9回は無得点。追加点欲しかったですが、ついに9回裏、1点リードでコバマサ登場と相成ります。

阪神戦で登板しといて良かったよねー。という感じでしたね。
代打攻勢にでたカープでしたが、簡単に2アウト取ります。しかし今日あたっている1番の梵にヒット。続くやっぱり大当たりの東出が意表をつく三塁線へのセーフティバントを決めて1,2塁。
しかし、これも演出の内、といわんばかりにコバマサ、栗原のバットをへし折ってセカンドゴロ、見事な劇場で最後を締めてくれました。

おおー、なんと今日も逆転勝ちでコミさんが勝ち投手ですよ。
ホントに高木→小宮山が勝利の方程式に見えてきました。ウチの投手陣ってすごくない?(半疑問形で^^;)

今日の試合はいい試合でした。前半の情けない部分を直接見ていないせいかもしれませんが、強い勝ち方をしたような気がします。
明日はまた尾道へ移動しての試合となりますが、この勢いを消さないでマリンまで帰ってきて欲しいですね。そうじゃないと、晋吾があまりに可哀想で・・・(いや、だからまだ見殺しにされるって決まってるわけじゃないですってば・・・^^;;)
by kawasaki-marins | 2007-05-30 21:35 | マリーンズ2007
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル