人気ブログランキング |

日々の活動記録、つーことで。


今年もまったりとマリーンズの応援ができることに感謝。
by kawasaki-marins
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2007年 10月 03日 ( 2 )

高校生ドラフト

プロ野球ニュース見てます。

おお、今年も一番くじをひきましたね、ボビー。
唐川くん、見た感じではなかなか気の強そうな、でもカワイイ感じがいいっすねえ。
ロッテファンなんだそうで、決まった瞬間ニヤケてましたよ。なんとまあ、時代は変わりましたねえ。
3位指名の植松くんって、例の中田くんをカモった子だそうで。こりゃまた期待して良いですかね。

高校生ドラフトは、投手3人。素直に入ってきてくれそうですね。ヨカッタヨカッタ。
今年浦和のブルペンは大変だったようですが、まだまだ若い子が多いので、これから伸びてきてくれるものと期待して待ってましょ。
by kawasaki-marins | 2007-10-03 23:50 | プロ野球諸々

2位確定

 対 ソフトバンクホークス 24回戦[M 12勝10敗2分] H 5 - 7 M (千葉マリン)

今日は成瀬が最多勝タイトルを賭けての先発登板。対するホークスは大隣、確か前回は打ったような記憶が・・・

初回はたった5球でホークス打線を打取る成瀬、意気込み十分と見えました。
その意気込みに答えるように1回裏、TSUYOSHIのツーベースから早川が送って1死3塁、今日は3番に入っている竹原がタイムリーで先取点を挙げます。よしよし、と思っていると。
携帯で見てても今日はホンモノっぽいサブローが・・・いい感じだったんですがセンターフライに倒れてしまいます。しかしサトが、ドカン!!バッックスクリーンの左脇に運ぶツーランホームラン。初回いきなり3点を先取します。成瀬だし、これで何とか・・・

しかし2回、この辺はテキストライブなんですが、あれよあれよと満塁にされ、柴原の犠牲フライで1点を返されます・・・あちゃー。

帰宅すると3回、ここは両投手立ち直った雰囲気、投手戦に鳴って行くのか?とおもわせましたが、4回表、あちゃー、田上のソロで詰め寄られてしまいます。
っていうか、今日の成瀬はやたらとレフト方向に打たれていました。なにかホークスの作戦にハマっていたのでしょうか、うーん。

さらに5回、2死から今度は多村に一発をくらい、同点に追いつかれてしまいます・・・いかん、このままでは最高防御率もヤバくなってくる・・・。
防御率のタイトルを守るつもりなら、今日はなる坊を飛ばしても良かったはずなのです。ここは勝負だったのに・・・いや、攻めていって失敗するならしかたのないこと・・・とはいえ、涌井に負けるよりダルに負ける方が悔しい気がするのは何故ですかねえ。
5回をしのぎ、同点。ここでどうやら成瀬は降板ということらしく、ベンチに戻った後、ベンチ裏にいったん消える成瀬でした。この時点でギリギリ防御率はダルを上回るとのこと。タイトルキープですね。
でも、ここで勝ち越せたら、まだ、成瀬の最多勝も・・・欲張っちゃいけませんか?
でも、今年頑張ってくれたなる坊に、みんなで何とか勝ち星をプレゼントしてあげたいじゃないですか。

なんて思ってたら、なんとまあ、5回裏、カウント追い込まれながらも先頭の今江が昨日の再現を見るようなスイングでレフトスタンドに持って行きましたよ。連日の勝ち越しアーチです!!ゴリー!!!よくやった。
この後も、なんとか皆粘りたいというきもちは見えたのですが、攻撃が上手く繋がらず追加点ならず・・・厳しい展開になってきました。でも、なる坊の最多勝の可能性は消えていません。なんとか、リリーフ陣の踏ん張りに期待です。

すると6回、ボビーはここでなんとまあ、ソニックをマウンドに送ります。
俊介が中継ぎ登板した日もそういえばなる坊のリリーフだったけなあ。
ソニックは、先頭の田上を打取るも、アダムにヒットを許します。今日はアダムが当ってるんですよ、この時点で猛打賞。次の大村もここまで2安打なんでヤバかったのですが、ここは併殺に打取るソニックでした。精進次第ではコミさんのようになれるんじゃないですかね、この人は。

ホークスは6回から柳瀬が登板。さすがにホークスもここで負けるわけにはいかないと気合いが入っていますからね。柳瀬のピッチングがこれまた素晴らしく、打てません。マリーンズ。

こうなると、成瀬の勝ち星を守って逃げ切りたくなるわけですが・・・7回から川崎が登板。1死1塁から、相性の悪いムネリンを今度は併殺に打取りました。6回の再現のようでしたよ。

8回、川崎が続投。先頭打者の本多を打取るものの、次の多村にヒットを許します。この後、解説のギャオス(だと思うんですが確認してない)がしきりと交代のタイミングが悪い、と文句言ってました。言いたいことはよくわかる。
1死1塁、打者ブキャナンのところで荻野が登場。ブッチにセンター返しを打たれて1死1,2塁。続く田上のショートライナーはTSUYOSHIいったん捕ったものを落としたように見せかけてゲッツーをとりにいったのか・・・ってなことを言ってましたが、私には単に落としたようにしか見えませんでしたよ。素人ですから。
ともかく故意落球ってことで1死のみ。
なんとかしのいでくれ・・・と祈る気持ちで見てましたが、次は今日大当たりのアダム。4本目のヒットが同点のタイムリーになり、この時点でなる坊の勝ちが消えてしまいました・・・がっくりしてベンチに戻る荻野。でも、荻野が打たれては仕方ないと思えてしまう私がいましたよ。

続いてマウンドに上がったのは薮田。大村に勝ち越しのタイムリーを打たれて逆転されてしまいました・・・うううう・・・ここは仕方ないと思えなくなっている私なのでした。

なんとか点差は1点でしのぎ、味方の反撃を待つしか無い状況。
8回裏、この回から守備に入っている福浦からの打順。ホークスは三瀬をマウンドに送ります。
そうそう、今日はオーティズが一塁に入ってたんです。福浦さんが守備固めだなんて・・相当調子が悪いんですね。
それでも福浦が意地のショート深い所への内野安打で、俄然マリスタが盛り上がります。
三瀬はワンポイントで降板、水田が後を引き継ぎます。
続くTSUYOSHIが得意のあーでもない、こーでもないのプレッシャーをかけた所から、もひとつ得意技のバントヒットを決めて無死1,2塁、早川がきっちり送りバントで1死2,3塁。
柳瀬が出てきた所から、竹原に代わって出場している大松は、敬遠で1死満塁となります。この時の大松なら、まあ悔しそうなこと。敬遠の球でも振っちゃうんじゃないかってくらい気合いを感じましたね。
そしてサブロー。こんなんでもウチの4番です。今日は絶対ホンモノだっていうのに、ここまでノーヒット。ここで打たなきゃドコで打つ!!!
マリスタの盛り上がりも最高潮ですよ。

サブロー、いきなり初球を振り抜いた打球は前進守備だったライトの頭上を越えてフェンス直撃!!!走者一掃のスリーベース!!(と思ったら、記録はツーベース+エラーだそうで^^;)

うおおおおー!!サブローかっこいいーっ!!

テレビの前で叫んでました。近所迷惑ですいません・・・

しかし、これで試合決め、最後は薮田が締めて、シーズン2位、クライマックスシリーズの第1ステージの開催権をゲットしたのでした。
なる坊の最多勝はざんねんでしたが、それでも防御率と勝率でタイトルです。たいしたもんですよ、この子は。おばちゃん嬉しくて、うれしくて・・・男の子っていいなあ。我が家は娘だけなんで・・・姉娘をなる坊の嫁に・・というにはちょっと離れてますね。残念。

さあ、CSを勝ち抜いて、札幌で日本シリーズ進出を決めてやるんだ!!
by kawasaki-marins | 2007-10-03 21:22 | マリーンズ2007
最新のトラックバック
レンタカー
from レンタカー情報ナビ
万年補欠から4番バッター..
from 3日で一流の打撃コーチになれ..
もし、わずか3ヶ月で球速..
from 【野球】ピッチング・スピード..
初めてのドラフト会議
from Anything Story
日本シリーズをより楽しく!
from 日本シリーズをより楽しく!
画像一覧
フォロー中のブログ
おすすめサイト
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル